質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

「押絵と旅する男」は入れ子構造になっているらしいのですが、具体的にどの部分が入れ子構造なのでしょうか。
どなたか教えていただけないでしょうか。

A 回答 (1件)

入れ子構造だと言われれば、なるほど、そのとおりですね。


私なりに考えてみたことを書いてみます。

この話を語り始めた「私」は、
蜃気楼を見るための旅に出たはずなのですが、
友だちにはそんな旅には出かけていないと言われ、
旅自体が「夢」だったのかという疑いを持ちます。

「私」は、旅の帰りの車中で押絵男と遭遇し、
押絵男の兄に関する奇妙な語りを聴かされるのですが、
聴き終わった「私」は、押絵男が、押絵の中の兄にそっくりなのに気づいて、
兄の話は押絵男の「夢」なのではないかという疑いを持ちます。

つまり、押絵男の「夢」は、押絵男の「現実の語り」の中にはめ込まれ、
その押絵男の「現実の語り」は、「私」の「夢」の中にはめ込まれ、
さらに「私」の「夢」は、「私」の「現実の語り」の中にはめ込まれているという、
四層構造を形成している、ということです。

「うつし世はゆめ よるの夢こそまこと」と書いた乱歩の真骨頂ですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やはり、夢か現実かのところに入れ子が入っているようですよね。
文学は読めば読むほど謎につつまれていく作品が多いので、入れ子構造だといわれるといろいろ考えがでてきてしまうんですよね。

参考にさせていただきます。詳しく説明していただきありがとうございました!

お礼日時:2012/04/20 15:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「押絵と旅する男(江戸川乱歩)」について

「押絵と旅する男(江戸川乱歩)」について質問があります。
文中には「それが奇妙な点ではない」という打ち消す表現を繰り返しています。
これはなんという手法なんでしょうか。またこれによってどんな効果があるんでしょうか。

どなたか回答お願いいたします。

Aベストアンサー

強調的修辞法のひとつで、列挙法にあたるかと思います。
 列挙法:ある事物に対し、さまざまな語句を列挙することで、
      自分の意図を多面的に述べる方法。

この作では、ああでもないこうでもないと挙げては打ち消していくという方法で、
語り手の気づいた「奇妙」な点を、くっきりと浮き彫りにする役割を果たしています。

Q「注文の多い料理店」で宮沢賢治は何を訴えているのでしょうか。

「注文の多い料理店」をこの世に送り出した宮沢賢治は、この作品によって何かを訴えているのでしょうか。

Aベストアンサー

まず「二人の若い紳士」が、決して好意的に描かれていないことが挙げられます。「白熊のやうな犬」どもが死んでも、いくらの損失だと言いあうし、なにごとにつけ金銭でかたがつくくらいにしか考えない手あいです。

これを森が報復するお話だと受け取れば、一種の勧善懲悪劇です。「紙くづのやうになった二人の顔」がもとにもどらないというのは、最近はやりの言葉でいえばトラウマってことになるでしょう。

なんだか、つまんないですね。

お話は二人の紳士を中心に進められ、読者のほうも彼らの立場になって読み進み、変な具合だなと思ってどきどきするわけです。それが何と、食う立場だったのが食われる立場だったなんて。

主体が客体になる瞬間です。今まで世界の中心だったものが、ぱっと別の目が生まれて、第三者の目でそれを見つめる。そんな瞬間。

森って、なんて怖いところだろう。近づかないようにしよう。さいわい、身の回りには森らしい場所はほとんどなく、安心していられると、そんなふうにいっしんに心をなだめている子供の頃の自分がありました。

けれども、長ずるにしたがって、なにも森は山奥にだけあるのではない、都会にも社会にも、いたるところにあるものだということが分ってまいりました。

自分というものの傲慢さ。いけすかなさ。それと同時に、
なにか、ひどく邪悪なもの、理不尽なものがこの世の中にはあるのだという最初の体験だったかもしれません。

賢治は、童話集『注文の多い料理店』序で、
「なんのことだか、わけのわらないところもあるでせうが、そんなところは、わたくしにもまた、わけがわからないのです。」
と、韜晦していますが、同じく広告文の方では、
「故にそれはどんなに馬鹿げてゐても難解でも、必ず心の深部に於て万人の共通である。卑怯な成人たちに畢竟不可解な丈である。」
と言い切っています。

先に書いたことが作者の意図と一致しているなんてことは多分なさそうですが、私にはそういう作品だということで。ご参考までに。

まず「二人の若い紳士」が、決して好意的に描かれていないことが挙げられます。「白熊のやうな犬」どもが死んでも、いくらの損失だと言いあうし、なにごとにつけ金銭でかたがつくくらいにしか考えない手あいです。

これを森が報復するお話だと受け取れば、一種の勧善懲悪劇です。「紙くづのやうになった二人の顔」がもとにもどらないというのは、最近はやりの言葉でいえばトラウマってことになるでしょう。

なんだか、つまんないですね。

お話は二人の紳士を中心に進められ、読者のほうも彼らの立場にな...続きを読む

Q入れ子構造?シェイクスピア?

最近ロミオとジュリエットを読みシェイクスピアに関心を持ったのですが、解説のところに
入れ子構造が、、、のようなことが載っていました。が、この入れ子の意味がよくわかりません。劇などで虚偽なのか現実なのか・・・という感じのことですよね?
あとシェイクスピアはどうしてこんなに有名なのですか?何か特別な文章の特長とかすばらしいところがあるからなのですか?日本語に訳された文章だけではそのよさはわからないのでしょうか。

Aベストアンサー

アガサ・クリスティーを始め多くの人が
”There is nothing new under the sun,or at least, nothing new since Shakespeare wrote. ”と書いています。
シェイクスピアが この世にあり得る全ての物語を書いてしまったと言う事です。
入れ子構造とは 主として展開する物語の中に,もう一つの物語が展開し、副としての物語はそれだけでも 独立した話になりますが
主の物語を完成させるには 副の物語が必要です。

物語の中に物語があって その中に又物語があるというトリックを使ったミステリーが数多く有りますね。

Q乱歩の『二銭銅貨』の結末

私は文学作品などはほとんど読んだことがないのですが、先日あることがきっかけで、江戸川乱歩さんの『二銭銅貨』を読む機会がありました。

しかし、一番最後の段落の、「私」が読者に語りかけている部分の意味が分かりません・・

「あの品を私にくれた或る人」とはいったい誰なのでしょうか?登場人物は少ないので、誰のことを指しているのかは限られてくるのですが、再度読み返しても理解できませんでした。

お分かりになった方、解説をお願いします。

Aベストアンサー

そうですね……、書いてある通りではないでしょうか。
「私はここに詳しい説明を避け」たい、誰であるかを特定しないでいただきたいと。
そしてたぶん、その人物はこの小説中に出てくる誰でもないだろう、という予測も容易に立ちます。

二重に張りめぐらされた暗号解読がメインの推理物です。
きっかけになった品の出所が誰か、というところまでこだわった話ではないので
それで十分だと思います。いかがでしょうか。

Q「頭ならびに腹」の頭と腹の考え方について

「頭ならびに腹」の頭と腹とはどんな意味をもっているのか、皆さんの考えをおしえていただけないでしょうか。

一人の紳士(頭)についていった乗客たちの(腹)ことをさしていて
特別な人(紳士)についていくさまのことをいいたいのでしょうか。。。

よくわからないので皆さん回答お願いできますか??
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こういう質問をする場合はその文章を引用しないとどうにもならないと思いますが。

ええーと
横光利一の「頭ならびに腹」ですよね?
http://www.aozora.gr.jp/cards/000168/files/2158_23275.html
「そのとき、彼らの中に全身の感覚を張り詰めさせて今迄の様子を眺めてゐた肥大な一人の紳士が混つてゐた。彼の腹は巨万の富と一世の自信とを抱蔵してゐるかのごとく素晴らしく大きく前に突き出てゐて、一条の金の鎖が腹の下から祭壇の幢幡のやうに光つてゐた。」

これを実際に読んでいるならどっちが腹なのかわかると思いますが…。
頭の方は2種類あるように私は読みました。

横光利一なので、頭も腹も即物的に人間の腹や頭そのものから受ける感覚・感じをここで扱っているのでは。
まあ象徴的な意味もかかっているようでもありますが、象徴的な表現だと解釈していてはおもしろさがもうひとつでは。

Q山田美妙

胡蝶の、現代語訳、というのか、今の言葉でわかりやすく説明の載っている
HP、または本、探しています。時間がないので、出来たらHPならうれしいです。
其の一の、「是はたしかに二位の~」から、「言つて尼が主上のかつぎを取退ければ是は主上と思ひの外、知盛の子息です。胡蝶も之にはおどろろきました」
まで、最低あったらうれしいです。
不躾な質問でごめんなさい。。。助けてくださいいいいいいい

Aベストアンサー

宿題かレポートの手伝いをさせられているような気がしないでもないのですが(もし、そうじゃなかったらごめんなさい。)正真正銘の山田美妙の「胡蝶」のご指摘の部分の現代語訳をしてみました。〔 〕内は、usagisanが補った部分です。

 これは確かに二位〔=平清盛の妻、二位の尼。建礼門院徳子の母〕の声で、後は〔悲しみの涙で〕鼻をすする音が聞こえるだけです。耳を澄まして聞いてみると表の方で女たちも騒ぎ立てているようです。「あれまあ、源氏〔が来た〕」という声に、胡蝶も〔中での二位たちの話を〕立ち聞きしてはいられません。〔そっと〕足を引いて戻って外を見ると、なるほど源氏の武士はすでに間近まで近寄っていました。しかし、頼もしくて〔敗色濃いとははいえ〕それでもやはり武士の名誉を惜しむ〔平氏の〕侍たちは防戦して〔源氏の〕兵を近づけないようにしようとしています。「こうなってはどうして逃げてしまえることができるだろう〔いやできない〕。早く〔死の〕心構えをするのがよい。」胡蝶も一度こんなふうに心を決めましたが、それでもまた〔安徳〕天皇や〔その母の建礼〕門院の御身の上が気になって気になってたまりません。しばらく舟の端にたたずんで(今は〔源氏の射かける〕矢を恐れもしません。あたりを見回していましたが、思いついて、また奥の方へと戻っていく〔と、奥から出てくる人と〕出会いがしらに〔相手を〕見てみると、二位の尼は天皇のお手を引いて、そこに立っています。「胡蝶、いくさ〔の様子〕はどうであろうか。」
質問されても、順調であるようには言えません。
「〔とても〕残念なことです。ごらん下さい、〔この〕お船の近くにも源氏が来てしまいました。」
「つなぎ止めたかいもなかった。それなら私もどうしてためらっていられようか。さあもうみんな一緒に……。」
〔こう〕言いかけて、はらはらと涙を落として胡蝶を字と見つめたまま、しばらく身支度をするありさま、どうにも納得がいきません。
「みんな一緒に、いったい何をなさっているのですか。」
「一緒に水に〔飛び込んで死のう、というのです〕。」
「今はもう入水なさろうというのですか。それでは恐れ多くも天皇様のお体を〔どうなさろうというのです〕。」
「天皇様だとあなたも思うのですね。これはどうでしょう。」
〔こう〕言って〔二位の〕尼が天皇様の頭からかぶった衣を取りのけると、これは天皇様だと思っていたのに意外にも知盛様のご子息です。胡蝶もこれには驚きました。

 山田美妙は、古文の言葉遣い(文語)で書くのではなく、話すように口語で書く言文一致運動を推進したうちの一人ですから、この「胡蝶」も原文のままでけっこう「現代語」だと思いますが、なんせ明治の文章ですから、今の若い人には難しいところもあるのでしょうね。
 でも、たとえば大学入試の古文や擬古文はもっともっとハイレベルですから、この程度の日本語文は読みこなす実力をつけてほしいと私は思います。

宿題かレポートの手伝いをさせられているような気がしないでもないのですが(もし、そうじゃなかったらごめんなさい。)正真正銘の山田美妙の「胡蝶」のご指摘の部分の現代語訳をしてみました。〔 〕内は、usagisanが補った部分です。

 これは確かに二位〔=平清盛の妻、二位の尼。建礼門院徳子の母〕の声で、後は〔悲しみの涙で〕鼻をすする音が聞こえるだけです。耳を澄まして聞いてみると表の方で女たちも騒ぎ立てているようです。「あれまあ、源氏〔が来た〕」という声に、胡蝶も〔中での二位たちの話を...続きを読む

Q仕事中、眠くなって急に意識が飛ぶことがあります。

仕事中、眠くなって急に意識が飛ぶことがあります。
飛んでいる時間は数分、もしくは数秒だと思いますが…実際はよくわかりません。
睡眠時間はだいたい7時間ぐらいなので睡眠不足だとは思えません。
むしろ3・4時間睡眠の方が眠くならなかったりするので、昨日は4時間睡眠にしてみましたが…結局意識が飛んでしまいました。1時間に何度もです。
ハッと起きてもすぐにまた眠くなって意識が飛びます。そしてその繰り返し。
しかもその寝ている(意識が飛んでいる?)間に夢を見ます。
どうして意識が飛んでしまうのでしょうか?

正直、寝てしまう自分が嫌で嫌で仕方ありません。
どうにかしたいのです。
ちなみに今日は3時間睡眠で試してみようと思い、まだ起きている状態です。
病院に行った方がいいのでしょうか?それともそこまでする必要はないでしょうか?

関係あるかはわかりませんが、5年程前にうつになり半年程病院に通っていたのですが、地元に帰って来てからは病院には行かず薬も一切飲まなくなりました。
その頃から、一度汚いと思ったら手を洗わずにはいられなくなり、除菌シートは必需品です。
それと物忘れも…。買い物を頼まれても買う時には忘れてしまっていて、どうしても思い出せず電話して聞き直すこともしばしば…。この間は自分の分を買った後に気付き、結果レジを2回も通りました。

似たような質問を見かけましたが、私の場合は少し違うなと思い質問させて頂きました。
説明不足かもしれませんが…回答よろしくお願いします。

仕事中、眠くなって急に意識が飛ぶことがあります。
飛んでいる時間は数分、もしくは数秒だと思いますが…実際はよくわかりません。
睡眠時間はだいたい7時間ぐらいなので睡眠不足だとは思えません。
むしろ3・4時間睡眠の方が眠くならなかったりするので、昨日は4時間睡眠にしてみましたが…結局意識が飛んでしまいました。1時間に何度もです。
ハッと起きてもすぐにまた眠くなって意識が飛びます。そしてその繰り返し。
しかもその寝ている(意識が飛んでいる?)間に夢を見ます。
どうして意識が飛んでしまう...続きを読む

Aベストアンサー

一瞬意識が飛ぶのをマイクロスリープと言うそうですね。

一般的な原因は『睡眠リズムを狂わせてしまっている』事です。
人間の体は体内時計が有り、基本25時間周期を
朝日と夕日の光刺激を基本として24時間に補正し
起床から16時間で眠くなり、8時間弱寝り不足した脳内物質を補充する
というサイクルを刻んでいます。
ちなみに一週間寝ないと脳内物質不足で本当に致死する様です。
3日寝ないと普通に幻覚・幻聴を誰でも覚えます。

それで恐らくの問題は、
3時間睡眠 4時間睡眠を試しているせいで、その睡眠リズムが
変調してしまっている事です。
さらにマイクロスリープを起こし、そのまま30分以上寝てしまうと
そこで更に睡眠リズムが狂います。
これでありえない時間に極度に眠くなる事が起きてしまいます。
眠気を無理に我慢すればする程、脳内物質不足が慢性化し
突発的に眠気に襲われると思われます。

1日に3時間しか寝なくても脳内物質を正しく補給できる
特異な体質な方も稀にいらっしゃいますが
そうでない限り7.5時間しっかり寝ないとツケが回ってきます。

一番早い解決方法は、常に寝る時刻と起きる時刻を一定にする事です。
昼夜は問いませんし、睡眠を2つに分割しても構いませんが、
絶対に寝る時刻、起きる時刻を固定する事です。
5日も続ければ人間の体はその生活に適応できます。
眠くなるのを妨げないように、寝る前は部屋を暗くし
人との会話やゲームなど神経を興奮させる事は避け
静かに読み飽きた本等を読む事もお勧めします。

一日でも睡眠リズムを4時間以上狂わせると
あっさり崩壊してリズムを直すのに苦労すると思われます。
あとはあなたの意思力次第になると思われます。
意思が弱ければリズムを作る事すら叶わない恐れも有ります。


そして潔癖症や買い物忘れは恐らくは関係ないものと思われます。
それほど深刻な話ではなく、誰にでもありがちな程度と思えます。

とりあえず、人間も3億年地上で暮らしていた生物の子孫です。
生活リズムというものをあなどらず、
睡眠(脳内物質補給)をあなどらず、
規則正しいサイクルの睡眠を心がける事をお勧めします。

一瞬意識が飛ぶのをマイクロスリープと言うそうですね。

一般的な原因は『睡眠リズムを狂わせてしまっている』事です。
人間の体は体内時計が有り、基本25時間周期を
朝日と夕日の光刺激を基本として24時間に補正し
起床から16時間で眠くなり、8時間弱寝り不足した脳内物質を補充する
というサイクルを刻んでいます。
ちなみに一週間寝ないと脳内物質不足で本当に致死する様です。
3日寝ないと普通に幻覚・幻聴を誰でも覚えます。

それで恐らくの問題は、
3時間睡眠 4時間睡眠を試しているせいで、その睡眠...続きを読む


人気Q&Aランキング