「…かい。」、「…だい。」、「…だねぇ。」、「…じゃないか。」、「…じゃないよ。」 といった、
ドラマで杏さんが演じていた妖怪人間ベラや、にしおかすみこさんの女王様キャラでの口調、おおもとは何なのでしょうか?

時代劇などでの姉さん口調と同じだと思うのですが、やはり江戸の女性口調なのでしょうか? 
いつの時代から、また、どういった業種、立場の女性が使っていた言葉なのでしょうか?   

ご存知の方いらっしゃいましたら、教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

その語尾、江戸の女性口調というより、いわゆる江戸弁ですね。


江戸弁そのものではありませんが、その流れを汲む口調です。

今の東京じゃ江戸弁でしゃべる人も少なくなりましたが下町の職人さんや商売をやっている人にはまだ残っています。
東京の古典落語を聞けば登場人物が男女問わずだいたいそういった口調でしゃべっているのがわかると思います。
男でも一人称が「あたし」だったり語尾が「~のよ」とかだったりします。

江戸弁というのは威勢がいいことになっていますから、映画やら演劇でも気風のいいおねえさんなんかのキャラクターを表現するのによくつかわれますから、そこが女王様口調に転用しやすかったんでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ガラの悪さや、面白さを出すために関西弁が使われるのと似たような感じなのですね。 ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/02 18:57

>いつの時代から、また、どういった業種、立場の女性が使っていた言葉なのでしょうか?


落語に出てくる普通のおかみさんは「するってえとお前さん、何かい」「いやだねぇ、この人は」「だからいったじゃぁないか」「おふざけじゃないよ」なんて普通に言ってますね。江戸時代の庶民階級で話されていた口調ではないでしょうか。落語や歌舞伎を見てみてください。参考になると思います。
現代では浅香光代さんが素で使ってますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
言われてみれば江戸落語はそのものズバリですね。落語といえば上方落語だったので、すっかり頭から抜けていました。
確かに浅香光代さんの口調はそうですね。容姿と(失礼w)声質のせいかイメージが沸いてこず、こちらもすっかり頭から抜けていました。

お礼日時:2012/05/02 18:55

一流とはされないけど、だからこそ粋と気風で売っていた深川芸者あたりが、元になっているのではないでしょうか。


彼女らは当時男物だった羽織をひっかけて座敷に上がり、男っぽいしゃべり方をしていました。

江戸時代の一般の女性はあんな乱暴なしゃべり方はしません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/02 18:48

アニメの初回放送当時に、どれか職業を参考にしてきちんと作る。

なんて殆どないでしょう。
昭和初期までのそんな口調のおばさん達は普通に居ましたから,それを参考にしたんじゃないですか。
現在でも、東京の一定年齢の芸者さんは、そのような口調で話されます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qにしおかすみこのインタビュー TOYOTAカップ

昨日の番組見ましたか?にしおかすみこがカカに対して失礼な質問ばかりしていました。愛人にして下さいとか、とにかくくだらない質問ばかりでした。見た方の意見が聴きたいです!

Aベストアンサー

本当にガッカリでしたね。
小4の息子でさえ、もっと違うこと聞いてと、ずっと言ってましたから。

Q「ず」、「づ」と「じ」、「ぢ」の違いは?

「ず」、「づ」と「じ」、「ぢ」の違いは?
鼻血は「はなぢ」、「はなじ」ではない。何で????
蜆は「しじみ」、「しぢみ」ではない。何で????
鈴木は「すずき」、「すづき」ではない。何で????
縮みは「ちぢみ」、「ちじみ」ではない。何で????
続きは「つづき」、「つずき」ではない。何で????

Aベストアンサー

恐らくは(名詞)(動詞)とでの違いがあると思います
1つの単語に成っている言葉は名前に由来されているのでは?
例えば
(ぞうきん)地方では→(どうきん)と間違った呼び方もしまが
このように1つの名前に対しての(濁点)は名前の由来に関係すると思います。
*鼻血の血は→(ち)であって(し)では無いですよね
しかし(はなち)では無く(はなぢ)なのは言葉の進化では無いかと思います。
(例えは)たぬき→たぬぎ、でも地域では通じますが標準語ではありませんよね?しかし(たぬぎ)に成っていても言葉の進化としては不思議では無いと思います。
*つづく、等の(同じ事を意味する言葉)
つつく、われわれ、それぞれ、等同じ文字で続く動作を示す物と思われます。

(備考)
言葉は進化と文学者は言います。現に数年前と変わってますし実際に辞書や標準に改変された新語や感じも多数あります。

Q最近の「にしおかすみこ」について

以前は、にしおかすみこが好きとか嫌いとか関係なく、
ネタが面白いなぁと思って見ていました。

しかし、最近SMの格好ではなく
可愛い女を目指した格好が多いですよね?

女性が可愛いのを目指すのは悪いことではなく
むしろ応援したいと思います。

でも、彼女は芸人であって、SMの格好をしないのなら、
普通の女です。

特にトークが優れているワケでもなく、
面白くないと思ってしまいます。

可愛い格好で、クイズ番組やトーク番組に出ていても、
ただ「ちがうんですよ、ちがうんですよ!」(口癖?)って
ギャーギャーうるさい女性としか目に映らなくなってしまいました。

そこで、巷の皆さんは最近の「にしおかすみこ」をどのように
思っているのか知りたいと思い
アンケートに投稿する事にしたんです。

「こんな風な角度で見たら良い」とか「同じ意見!」という回答、
なんでも良いので教えてください。

Aベストアンサー

最近は女芸人としての意識がなくて、タレントぶってるのが目につきます。これがタレントだったら構いませんが、彼女はあくまで女芸人なのに、男の話にがっつきすぎです。

いつだったか、「笑っていいとも」でもギャーギャー騒いで関根勤やピーコなどが怒っていたりしましたし。

27時間テレビの深夜、芸人が集まってネタする企画のことでは、ピンクのワンピースっぽい服と黒いムチという合ってない格好で女王様ネタをしにきたり、さんまに「抱かれてもいい」という趣旨の媚び売ったり、笑いが起きなかったからと言ってネタを中断したり、もう1回やれと促されてもネタを忘れて泣く始末。
ネプリーグにも出演しましたが、空気凍らせる発言したり、自分が答えられないのを伊藤アナの滑舌が悪いとケチつけたりして周りが怒ってましたし、自分の失敗は棚にあげといて、他の人の失敗には「せっかく答えたのに~」と言ったり、名倉にタメ口等々…

正直空気も読めないし自己保身。見ていてうざいと感じます。
27時間テレビ見てたら嫌いになりましたね。

Q現代仮名遣いの「じ」と「ぢ」、「ず」と「づ」の使い方

ワープロを打つとき、いつも気になるのが、「じ」と「ぢ」、「ず」と「づ」の使い方です。
地面は「じめん」より「ぢめん」、稲妻は「いなずま」より「いなづま」の方が、良いと思うのですが、文部科学省のご指導では、「じ」「ず」だということのようです。
昭和61年7月1日内閣告示第一号「現代仮名遣い」を読みましても、納得しにくいです。
このことについて、ご解説いただければと思います。

Aベストアンサー

↓【昭和61年7月1日内閣告示第一号「現代仮名遣い」】該当箇所

5 次のような語は、「ぢ」「づ」を用いて書く。

(1) 同音の連呼によって生じた「ぢ」「づ」

例 ちぢみ(縮) ちぢむ ちぢれる ちぢこまる

つづみ(鼓) つづら つづく(続) つづめる(約△) つづる(綴*)

〔注意〕 「いちじく」「いちじるしい」は、この例にあたらない。

(2) 二語の連合によって生じた「ぢ」「づ」

例 はなぢ(鼻血) そえぢ(添乳) もらいぢち そこぢから(底力)

ひぢりめん いれぢえ(入知恵) ちゃのみぢゃわん

まぢか(間近) こぢんまり

ちかぢか(近々) ちりぢり

みかづき(三日月) たけづつ(竹筒) たづな(手綱) ともづな にいづま(新妻) けづめ ひづめ ひげづら

おこづかい(小遣) あいそづかし わしづかみ こころづくし(心尽) てづくり(手作) こづつみ(小包)  ことづて はこづめ(箱詰) はたらきづめ みちづれ(道連)

かたづく こづく(小突) どくづく もとづく うらづける

ゆきづまる ねばりづよい

つねづね(常々) つくづく つれづれ

★なお、次のような語については、現代語の意識では一般に二語に分解しにくいもの等として、それぞれ「じ」「ず」を用いて書くことを本則とし、「せかいぢゅう」「いなづま」のように「ぢ」「づ」を用いて書くこともできるものとする。

例 せかいじゅう(世界中)

いなずま(稲妻) かたず(固唾*) きずな(絆*) さかずき(杯) ときわず ほおずき みみずく

うなずく おとずれる(訪) かしずく つまずく ぬかずく

ひざまずく あせみずく くんずほぐれつ さしずめ でずっぱり なかんずく うでずく くろずくめ ひとりずつ

ゆうずう(融通)

★〔注意〕 次のような語の中の「じ」「ず」は、漢字の音読みでもともと濁っているものであって、上記(1)、(2)のいずれにもあたらず、「じ」「ず」を用いて書く。

例 じめん(地面) ぬのじ(布地)

ずが(図画) りゃくず(略図)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
質問者さんがお気に召さないのは、上記告示の★を付けたところ、すなわち、「なお書き」のところと〔注意書き〕のところだと思います。
ご意見は以下のようなことかと推察します。

「世界中」は「世界(せかい)+中(ちゅう)」に分解できる。だから「せかいぢゅう」が正しい。

「稲妻」は「稲(いね)+妻(つま)」だ。だから「いなづま」だ。「新妻」は「にいづま」が正しいとなっているではないか。なんで「にいづま」がよくて「いなづま」がダメなのか。(「にいずま」とタイプすると「二伊豆間」と出ました)

「地面」も「土地(とち)」の「地」が「ち」だから、「地面(ぢめん」の方がよい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★なお書きのところについて・・・
例に挙げられているものは、ほとんどが二語に分解できると思います。そして、これらは昔から「ぢ」「づ」でやってきていたのであるから、「ぢ」「づ」の方が良いと私も思います。

★〔注意〕のところについて・・・
告示の『「じ」「ず」は、漢字の音読みでもともと濁っているものであって』というのは、「地面」の「じ」は、呉音です。「ち」と発音するのは漢音です。
ですから、「地面」の「じ」は、「ち」が濁ってできたものではない、もともと呉音で「じ」と発音していたのだから、「ち」とは無関係であるという理屈です。
「図画」の「ず」も呉音です(漢音は「と」)。ですから、もともと「ず」と発音していたということです。

文部省のおっしゃることのスジは通っているようです。しかし、中国の呉地方の方には申し訳ないですが(^-^ 、漢音との関連で「地面(ぢめん)」、「図画」は漢音の「とが」との関連で「ずが」よりも「づが」の方がいいように思います(実際は関連はないのですが、私たちには関連付けた方が覚えやすい)。

私は、この「現代仮名遣い」の該当部分を読んだ限りでは、「じ、ず」よりも「ぢ、づ」の方が良いと思いました。
しかし、仮名遣い全体について考えてみたわけではありませんし、また【専門家様!】でもありませんので、実際に「ぢ、づ」であったらどうだったのか、混乱したのかどうか・・・これはわかりません。

なお、都築という名字を間違えて「つずき」とフリガナを振った小学生を知っていますが、大人でそういう人を知りません(大人でも、日本全国のたくさんの都築さんの中に、マレにそういう方がいらっしゃる可能性については否定しません。)。

↓【昭和61年7月1日内閣告示第一号「現代仮名遣い」】該当箇所

5 次のような語は、「ぢ」「づ」を用いて書く。

(1) 同音の連呼によって生じた「ぢ」「づ」

例 ちぢみ(縮) ちぢむ ちぢれる ちぢこまる

つづみ(鼓) つづら つづく(続) つづめる(約△) つづる(綴*)

〔注意〕 「いちじく」「いちじるしい」は、この例にあたらない。

(2) 二語の連合によって生じた「ぢ」「づ」

例 はなぢ(鼻血) そえぢ(添乳) もらいぢち そこぢから(底力)

ひぢりめん いれぢえ(入知恵) ち...続きを読む

Qにしおかすみこはどこへいった?

年末年始、お笑い番組も花盛りですが、
フと最近、にしおかすみこを見かけなくなったことに気づきました。
あのSM女王の芸風の彼女です。
何かあったのか、ご存知の方ありませんか?

Aベストアンサー

いや。先週の土曜日だったか
「なんぼdeなんぼ」(関西ローカル)でもでていたし、
今日も「驚きの嵐」(日テレ系)に出ていた。
SM系のファッションはしていませんが、普通に出ていますよ。
正直、お笑いとしては面白くないので、そっち系の番組に出ていないだけではありませんか?

Q血圧120「だい」の「だい」は、「台」または「代」のどっちですか?

血圧120「だい」の「だい」は、「台」または「代」のどっちですか?
単純に年齢の時は、「20代、30代」で、ものを数えるときは、「車100台、200台」と思っていますが、血圧の時ははよくわかりません。
インターネットで調べてみると、「台」の方が多く使われているようですが、確信が持てません。どちらの「だい」が用法としては正しいのでしょうか?
また、その理由や意味なども知りたいです。

Aベストアンサー

共同通信社発行『記者ハンドブック』によりますと、

台=〔数量の大体の範囲を示す〕午後五時台、千円の大台に乗る、百キロ台
代=〔歴史上の期間、家督、年齢などの範囲を示す〕三十(歳)代、二〇〇〇年代、八代将軍
(※『広辞苑』では、年齢に関しては、「台」「代」両方が使えるように書いてありました)

となっています。
なので、血圧の場合は一二〇台となります。
ただ、「一二〇台」と書くと、車か何かのようにも思えてしまうので、単位を入れた方がよいと思います。
血圧の単位は、ミリメートルだったかな? 
普通、あんまり書いたり聞いたりしないので、はっきり覚えていないのですが。

あと、どうしてなのかを説明するのは、私の知識では難しいのですが、
「代」に関しては、時代とか世代の意味がありますから、そこからきているのでしょう。
「台」に関しては、物をのせる道具という意味ですから、そのあたりにヒントがあるように思います。なんとなーく、ニュアンス的には分かるような気がするのですが、文章にするのは難しいです。

Qにしおかすみこ

ピン芸人の「にしおかすみこ」は、本名も「西岡純子」だし、昔は「西岡すみこ」と名乗っていたのは知ってるのですが、
どうも自分の聞き違いか、本人が名乗る時や、第三者が名前を読み上げる時に「にしお・かすみこ」と言ってるように聞こえます。

本名は「にしおか・すみこ」だけど、芸名では「にしお・かすみこ」としてるのでしょうか?

Aベストアンサー

「にしおか・すみこ」じゃないんですか?
私には、本人が「にしおか~っすみこだよっ」って言ってるように思います。きちんとした回答じゃなくてすみません!

Q「とても」=「じ●●」?

こんにちは。質問させて下さい。
現在敬語の使い方の勉強をしております。
ですが、どうしても解らない問題が2問あって進めません。

1)
「とても」うれしいことがあった。

「じ●●」うれしいことがありました。

と書き換えるらしいのですが、この「じ●●」という所に何を入れたら良いのかが解りません。


2)「土産をくれてありがとう」を丁寧に言い直す。

「お土産を下さり、ありがとうございます」……では何か素っ気無いと申しますか、変な感じがするのですが、では実際どうすれば良いのかを考えだすと、混乱が止まらなくなってしまいます。
社会人として、どのような言い廻しがスマートなのでしょうか?


ご教授のほど、よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

#2です。
「お土産をいただきまして、ありがとうございます」は、おかしくないと思いますよ。

「私は、あなたからお土産をいただきましたので、あなたに対してありがたく感謝します」の省略ですから・・・

頂いたのは私ですし、ありがたく感謝しているのも私です。

因みに、「ありがとう」は「有り難し」で、滅多にない貴重なもの(有り難いもの)を頂くことから来ている言葉ですので、まさにご質問の例そのものですね。

Qにしおかすみこさんの、27時間テレビの失態をどうか動画で見てみたいです

にしおかすみこさんの、27時間テレビの失態をどうか動画で見てみたいです。
いろいろ探しましたが、ユーチューブでは、動画が削除されていて見れませんでした。
どうにかして見てみたいんですけど、なにかいい方法はありませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

それはテレビ番組ですよね?
youtubeから削除されていたと言う事は、例えば下記に当たるからでは無いでしょうか?

http://www.youtube.com/t/howto_copyright

となると、この場で答えるのにネットで検索して見るとは薦められないので
・たまたま録画をしていた親戚・知人から借りる。
・その内やるかもしれない再放送を待つ。
位しか思いつきません。

Q「じ」と「ぢ」

字を変換しててふと思ったのですが、どうして地主は
「じぬし」が可能で、間近は「まじか」が可能でないのですか?

Aベストアンサー

私も小学生の頃、鼻血は「はなぢ」なのに、地震、地面を「ぢしん」、「ぢめん」では何故いけないのか、先生に聞いて困らせたのを思い出しました。

恐らく、例外的な扱いだとおもいます。
「じ」と「ぢ」の使い分けをなるべく減らすために「じ」だけに統一しようとする動きがあったのでしょう。

勿論、元の字が「ち」だったら、「ぢ」になるのですが、「じ」に統一しようとする流れの中で、先頭に「ぢ」が付くのは感覚的に不自然なため、先頭の文字は例外的に「じ」になったのかもしれません。


人気Q&Aランキング