【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

土地取引の瑕疵担保責任により、両親が損害賠償400万円を支払わないといけない
可能性があります。契約を白紙解除にできるよい方法はないでしょうか?

経緯は次の通りです。

1先月両親が土地売却の契約をしました。

2その土地は、古くから持っている土地で、昔は田でしたが、
 昭和40年ごろに、借地とし、借地人がその土地に工場を建てていました。

3借地関係が終了しました10年前に、借地人から買い取り請求を受け、
 上に建っていた工場を買い取り今に至ります。

4解体更地渡しの契約でしたので、契約終了と同時に解体に着手しました。

5解体してみると、18本の地盤補強のためのパイルが地表から1mのところから
 3.6m埋まっていることがわかりました。

6そのうち9本は撤去したのですが、東西両サイドの9本が撤去できませんでした。

7理由は、両サイドともに建物があっており、東側は、隣地ブロック塀の下に一部がもぐりこむ
 ような形で、旧建物の基礎の残骸があり、その下にパイルが一部かかっていること、
 (隣地にまたがって、基礎があったようです。借地人は東側隣地も一緒に借りていたので
  私の両親の土地からはみ出して建築していたようです。解体してみて、はじめてわかりました)
 西側も、隣地のブロック塀に接近しすぎており、無理に撤去すると隣地ブロック塀を破壊する
 恐れがあることがあります。

8ここまで、解体に200万円、パイルを撤去するのに100万円の費用をかけております。
 東西両サイドのパイルも撤去可能であれば、撤去する予定でしたが、
 掘ってみた結果現状では撤去不可能という結論に至りました。

9買主さん(建売業者)にその件仲介業者さんを通して報告したところ、
 瑕疵担保責任の違約になる、という見解でした。

10ブロック塀を壊して、パイルを撤去してもう1度ブロック塀をこちらの費用で作りなおしては?
  という提案を受けましたが、費用がどれくらいかかるかも、ブロック塀を壊して作り直す
  同意が得られるかも、壊したら、確実に撤去できるかもわかりません。

こちらとしては、できる限りのことを誠意をもってやってきたのですが、
契約書の条文に地中埋設物等に撤去ができなければ違約金が発生するとあれば、
それは逃れることができないのでしょうか?

原始的不能とまでは言えないかとは思いますが、
両親も全く知らなかったことであり、事実上解決することが困難なことであり、
原始的不能に準じて考え、契約を無効とすることは不可能なのでしょうか?

違約金をと言われても、解体・撤去費用にすでに300万円を使い、
これ以上費用は用意できません。
なんとか知恵をお借りできないでしょうか?

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

●私たちとしては、12条で穏便に解決したいと思っているのです。


○一般的に「責めに帰すことのできない事由」とは自然災害や急激な経済状況の変動、売主の死亡、病気などであって本件のような案件には適用されないものかと思われます。
 No.1の回答で指摘されているように撤去できない埋設物が「契約をする前に容易に調査すればわかるような事項」であったかどうかによるでしょう。
    • good
    • 0

瑕疵担保責任は、民法で定められているものが適用されるのが原則ですが、例外として両当事者の合意により民法とは異なる特別の瑕疵担保責任を定めることができます。



こちらの件では、どちらの瑕疵担保なのかわかりかねますが、可能な限りお答えします。

・原始的不能か
費用が莫大にかかるなどの自体が認められれば、原始的不能に準じて契約を無効にできる可能性があります。
もっとも、契約をする前に容易に調査すればわかるような欠陥であった場合には、状況により無効にできなかったり、信義則上の損害賠償義務を負う可能性があります。


・その他の無効主張方法
錯誤無効(民法95条)を主張することが考えられます。
ただ、但書より、重過失がないことが必要なので、結果的に上記の議論と同様になることでしょう。

民法562条1項の類推適用も考えられるでしょう(私見)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
少し光が見えたような気がします。ちなみに、補足をしますと、問題となる契約書の条文は次のとおりです。

第11条 瑕疵担保責任
売主は、買主に対し、本物件に地中埋設物・越境物等の隠れたる瑕疵、道路・擁壁等の瑕疵、
前面道路を含む権利に関する瑕疵、その他の瑕疵が確認された場合、本物件の引渡し日から
表記瑕疵担保責任期間内に請求を受けたものに限り瑕疵担保責任を負うものとし、
万一、上記瑕疵が確認された場合、売主の責任と負担において速やかに撤去(修補を含む)または
解決するものとします。ただし、買主は、上記瑕疵により、
契約を締結した目的を達成できない場合、本契約を解除できるものとし、
売主は、買主に対し、表記違約金を支払い、買主に違約金を超える損害が生じた場合、その損害を
速やかに支払うものとします。

2.本契約締結後に、前項の瑕疵が確認された場合、売主の責任と負担において、
残代金支払いの時までに撤去(修補を含む)または解決するものとし、残代金支払い日を最長30日間
延長できるものとします。ただし、買主は、上記瑕疵により、契約を締結した目的を達成できない場合、
もしくは売主が上記延長期間内に撤去(修補を含む)または解決しない場合、
本契約を解除できるものとし、売主は、買主に対し、表記違約金を支払い、
買主に違約金を超える損害が生じた場合、その損害を速やかに支払うものとします。

第12条 越境物
売主は、本物件について、表記越境物除去期日までに一切の越境物を除去するものとします。
ただし、売主の責めに帰すことのできない事由により、表記越境物除去期日までに売主が
越境物を除去できない場合、売主、買主は協議のうえ、互いに本契約を解除できるものとし、
その相手方に対し、違約金または損害賠償の請求はできないものとします。
なお、上記越境物により、本契約が解除された場合、売主は、買主に対し、
受領済みの金員を無利息にて速やかに返還するものとします。

買主は11条の違約を主張しています。
たしかに、パイルは地中埋設物ですので、11条も当てはまりそうには思います。
ただ、地中に越境物もあり、それが隣地のどこまで越境しているかも
当時の図面はなく、隣地ブロック塀等を壊してみないとわからない以上、
容易に壊すこともできません。
費用もこれまでに、解体費・除去できるパイルの除去費用に300万円かけています。
隣地に与える影響、東西両隣りのブロック塀撤去、パイル・越境物撤去、
ブロック塀再構築の費用、どこまで越境しているのかわからないリスクを考えると
お金を出せば解決できる問題でもないかもしれません。

私たちとしては、12条で穏便に解決したいと思っているのです。

隣地への越境など、建物を解体するまでは全くわからなかったことです。
完全に基礎コンクリートに地面がおおわれていた状態から
コンクリートを撤去し、穴を掘ってみて、はじめて東側隣地までコンクリート・パイルが
入っていることがわかったのです。
隣地は、某建売業者が建築したのですが、コンクリートの上に、ブロック塀を設置するなど
確信犯的なところもあり、恨めしい限りですが、今更どうしようもありません。
建物自体も両親が建てたものでもなく、借地人が借地を返還する際に
それらの説明もなく、図面もなく買い取り請求してきたものに、応じざるを得ず、
買い取ったものです。

仲介業者さんは、だまって支払う必要はない、こちらも受けて立つとはおっしゃっています。
サポートもしてくださるそうです。
ただ、両親も高齢ですし、やはり穏便に済ませられることを願うばかりです。

こちらとしては、今後とるべき策はどんなものがあるでしょうか?

お礼日時:2012/04/22 08:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q土地購入時の地中埋設物に対する責任の所在について

先月住宅用の土地を購入しました。
契約前は古家があり、契約書には建物を取り壊し、更地にて引渡しを行う旨の特約を入れました。
引渡しが終了し、帰り際に売主側の不動産屋から「解体してみたら地中にに杭があったが近隣への地盤の影響を考えて撤去しなかった」ことを伝えられました。
さらにその後、私たち(買主)の負担で地盤調査をしたところ、土地の中央付近一帯の地中にコンクリート片が埋まっていることが新たに判明しました。
コンクリート片は、解体の際に埋めたものか、それとも以前から埋まっていたものかはまだはっきりとしていません。

そこで質問なのですが、
(1)杭およびコンクリート片は、「隠れたる瑕疵」にあたり、民法第570条「瑕疵担保責任」による損害賠償の請求にあてはまりますか。
(2)土地の引渡し前に杭の存在を知っていたにもかかわらず、引渡し後に伝えてきた売主側不動産屋に何か追及できるものはありますか。
(3)「更地渡し」という解釈には地中の障害物(この場合杭、ガラ)の撤去というところまでは含まれないのですか。
(4)売主側へ責任を問えるとした場合でも、地中障害物による建築費の追加費用をその都度請求することは難しく、現段階でよく下調べをし、一括で予想額を請求するのが良いのではないかと私たち側の不動産屋は言っています。請求方法や注意点などについてアドバイスがあれば教えてください。

よろしくお願いします。

先月住宅用の土地を購入しました。
契約前は古家があり、契約書には建物を取り壊し、更地にて引渡しを行う旨の特約を入れました。
引渡しが終了し、帰り際に売主側の不動産屋から「解体してみたら地中にに杭があったが近隣への地盤の影響を考えて撤去しなかった」ことを伝えられました。
さらにその後、私たち(買主)の負担で地盤調査をしたところ、土地の中央付近一帯の地中にコンクリート片が埋まっていることが新たに判明しました。
コンクリート片は、解体の際に埋めたものか、それとも以前から埋まって...続きを読む

Aベストアンサー

(1)(2)については、結論から言えば、民法570条の瑕疵担保責任における「隠れたる瑕疵」に当たると考えられます。そして、責任追及として、「損害賠償請求」するためには、買主がこの瑕疵について「善意無過失」であればいいのですが、この売買契約を解除するためには、それに加え「その瑕疵により、売買契約の目的を達成できない場合」に限られます。もっとも本件の場合、杭やコンクリート片があって、住宅の基礎が打てないなどの理由により、住宅が建てられなければ、これに当たると考えられます。ただし、この責任追及が出来るのは、この隠れたる瑕疵を「知った時から一年以内」です。また、この「瑕疵担保責任」においては、売主に「瑕疵の修補義務」はありません。つまり、買主としては、損害賠償請求するか、売買契約を解除するか、のどちらかを選択する事に成ると思われます。
(3)については、住宅の建設用地として売買している以上、「更地渡し」といえば、「住宅を建設できるような状態で渡す」事を指すものと考えられるので、もしこの瑕疵により住宅建設が出来ないのであれば、このような杭やガラの撤去も当然含むべき、と考えられます。
(4)については、その追加費用を「損害賠償」として請求するか、後は契約解除するかと言う事になります。

(1)(2)については、結論から言えば、民法570条の瑕疵担保責任における「隠れたる瑕疵」に当たると考えられます。そして、責任追及として、「損害賠償請求」するためには、買主がこの瑕疵について「善意無過失」であればいいのですが、この売買契約を解除するためには、それに加え「その瑕疵により、売買契約の目的を達成できない場合」に限られます。もっとも本件の場合、杭やコンクリート片があって、住宅の基礎が打てないなどの理由により、住宅が建てられなければ、これに当たると考えられます。ただし、この責...続きを読む

Q隣家の地下の下水配管が越境しています。

隣家の地下の下水配管が越境しています。
土地を購入し建築工事をしています。基礎を掘るときに隣家の地下配管が私の土地の方に越境していることが判明しました。隣家は50年前から住んでいます。この場合、隣家は、この越境状態を解消する義務があるのでしょうか? 法的に、この工事費用は、相手が負担するのでしょうか?それとも私が負担すべきでしょうか? また、有効な解決方法はあるのでしょうか? (泣き寝入りするしかないのか。。。?)

Aベストアンサー

下水道は「下水道法」という法律があって、そこには隣地使用の規定があります。
第十一条(排水に関する受忍義務等)  前条第一項の規定により排水設備を設置しなければならない者は、他人の土地又は排水設備を使用しなければ下水を公共下水道に流入させることが困難であるときは、他人の土地に排水設備を設置し、又は他人の設置した排水設備を使用することができる。この場合においては、他人の土地又は排水設備にとつて最も損害の少い場所又は箇所及び方法を選ばなければならない。

ですからあなたの土地を通すことに↑に基づく合理性があれば違法ではなく、撤去の強制もできません。
また、あなたの敷地を通さなくても下水本管に通せる場合でも前所有者が埋設許可したのでしょうからその負担は継承されます。

建築が困難であれば話合いをするしかありませんが、↑のような法律や事情がありますからあなたの土地所有権が全てに優先されるわけではありませんので相手が移設を拒否する可能性もあります。
その場合には工事の兼ね合いから裁判とかまどろっこしいことはできないでしょうから、設計を一部変更するか、移設負担をお互いに折り合うしかないと思います。

あなたが負担したお金については、前の所有者と仲介不動産に請求できるかも知れません。
徹底的に白黒はっきりさせたいのであれば法律の専門家に相談したほうがいいと思います。

下水道は「下水道法」という法律があって、そこには隣地使用の規定があります。
第十一条(排水に関する受忍義務等)  前条第一項の規定により排水設備を設置しなければならない者は、他人の土地又は排水設備を使用しなければ下水を公共下水道に流入させることが困難であるときは、他人の土地に排水設備を設置し、又は他人の設置した排水設備を使用することができる。この場合においては、他人の土地又は排水設備にとつて最も損害の少い場所又は箇所及び方法を選ばなければならない。

ですからあなたの土地を通...続きを読む

Q土地売主が不動産業者の場合の瑕疵担保責任について。

マイホーム建築を考えています。

分譲住宅、建築条件付土地の購入ではなく、不動産仲介業者の紹介で土地を購入し、その土地にフリープランの家を建築しようという考えです。

土地の値段に折り合いが付き、家も予算内で100%フリープラン建築が可能となったので、土地の売買契約に進む事になりました。(家の図面も完成したので、あとは土地の売買契約を済ませるだけという状態です。)

しかし本日仲介業者が持ってきた土地売買契約書のドラフトを見ると、

「売主は買主に対し土地を現状有姿で引渡す事とし、引渡し後瑕疵についてはその責を負わない。」

という条文が入っています。

売主は不動産業者(宅建登録業者)、買主は私、仲介業者も不動産業者(宅建登録業者)です。

仲介業者は本日朝売主から受け取った契約書のドラフトをそのまま持ってきてくれて、一緒に読み合わせをしている時にこの条文に気付いた次第です。

仲介業者曰く、売主が宅建登録をした不動産業者の場合、且つ買主が一般人である場合、瑕疵担保責任を回避する事は出来ない、との事でした。(一般人である買主の不利益を回避するため。)

従ってこの条文は無効だという事だったのですが、売主に問い合わせをしてもらうと売主は現状有姿での売買なので瑕疵担保責任は無くても良いと言っています。

買主の立場としては当然瑕疵担保責任は付けて欲しいのですが、それなら売らないと売主は言っているようです。

長年待ち続けてようやく見つけた理想の立地の土地なので手放したくはありません。かと言って万が一の事を考えると瑕疵担保責任の無い状態で買う訳にもいきません。

そこで以下の件について教えて下さい。

1) 土地の売主が宅建登録した不動産業者の場合、瑕疵担保責任を付けないで土地を販売する事は可能なのか。

※ もしNoの場合(瑕疵担保責任を付けなければならない場合)、その根拠条文を教えて下さい。

2) 仮に現状有姿という条件を私が受け入れて購入後に瑕疵が発見された場合でも、その責任を売主に問う事が出来るのか。

※ 私が購入しようとしている土地は閑静な住宅街にある50坪の一筆の土地を25坪ずつに分筆した片方です。もう片方には売主が分譲住宅を建築して販売するので、売主がその土地(私の方ではない)の地盤調査を先日行い、現在調査結果待ちの状態です。(建築確認申請の許可も下りています。)

もしこの調査結果で問題が無ければ、元々同じ土地を2つに割っただけなので大きな問題は無いのではと推測しています。もちろん私の買う土地から大きな岩が出てきたりする可能性はありますが、土壌汚染や軟弱地盤でなければまず大丈夫ではないかと思っています。

長年探し続けてやっと見つけた理想の立地の理想の土地なので簡単に諦めきれず、こういうケースまで想定しています。

3) 同様に仲介業者にその責を問う事が出来るのか。

※ 仲介業者曰く、売主が宅建登録した不動産業者であり買主が一般人の場合、そもそも瑕疵担保責任を付けないで土地を販売する事自体が無効と言っています。もし瑕疵が発見された時は売主も仲介業者もその責を負わなければならないので、売主が瑕疵担保責任を負わない限り当社も仲介は出来ないと言っています。


どうかご回答宜しくお願い致します。

マイホーム建築を考えています。

分譲住宅、建築条件付土地の購入ではなく、不動産仲介業者の紹介で土地を購入し、その土地にフリープランの家を建築しようという考えです。

土地の値段に折り合いが付き、家も予算内で100%フリープラン建築が可能となったので、土地の売買契約に進む事になりました。(家の図面も完成したので、あとは土地の売買契約を済ませるだけという状態です。)

しかし本日仲介業者が持ってきた土地売買契約書のドラフトを見ると、

「売主は買主に対し土地を現状有姿で引渡す事とし、引...続きを読む

Aベストアンサー

宅地建物取引業者は、自ら売主となる宅地又は建物の売買契約において、その目的物の瑕疵を担保すべき責任に関し、民法570条において準用する同法566条3項に規定する期間(買主が事実を知った時から1年以内)について、その目的物の引渡しの日から2年以上となる特約をする場合を除き、同条に規定するものより買主に不利となる特約をしてはならない(宅地建物取引業法40条1項)。

この規定は強行規定であり、これに反するものは無効である。

買主に不利な特約とは、瑕疵担保責任を負わないとするもの、これを負う期間を買主が知ったときより1年未満の期間とすること、契約解除も損害賠償も認めず補修のみを行うとするもの、瑕疵の箇所によっては責任を負わないとするものなどが挙げられる。

その仲介業者は契約から脱落するので、自己責任で取引を行うこと。
売主業者は、下手をすると倒産の心配があり、責任追及ができなくなることを念頭に置く。
専門家なら、絶対反対する。

Q塀の基礎部分でも越境してはならない?

再度の細かい質問です。

塀を隣との境界線からスグに建てると(狭小住宅です)、地中の基礎のL字部分の下の部分が5cm程越境する(工事仕様参照)のですが、たとえ地中部分であっても隣に越境してはいけないのですよね?!

となると、境界線から5cm離さないといけなくなりますか?

心配性ゆえ・・。

Aベストアンサー

本来の職種とはチョッと違いますが、数多く手伝いしている立場からアドバイスします、

>たとえ地中部分であっても隣に越境してはいけないのですよね?!

地中であっても、越境してはいけません、

>地中の基礎のL字部分の下の部分が5cm程越境する(工事仕様参照)のですが

越境しない工事仕様も有りますよ、
私たちも境界線に沿った塀の基礎等、数多く手がけ居てますが、
越境する事はありません、


>境界線から5cm離さないといけなくなりますか?

越境しない工事仕様に変更してもらえば良いだけです、
経験豊富な建設業者なら何の苦労もしないはずです、
二つ返事で、変更できるはずですよ、

Q抵当権抹消と滅失登記

お世話になります、ご教授ください。

建物を解体する予定ですが、銀行の抵当権が付いています。

1.抵当権付のまま解体して問題がありますか?滅失登記は可能ですか?

2.銀行に抹消について了解をもらう予定ですが、その後解体、滅失登記の流れを教えてください。

Aベストアンサー

解体すれば、抵当権の侵害であり、承諾無く解体はできないなどという浅い回答がありますが、誤りです。

1.
建物を解体し、滅失登記をすれば当然に抵当権は消滅します。建物滅失登記に抵当権者の承諾書は添付は不要です。


しかし、債権者の承諾無く、抵当権を設定した建物を解体した場合、民法137条第2号の「担保の滅失」にあたり、期限の利益を主張することができなくなります。つまり、債権者である銀行が弁済期を待たずして、貴方に貸金の返還を請求することができるようになるので、建物の解体の了解をもらったほうがよいです。恐らくその場合は、他の担保(不動産なり保証人)なりを求められる可能性が高いです。

2.
銀行の承諾を得た上で、建物を解体し、滅失登記をするだけです。なお不動産登記法上は抵当権の抹消登記は不要ですが、司法書士によっては、一応したほうがよい、などといわれるかもしれません。

(期限の利益の喪失)
第137条
次に掲げる場合には、債務者は、期限の利益を主張することができない。
二 債務者が担保を滅失させ、損傷させ、又は減少させたとき。


人気Q&Aランキング