グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

はじめて質問します
自分は柔道整復師なのですが、一年ほど前に勤めていた接骨院の不正に未だに腹を立てています

そこの院長は
・自分の経営する柔道部の学生 及び 指導者
・自分が昔、出入りしていた某高校の柔道部員達
・整骨院の従業員、及び院長の友人(その中に公務員を含みます)
・院長の血縁者(家族・親戚)

に対して一部負担金の不法免除や水増し請求を平気で行っていました

自身がその事実にに気が付いたときに院長に対して不正請求の事実があるか否かを質問したところ
完全否定する様子もなく
「来院していない患者さんに対しては院外で施術しているが、往診の請求が出来ない距離なので院内で請求している」
とか
「柔道部員の一部負担金は柔道部の集金でまかなっている」
と言い訳を始めました

確かに、院長は毎朝往診をしていましたが、水増し請求の患者数には遠く及びませんし
「往診している」筈の患者さんが普通に来院され、しかも一部負担金は請求しません
もちろん領収証の発行もありません

柔道部員の件に関しても、柔道がある日(週4日)に来院した学生に対して一部負担金を請求したことは一度もありませんし
柔道部の部費は月に3千円程度、到底賄いきれる金額とは思いません
もし、それをしていたとしても領収証の発行は一切していませんし
またその行為自体が横領の様にも感じられます

従業員やその家族に対しては保険証を家族分コピー(子供達の分も含み)をとっており
一月に毎日来院しているように請求

昔、働いていた職員は毎月 シップを貰うかわりに保険証を提示し、
何の気なしに家族分のレセプトにサインして負担金も請求していません

学生達からは「なんで接骨院はタダなんですか?」と聞かれても応える術を持たず
どうしたらいいか解らなくなってしまい、その職場を退職しました

その職場を退職して一年余りが立ちますが、
最近もまだ古参、新参問わず柔道整復師による療養費不正請求が後を絶ちません

そして、その接骨院の院長は今ものうのうと不正請求をしているのにも関わらず
新しく開院する整骨院・接骨院のチラシやアラを見つけては通報まがいのことをしています

実際にその広告制限の報告をされた整骨院は、業務指導がはいり免許をとったばかりの柔道整復師が
保険取り扱い停止か、もしくはなんらかの処分を受けて退職し
オーナーは新しい院長を募集していました
整骨院の開業には数百万かかり、建物と機械を維持するだけでもオーナーは赤字な筈
新参の柔道整復師には先輩が適切に指導して助けるべきなのでは無いのでしょうか?

それを潰しにかかる院長に吐き気がしたのを覚えています

自分はこの院長の不正を暴き、行いを改めさせるべきなのでしょうか?
もしもこれを報告して、指導が入ってしまった場合施術を受けてしまう患者さんたちに迷惑がかかると思うと怖いです
密告まがいのことをするのは、この院長と同類な行為になってしまう様な気がしてなりません

しかし、それと同時に自身の柔道整復師免許を接骨院の勤務柔道整復師として登録しておきながら
このような不正をのうのうとしている院長を軽蔑する感情があります

不正を明らかにする為の効果的な方法やこの詳細を報告をした後にキチンと対処してくれる場所があればと思い質問しました。

無学な自分ではありますが、
なんとか柔道整復師の社会を良いものにしたいと考える私に知恵を下さい

自分は子供達から幻滅されるような柔道整復師にはなりたくないです
助けてください

長くなってしまいましたが、全文を読んでいただいた方ありがとうございました
回答者様で無い方も、柔道整復師が全て不正を好むものでは無い事を
どうか理解してください
ありがとうございました

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

社会保険庁へ告発することをオススメします



レセプトでしか見れない整骨院経営者など世の中に必要ありません

患者のことを思うなら尚更告発をオススメします

正確ではない通院記録を作り、保険料だけで経営しようなどとは言語道断です

明らかに刑事事件で詐欺罪等に該当するかと思います

詳しくは下記をご覧ください

整骨院の内部告発について
http://www.hou-nattoku.com/consult/903.php

この回答への補足

どの方も親切にコメントを頂きましたので正直迷いましたが

一番早く、一番心動いたluci529様をベストアンサーに選ばせて頂きたいと思います

ありがとうございました

補足日時:2012/04/26 00:46
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり 報告するべきですよね

URLまで張っていただいて、とても参考になりました

医療の世界はクリーンであるべきです

レセプトでは無く、患部を見る柔道整復師を目指して頑張ります

お礼日時:2012/04/23 22:13

No.2です。

補足ありがとうございます。


>学校の保健室にケガで訪れる子供にすべてレントゲンが必要なのか?

保険室であれば成長期の子供ですからより慎重にいかなければいかないでしょうね。最後にちょっと変わった例をご紹介します。昔電車のつり革を軽く掴み損ねて中手骨を骨折した例がありました。受傷機転や触診では打撲と判断しかけましたが、念のために取ったレントゲンで判明した例です。このようにレントゲンとは問診や触診の精度を高める為のツールだと思っています。慎重になればこそレントゲンは重要性を増します。


>その他は見解に違いはあれど、同意できる部分は多々ありますし
>同意できないからといって否定はできない所です

私も貴方の仰りたいことはよく分かります。私は柔整師ではないのでタブーとも思える部分を好き勝手言っていますが、貴方は職域の中で最大限努力するためのお考えのことと察します。


>厚生局、どうなんでしょう
でも最近、厚生労働省からの通達で
国民健康保険等での不正請求に対する対応策の強化が義務化されたみたいですし
すべての保険が組合と同じ様なシステムになるらしいです

やはりそうでしたか。知り合いの内科医から「そういうことらしい」という話は聞いておりました。


では、将来の柔道整復師の為に頑張ってください。お体に気をつけて。失礼しました。
    • good
    • 0

No.2です。

補足ありがとうございます。


>>実際の現場でこれが言えない輩~
>なるほどそういう意味でのお話ですね、そう言う考え方はしてなかったです

バク天の例に関して整形外科を勧めたのは私です。実際質問者がかかった整骨院では、このような簡単とも思える対処すらもできていないのです。


>確かにそうかもしれません、それでも最近は超音波での鑑別もあるわけですから、一概にそう言ってしまうのもどうかというのが今のところの見解です

超音波は非常に面白い診断ツールですよね。確かに足関節捻挫や腱板損傷の診断は組織の状態が手に取るようにわかり感動ものです。でも深部の診断にはまだまだ使えないのが現状です。さらなる技術発展が楽しみです。


>そして適切であろうとしていれば意義を見出していける筈だと思っている訳です
私自身がレベルの高い柔道整復師だとは到底思いませんが、レベルの低い高いに関わらず資格を持っている限りはそう有るべきです

失礼を承知ではっきり申し上げますが貴方の認識は甘いです。貴方の仰っていることは理想です。保険が効くマッサージ屋に成り下がっている現実をよく考えてください。古参も新参も含めて柔道整復師です。保険の不正利用を目的にあとから柔整を取得した鍼灸柔整師だって柔道整復師ですよ。


>ただ、患者さんや柔道整復師以外の方達がその個人の柔道整復師を見てどう思うかは別問題ですが

一般の方は柔道整復師が何をするライセンスかほんとどわかっていないと思います(私も未だにはっきりわかっていません)。柔道整復師というライセンス事態の認知も低いでしょう。それは “柔整とは” という定義が弱いためだと思います。


長文、乱文失礼しました。失言等お許しください。
    • good
    • 0

No.2です。

補足ありがとうございます。


>では突き指損傷は?足の小指を机の角にぶつけた時は?肘を打ったら手の小指が痺れたら?頚の関節がボキボキ鳴ってたら?痛みが無くても肩を回したらゴリゴリ音がしていたら?

突き指、机、頚椎は取りますね。しかし頚椎に関しては外傷でなければ骨折の疑いでは低いでしょう。肘のケースは机の角ですか?この症状で病院や治療院に来る方はいないと思いますが・・・。肩に関しては原因によりますよねゴリゴリ以外に痛みなどの症状があれば取るでしょう。しかしこれも骨折という頭は低いですね。


結局コーレス骨折、大腿骨頚部骨折、ヒルサックス損傷、亀裂骨折いずれの場合も(まぁ例に挙げたものだけですが)触診やテストだけでは不十分なんですね。また人間の体とは100%教科書通りの症状が出るわけではありませんからレントゲンで直接目で見て確認するということが大事なのだと思います。


>「ぶつけたところが赤く腫れて血が出ているからレントゲンとります」
>極端に言えばこうなりますが、患者さんはほぼ帰ってこないでしょう

なぜ来ないのでしょうか?整形外科であればこの事例ではほぼレントゲンを撮りますよ。もし骨折を見逃したとなればそれこそ患者さんは来なくなるのではないでしょうか?「痛みが取れないから」 「レントゲンを撮って安心したい」 と整形外科を訪れる患者さんは沢山います。レントゲンを取ると言ってなぜ来ないのでしょうか?これが本当だとしたら本当に解せない事例ですね。


>画像診断の必要性は否定しませんが、画像診断に依存した鑑別は必要性を感じません
>ヤミクモにレントゲン撮影しても症状は解らないですからね

依存ではありません。依存すればあらゆる疾患を見落とします。そこが整形外科医の陥りやすい部分です。画像や数値を診てはダメです。あくまでも患者さんを診るのです。レントゲンなど画像診断はどこまで行っても診断ツールの一つにすぎません。もちろん問診、触診、視診、各種徒手検査なども十分考慮します。でもですね、これらを診断に占める割合に円グラフにすると、外傷においてはレントゲンがかなりの比率を占めるんです。

柔道整復とは整形外科に準ずる学問ですよね?今日の整形外科学とは画像診断を基に構成された学問です。整形外科学の常識では “骨折という判断” “骨折ではないという判断” にレントゲンは必要不可欠という見解です。



>果たしてほっといたらすぐに病院に行ったでしょうか?
それとも数日後に筋肉が骨折端に侵入し、足関節も倍に晴れ上がって成長障害の要因を悪化させた状態で病院へ行ったでしょうか?

そのために柔整は存在すると?その役目はなぜ整形外科はできないのでしょうか?


>見逃しやすい骨折を挙げるのならば、そういった例も考えてみたらいいと思います

そうですね。そのようなケースでは柔整に限らず他の類似資格でも同じで、自分の手に負えないと判断したものは抱え込まないようにしなければいけないと思います。他の回答でも書きましたが、柔整は抱え込むケースが非常に多いんですよ。それはやはり問題なのだと思います。


>だからといって週に一回はレントゲン撮りますとはならないですよね
レントゲン撮影の場合は固定を固定を外すリスクの有る骨折もある訳ですから
変形を残すリスクは極端に上がります

固定というのはギプスのことですか?ギプスは外さずとも撮影できますし、シーネはもともとそこまでの固定力を必要としていませんので、撮影や診察時は外しても問題ありませんよ。


>臨床の話をするのであれば骨折を疑ってレントゲン撮影したけど診断は捻挫
しかし、痛みも引かず、治癒の傾向が見られない場合は再度レントゲンを勧める事もあります

はい。ありますね。


>受傷後にすぐに骨折線が見られない骨折も少なくありません

そうですね。あると思います。


>そこを見極めるのは骨折の鑑別にはならないでしょうか?

柔整師がですか?見極めるというのはどのようなことでしょうか?


>業務の境界線がはっきりしている整形外科医の方に対して

柔整師ははっきりしていないですか?私は打撲、捻挫、挫傷の施術、骨折、脱臼の応急処置が柔整の業務範囲だと思っていましたが、これは間違いでしょうか?


>整形を縮小したものだと言ってしまうのはいかがなものかと、
でしたらバックボーンは整形外科で勤務して培って、学は経験と共に積むのが基本になるでしょうし
それならドクターになったほうが早いと思いますけど
って見解にはなりませんか?

同調する部分は多いですが、これは私の見解ではありません。違う回答でも書きました 「医師になった方が早い」 というのは本質を取り違えております。医師になったほうがいいのは個人の話ですが、柔整という制度がある以上医師になるものが全体の数%いたからって問題は解決しません。

柔整ははっきり言ってしまえば、保険の使えるマッサージ屋さんと化していますよね。これが巷の整骨院現状だと思います。でも整骨マッサージ屋の彼らに骨折を鑑別できる知識が本当にあると思っておられますか?これまでのやり取りで私は貴方はそういう知識を持っておられると思います。


>体を傷めた人が町にある整骨院の門を叩いてみたら骨折してるかも知れないと言われたので病院に行ってみた

極論として整骨院がなければ整形外科に行くと思います。整骨院で 「骨折ではない」 といわれることが多いことをも考えると、素直にメリットして受け入れがたい感じです。


>5時で終わってしまう病院には行けないけど水泳で傷めた肩を9時まで開いている整骨院でなんとかできないか?

これはいいかもしれないですね。ただし、なぜ肩が痛むのか原因をはっきりさせることが大事だと思います。


>レントゲンを撮って骨折では無く骨挫傷と言われたが整骨院で何とか出来ないか?

整形外科でも対応できると思います。整骨院にしかできないメリットとというと例えばどんなものがございますか?


>病院の診療時間外に応急処置とリハビリテーションを適切に行う公共の施設
でも十分だと思います

この考えに同調する柔整師がどれくらいいるでしょうか?9~18時で老人を相手に不正請求でマッサージをしている業界で、あえてこのようなイバラの道に進もうとする方はマイノリティだと思いますが、いかがでしょうか?


>それは善悪の問題ですし、そもそもその質問なんですけどね

ちなみですが地方厚生局のお話、最近変わってきているのでしょうか?数年前にテレビか新聞だったと思いますが、会と蜜月の関係にあるので厚生局に訴えた所で全くなしのつぶてという話を聞いたことがあります。まあ考えてみればこのような構図がなければ、業界で慢性的な不正請求なんてできないわけで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

長くなってしまいましたが、色々と考えさせられる議論で
大変ためになりました

ただ、レントゲンの下りで言っておきたいのは

整骨院に来院した患者さんにはレントゲンを勧める

という話を

学校の保健室にケガで訪れる子供にすべてレントゲンが必要なのか?

という話に置き換えてもらえば私が言いたいことも理解していただけると思います

その他は見解に違いはあれど、同意できる部分は多々ありますし
同意できないからといって否定はできない所です

厚生局、どうなんでしょう
でも最近、厚生労働省からの通達で
国民健康保険等での不正請求に対する対応策の強化が義務化されたみたいですし
すべての保険が組合と同じ様なシステムになるらしいです

(らしい、というのは各団体が厚生労働省に質問しても返答がないからです)

このままいっそ、不正を働く整骨院が無くなればと思っています


最後に

>レントゲンを撮って骨折では無く骨挫傷と言われたが整骨院で何とか出来ないか?

>整形外科でも対応できると思います。整骨院にしかできないメリットとというと例えばどんなものがございますか?

の返答なのですが下記の

捻挫の場合も骨折の症状を想定した固定を施しますし
打撲に対してもまんがいちの骨変形を想定した施療を行うこともあります

と同じだと思ってください

長々と失礼しました
ありがとうございます

お礼日時:2012/04/26 00:43

No.2です。

補足ありがとうございます。



>症状鑑別の結果、骨折が疑わしい物であればレントゲンを勧める、というよりは専門医への受診を勧めているのでレントゲン云々とは観点が違う気もしますが返答にはなっていると思います

ちょっと考えの溝が埋まらない感じがしますので、これで終わりにますが、骨折の確定診断はあくまでもレントゲンです。ということは言い換えれば打撲も捻挫もレントゲンが確定診断なわけです。外傷である以上はほぼすべての事例をレントゲンで確認しなければ、打撲とは言い切れないですし、骨折とも言い切れないわけです。例に挙げたような柔整師のように骨折を見のがしてまずい治療を続けることは、逆に患者さんや社会の不利益になると思います。


>>受傷機転から考えても骨折は第一に疑うべき事案ですから
>と ひとこと言えば万事解決じゃないでしょうか?

実際の現場でこれが言えない輩が非常に多いので、大問題なのだと思います。単に知識不足なだけでなく、裏には不正請求があり、患者を金づるとして離したくない柔整師の思惑というのもあるのではないでしょうか?(←貴方ではなく世の多くの柔整師のことです)


>柔道整復師がレントゲンが撮れないのはおかしい、とおっしゃる気持ちもわかりますが
だったら大学専に門課程を終えて整形外科医になるのが一番近道です

「それを言っちゃおしまいよ」 ですよ(笑)
あくまでも柔整を今よりも良くしようという意見なのですから。そのためには今の柔整の問題や矛盾点を包み隠さず洗い出すべきなのです。


>骨折に関しての知識があり、骨折を見逃さない為の術を身に付け
後療法も行えるから
柔道整復師が骨折を触れる資格と定められているのではないでしょうか

本気でそう思っていますか?貴方だけの話ではなく世の柔整師がですよ?(←私は初めから貴方の話ではなく世の柔整師のはなしをしています) 貴方が思っているほど、柔整師はそこまでレベルが高いと私は到底思えません。


>症状を疑えば画像診断しますが
必要の無いものまで放射線に晒して被曝する権限は柔道整復師どころか
どこの業界人でもあってはならない事だというのが私の見解です

これに関しては色々な意見があるでしょうが、本質からそれますのであえて意見はしないでおきます。

この回答への補足

お付き合いいただきましてありがとうございます

私もこういった内容のディスカッションは初めてなのでご容赦願います

まず、柔道整復師でいうところの確定診断はレントゲンでなく、医師の診断と言う事になってしまいますので
最終的にはレントゲンを診る医師の診断に委ねられる訳です

私たちはその診断を基にしますが、結果的には患者さんの症状と訴えを見極めて施療しなくてはなりません
その施術は症状の鑑別に沿ったものです

捻挫の場合も骨折の症状を想定した固定を施しますし
打撲に対してもまんがいちの骨変形を想定した施療を行うこともあります

とだけお答えします

>実際の現場でこれが言えない輩~

なるほどそういう意味でのお話ですね、そう言う考え方はしてなかったです

>「それを言っちゃおしまいよ」
確かにそうかもしれません、それでも最近は超音波での鑑別もあるわけですから、一概にそう言ってしまうのもどうかというのが今のところの見解です

>本気でそう思っていますか?~
少なくとも私は本気でそう信じていますし、柔道整復師の資格はそう有るべきだと考えています
が、貴方がおっしゃる事も理解しているつもりです
そして、その要因が古参の柔道整復師の不正請求によるものだと考えています
柔道整復師の資格が特別な物だとか、レベルの高いものであるとかではなく
適切で有るべきかと、そして適切であろうとしていれば意義を見出していける筈だと思っている訳です
私自身がレベルの高い柔道整復師だとは到底思いませんが、レベルの低い高いに関わらず資格を持っている限りはそう有るべきです

ただ、患者さんや柔道整復師以外の方達がその個人の柔道整復師を見てどう思うかは別問題ですが

>これに関しては色々な意見があるでしょうが、本質からそれますのであえて意見はしないでおきます。

確かに極論かもしれませんし、時事ネタにも聞こえますが
これは基本概念で捕らえてもらって構わないと思います
不用意な放射線被爆は患者さんのリスクになりかねませんし
撮影方向などによっても照射回数は変わるわけですから

補足日時:2012/04/25 02:40
    • good
    • 0

>不正を明らかにする為の効果的な方法やこの詳細を報告をした後にキチンと対処してくれる場所があればと思い質問しました。



各地方厚生局の都道府県事務所に告発して下さい。
柔道整復師の不正な保険使用に対しては厚生局も積極的に取り締まる方針になっています。

柔道整復師にも貴方をはじめ真摯に取り組んでいられる方も多いと思いますが、業界に占めるグレーな方が他の業界よりも明らかに多いと思います。全体でみると色々な政治も絡みややこしい面が多いと聞いていますが、個別な対処であれば厚生局事務所に通報されてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます

やはり地方厚生局に報告するのが一番適切な処置ですよね

保険請求まで含めてきちんと仕事の出来る柔道整復師を目指して
頑張ります

お礼日時:2012/04/25 00:33

しつこくてすいません。




>>私は外傷である以上は必ず骨をレントゲンで確認した方がいいと思うのですが、そうした対応はされているのか、もしされていないのであればなぜする必要がないとお考えになりますか?
>骨折脱臼の応急処置が柔道整復師に許可されているのはそういった意味合いでの事だと受け取っているという意味で受け取って頂ければ幸いです

骨折脱臼の応急処置の話をしているのではなく、打撲や捻挫に伴う骨折などレントゲンでなければ判断がつかない骨折は臨床上非常に多くあるとおもいます。整骨院とは打撲、捻挫、挫傷の患者さん(要するに外傷)を扱うわけですから、挫傷以外の患者さんにはレントゲン検査が必要になると思うのですが、現状はいかがでしょうか?

ここの質問で昔あったのが、整骨院で「肋骨の打撲と言われた」という質問がありました。話をお聞きすすると外傷だったので、病院受診を勧めたところ肋骨骨折だった。質問者がこの事実を当該整骨院に言うと 「やはりそうでしたか」 といわれ唖然とした。他の質問では、昔バク天に失敗して頭から落下したことがある、その時は整骨院にかかり 「骨は何ともない」 と言われ治療をした。しかし最近よく患部が痛むというようなご質問でした。受傷機転から考えても骨折は第一に疑うべき事案ですから、整形外科に行ってくださいとアドバイスしたところやはり骨折の跡が確認できたということでした。

このような事例がマジョリティなのかマイノリティなのかよくわかりませんが、柔整を業とするのであれば毎日直面する問題だと思うのです。そこでレントゲンが撮れないということは制度的に少しまずいと私は思うのですがいかがでしょうか?

この回答への補足

何度も書き込みありがとうございます

>骨折脱臼の応急処置の話をしているのではなく、打撲や捻挫に伴う骨折などレントゲンでなければ判断がつかない骨折は臨床上非常に多くあるとおもいます。整骨院とは打撲、捻挫、挫傷の患者さん(要するに外傷)を扱うわけですから、挫傷以外の患者さんにはレントゲン検査が必要になると思うのですが、現状はいかがでしょうか?

私が 骨折脱臼の応急処置の話を持ち出すのは、柔道整復師に診断権が無く
骨折や脱臼を疑った場合に適切に処置できる術を施行するのが柔道整復師なのだと言っているに過ぎません

症状鑑別の結果、骨折が疑わしい物であればレントゲンを勧める、というよりは専門医への受診を勧めているのでレントゲン云々とは観点が違う気もしますが返答にはなっていると思います

肋骨骨折に関してだけでは無いですが、コメントに挙げられた柔道整復師の方々は骨折に対しての症状鑑別能力が欠けているのか、それとも患者さんとのコミュニュケーション能力に欠けているのかは判断しかねますが
そのこ柔道整復師が質問者様がおっしゃったように

>受傷機転から考えても骨折は第一に疑うべき事案ですから

と ひとこと言えば万事解決じゃないでしょうか?

柔道整復師がレントゲンが撮れないのはおかしい、とおっしゃる気持ちもわかりますが
だったら大学専に門課程を終えて整形外科医になるのが一番近道です

骨折に関しての知識があり、骨折を見逃さない為の術を身に付け
後療法も行えるから
柔道整復師が骨折を触れる資格と定められているのではないでしょうか

症状を疑えば画像診断しますが
必要の無いものまで放射線に晒して被曝する権限は柔道整復師どころか
どこの業界人でもあってはならない事だというのが私の見解です

補足日時:2012/04/25 00:51
    • good
    • 0

No.2です。

補足ありがとうございます。


>骨折脱臼の応急処置が柔道整復師に許可されているのはそういった意味合いでの事だと受け取っているという意味で受け取って頂ければ幸いです

様々なテストや触診で骨折であろうと見当をつけれるものもありますが、例えば亀裂骨折などはレントゲンを撮らなければ打撲なのか骨折なのか判断は難しいと思います。そういった意味でも外傷である以上は必ずレントゲン撮影が必要だと私は考えます。


>・異常可動性(関節以外の運動性)
>・軋轢音(骨折端同士のこすれある音、感触)
>・転位と変形(骨折端同士の位置の異常、概観の大幅な変形)

これは例えばコーレス骨折など明らかに判断できるものではそうですが、大腿骨頚部骨折(stageI)、ヒルサックス損傷、亀裂骨折の類では正確に判断し、見落としがないようにするのは困難だと思います。


>結果は腓骨の下3分の1部分の斜め骨折に加え、腓骨頭(足関節側)の裂離骨折、足関節脱臼でした
幸い手術にはなりませんでしたが、3ヶ月間の固定と長期の固定を余儀無くされました
放置していたらどうなったのかは解りませんが、恐らく自分の処置は間違っていなかったと思っています

このような酷い場合は骨折か捻挫の判断をせずとも病院送りですが、症状や触診だけでは判断できない外果の亀裂骨折は臨床上沢山あると思います。


>別に柔道整復師に限った事では無いのですが、今や治療の予後には見た目も含まれますので、固定の仕方が要になってきます
>せっかくもとの位置に整復してもそれがズレれば変形しますので技術というよりは整復とセットで考えています

レントゲンを撮らないで正しい整復ができますか?たとえば顆上骨折の転位はレントゲンでも見落とす医師はいます。前腕部の若木骨折のリモデリングもレントゲンでしっかり経過観察する必要があると思います。


>これは骨が正常な方向に成長するのを阻害する要因を残す恐れがあるため
細心の注意が必要ですし、主にこの場合は整形外科での治療をお勧めします

成長軟骨板の骨折ですよね?これもレントゲンでなければ判断できないですもんね。


>仰る様に保険を使うためのライセンス=柔道整復師という概念がのさばっているのは確かです
先ほどの柔道整復師さんに対する失礼な発言は撤回することにします

この問題は個別の整骨院の事案だけではなく業界全体の問題だと思います。私は「質の低い柔整師=柔道整復術というものが分かっていない=プライドも何もないので不正に走る」 このような負の連鎖があるのだと思います。「柔整は不正をしなくても医療の一端を担えるんだ」という高い志があれば少しずつでも変わってくるのではないのでしょうか。そのためには、「病院の診療時間外に応急処置とリハビリテーションを適切に行う公共の施設」 という存在意義だけでは少々弱いと思います。医療とは、特に外傷に関してはエビデンスをもとに処置をしなくてはいけないと思います。そのエビデンスの元になるのはレントゲンです。レントゲンがあるから、はっきり打撲なのか骨折なのかわかるわけです(読影能力もありますが)。深夜に行っている整骨院というのも多数派ではないでしょうし、ケガをすれば整骨院をはさまずそのまま整形外科に行けば済むことだと思ってしまいます。結局は柔道整復師の存在意義に行きつくと思います。

この回答への補足

>例えば亀裂骨折などはレントゲンを撮らなければ打撲なのか骨折なのか判断は難しいと思います。そういった意味でも外傷である以上は必ずレントゲン撮影が必要だと私は考えます。

そうですね、亀裂骨折や打撲の痛みは確かに判断しがたい場合もあるでしょう

では突き指損傷は?足の小指を机の角にぶつけた時は?肘を打ったら手の小指が痺れたら?頚の関節がボキボキ鳴ってたら?痛みが無くても肩を回したらゴリゴリ音がしていたら?

外傷と判断するためには受傷機転から細かい症状を探っていかなければならないですよね

例えば
コーレス骨折、骨折が目立ちますけど発生機序からして、手関節の脱臼や手根骨の骨折及び脱臼が隠れている事が多いです
不全骨折の場合でも同じで、そこまで判断して画像診断をしなければ見逃します

大腿骨頚部骨折、高齢者にみられる事が多い骨折で損傷の度合いに関わらず大腿骨骨頭の栄養血管損傷を考えますので高齢者が転倒したり動部位の痛みや排尿困難、その他神経症状などもろもろ含めて疑わしければ専門機関へ

ヒルサックス損傷ならば脱臼が起因でしょうから整復完了後に専門機関への受診を勧める段階なので画像診断の範囲内でしょうし

亀裂骨折の場合はあまりに骨折線が短い場合や不明瞭な場合は骨挫傷と診断される事もあります

では逆に
保護者の方に「転んで泣いてたから整骨院に連れてきました」と
連れられた子供が来たときにあなたならどうしますか?

「ぶつけたところが赤く腫れて血が出ているからレントゲンとります」

極端に言えばこうなりますが、患者さんはほぼ帰ってこないでしょう
画像診断の必要性は否定しませんが、画像診断に依存した鑑別は必要性を感じません

ヤミクモにレントゲン撮影しても症状は解らないですからね

>このような酷い場合は骨折か捻挫の判断をせずとも病院送りですが

骨折は隠れています
そして、実際見逃します
それは柔道整復師とか医師とかのレベルではなく、骨折している本人も見逃してしまうレベルです
実際、この子は自分は捻挫したと思ったまま勝手にテーピングでぐるぐる巻きにして試合した後で「先生、痛いです」と言って来ました
果たしてほっといたらすぐに病院に行ったでしょうか?
それとも数日後に筋肉が骨折端に侵入し、足関節も倍に晴れ上がって成長障害の要因を悪化させた状態で病院へ行ったでしょうか?
見逃しやすい骨折を挙げるのならば、そういった例も考えてみたらいいと思います

それから、あと二つのコメントですが
経過観察や変形治癒の可能性を否定していないのでこれは言うまでも無く常識の範囲です

だからといって週に一回はレントゲン撮りますとはならないですよね
レントゲン撮影の場合は固定を固定を外すリスクの有る骨折もある訳ですから
変形を残すリスクは極端に上がります

最初に骨折を疑ったものでありレントゲン撮影をした物で
小さな骨折、変形や転位の恐れが少ない物はその期間も変わってきます

臨床の話をするのであれば骨折を疑ってレントゲン撮影したけど診断は捻挫
しかし、痛みも引かず、治癒の傾向が見られない場合は再度レントゲンを勧める事もあります
受傷後にすぐに骨折線が見られない骨折も少なくありません
そこを見極めるのは骨折の鑑別にはならないでしょうか?

「病院の診療時間外に応急処置とリハビリテーションを適切に行う公共の施設」

別にこれが私の理念の全てでは無いですから、この言葉への評価はさほど関係ない訳で
業務の境界線がはっきりしている整形外科医の方に対して
整形を縮小したものだと言ってしまうのはいかがなものかと、
でしたらバックボーンは整形外科で勤務して培って、学は経験と共に積むのが基本になるでしょうし
それならドクターになったほうが早いと思いますけど
って見解にはなりませんか?

体を傷めた人が町にある整骨院の門を叩いてみたら骨折してるかも知れないと言われたので病院に行ってみた

5時で終わってしまう病院には行けないけど水泳で傷めた肩を9時まで開いている整骨院でなんとかできないか?

レントゲンを撮って骨折では無く骨挫傷と言われたが整骨院で何とか出来ないか?

整骨院で働いてみればこういった患者さんがいらっしゃいます
柔道整復師の意義を見つける絶好の場所だと思いますよ?

病院の診療時間外に応急処置とリハビリテーションを適切に行う公共の施設
でも十分だと思います

ただ、不正さえなければって事です
それは善悪の問題ですし、そもそもその質問なんですけどね

補足日時:2012/04/25 01:59
    • good
    • 0

No.2です。

補足ありがとうございます。


>柔道整復術ですか、読み間違えてしまっていましたね
しかし、私にとって意味はあまり変わりません
むしろ、柔道整復術に対して疑問を持っているというのも
柔道整復師ってなんだろう、というのと大差はありません

はいその通りですね。結局は同じことだと思います。


>つまり骨折している可能性があるか否かなどだけでなく
目の前の症状が疑っている病状に限りなく近いので、
応急処置は病状を想定したものにし二次、三次損傷を防ぐ行為をする為の知識です

なるほど。これ以上悪くさせない処置を柔道整復術というのですね。私は外傷である以上は必ず骨をレントゲンで確認した方がいいと思うのですが、そうした対応はされているのか、もしされていないのであればなぜする必要がないとお考えになりますか?


>骨折には骨折の症状、脱臼には脱臼の症状が存在します
その症状は人間の骨と関節の数だけ存在します

症状だけで判断できないのが骨折ですが、例えば足関節捻挫に伴う外果の骨折などはどのように症状だけで判断するのでしょうか?


>治ったあと見た目に影響は出ないか?成長障害は?

これは非常に興味がありますが、柔整師の方はこのような技術をお持ちなのでしょうか?


>あなた様がおっしゃる柔道整復師さんにはもう一度勉強して貰う事をお勧めしたいです

私もこの方と少しコンタクトを取っただけですが、貴方のように業界を危ぶんでの意見だったと思います。すべての柔整師が貴方のような考えをお持ちなら問題は起きていないのでしょうが、世間の多くの柔整師は保険を(不正に)請求するためのライセンスとしかとらえておらず、 “柔整とは” を心に道を精進するものは非常にごく少数派であると思います。そこにこそ問題の本質があるのではないでしょうか?私はそう思えてならないのです。

この回答への補足

書き込みありがとうございます

こうして議論していると、昔の職場でのディスカッションを思い出しますので続けさせていただきます

まず、レントゲンによる画像診断の必要性ですね
これについては、明記していませんでしたが必要性はあると思います
それは骨折の整復がきちんとなされているかの確認もありますが
私たちも「整復困難な骨折や脱臼」と判断した場合には無理に整復はしませんし
その鑑別の術には触診による皮神経による触覚や血管障害が起きていないか
などを見つける為のいくつかのテスト法が存在します
画像診断の否定はするつもりは有りませんし、できません
お医者さんの診断無しには骨折の後療法もできない上に
患者さんの予後もそこで決まってしまうわけですから
あらゆる可能性を考える為には画像診断は必要です

ただ、脱臼はそれを放置すればするほど整復は困難ですし
骨折の放置は患部の壊死に繋がります

骨折脱臼の応急処置が柔道整復師に許可されているのはそういった意味合いでの事だと受け取っているという意味で受け取って頂ければ幸いです


骨折の症状についてですが
質問者さんはもしかして、専門家さんですか?随分とマニアックな症状で正直困惑しますが

骨折には先ほども記載したように骨折の症状があります
それを業界では骨折の固有症状として謳っています

骨折の固有症状は大きく分けて三つ有ります

・異常可動性(関節以外の運動性)

・軋轢音(骨折端同士のこすれある音、感触)

・転位と変形(骨折端同士の位置の異常、概観の大幅な変形)

脱臼の固有症状は

・弾発性固定(脱臼肢などの筋緊張のよる姿勢固定)

・関節部の変形(関節部自体の変形、脱臼肢の長さの変形、骨頭同士の位置の変形、関節の軸の変形)

こういった症状を当てはめ、皮下出血や健側(異常の無い側)との差異も見逃さずに確認していきます
しかし実際に足関節捻挫に伴う外果を目の当たりにした時は正直、冷や汗が出ましたし
腫脹も酷かったですから、圧痛や異常可動性よりも軋轢音と脱臼の症状から
足関節の脱臼骨折と判断してシップを貼り、足関節を外反に固定して病院へ連れて行きました
結果は腓骨の下3分の1部分の斜め骨折に加え、腓骨頭(足関節側)の裂離骨折、足関節脱臼でした
幸い手術にはなりませんでしたが、3ヶ月間の固定と長期の固定を余儀無くされました
放置していたらどうなったのかは解りませんが、恐らく自分の処置は間違っていなかったと思っています

答えになりませんね、すみません


治ったあとの見た目、成長障害についてですが
見た目の変形が出やすいのは主に鎖骨・上腕骨遠位(肘側)・鼻骨・手関節・指関節などが挙げられます
本当はもっとあるんですが、発生頻度が高いものを挙げました

別に柔道整復師に限った事では無いのですが、今や治療の予後には見た目も含まれますので、固定の仕方が要になってきます
せっかくもとの位置に整復してもそれがズレれば変形しますので技術というよりは整復とセットで考えています

成長障害も同じで子供は成長途中で骨が柔らかいので
関節面や骨の中間の圧迫骨折、若木骨折(折れ曲がる骨折)が多くなります
これは骨が正常な方向に成長するのを阻害する要因を残す恐れがあるため
細心の注意が必要ですし、主にこの場合は整形外科での治療をお勧めします

見逃さないのも治療の1つ、小さい子供が捻挫してきたらいつもそれを念頭に置いています

あとは青少年のオスグットやショイエルマンなどのスポーツ障害、
突き指による変形など様々ですがどれも同じ事が言えますし

柔道整復師の限界を弁えるのも柔道整復術の1つかと考えています


最後のご意見ですが、私もまだまだ若手の柔道整復師です
私情を挟んでのご返答をお詫びします
仰る様に保険を使うためのライセンス=柔道整復師という概念がのさばっているのは確かです
先ほどの柔道整復師さんに対する失礼な発言は撤回することにします

何度も書き込みをありがとうございました

補足日時:2012/04/24 01:00
    • good
    • 0

No.2です。

補足ありがとうございます。


いえ私が言いたいのは 「柔道整復師」 ではなく 「柔道整復術」 とは?です。私はこの意見に妙に納得したのですが、要するに “柔道整復術の定義” は存在するのか?ということです。

柔整師とは外傷を治療する専門家ですよね?例えば打撲や捻挫でも臨床では骨折伴うことが非常に多いわけですが、レントゲンの取れない整骨院ではどのようにそれを鑑別するのでしょうか?

個人的にはレントゲンの取れない柔整師が外傷の専門家というは非常に矛盾を感じてならないのです・・・

この回答への補足

再度書き込み ありだとうございます

柔道整復術ですか、読み間違えてしまっていましたね
しかし、私にとって意味はあまり変わりません
むしろ、柔道整復術に対して疑問を持っているというのも
柔道整復師ってなんだろう、というのと大差はありません

ご存知とは思いますが柔道整復術は柔道整復師法では定められていません
つまり、不正を行う柔道整復師はこれを逆手に取っている訳です

しかし、柔道整復術には制限と最低限の習得ラインが存在します
それは柔道整復師養成施設指導要領にてどこの学校、指導者でも実施義務が課せられています

制限はレントゲン画像撮影や外科手術、投薬、そして診断

最低ラインは症状の鑑別、

つまり骨折している可能性があるか否かなどだけでなく
目の前の症状が疑っている病状に限りなく近いので、
応急処置は病状を想定したものにし二次、三次損傷を防ぐ行為をする為の知識です

骨折には骨折の症状、脱臼には脱臼の症状が存在します
その症状は人間の骨と関節の数だけ存在します

その全てに共通する症状を知っているか知らないか
その病状の予後が良い物か悪い物か
治ったあと見た目に影響は出ないか?成長障害は?
包帯は何を使おうか?シップは被れそうだから軟膏か?

屋外であれば負傷現場からリハビリを経て日常生活の復帰後まで
院内であれば、最大限の可能性を最小限の症状に絞って病院を紹介

そこまでの処置を行うのが柔道整復術の基礎です
それを学ぶのが柔道整復学であり それを行うのが柔道整復師である
私はそう教わりました

柔道整復術の定義は柔道整復師の業です
そして業の中には請求から広告制限、施術所開設時の衛生条件までが含まれています

私はその全てを適正に行うべきだと考えている訳ですから
失礼な言い方になるかもしれませんが、
あなた様がおっしゃる柔道整復師さんにはもう一度勉強して貰う事をお勧めしたいです

補足日時:2012/04/23 23:44
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q柔道整復師はなぜ逮捕されないの?

柔道整復師って、たいてい不正請求してますよね。私が通ってたとこも、私はまったくケガしてないんですが、勝手にケガしたことにされて保険適用されてしまいました。まあ、お金節約できるのは非常に助かるのですが。
疑問なのは、なんでこれだけおおっぴらに詐欺行為をしているのになかなか逮捕されないのでしょうか?
自分だけのこと考えるならお金節約できていいのですが、国民全体のことを考えると、やっぱり不正請求が横行するのはよくないと思います。どっかから圧力かかったりしてるんですかね。

Aベストアンサー

逮捕されていますよ。いつだったか忘れましたが、もう何年も前のことです。

5、6年くらい前までは柔道整復師が勝手にケガを「ねつ造」していました。保険の請求書に「犬の散歩をしていたら犬が急に走り出して腰を痛めた」とか勝手に書いていたのですよ。
そしたら、それをやっていたある柔道整復師が詐欺罪で逮捕されてしまいました。警察お得意の「一罰を持って十戒となす」ってやつですね。いってみれば誰もがやっていたので見せしめにされてしまったのですけれども。

業界は震撼しました。それは「もうこれからは保険の不正請求を黙認はしない」という国からのメッセージだったからです。
背後にあるのは、年々負担が増える健康保険の請求対策のためです。医療費の削減が国としても対策をとらなければならなくなったからです。医療費を削減するにあたって、なんで柔道整復師の不正請求を黙認し続けるんだって意見は医療業界では以前からあったのですよ。
業界団体は速やかに会合を開いて「もうこのようなことは再発させないため、云々・・・」という報告書を作成しました。それは厚生省の意向であったことは間違いありません。そういう報告書を出せといわれたんでしょうね。

だから今、接骨院や整骨院に行くと、いろいろ問診されながら、書類に「朝起きたら首を寝違えました」とか自分で書くようにいわれるはずです。向こうはもう書いてくれないんですね。なんとかかんとか誘導尋問されて「そういうことにしてください」みたいなニュアンスでいわれるはずです。
世事に疎い柔道整復師は未だに自分でちゃっちゃと書いている人もいるみたいですが、そんなのいつ逮捕されるかわかりゃしません。既に道はつけられてしまったのですから、もう黙認をしてくれないのに知らない人もいるんですね。あとはタレコミさえあればいつでも潰せるのですよ。

しかしながら、保険請求ができることは柔道整復師の存在意義に関わる大問題なので、柔道整復師業界も必死です。10年くらい前まではその不正請求し放題だったので莫大な利益を上げて、「開業すれば年収一千万は堅い」といわれていたのですが、例の小泉改革で柔道整復師を育成する学校の新設ができるようになり文字通りの「雨後の筍」で学校が猛烈に増えました。学校が増えれば柔道整復師の数がものすごく増え、柔道整復師は今や「供給過剰」状態です。「開業したけど儲からずに廃業した」という話はまったく珍しくなくなりましたね。「既存の整骨院を患者さん込みで継がないと成り立たない」ともいわれます。
実は柔道整復師の学校では不正入学も当たり前だったのですよ。五百万から三百万が相場といわれていました。有力な柔道整復師の知り合いがいれば裏金は少なくて済んだのですが、コネもないのに入学しようとすると非常にお金がかかるものだったのです。なにしろ卒業すりゃ年収一千万堅かったのですから。でも今は自由化により学校が増えたのと前述の事情によって裏金の話は聞かなくなりましたね。その代り、学生時代にやれ研修だ業界組合費だとか様々な名目でお金を要求されます。

整骨院(接骨院)の患者の90%以上は保険によるものでしょう。あとは交通事故なんかの保険請求が少々と、まれに整体などの自由診療をやっているところもあります。だけど、儲けのほとんどを保険に頼っているので保険からお金が出てこないと経営が成り立たないのです。
かといって、正直に商売をやると今は「ケガの治療」ならまず整形外科に行きますでしょ。でも腰痛や肩こりで整形外科なんてなんの役にも立たないんだけどさ。ちなみに、肩こりって病気はないので、本当は病院でも整骨院でも肩こりで保険を使うことはできないのです。みんな適当に「頸椎捻挫」とか名目をつけてくれるのですよ。ちなみに「肩こり」って日本人独特の症状で、英語はもちろんなんと韓国語にも「肩こり」に相当する言葉がないのです。英語で「ステューデントショルダー」とかいうときもあるんですが、一般のアメリカ人には通じない言葉です。

ではなぜ柔道整復師だけが堂々とやってられるのかってことですが、それは彼らの名前に秘密があります。「柔道整復師」でしょ。そう、「柔道」の文字がありますね。元々柔道整復師はケガをした柔道選手のための手技治療がルーツでした。そして柔道といえば先日終わったオリンピックでも花形競技のひとつであり、日本のお家芸というか国技ともいわれるような競技です。だいたい金メダルが取れないと大騒ぎするほどでしょ。それだけに、資金力も豊富で政治家へのパイプも太い。代議士をやっている元金メダル選手もいますよね。政治力がハンパないのです。これは日本最大の圧力団体のひとつともいわれる日本医師会もオイソレと手を出せないほどの実力なのです。
ゆえに、かつてはアンタッチャブルともいえる領域だったのですが、最近の医療費事情からもう今までのような商売はできなくなったのですね。
日本医師会は柔道整復師から保険を請求する権利を奪いたくて奪いたくて仕方がないのですが、そこは柔道整復師としても生死にかかわる問題なので決して認めないのです。

個人経営の整骨院なら小さいことをいいことにまだ不正請求をやっているところもありますが、儲かっているところとか、チェーン展開をしている整骨院なんかはいつどこで密告されるか分からないので大っぴらな不正請求はしてないはずですよ。

なお、柔道整復師の名誉のためにいうと、元々柔道のケガに対する手技治療がルーツですから、骨折の整復なんかは整形外科なんかに行くよりずっと早くかつ後遺症のリスクも少なくできるのですよ。ただ、最近は骨折して整骨院に行く人がほとんどいなくなったので若い柔道整復師の中には「骨折の整復なんて学校で習っただけでやったことはありません」なんて人も珍しくなくなりました。だけど、50代より上の世代のベテラン柔道整復師の先生方は骨折の治療なんて本当に上手ですよ。

逮捕されていますよ。いつだったか忘れましたが、もう何年も前のことです。

5、6年くらい前までは柔道整復師が勝手にケガを「ねつ造」していました。保険の請求書に「犬の散歩をしていたら犬が急に走り出して腰を痛めた」とか勝手に書いていたのですよ。
そしたら、それをやっていたある柔道整復師が詐欺罪で逮捕されてしまいました。警察お得意の「一罰を持って十戒となす」ってやつですね。いってみれば誰もがやっていたので見せしめにされてしまったのですけれども。

業界は震撼しました。それは「もうこれか...続きを読む

Q医療費不正請求告発先を教えて下さい

接骨院が不正請求をしていました。

初めての接骨院通いだったため不審に思っても何もできませんでした。

見られると困るのであまり詳しくは書けませんが
例えば、1回目と2回目同じ月に行ったのに『1回目は先月来たことにしておいて。それの方がお互い得だから』とか。
こっちは得をする事は無いと思いましたがマッサージを手抜きされると困るので黙っておきました。

また、『多く(回数)来たことにしておくね。』といわれたり。
どうも他院より安くやっているようで、暗黙の了解になっていて私のように知らずに行く人は珍しいようです。


調べてましたが、自分の医療費が違うということを申し出ることができるのはわかりましたが
差額を返金してもらうことを目的としているわけではないし、
また、その接骨院に自分の名前が知られたくはありません。
(その接骨院にはもう通っていませんが間接的に知り合いがいてもめごとは避けたい)

接骨院を告発したいのですが方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

相談内容読みました。

実は、接骨院の不正請求は結構多いのです。

保険組合からのお知らせで通院履歴を見て、回数が違う、回数が多い等の問題に気付くそうです。

昔、ある人が接骨院の通院履歴を日記で記録していて、親族の証言もあり、証拠が明確でした。

そして、その証拠を通院している接骨院に電話したところ、『許して欲しい』と泣きつかれた話を聞いたことがあります。

その言い訳は、『保険で治療できないところを治療しているから』という言い訳だったと覚えています。

相談者のかたの相談内容と似ています。

怒りがこみ上げてくるのなら【健康保険組合】に電話してください。

証拠があれば、尚更に説得力があります。

【健康保険組合】に電話する際に、証拠があるなら接骨院の通院回数が違う、日記等に記録があり、親族の証言もあると伝えてください。

不正請求されるのは、【健康保険組合】なので【健康保険組合】が被害者だと考えると、接骨院と被害者どちらが可哀想なのでしょうか。

知り合いがいるから名前を伏せたいと言われますが、他の人も通院履歴を不正に多く請求されている人がいると考えると
もっと怒りがこみ上げてくるかもしれません。

※相談者の知り合いの方も通院していたらその他の人も騙されていると思うのですが、どうでしょうか?

先ずは、【健康保険組合】に電話してみてはどうでしょうか。

詐欺として、その接骨院が刑事事件として立件されるのは、高額の詐欺事件で、その場合は逮捕される可能性が高いです。

こういう問題は、揉めると思ったうえで刑事告発するなら刑事告発してください。

相談内容読みました。

実は、接骨院の不正請求は結構多いのです。

保険組合からのお知らせで通院履歴を見て、回数が違う、回数が多い等の問題に気付くそうです。

昔、ある人が接骨院の通院履歴を日記で記録していて、親族の証言もあり、証拠が明確でした。

そして、その証拠を通院している接骨院に電話したところ、『許して欲しい』と泣きつかれた話を聞いたことがあります。

その言い訳は、『保険で治療できないところを治療しているから』という言い訳だったと覚えています。

相談者のかたの相談内容と似...続きを読む

Q柔道整復師水増し保険請求は法律ではどう処罰されます?

整骨院などで肩こり、腰痛、肩こりなどの保険適応外ものへの施術を保険適用で治療しているところがある場合、保険組合、行政などに調査?してもらった場合、保険の悪質な改ざん割り増し請求、二重帳簿が会った場合、法律ではどのように処罰されますか?注意で終わる?
警察とかにお世話になるんですか?国家資格(柔道整復師)もなくなるのですか?まず社会保険事務所行って調べてこのような治療受けてないとかわかったときはやはり、社会保険事務所にすべて任せたほうがいいのでしょうか?それとも、弁護士に相談した方がいいのですか?刑罰では事実上、どんな罪名で、どういう処置がまっているのでしょうか?しかし、柔道整復師法代17条の2に「秘密を守る義務」が規定されているそうなので、一般の患者がどうこうわめいたところで、金逆にふんだくられるだけ???

Aベストアンサー

#3です。

>じゃやばい事やってるんですかね。

実際に行って施術を受けてみないことには、なんともいえませんね(笑)

>でも実際そういう所の摘発ってどうやるのかな?
>突然査察みたいなのくるんですかね?

やはり、実際に施術を受けた方からの訴えや、保険者からの調査依頼に基づき、社会保険事務局の調査官は調査をします。
そして訴えのあった保険者を含め、他の別の保険者に対し、その接骨院からの請求書をすべて取り寄せ精査し、疑いが濃くなる様であれば接骨院に踏み込んでの調査になるようです。

>「療養費支給申請書」を開示お願いしたら、どっさり、耳鼻科、内科とか来たらどうしょう、、(笑)。

開示請求は、特定の病院(接骨院)の、なん月分の請求書について開示するものですから、他の病院等の開示請求は、また別にしなければなりません。
ですから、一緒に他の明細が含まれるということはありません。

>電話帳にものってないので、怪しいっすね。

最近できたのであれば、電話帳にも載っていないケースがあります。
でも、かなり前から開業しているのに、電話帳に載っていないというのはちょっと怪しいですね。

#3です。

>じゃやばい事やってるんですかね。

実際に行って施術を受けてみないことには、なんともいえませんね(笑)

>でも実際そういう所の摘発ってどうやるのかな?
>突然査察みたいなのくるんですかね?

やはり、実際に施術を受けた方からの訴えや、保険者からの調査依頼に基づき、社会保険事務局の調査官は調査をします。
そして訴えのあった保険者を含め、他の別の保険者に対し、その接骨院からの請求書をすべて取り寄せ精査し、疑いが濃くなる様であれば接骨院に踏み込んでの調査になる...続きを読む

Q整骨院通院時の保険適用に関して(長文です)

夏ごろに、整骨院に通っていました。計6回の通院で、理由は、数年前からの
色々な体の不調が何でもいいから治れば!という感じでした。
(背骨や骨盤の歪みが原因で慢性病が…というのを本か何かで見たため)
そうしたら、先日健康保険組合の方から「医療費のお知らせ」が
届きました。負傷の原因、状況、療養の内容をかなり詳細に記入する
用紙が入っており、それを送る必要があるようです。
通院理由からも分かるとおり、通常なら保険の対象になりませんし、
当然負傷の原因など書く事はできません。
何故保険対象として申請されているかと言うと、自分が署名してしまったからです。

1回目の治療後に、「この器具を使った治療は保健の対象にすることが
できますから、腰部と頸部の捻挫ということで申請してもいいですか?」と
言われ、(え?そういうのって普通なのか?っていうか治療後に言われても…
もう5千円払ってるのにあと何千円取られることになるんだろう…
まあ、専門の人が言ってるんだからいいのかなあ…)
という感じで、色々考えつつも署名してしまいました。
あそこで安易にそんな事をしてしまったことを、只今猛烈に反省しております。
せめて2回目以降はそういう治療を断るべきだった、バカだもう救いようがない、と
ここ数日悩みまくってましたが、とりあえずどうにかしなければなりません。

そこで質問なのですが、
(1)こういう通知は、普通に捻挫で整骨院にかかっても来るものなのですか?
それとも何か不審な点があったから来たのでしょうか。
(2)治療内容は間違いです、全額負担します、という風にするためにはどうしたら
いいのでしょうか。
(3)(2)のようにした場合、その整骨院は何か摘発されたりするのでしょうか。
(知人が働いているため微妙な気分です…)
(4)私は何か罪に問われますか?

長くなってすみませんが、宜しくお願いいたします。

夏ごろに、整骨院に通っていました。計6回の通院で、理由は、数年前からの
色々な体の不調が何でもいいから治れば!という感じでした。
(背骨や骨盤の歪みが原因で慢性病が…というのを本か何かで見たため)
そうしたら、先日健康保険組合の方から「医療費のお知らせ」が
届きました。負傷の原因、状況、療養の内容をかなり詳細に記入する
用紙が入っており、それを送る必要があるようです。
通院理由からも分かるとおり、通常なら保険の対象になりませんし、
当然負傷の原因など書く事はできません。
何...続きを読む

Aベストアンサー

A1.まず、整骨院や接骨院は、捻挫・打撲・挫傷の施術(治療のこと)のほか、骨折や脱臼の応急処置(その後の施術は、医師の同意が必要)をおこなうことができます。
保険者(社会保険事務所や健康保険組合のこと)としてはこれらの外傷については、第三者行為でないか、勤務中や通勤途上の怪我ではないかを確認しなければなりません。
第三者行為であれば、その施術費用を相手に請求しなければなりませんし、勤務中や通勤途上であれば、健康保険は使えず労災にしなければなりませんから、ちゃんと回答することが必要です。

その他に、柔道整復師(接骨院や整骨院)の施術に疑義があるときは、社会保険事務局(社会保険事務所を統括している部署です。)が、その都道府県内の保険者に対し、該当患者に施術内容や回数、及び署名の有無などを照会するようになっています。

いずれの場合も、正直に申し出るようにしましょう。

A2.保険者から柔道整復師への支払いは、「受領委任」と言って、あなたが保険者に請求を出したことになっていて、その支払先を柔道整復師の口座に支払うように委任したことになっています。
そのため、柔道整復師としては、その支払いが行われるのを待っている状態です。
保険者が支払わなければ、柔道整復師はその支払いをあなたに請求されるでしょう。

また、ご質問のようなことについて、刑事事件にまで発展したケースは有りません。
たいていは、柔道整復師が不正請求分を保険者に支払うことによって、金銭面では解決されます。

A3.柔道整復師に行われる制裁としては、受領委任行為の停止くらいでしょうか。
先の社会保険事務局の調査である場合は、上記の制裁がある可能性があります。
社会保険事務局も、まったくきっかけが無くて調査をされているわけではないですから、何らかの不正請求が有ったものと思われます。
保険者からの調査が、たいていの場合はきっかけになることが多いようです。

以前に不正のあった柔道整復師は、約2億円を保険者に返還しなければならかったのですが、支払っている途中で行方不明になっちゃいました。(^_^;)

A4.もちろん、あなたに対する罰則は全く有りません。
だって、騙されたようなもんですからね。逆に被害者であるといって良いでしょう。

最近は、保険者から負傷の原因について問い合わせが有った場合は、「玄関で転んだと言ってください」などと、口裏合わせを命じる柔道整復師が増えてきています。
こういった柔道整復師は、不正請求をしていると思っていただいて、間違いないでしょう。

また、ご質問のように「捻挫や打撲にしておきますから、保険で施術できます。」なんていうのも、典型的な不正請求ですね。

受領委任行為を逆手にとって、施術を始めることよりも先に署名を貰おうとする柔道整復師も存在します。これは、白紙の小切手に署名をするようなものですから、絶対行ってはいけない行為です。

#1や#3の方は、業界の方だけあって、よくご存知のようですね。

A1.まず、整骨院や接骨院は、捻挫・打撲・挫傷の施術(治療のこと)のほか、骨折や脱臼の応急処置(その後の施術は、医師の同意が必要)をおこなうことができます。
保険者(社会保険事務所や健康保険組合のこと)としてはこれらの外傷については、第三者行為でないか、勤務中や通勤途上の怪我ではないかを確認しなければなりません。
第三者行為であれば、その施術費用を相手に請求しなければなりませんし、勤務中や通勤途上であれば、健康保険は使えず労災にしなければなりませんから、ちゃんと回答するこ...続きを読む

Q整骨院で保険が使えるのはなぜか?

時々、道を歩いていて整骨院なのに

各種健康保険取り扱い

と書いている整骨院を見ます。
そもそも、「整骨」するのは病気ではないと思うし、
施術を行っているのも「医師」ではないと思うのですが、
これはなぜ医療行為として健康保険の対象になっているのでしょうか?

また、腰痛などによって通院した場合病院とは違い
どのような施術が受けられるのでしょうか?

Aベストアンサー

整骨院や接骨院で施術する人のことを「柔道整復師」といいます。

これらで健康保険証が使用できるようになった理由としては、その昔整形外科がまだ少なかったころに、打撲・捻挫・挫傷に対する施術と、骨折・不全骨折・脱臼における応急処置については、柔道家たちがこういった施術に長けていたため、柔道整復師として施術を行うことを認可したという経緯があります。

また、健康保険の対象になっているというよりは、患者が保険者(社会保険事務所や市町村)に請求をして、その施術料の7割分の受領を柔道整復師に委任する形をとっており、これを「受領委任」といい都道府県の認可を取って行っています。

ですので、柔道整復師の保険者への請求者はあくまでも患者自身となっており、一般の病院の請求の場合は請求者が病院となっています。この部分が病院とは違う点でしょうか。

>腰痛などによって通院した場合病院とは違いどのような施術が受けられるのでしょうか?

一般的には温めて電気による治療です。
もっとも、腰痛といってもたくさんあり、腰椎椎間板ヘルニアなどは柔道整復師では治療できません。
柔道整復師で施術できるのは前述の通り、あくまでも打撲・捻挫・挫傷に対する施術と、骨折・不全骨折・脱臼における応急処置についてだけです。

腰をひねったりした場合の施術は柔道整復師で受けられますが、腰椎椎間板ヘルニアは完全に病気ですから、医師による治療を受けることがよいでしょう。

整骨院や接骨院で施術する人のことを「柔道整復師」といいます。

これらで健康保険証が使用できるようになった理由としては、その昔整形外科がまだ少なかったころに、打撲・捻挫・挫傷に対する施術と、骨折・不全骨折・脱臼における応急処置については、柔道家たちがこういった施術に長けていたため、柔道整復師として施術を行うことを認可したという経緯があります。

また、健康保険の対象になっているというよりは、患者が保険者(社会保険事務所や市町村)に請求をして、その施術料の7割分の受領を柔道...続きを読む

Q整骨院の料金の仕組がよく分かりません。

現在、整骨院に左の肩凝りが酷いので見てもらっているのですが、原因は右側が歪んでいるから、整えていくという診断?を受け、現在通っています。
保険証の提出をしているのですが「自費による施術料」で、決まった金額+「健康保険の個人負担金(保険の種類により異なる)」が発生しているらしいです。
大体、一度の施術で2000円ほど支払っています(時間的には20分強)
これは、妥当な料金なのでしょうか?
知り合いは、他の医院で1時間ほど診察してもらって、500円位だとっております。なぜ金額にこんなに差があるのでしょうか?
電気や機械は使わず、先生が手で施術して下さるんですが、この治療方法は「整体」と呼ばれるものですか?

Aベストアンサー

保険で行える治療には適応範囲があり、それに当てはまらないものは自費診療になります。

自費(自由)診療と言うのは、保険がきかないものです。
料金は「言い値」で決められ、砕けて言うと「いくらでもあり」ということになります。

料金はどちらかというと質問者さんの20分強で2000円のほうが常識的な値段かと思われます。

1時間ほどつきっきりの診察で500円が本当の話なら、そこの医院は相当無理をしていますね。
単純計算でその診察のみで日給を考えると、
稼働時間が8時間としたら一人の先生が1日中働いてやっと4000円ですよ。
見習いの人の日給になるかどうかも微妙な金額です。

この場合は金額もそうですが、その施術でその人が満足しているのかどうか、
も一つの大事な基準になってくるかと思います。

あと前に回答された方が言われていますが、整体とは資格になっていないので、
誰が何をやってもそれを整体と言えば整体になります。

Q保険の不正請求(整骨院など)

近々身内が整骨院を開業予定です。
(鍼灸師・柔腹師の資格あり)
不況の中、経営は大変だとは思うので応援したいと思っているのですが・・・
「保険を使える整骨院は保険の不正請求など当たり前のようにしている」
というウワサを聞き、少し不安になっています。
友達などからは、こうでもしないと収入につながらないんじゃないの?
と言われてしまいましたが、身内からこのような詐欺まがいの仕事をするような人が出て欲しくないと思うばかりです。
(仕事内容的にはとても尊敬できる仕事だと思うのですが)

このような保険の不正請求は当たり前の事になってしまっているのでしょうか?
それとも一部の人だけで、まじめに経営をしている整骨院もあるのでしょうか?

現状を知ったところで何が出来るってわけではありませんが、実際に整骨院を経営されてる方やお勤めの方からお答えいただけると有り難いです。

Aベストアンサー

>このような保険の不正請求は当たり前の事になってしまっているのでしょうか?

残念ながら当たり前になってきています。
罪の意識が全くないんですね。そこが問題だと思います。


>それとも一部の人だけで、まじめに経営をしている整骨院もあるのでしょうか?

ないことはないでしょうが、きわめて0に近いのではないでしょうか?
そもそも、柔整師が治療を行って良い疾患は打撲、捻挫、挫傷、(骨
折、脱臼)です。骨折、脱臼は医師の同意が必要です。
http://www.shadan-nissei.or.jp/judo/faq.html

いまどきこれらのケガは整形外科に行きますよね?
そうです。柔整師は真面目に行えば生計が立ちません。保険請求も上記
の5疾患に限られます。しかし柔整師は慢性の腰痛を「階段から落下の
際腰を強打」などと虚偽の受傷理由で保険を請求しています。

全国に約三万件と整骨院はあります。政府管掌系の社会保険から約400
億円、老人保険系から約800億円、保険はさらに数種類ありますから、
年間で約2000億円ほど、かかっているのではないでしょうか?しかしそ
のほとんどが不正請求で、整形外科の請求を越すようになっています。
いわゆるケガだけの治療でここまで行きますか?そんなに頻繁にケガし
ますか?数字だけ見たって納得できないです。これが国、健保組合の財
政を圧迫しております。我々の医療費、消費税が上がるのも妙に納得し
てしまします。


鍼灸ももっていれば、鍼灸施術を柔整の保険で請求するのは常套手段で
すね。困ったもんです・・・


さらに柔道整復師は「あんまマッサージ指圧師、はり師、きゅう師法」
にある “マッサージ施術は医師とマッサージ師に限る” にも違反し
ています。しかもこれまた、保険でやっちゃうもんですから、もう何が
なんだかメチャクチャで、何でもありの世界です。今マッサージ師さん
は大変困っています。



・保険の偽装請求
・あ・は・き法違反
・柔道整復師法違反(5疾患以外の治療)

などを日常的に節操なく悪質に行っているので、超個人的な考えです
が、柔道整復師という社会のガンは無くなった方が良いと思っていま
す。気分を害されたかもしれませんがこれが真実です。ゴメンナサイ。

>このような保険の不正請求は当たり前の事になってしまっているのでしょうか?

残念ながら当たり前になってきています。
罪の意識が全くないんですね。そこが問題だと思います。


>それとも一部の人だけで、まじめに経営をしている整骨院もあるのでしょうか?

ないことはないでしょうが、きわめて0に近いのではないでしょうか?
そもそも、柔整師が治療を行って良い疾患は打撲、捻挫、挫傷、(骨
折、脱臼)です。骨折、脱臼は医師の同意が必要です。
http://www.shadan-nissei.or.jp/judo/faq.ht...続きを読む

Q開業の接骨院は倒産することはありますか?

タイトル通りなのですが、
接骨院は倒産することはありますか?
現在オープンしたばかりの接骨院でパート勤務をしていますが、ほとんど患者さんも来ないので、経営的にも心配です。
また、パートスタッフ4名のほか、税理士さんも出入りしているようです。
これは普通の状態なのでしょうか?

Aベストアンサー

開業当初およそ3ヶ月から6ヶ月間程度を運転資金などを用意していると思いますが、勝負は2年以内じゃないですか?はっきり言って簡単につぶれますよ。
つぶれない接骨院は最初の段階でおよその見当がつきます。
施術所の広さ、その広さに見合った患者さんの数。患者数に応じたスタッフの人数。
単純に(売り上げ-経費=マイナスなら閉店)です。
とにかく開業時の計画がしっかりしている事が大事。ただしイメージはほぼ間違いなくそのようになりません。
現在の患者数では何人のスタッフがいいのか等、常に経営者として考えていけばつぶれません。収入が上がらないのに税理士をなぜ雇うのでしょうか?なぜスタッフを減らさないのでしょうか?治療家としての理想と経営者としての手腕は別物なのです。
患者さんを一日平均40人診たら一応成功といわれる業界です。ですが手取りの売り上げが上がらなければ負け組みですよね。安い地代家賃で院長一人でやれば20人でもつぶれません。つぶれないほうが勝ち組なのです。ただし今後保険収入は減少に転じそうな業界です。保険のみに頼った従来のやり方ではいずれ接骨業界自体がつぶれそうです。

私の知り合いの税理士もなんだか経営コンサルタントみたいなことをしていて、他接骨院の経営状況などを分析してアドバイスをしているようですよ。
しかし開業後何ヶ月なのか、今の実質の患者人数が分からないのですが、きっと今後患者さんがわんさか来てくれますよ。「知り合いの保険を使いまくり」とありましたが架空請求でなければ問題ありません。家族は無理ですが怪我をした親戚も呼んで治療しましょう。(笑)

開業当初およそ3ヶ月から6ヶ月間程度を運転資金などを用意していると思いますが、勝負は2年以内じゃないですか?はっきり言って簡単につぶれますよ。
つぶれない接骨院は最初の段階でおよその見当がつきます。
施術所の広さ、その広さに見合った患者さんの数。患者数に応じたスタッフの人数。
単純に(売り上げ-経費=マイナスなら閉店)です。
とにかく開業時の計画がしっかりしている事が大事。ただしイメージはほぼ間違いなくそのようになりません。
現在の患者数では何人のスタッフがいいのか等、常...続きを読む

Q柔道整復師療養費の適正化調査の書類が送られてきました

柔道整復師療養費の適正化調査の書類が送られてきました
数年前にヘルニアで腰を痛めてから保険の効く整骨院に
通院し始めたのですが、今日「柔道整復師での受診に伴う確認について」という
書類が送られてきて、「必ず回答願います」と書かれています。

今通院している整骨院にはヘルニアのことを説明して、
毎月保険適用のサインを求められていたので毎月サインしてきましたが、
今自分で調べてみたらヘルニア等の疾病からくる痛みやこりに対する施術には
使えないと書いてありました。。。今後使えなくなると仕事の面でも金額の面でも
困ってしまうのですが、これは絶対に回答しなければいけないものなのでしょうか?
また、これは整骨院などが不正に保険を適用していないかの調査なのでしょうか?
それとも、私が不正に使用したことを調査するということなのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず基礎的な知識として、整骨院は柔道整復師という国家資格者で、接骨院、骨接ぎとも呼ばれています。肩コリや腰痛など治療する所だと勘違いされている方もいますが、この資格は捻挫、挫傷、打撲、(脱臼、骨折)などのいわゆるケガを治療する資格です。国からは 「急性期のケガに限る」 とお達しがあります。一週間以上経ったものは、整骨院・接骨院の治療はできません。
  
一番下の Q:接骨院や整骨院はどのような時にかかったら良いんですか? をご覧下さい
http://www.shadan-nissei.or.jp/judo/faq.html
  
柔整師はケガのプロですが、腰痛はプロではありません。養成学校で腰痛の勉強はしていないからです。柔整師に腰痛治療をさせることは、 「歯医者で眼の治療」 をするようなものです。しかし、全国の整骨院はこれを平気で犯し、慢性腰痛(例えばヘルニア)を「腰のねんざ」など嘘の受傷理由を添付して、健康保険を偽装請求し荒稼ぎしています。不正は業界ぐるみで行われており、全国に約三万件と整骨院はあります。政府管掌系の社会保険から約400億円、老人保険系から約800億円、保険はさらに数種類あり、2007年度で約3000億円かかっています。現在この額は急増しており、ここ数年は約4000億です。言うまでもなく、保険料は我々の毎月のお給料から払われているものです。しかしそのほとんどが、不正請求ですから、医療費、消費税が上がるのも妙に納得です。ちなみに病院から患者を追い出し、自宅で介護する制度にして浮いたお金が3000億円です。


>毎月保険適用のサインを求められていたので毎月サインしてきましたが、

その用紙には疾患名と通院日数が書いているはずです。しっかり確認してサインしましたか?恐らく貴方は確認不足、向こうは意図的に説明していません。というか何も書いていないでしょう。整骨院は空白の用紙にサインだけもらい、あとはやりたい放題です。疾患名は「腰椎捻挫」、通院期間は「毎日」など簡単にできてしまいます。これが整骨院の常套手段です。



前置きが長くなりましたが、ご質問にお答えします。


>これは絶対に回答しなければいけないものなのでしょうか?

恐らく貴方は組合健保ですね?回答しなければ、保険が通らない可能性はかなり高いです。保険が通らなければ全額自腹です。しかし、不正をしたのは整骨院ですから、話し合いの余地はあるかもしれません。


>また、これは整骨院などが不正に保険を適用していないかの調査なのでしょうか?

これもあるでしょう。組合健保は防御機能がしっかり機能しています。一度不正を犯した治療院の保険は二度と通さないと思います。


>それとも、私が不正に使用したことを調査するということなのでしょうか?

これはないと思います。しかし不正と認識しながら、貴方がそこに通い続けるかと言う問題があります。ヘルニアはあくまでも、整骨院で治療するものでありません。これは大前提です。ヘルニアの治療は普通は整形外科、代替医療でしたら鍼があります。私は整形外科のリハビリ(牽引や電気)、お薬などで治療をして、病院と並行して鍼治療をお勧めします。

治療には以上のように、適切な医療機関が沢山あります。それでも不適切な 「整骨院じゃなきゃ嫌だ」 と言うのは、単なる我が儘になります。柔整師の不正・偽装保険請求問題は非常に大きなことです。毎年、毎年、4000億円が不正に使われているのです。なにより、保険料を納めているのは我々です。我々のお金です。しかもその不正額は年々増加しています。医療費の高騰、医師不足、消費税増税、健康保険の破綻、介護を取り巻く環境など、いま例外を認めたり、無駄なことに保険を使う余裕は全くありません。しかし政府は、利権が絡み野放し状態です。これはもう我々がなんとかするしかない状況です。一番の解決方法は “絶対に不正に加担しない” ということ。具体的には “ケガ以外では整骨院に行かない” と言うことです。健康保険という優良なシステムを、我々の代で終わらせていいのでしょうか?子供や孫たちに 「今の苦難はあの時代の人間責任だ!」 と言われていいのでしょうか?

法律やシステムに則り、正しい施設選びを心がけたいですね。

まず基礎的な知識として、整骨院は柔道整復師という国家資格者で、接骨院、骨接ぎとも呼ばれています。肩コリや腰痛など治療する所だと勘違いされている方もいますが、この資格は捻挫、挫傷、打撲、(脱臼、骨折)などのいわゆるケガを治療する資格です。国からは 「急性期のケガに限る」 とお達しがあります。一週間以上経ったものは、整骨院・接骨院の治療はできません。
  
一番下の Q:接骨院や整骨院はどのような時にかかったら良いんですか? をご覧下さい
http://www.shadan-nissei.or.jp/judo/faq.h...続きを読む

Q柔道整復施術療養費の架空・水増し請求について

妻が交通事故で、柔道整復に通院していましたが、完治して保険会社との示談の際、通院証明書を通院先から頂く様に言われ先生に書類を渡し、書いて頂いたのですが明らかに日数が水増しされていました。 妻は、毎日の日課で寝る前に当日あった出来事・明日の予定等を時間毎に記入していますので、それと照らし合わせても15日は違いますし、通院証明の通院日には海外に社員旅行した日にも通院した様に記載されています。
明らかに、水増し請求だと思いましたが保険会社には病院がした事だからと思いそのまま提出しました。
後日、この件が発覚した場合、当方にも詐欺罪等の処罰等はあるのでしょうか。
また、発覚する前に保険会社・警察に事情を説明したら罪にはならないのでしょうか。

Aベストアンサー

こういうケースは特別珍しいものではありません。どの整骨院(接骨院)でも(継続中も含め)経験あるでしょう。私も職業柄、数多くの不正は聞いてきましたが、この手口は日常茶飯事でおそらく他の手口も使っていると思います。私から言わせれば、整骨院(接骨院)は社会のガンです。日本全国全ての整骨院(接骨院)が不正に絡んでいる、といっても決して過言ではありません。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6138050.html
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6210113.html

↑このように彼らは “不正” に対して当たり前という意識を持っており、罪の意識レベルは非常に低いのが問題です。これは業界のトップが、保険の取り扱いなど会員に対して周知徹底するどころか、会を上げて不正を行っているからです。 「取れるところからは遠慮なく頂戴しよう」 今話題になっているどこかの国の様な発想です。事実、都道府県別の不正の統計では大阪が最も高く、東北地方は比較的低い数字が出ています。


整骨院、接骨院とは柔道整復師という国家資格です。柔道整復師という免許を正しく理解していますか?柔道整復師とは急性の打撲、捻挫、挫傷、(脱臼、骨折)の治療をする資格です。ですから慢性疾患全般は扱えません。特に腰痛や肩コリなどは勘違いされやすいですね。

これら “ケガ” の治療だけで生計がたつでしょうか?いまどきケガでは病院に行くでしょうし、打撲や捻挫だと思っても骨折を伴っているケースは非常に多いので、医学的にみてもレントゲンが撮れる病院に分があるといわざる得ません。

しかし街には整骨院(接骨院)が溢れかえっていますよね。なぜでしょうか?答えは健康保険システムを悪用し、水増し請求しているからです。

まず整骨院は 「保険が使えるマッサージ」 と触れ込み、多くの患者を集めます。慢性腰痛を 「階段から転倒して腰を打撲」 、肩コリを 「ゴルフスイング時に肩を捻挫」 など嘘の受傷理由を添付して、健康保険を偽装請求し荒稼ぎしています。この手口の他に、治療日数の水増し、治療部位数の水増しなども重ねています。

どういうことかというと、症状は “ただの肩コリ” のお客さんが、請求上は “転倒により肩の捻挫、肘の打撲、腰の捻挫で月15日間通院” という重傷患者さんになってしまうのです。奥様の場合も施術部位数の水増しはかなりの確率で行われていると思います。

しかもこれは日常的に行っているので、罪の意識が全く無い者もいます。不正は業界ぐるみで行われており、全国に約三万件と整骨院はあります。政府管掌系の社会保険から約400億円、老人保険系から約800億円、保険はさらに数種類あり、2007年度で約3000億円かかっています。ここ数年では4000億円ほどかかっていると見込まれ、その急増ぶりは尋常ではありません。もちろん言うまでもなく、保険料は我々の毎月のお給料から払われているものです。しかしそのほとんどが、不正請求ですから、医療費、消費税が上がるのも妙に納得です。ちなみに病院から患者を追い出し、自宅で介護する制度にして浮いたお金が3000億円です。

保険とは病気に対して使われるものです。妊娠出産や美容整形を例にとって見てもお分かりでしょう。あれは病気ではないので保険は一切使えません。腰痛や肩コリなども同じです。レントゲンがなければ痛みの原因は分かりませんし、医師法の関係などで柔整師には絶対に診断が出来ません。ただなぜかケガに関しては柔整師に裁量権が認められています。先ほどもお話したように、ケガの正しい診断にはレントゲンが必要です。どう考えても明らかに矛盾しています。


柔整師で生活が出来る = 保険の不正請求を行っている

というのが現場の実際であり事実です。


貴方の保険は組合健保ですか?組合健保であれば保険者に通告してください。国保であれば残念ながら「間違ったんですね」終わってしまいます。役所も国も、貴方が直接の被害者ではないので弁護士も動きません。もちろんあなたが主導の加害者にもなりません。ではなぜ国などの行政は動かないのか?

柔整師は、これはもともと柔道だけでは飯が食えない柔道家の、職業保護的な側面から生まれたものです。接骨院で保険の適応が認められているのは、昔は整形外科が普及していなかった、それが今でも既得権で続いています。しかし今では柔整師を取るために柔道をし、甘い既得権の蜜をすすって、国の医療費を圧迫しております。本末転倒です。

当然ケガのみの保険では生計は立たないですから、日常的に既出の手口を駆使しています。柔整師は会に入ることを半強制的に義務付けられています。これは私の憶測ですが、保険の偽装請求は業界ぐるみで行っているため、全国の柔整師を会で管理し、会として国会議員に献金をしているようです。自民党政権下では香川県の大物議員○村なんて名前はよく聞きました。民主の事業仕分けは期待しましたが、生煮えのパフォーマンスに終始がっかりです。

たまに会の意向に沿わない反乱分子がでてくると、会が全力で潰しにかかります。具体的には近隣に接骨院を乱立させるようです。ですから柔整師は会には抵抗できないようになっています。まさに鉄の結束力です。マスコミなどが騒ぎ出すと政治力を使って潰しにかかります。朝日新聞、ABC放送などはよくこの問題を取り上げますが、全て知らないうちに揉み消されています。


一番大事なのは我々エンドユーザーが不正に加担しないと言うことです。整骨院に行かないのは当たり前ですが、知らない人のために声を大にして訴える必要があります。今回のケースは交通事故ということなので、おそらく頸椎捻挫、腰椎捻挫などの病名がつくと思いますから(不正請求を抜きにした)制度的な問題はないと思います。

整骨院の前に整形外科でしっかりレントゲンを撮りましたか?交通事故であれば骨折なども心配ですし、治療にはお薬も非常に有効ですので、できれば整形外科で治療されるのがベストだと思います。ご説明したとおり整骨院は金儲けの資格に成り下がっていますので、非常にレベルの低い連中が多いです。十分お気を付けください。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。

こういうケースは特別珍しいものではありません。どの整骨院(接骨院)でも(継続中も含め)経験あるでしょう。私も職業柄、数多くの不正は聞いてきましたが、この手口は日常茶飯事でおそらく他の手口も使っていると思います。私から言わせれば、整骨院(接骨院)は社会のガンです。日本全国全ての整骨院(接骨院)が不正に絡んでいる、といっても決して過言ではありません。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6138050.html
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6210113.html

↑このように彼らは “不正” に対して当たり前...続きを読む


人気Q&Aランキング