人気雑誌が読み放題♪

今年のゴールデンウィークは特に予定もないので、じっくり読書しようと思ってます。

そこで、時間を忘れて読みふけってしまうような、面白い小説を教えてください。

ちなみに過去に僕がそれこそ、気がつけば徹夜で読んでしまった小説を挙げておくと、

『Another』 綾辻行人
『銀河英雄伝説』 田中芳樹
『剣豪将軍義輝』 宮本昌孝
『水滸伝』 北方謙三
『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』 村上春樹
『東天の獅子 天の巻・嘉納流柔術』 夢枕獏
『はてしない物語』 ミヒャエル・エンデ
『バトル・ロワイアル』 高見広春
『不夜城』 馳星周
『ロードス島戦記』 水野良

といった、ところです。

是非、こんな僕の好みに合いそうな小説をオススメしてください!
できれば、オススメのコメントなど一言添えていただければ嬉しいです。

今回は小説に限らせていただきます。

それでは、皆様、ヨロシクお願い申し上げます!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

ファウンデーション 銀河帝国の興亡 アイザック=アジモフ



キャラの魅力なら銀英伝。設定の緻密さならこっち。
どっちも好きな作品です。

東キャナル文書 と 宇宙年代記シリーズ 光瀬龍

冷たい未来史をみてみたいなら。


銀河ヒッチハイクガイド

最初の1ページ目で太陽系がなくなります。生き残った主人公の、宇宙放浪の物語。
パロディとハチャメチャをゴッチャにした作品です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

今、丁度、SFの古典や名作を片っ端から読んでます。
アシモフは当然、おさえる予定です。楽しみです。

『銀河ヒッチハイクガイド』も面白そうですね。

光瀬龍も読もうと思いながら、なかなか手が伸びてませんでした。これも夜みたいです。

お礼日時:2012/04/24 10:06

全く見当違いかもしれませんが


私が徹夜で読んでしまったので
ちょっとした参考まで。

京極夏彦の「魍魎の匣」京極堂シリーズ2作目ですがここからでも読めます。
京極も相当な変りモノですが、出てくる人出てくる人みんなキャラの濃い方たちばかりで
会っという間に引き込まれます。
京極夏彦はどれも徹夜コースです。

宮部みゆきの 「火車」「模倣犯」
ミステリーです。
模倣犯をスマップの中居君主演の映画を見てしまっていたら忘れてください。
思いつくのはこれくらい。

おまけで、これから読む予定なのが島田荘司の「占星術殺人事件」→「異邦の騎士」を
遅ればせながら読むつもりです。

これも徹夜コースらしいです。
    • good
    • 5

「新宿鮫シリーズ」大沢在昌


新宿署の鮫島警部が、警察組織の中でエリート(キャリア)としての資格を持ちながらも、
犯罪への糾弾と正義感に純粋であるが故に上司や同僚とうまくやれず、
一匹狼となり一人で大きなヤマを潰していくという痛快なハードボイルド小説。
シリーズ10作品の内私のオススメは2番目の(毒猿 新宿鮫II )
新宿の地理を少しでもご存知なら臨場感も倍増します。
馳星周の「不夜城」をお読みならすでにこちらも読了かも知れませんね。
    • good
    • 1

書かれちゃったよ・・・デルフィニア戦記(苦笑)


http://www.amazon.co.jp/dp/4125002606/

とにかく痛快、ギャグじゃないのに何故か爆笑してしまう
ストーリー。ヒロインだけじゃなく、脇役がしっかりしていて
いくらでも妄想が広がる世界観、どれをとっても一級品
ですからお勧め。同じ作者の「レディ・ガンナー」シリーズ
も何ならどうぞ。こちらも止まらなくなること請け合いです。
http://www.amazon.co.jp/dp/404423101X/

まだ終わってないんですが、「聖剣の刀鍛冶」とか。
http://www.amazon.co.jp/dp/4840120838/

「わけのわからないもの」と対戦する定番のファンタジーと
言えばそれまでなんですが、ヒロインとヒーローがどちらも
実に魅力的。話が重厚でキャラが生き生きしていますので
次が読みたくなる1冊ではないかと。

「アリソン」~「リリアとトレイズ」ってのもどうですかね。
http://www.amazon.co.jp/dp/4840220603/

いつでも元気で前向きな「アリソン」「リリア」の親娘が良い
ですね。各4話ずつですが、通して長編として読めます。
特に「アリソン」と「リリア」の各話が上手く対比して作って
あり、小説技術としても大したものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

『デルフィニア戦記』を推薦される方、多いですね。
この作者さんの作品は読んだことないんですが、これだけ薦められるなら、読んでみなきゃダメみたいですね。

『聖剣の刀鍛冶』と『アリソン』『リリアとトレイズ』は全く知らなかったです。というか、最近のラノベはノーチェックでしたね。ただ、時雨沢恵一は『キノの旅』の人ですね。『キノの旅』は手許にはあるんですけど、まだ読めてない一冊です。とりあえず、それから読もうかな。

お礼日時:2012/04/24 13:10

高橋克彦『火怨』


http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062735288.h …

胸が熱くなり、思わず号泣しました。
その他、『炎立つ』『天を衝く』『時宗』など歴史小説は一気読みコースだと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。

『火怨』はアテルイの話でしたっけ?
歴史小説好きなので、読みたいと思ってました。
これもリストに入れております!

お礼日時:2012/04/24 10:16

 池上永一「テンペスト」



 数年前のこの本の出版は、日本の読書人を揺るがした事件でした。
 上下巻合計で800頁にもなる大作を、全く寝ないで読み終えた人、2、3日で読み終えた人が、次々に口コミで人に勧めていました。

 NHKテレビで仲間由紀恵が主演した、同名の琉球王朝絵巻はこの小説の映像化です。

 あなたの読書傾向に合う、というよりも、読者を選ばない傑作です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。

『テンペスト』も評判はよく聞きます。
まだ、読めてないのですが、池上永一は『シャングリ・ラ』が面白かったし、歴史物も好きなので、たぶんハマルと思います。読んでみます。

お礼日時:2012/04/24 10:15

kylie891さん、こんにちは。



徹夜で読書
いいなあ、うらやましいなあ。
わたしも
>『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』 村上春樹
 『不夜城』 馳星周
は一気読みしましたよ。

では、上記を除く私の徹夜本を
 『薔薇の名前』 ウンベルト・エーコ
 『上限の月を喰べる獅子』 夢枕 獏
 『三国志』 吉川英治
 『幼年期の終り』 アーサー・C・クラーク
です。

『ロードス島』は塩野七生の『ロードス島攻防記』もおススメですよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。

『薔薇の名前』は評判を聞きます。翻訳物は苦手ではあるんですけど、内容はかなり面白そうなので、読んでみようと思います。

『上限の月を喰べる獅子』は実を言うと、かなり前に買うだけ買って、本棚に眠ってます。ずっと読もうと思いながら、積読になってる本なので、そろそろ読みます。

吉川英治の『三国志』はよくよく考えてみると、まだちゃんと読んだことなかったです。読もうと思います。

今、SFの古典や名作を片っ端から読んでて、『幼年期の終り』は近々、読む予定に入ってました。

塩野七生は去年『ローマ人の物語』を一気読みしまして、その勢いで『コンタンティノープルの陥落』は買ったのですが、これも積読になってます。『ロードス島攻防記』もいずれ読みます。

お礼日時:2012/04/24 10:12

ファンタジーの王道


「デルフィニア戦記」 茅田砂胡
「十二国記」 小野不由美
これは読み始めたら止まらなかったです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。

『デルフィニア戦記』はタイトルは知ってるんですが、まだ読んでなかったです。これも読んでみようと思います。

『十二国記』は『月の影 影の海』は読みました。ただ、読み進める順番に迷って、結局、そこから先は読めてないです。再チャレンジしたいです。

お礼日時:2012/04/24 09:56

イロイロあるけど、、



『赤毛のアン』モンゴメリー ・・・・ これは外れないと思います。
『一夢庵風流記』隆慶一郎  ・・・・ これもいけると思います。
『龍馬が行く』司馬遼太郎  ・・・・ これもいけると思います。
『椿姫』ヂュマ・フィス   ・・・・ 人によるかも? 『マノン・レスコー』アベ・プレボーを
                   先に読んで下さい。
『北の王国』童門冬二    ・・・・ 人によるかも?
『上杉鷹山』童門冬二    ・・・・ 人によるかも?
『みずうみ』シュトルム   ・・・・ 人によるかも?
『田園交響楽』ジッド
『狭き門』ジッド
『赤と黒』スタンダール
『初恋』ツルゲーネフ
『孟嘗君』宮城谷昌光
『チャタレイ夫人の恋人』  ・・・・ 元発禁本。天皇も若かりし頃コッソリ読んだとか??

とりあえずこれくらいにしときます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

挙げていただいてる中では『一夢庵風流記』は読みました。間違いなく傑作ですね。

司馬遼太郎は最近読んでないですが、『尻啖え孫市』が好きです。『龍馬がゆく』も読んでみたいと思いつつ、なかなか手が伸びなかったので、そろそろ読もうと思います。

宮城谷昌光は最近読んで『草原の風』がメチャメチャ面白かったので、他の作品も読もうと思ってました。『孟嘗君』も候補に入れます。

翻訳作品はどっちかと言うと苦手なんですが、『赤毛のアン』とか『赤と黒』とか、やっぱり名作と呼ばれる作品は読んどくべきでしょうね。

たくさん、紹介してくださって、ありがとうございます。

お礼日時:2012/04/24 09:52

「ガダラの豚」中島らも


「アド・バード」椎名誠
「モダンタイムス」伊坂幸太郎
「邪魔」奥田英朗
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

中でも『ガダラの豚』は評判をよく聞くので、読んでみようと思ってました。
他のもチェックしてみます。

お礼日時:2012/04/24 09:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q★人生で読んだ中で「一番おもしろかった小説」を教えてください!!!★

★人生で読んだ中で「一番おもしろかった小説」を教えてください!!!★

タイトルの通りです。

私は小説を読むのが苦手なので、一気に全てババッと読み進められるような面白い小説を探しています。

ジャンルはどんなものでもいいので、あなたが人生のうち読んだ中で一番おもしろかった小説を教えてください!

Aベストアンサー

私も十代の女子です。

他の方も挙げてますが、星新一さんがおすすめです。作品のほとんどがショート・ショート(短編)なので、さっくり読めてさっくり楽しめます。SFになじみのない私でも5~6冊まとめて買った短編集をすぐに読み終えてしまいました。
スカッとする爽快な話から、背筋が凍るぞっとする話、心温まるいい話、エスプリの効いたブラックな笑い話まで豊富な色を持つ作品ばかりです。

人におすすめの本を訊かれると私は必ず星新一さんをおすすめしてます。ぜひ!読んでみてください。
ちなみに、星新一さんの作品群で私が一番好きな話は「天使考」です。短編集「ようこそ地球さん」の中に入っています。名作と名高い「処刑」も入っていますので、一度読んで損はありませんよ。42話入ってたったの550円です。

Qあなたの“徹夜本”教えてください

小さい頃から本好きで、今も週に2~3回ほど書店or図書館通いしています。

そんな私の初の徹夜本は島田荘司『占星術殺人事件』でした。
でもここ数年はそんな本に巡り会っていません。
(上・下巻とかになると気が重くなってしまって読まないから…ということもありますが)

そこで、質問させていただきます。

徹夜で一気に読んでしまった、もしくは徹夜はしていないが夢中になって読んでしまった、この作品でこの作家にはまった……ということがおありな方、ぜひその本を教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も#1さんと同じく京極夏彦がオススメです。
榎木津が中心の『百器徒然袋―雨』を一番最初に読みましたが、即徹夜でした。
第一作目の『姑獲鳥の夏』はそれほど好きでもないんですが、『鉄鼠の檻』と『絡新婦の理』は徹夜しましたねぇ。

簡単に順番を書いておきます。
姑獲鳥の夏→魍魎の匣→狂骨の夢→鉄鼠の檻→絡新婦の理→塗仏の宴 宴の支度→塗仏の宴 宴の始末→百鬼夜行―陰→百器徒然袋―雨→陰摩羅鬼の瑕→百器徒然袋―風

この中で百鬼夜行は物語の短編集、百器徒然袋シリーズは榎木津中心のシリーズなので、ちょっと毛色が違います。
あと、微妙にキャラクターと関わりのある『今昔続百鬼―雲』もなかなか良かったです。
『姑獲鳥の夏』はそれほど好きではなかったようですが、是非『百器徒然袋―雨』を読んでみてください。睡眠時間減りますよ(笑)。

あと、#6の方の宮部みゆき『火車』も良かったです。確かに女性が読むとぞっとすると思います。

Q尋常じゃなく面白い本、教えてください

と・に・か・く、おもしろいぃぃぃ~!!!!と思う本を教えてください。内容の深さとかは二の次でいいので、面白さを極めた、先が気になって夜も眠れなくなるような、そんな本が詠みたいんです。小説・漫画のどちらでも構いませんので厳選したものをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

読んだ本のなかからムチャクチャおもしろかったのを列挙してみます。若いひとの好みがわからないので、なあんだ、と期待はずれになるかもしれませんが、一冊読んでみて、メッチャおもしろかったら、まちがいなく全部、メッチャおもしろいです。

1 団鬼六「真剣師小池重明」(ダン オニロク)
  賭け将棋で生活を立てるのが真剣師。破天荒な話なんです。

2 吉村昭「熊嵐」(熊の文字は、これではなく「目」を横にした形のを「熊」の上にのせた、クマです)

3 村上兵衛「守城の人」
  武家の凄み。おなじ日本人とはとても思えない。
 
  以上はいずれも小説ですが、実話です。

4 沢木耕太郎「深夜特急」
 ノンフィクションです。とっくに読んでいるかも。

5 松本清張「わるい奴ら」
  いったん読みはじめたら、本を閉じることができず、朝までかかって読み通しました。

Q何度も繰り返し読んだ本ありますか?

先日友達が本を読んでいて「これ読むの3回目なんだけどさ、
何故か、読み終わってすぐでもまた繰り返し読みたくなるんだよね」
と言っていたんです。

私もよく本を読むのですが、どんなに好きな本であっても、
すぐにまた読みたくなるということは今のところ経験したことないんです。

そこで質問。皆さんには、何度も繰り返し読んだ本ありますか?
できればその本のタイトルも教えてください。

Aベストアンサー

私は本を何度も繰り返して読むのが好きです。
中でも村上春樹の「ノルウエイの森」が大好きで、数えられないくらい読んでいます。何度読んでも新しい魅力を見つけることができ感動を覚えます。

あとは東野圭吾の「白夜行」も何度か読んでいます。ノルウエイの森とは全然タイプが違いますが。

Q一番 面白かった 小説を 1つ

過去に読んだ中で一番だと思う小説を1つだけ教えててください。

何読もうか迷っています。 ^^

ジャンルとかはなんでもいいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アーサー C クラーク の

    「渇きの海」

映画「大空港シリーズ」を見たあとがお勧め


本当になんでもいいのなら、
まず本屋さんに行きます
文庫本がいっぱい並んでいる前に立って心の中で気合を入れて目を閉じて手を伸ばして……………




 

Qおもしろい歴史小説を教えてください

お世話になります。

最近になって歴史小説・・といってもあまり肩こりしないものばかりですが、いろいろと読みあさっています。
佐伯泰英さん の居眠り磐根シリーズ、酔いどれ小籐次、
池波正太郎さんの剣客商売、他、
宮部みゆきさんの歴史物

などフィクションが多いのですが、ここにきて、

光圀伝(冲方丁)、親鸞(五木寛之)、堀部安兵衛(池波正太郎)

など、実在した人物に焦点をあてた小説を読んだところ、おもしろくてこの辺にもはまってしまいました。

ある程度の史実に乗っ取っていれば、フィクション、創作という形のもので構いません。というかその方が良いのですが、物語として、読みやすくおもしろい歴史小説をご推薦頂けないでしょうか?

幕末物は司馬遼太郎さんを中心に多少読んでいるので、できれば、それよりも前の時代の物が希望です。

尚、現在読んでいるのは 夢枕獏の沙門空海 です。

Aベストアンサー

司馬遼太郎著「風神の門」
http://www.amazon.co.jp/%E9%A2%A8%E7%A5%9E%E3%81%AE%E9%96%80-%E4%B8%8A-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%8F%B8%E9%A6%AC-%E9%81%BC%E5%A4%AA%E9%83%8E/dp/4101152349
とても面白いです。

Q夢中になって時間を忘れてしまう小説

近々ある検査で一日病院で過ごすことになりました。
検査は一人で行き、暇な時間がかなりありそうな検査なので待ち時間の間おもしろい文庫本を探しています。
大きい本だと荷物になるので。。。
私が夢中で読んだのは『嫌われ松子』『ダヴィンチ・コード』など。
後はファンタジー系も結構好きで『ブレイブストーリー』『ドリームバスター』なんかも読みました♪
宮部みゆきさん、唯川恵さんの本は大好きです。
何かオススメはないでしょうか?

Aベストアンサー

恩田陸さんで、「夜のピクニック」「ネバーランド」
森博嗣さんで、「すべてがFになる」

Q一生に一度読んでおくべき本はありますか?

ふと気がつくと、面白い本、よい本、為になる本は色々知ってますが一生に一度読んでおくべき本となると、全然なくて愕然としてる自分がいます。
それでも薦めるとなると、月並みで申し訳ないのですがやはり私はドフトエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」でしょうか。

次点で
・夏目漱石の「こころ」
・太宰治の「人間失格」
・三島由紀夫の「金閣寺」
あたりですが、繊細な人間の心を描いてる一方で、どこか女々しいというか、現実を生き抜くには少々辛い気もします。。。(事実、これらの主人公達は最後に発狂してしまう)

映画ならおすすめは沢山あるんですが^^;
(・椿三十郎)
(・生きる…黒澤映画は挙げたらキリがないので以下省略)
(・ショーシャンクの空に)
(・荒野の用心棒…以下ウエスタン映画は挙げたらキリがないので省略)
(・第3の男…著作権切れなので無料で見れます。見てない方は是非!)

何かおすすめはありますでしょうか?
(聖書や仏教も悪くは無いですが、どこか現代では無理がある気がします。あと、小説でなくても構いません。「国家の品格」などはかなり為になりました)

ふと気がつくと、面白い本、よい本、為になる本は色々知ってますが一生に一度読んでおくべき本となると、全然なくて愕然としてる自分がいます。
それでも薦めるとなると、月並みで申し訳ないのですがやはり私はドフトエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」でしょうか。

次点で
・夏目漱石の「こころ」
・太宰治の「人間失格」
・三島由紀夫の「金閣寺」
あたりですが、繊細な人間の心を描いてる一方で、どこか女々しいというか、現実を生き抜くには少々辛い気もします。。。(事実、これらの主人公達は最後...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。一生に一度読んでおくべき本、ですか。なかなか難しいですね。思い浮かびません。個人的に死ぬ前に出会えて良かった本、ということであればカズオ・イシグロさんの「わたしを離さないで」です。カズオ・イシグロさんは、僕の読書史の中でのもっとも重要な人物の一人です。世間での評価や批評など関係なしに読んだ瞬間、運命的に惹きつけられてしまうことってありますよね。そういう経験ができることはとても少ないですが、それだけにとても大切で幸せなことです。原文で読んだわけではないので土屋さんの素晴らしい訳とあいまって、ということになるのでしょう。

Qハラハラ、どきどき、ゾッとするような本を探してます。

ハラハラ、どきどき、ゾッとするような本を探してます。

もともと趣味が本を読むことなのですが、最近読みたいのが無くて困っています。
そこで、何か面白い本を教えていただけたら嬉しいです。

私が好きな本は・・・
・乙一さんの「夏と花火と私の死体」
・北川悦史子さんの「空から降る一億の星」
・東野圭吾さんの「変身」、「時生」
・山田悠介さんの「特別法第001条DUST(ダスト)」
・貴志祐介さんの「青の炎」
・湊かなえさんの「告白」
です。

なんとなく、最後に意外なことが起きたり、ハラハラ、どきどきするのが好きです。

お願いします。

Aベストアンサー

乙一さんや東野圭吾さん、貴志祐介さんの作品、私も大好きです♪ なので、下記の本はもしかしたらお好みに合うかも?

ラノベですが、甲田学人さんの『Missing』などいかがでしょう?
不条理ホラーファンタジーですが、オススメです♪
http://ja.wikipedia.org/wiki/Missing


あとはそうですね~小説にもコミックスにもアニメにもなっている竜騎士07さんの『ひぐらしのなく頃に』シリーズもいいかと思います。……実写版もでているらしいですが(^^;)
昔ながらの村社会の様相を残す村落で発生した連続怪死・失踪事件の顛末を描いた連作式のミステリーです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B2%E3%81%90%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%AE%E3%81%AA%E3%81%8F%E9%A0%83%E3%81%AB#.E3.81.82.E3.82.89.E3.81.99.E3.81.98

スティーヴン・キングの『ミザリー』は映画化もされていますが私は原作の小説の方がいいと思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%B6%E3%83%AA%E3%83%BC

小野不由美さんの『屍鬼』もいいのでは?今、深夜アニメとして放映もされています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%8D%E9%AC%BC

西尾維新さんの『戯言』シリーズ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%AF%E8%A8%80%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA

田中芳樹さんの『夏の魔術』シリーズ

乙一さんや東野圭吾さん、貴志祐介さんの作品、私も大好きです♪ なので、下記の本はもしかしたらお好みに合うかも?

ラノベですが、甲田学人さんの『Missing』などいかがでしょう?
不条理ホラーファンタジーですが、オススメです♪
http://ja.wikipedia.org/wiki/Missing


あとはそうですね~小説にもコミックスにもアニメにもなっている竜騎士07さんの『ひぐらしのなく頃に』シリーズもいいかと思います。……実写版もでているらしいですが(^^;)
昔ながらの村社会の様相を残す村落で発生した連続怪死・失踪事件...続きを読む

Qおすすめの小説~サスペンス・ミステリー~

友人が入院しており、日中かなり退屈をしているようです。小説を持っていってあげようと思っているのですが
お勧めの本を是非教えてください。
ちなみに、サスペンス/ミステリーものが好みのようで
宮部みゆき.松本清張あたりをよく読んでいるようです。
かなり本を読む人なので、読んだ物も多いとは
思うのですが・・、^^;
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

有名どころですが、
綾辻行人 「館シリーズ」など
乃波アサ 「凍える牙」、「鎖」など
貫井徳郎 「慟哭」、「症候群シリーズ」など
殊能将之 「ハサミ男」、「黒い仏」、「美野牛」など
松岡圭祐 「千里眼」、「催眠」、「マジシャン」など
がおすすめですね。
参考にしてください。


人気Q&Aランキング