ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

はじめまして。

化学系専攻の大学院生です。博士号取得後に研究職に就くことを考えていますが、その中の選択肢の一つとして製薬研究業界を考えています。
製薬研究職に応募する際の自分の強みとして、自分に思いつくのは各種分光法、分析法の経験があること、バイオ系の知識が化学出身の割には多いことです。有機合成の経験は多いとは思いません。
こういう事情ですが、こんな私にも就職の門戸は多少は開いているでしょうか?それとも、はなから門前払いになるのでしたら別の道を早めに考え直したいと思っています。

ちなみに、医薬品営業職の方から「うちの研究職では旧帝大の博士しかいない」なんて話を聞いたことがありますが、そういう意味では大学名に関してはクリアしているかのとは思います。(学歴自慢のつもりではありませんが、不快に思われましたら申し訳ありません。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 正直難しいと思います。

十年ぐらい前ならそういうのもあったかもしれませんが、そもそも今のご時世製薬企業の研究は全体でも内定者数人から十人ぐらいだったりするわけです。そんな状況なので、むかしからコネがあった研究室ですら受かるかどうかわからないという状況なので、製薬関連会社とか、臨床開発とか、研究開発とか、多少営業もやってるような中小なども視野にいれて皆受けているのが現実だと思いますよ。

 製薬会社がそもそも化学の人材をとるのはなぜかというと、生産ラインに乗せるためのプロセス化学的な開発が必要な部分(化学工学)と、基礎研究の段階で上がってきたシード化合物とかの活性を評価するために小スケールでの合成が必要(有機合成)といった場面があるからなのです。何を標的にするとか、こういうターゲットで系を造るとかいう本質的な部分はおそらく偉い人の一部か、経営方針としておこなうものなので結局バイオにすごくたけている必要性も無いのかもしれません。研究室レベルのものといっても、よほどその研究室が開発して、まだ実用的に広がっていないとかいう技術でなければルーチンワークでできるわけですしね。

 そういう意味では、有機合成ってのはハイスループットで用いる構造が単純な者ならともかく、複雑な構造のものになってくるとやはりその分野で専門的に学んだヒトで無ければ難しいですし、かといって機械にやらせるわけにもいかないので、基礎研究の過程でそういうのの活性評価が必要になった場合に求められるのでしょう。それ以外の知識とかは、ぶっちゃけ最低限(学部教養レベルを独学しろと言われれば自分で何とかなる)ぐらいの能力があればたぶん必要な時に教育すればいいというスタンスだと思います。まあ、「合成ラインの設計かつ量産化」みたいな分析化学とか化学工学と有機合成の間のようなジャンルで完全にマッチすればいいかもしれませんが、それでも定期的に毎年必要というわけではないと思います。

 結局、能力があってもジャンルが合わなければ落ちます。よっぽど企業に基礎研究やる余力があって、今後そういう人材を強化したいという広い目的があるならですが。そういういみで、比較的コンスタントに求められるのが有機合成なのかなとも思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。詳しい実情まで、ご丁寧に有難うございました。

お礼日時:2012/05/02 16:50

可能と思いますけどね。

学習院の化学から製薬の研究職に行った知り合いもいます。ただ、有機合成の経験は積んだ方がいいでしょうけど。そういうチャンスはない?

この回答への補足

ありがとうございます。

有機合成経験は多少は積めると思いますが、それを専門とする方々と比べれば劣るというコンプレックスはあります。

補足日時:2012/04/28 15:34
    • good
    • 0

農学博士号取得の薬剤師です。



製薬の研究と言えば、個人的には、ほとんどが有機化学だと思います。私が農学博士を生かして就職を探したとき、分析だけなら専門学校生でもできるとか、遺伝子組み換えのテクニシャンとしてであれば職がある(ただし任期あり)とか言われました。上場しているような会社での研究職は、難しかったのを覚えています。有機化学ではない博士の製薬会社研究職は、私はかなり難しいような気がします。

ただ、同様の過去質問で、ほかの人の書き込みや、実際に勤務している方の書き込みを見ると、部門別に分業しているところでは、それぞれの分野における技術者がいるという内容が多々見られます。過去の質問を参考にしてください。

研究室の先輩方がいった就職先を参考にし、研究職へ就いているのなら、可能性はあります。しかし、質問者様が初めてというケースで、教授等のコネが無い場合は、自力で探すしかありません。

なお、旧帝大だからと言って安心はできません。旧帝大だから応募資格があって、そこからふるいにかけられると思った方がいいです。実際、私もそうでした。

この回答への補足

有難うございます。

くだらない捕足かも知れませんが、博士の企業就職となると、やはり先輩や先生に聞いて出てくる名前以外は難しいと思った方が良いのでしょうか?(難しいかといって必ずしも諦めるとはなりませんが…)

当大学院の案内に、数年のうちの博士修了者の企業就職先の種類の数が、少なかったことを覚えており若干不安になります。

補足日時:2012/04/28 15:38
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q製薬会社への研究職就職。

製薬会社への研究職就職。

こんにちは。
現在、某国立大学理学部生物学科の4年です。
将来は修士課程まで行き、製薬会社で研究職に関わりたい、と考えています。

今、研究室では免疫電顕を用いて脳の解析、3次元構築、といったことをやっています。

KOマウスあるいはラットを解剖し、脳を取り出し染色…
といった作業なのですが…

正直、こういった作業が製薬研究に役立つのかどうかわかりません。
もちろんin vitroなことは実習等でよく行っていたのでできなくないですが。

そこで、卒論や就論で行った研究内容が企業での研究とかなりマッチしていないと不利なのでしょうか?もっと言えば、電顕を今まで用いてやってきていたのに、企業ではそれを用いないような研究を行うことは可能なのでしょうか?(電顕を用いることにこだわってはいないです。)

何か情報あれば教えていただけないでしょうか?よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

旧帝大の薬学部の院を卒業した後、大手製薬で研究職をやっています。

コネは大手だとそこまで多くないですよ。
私も自由応募で入りましたし。同期もあまりコネ入社はいません。
そもそも教授推薦や学校推薦はコネとは言わないと思います。
コネというのは血縁や知り合いによる口利きを指すものですから。
自分の学歴に付随する公式な人脈によるものはコネではないでしょう。

傾向としていわゆる準大手や中堅は推薦重視のところが多いです。
それは自由応募で内定を出しても蹴られるからなんです。
というのも、自由応募で選んだらどこの会社も欲しい人材は一緒です。
自由応募だと同じ人物の取り合いになってしまうんですね。
だから自由応募を中心に採用するのは大手じゃないと難しいのです。
これが準大手で推薦が多い理由です。

コネは要りませんが、
学歴と研究分野のマッチングは最低限必要になります。
私の会社では研究職の新卒入社は8割ぐらいが旧帝大の院卒です。
あとは他の国公立の薬学部や早慶あるいはせいぜい理科大ぐらいです。
博士の比率も年々増えています。今は新卒の4割程度が博士です。

ただ勘違いしないでほしいのは、学歴があれば決まるわけでもないし、
学歴がなければ絶対無理というわけではありません。
学歴で決まるというよりは、学歴が高いほど優秀な人が多いから、
と考えたほうがいいと思います。学歴がそれほどでなくても、
あなたが優秀なのであればどの会社でも欲しがりますよ。きっと。
まあ確率論で見ればそれは非常に低いんですけどね。もちろん。
(あと、準大手クラス以上の研究職は旧帝大の薬学部でも
 非常に厳しいです。就職に有利な分野じゃないときついです)

研究分野については、質問者様のやっていることは有利だと思います。
基本的に生物系ではvivoをやっている人が圧倒的に有利ですから。
ラットやマウスで採血、投与、解剖などが一通りできるといいです。
(別に全部できる必要はないですが、ただ飼ってるだけとかは微妙)

国立大学というのがどの程度のレベルかにもよりますが、
研究分野的には有利なのではないかなと思いますので、
チャレンジする価値はあると思いますよ。

ただし、不安材料を挙げるなら、理学部生物学科ということで、
製薬業界の就職活動に対する情報が不足するということでしょうね。
このあたりネットなどで情報収集をしっかり行ってください。
(ただしネットにはかなり嘘も含まれているので注意)
もしよろしければ私の過去の回答なども参考にしてください。

>電顕を今まで用いてやってきていたのに、
>企業ではそれを用いないような研究を行うことは
>可能なのでしょうか?(電顕を用いることにこだわってはいないです。)

可能ですよ。まあどこまでの範囲で論じるかによりけりですが、
大学時代とそのまま同じ研究を行うという方が少ないと思います。
基本的に研究はあなたのやりたいことをやればいいので、
あなたが企業に入ってから自分でやりたいことをやればいいのです。
(もちろん企業では業務もあるので、
 好きな研究はその隙間時間で行うことになりますが)

旧帝大の薬学部の院を卒業した後、大手製薬で研究職をやっています。

コネは大手だとそこまで多くないですよ。
私も自由応募で入りましたし。同期もあまりコネ入社はいません。
そもそも教授推薦や学校推薦はコネとは言わないと思います。
コネというのは血縁や知り合いによる口利きを指すものですから。
自分の学歴に付随する公式な人脈によるものはコネではないでしょう。

傾向としていわゆる準大手や中堅は推薦重視のところが多いです。
それは自由応募で内定を出しても蹴られるからなんです。
と...続きを読む

Q研究職を諦められない自分にアドバイスをください

去年に早稲田大学院理工学研究科修士課程を修了して社会人1年目の者です。
日本の主要企業30社に入るくらいの大企業の研究職で採用されたまでは幸せでしたが、入社直後に技術営業に異動になりました。
大学院を出てまで営業職です。これほどの屈辱は今まで無かったです。
改めて考えると、うちの会社は東大どころかMITでPh.Dを取得した方もいます。研究職には鬼才がゴロゴロいます。
しかし私は研究職という夢を諦められません!私がしたいのは営業ではないのです。
私が研究職に就くにはやはり博士課程に戻るしかないのでしょうか?アドバイスをください。

Aベストアンサー

「これだから院生を雇うとワガママで困るんだ」
「プラス二年勉強しただけで、専門家ぶって困る」
「学歴を鼻にかけていて、使いにくい」

このあいだ読んだ本に、院生は扱いにくいという企業側の声として、上記のような事が書かれていました。なんだか、この質問に対する企業側の声ような気がしますね。

ちなみに博士号持っている人でも、研究職から開発職への移動とかよく聞きますよ。博士だって企業にいった時点で、ずーっと研究職でいられる保障は無い訳ですから、ましてや修士の場合、それ程「屈辱」に感じる必要はないんじゃないでしょうか。「会社ではよくある話」ではないかと・・・・。正直な話、研究以外したくないなら、何故一般企業を目指したんでしょうか。国研・独法研の研究員を目指せばいいのに。

博士過程に戻ったら、修了後TOP30企業にもう一度入れる保証はなくなってしまいます。今いる企業は絶対に無理でしょう。そのリスクが負えるのなら、博士課程に戻るのもよいと思います。ただ、博士課程の就職は、学部・修士の就職とは、状況も仕組みも異なっていますからそれは、事前に調べた方が良いかと思います。

当然ですが、博士課程は修士までと違って、単位をとれば学位が貰えるという場所ではありません。貴方ご自身に研究のセンスがあるのかが、一番重要です。

「これだから院生を雇うとワガママで困るんだ」
「プラス二年勉強しただけで、専門家ぶって困る」
「学歴を鼻にかけていて、使いにくい」

このあいだ読んだ本に、院生は扱いにくいという企業側の声として、上記のような事が書かれていました。なんだか、この質問に対する企業側の声ような気がしますね。

ちなみに博士号持っている人でも、研究職から開発職への移動とかよく聞きますよ。博士だって企業にいった時点で、ずーっと研究職でいられる保障は無い訳ですから、ましてや修士の場合、それ程「屈辱」...続きを読む

Q物理化学を専攻しようとしている息子の就職は?

息子は、某国立大学の理学部化学科の3年生です。
4年生から研究室に入るらしく、どこの研究室に入るか悩んでいて、最初は「分析化学」に入ろうとしたのですが、なかよしグループの研究室になりそうな雰囲気になりつつあり、そういう雰囲気での研究が気に入らないようで、「物理化学」の方に進むことを考えているようです。
本人はもちろん「物理化学」にも興味はあるようですが、あまり人気のない研究室らしいことを言っています。
親としては、なかよしグループであろうとやりたい研究であれば関係ないと思うのと、”人気がある研究室=就職率の高い研究室”
というイメージがあります。

又、大学院にも進む予定でいます。
「物理化学」を学んで大学院を卒業したときの就職先ってどんなところがありますか?
やはり、「分析化学」の方が、就職は有利なのでしょうか?
ご存知の方、是非教えてください。

ちなみに、息子の大学レベルは超難関大学とは言えませんが、昔の一期校と言われた総合大学です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ANo.3と同じ者です. 現在,企業から母校の研究室に派遣され,共同実験をしています.会社は建設系,研究室は土木の環境保全工学(主に下水・汚水・廃棄物処理)です.
 したがって,現在の修士2年・学部4年と一緒に3人グループで研究しています.現在の国立大学は大学院大学なので,4年生で卒業する人はほとんどいません.90%以上の人が修士卒です.
 前の回答の人たちが,「大学時代に何かを一生懸命勉強した人は,何でも出来るようになる.」様に書かれていますが,そのとおりです.
 修士の場合,自分で教授から与えられた研究課題,もしくはやりたい課題をマネジメントして成果を出す必要があります.特に化学系は,薬品等の消耗が激しいので,研究成果を出し,学会等で発表し,文科省や,産通省,環境省等から科学研究費を分捕る(国立大学全体の研究費のパイが決まっているので,まさに分捕り合戦)必要があります.
 修士の場合,研究マネジメント:ある意味プロジェクトマネジメントPMして,成果を挙げて,研究費を取ってこないと研究できません.
 これは就職した後,どの分野(文系含む)に進んでも最も重要な事です.給料と同等以上に成果を挙げないと,会社は倒産するわけですから.わが研究室,3月修士了4名は,それぞれ商社・金融・メーカー・コンサルタントでした. 修士の時に,自分でPMして成果を出し,科研費を取って来て,学会で発表し,英語論文を読みこなし,自分の専門分野と日常会話程度は英語力があると証明したからです. 今の社会は,半年先の景気でさえ読めません.ニートになる若者も多いと思います.就職先を考えて研究室を選択するより,「自分は母校でこれだけの実績(学問でも部活動でも)をあげました」と胸を張っていえる人が就職できると思います. ただ,だらだら過ごした人が就職できないのだと思います.まずは当面の3年間,自分は何を一生懸命やりたいのかを考え,セルフマネジメントする事が大切です.3年後の日本の景気などわかりません.「遠くを見つめて,今やるべき事をやる」です.

ANo.3と同じ者です. 現在,企業から母校の研究室に派遣され,共同実験をしています.会社は建設系,研究室は土木の環境保全工学(主に下水・汚水・廃棄物処理)です.
 したがって,現在の修士2年・学部4年と一緒に3人グループで研究しています.現在の国立大学は大学院大学なので,4年生で卒業する人はほとんどいません.90%以上の人が修士卒です.
 前の回答の人たちが,「大学時代に何かを一生懸命勉強した人は,何でも出来るようになる.」様に書かれていますが,そのとおりです.
 修士の場合...続きを読む

Q化学系の就職先について。

化学系の就職先について。
息子が中堅国立大学の化学系に在学中です。1.有機化学2.無機・分析化学3.生化学4.構造物理化学5.反応物理化学6.放射科学(放射能系)の専攻があります。息子は生化学に興味を持っていますが、わたしがその分野をかじっているため、生化学がもっとも就職難と考えています。

上記分野で就職に有利なコース、就職が難しいコースをアドバイスいただければ助かります。ただし、教員や地方公務員は除きます。

Aベストアンサー

就職に関しては、学問上の重要性とは別と割り切ったほうがいいでしょう。
生化学は農学部の一部、理学部生物系、それと工学部のバイオ系とで分野が被る反面、電機、機械ほどには求人があるセクターではないので、バイオ、バイオと騒ぐ割に就職がよくないことは事実です。
それと、生物系の実験、作業はマニュアルを見れば誰でもできることが大半で、通常複雑な計算、設計を必要としない点も多分に関係している。

次に放射線の分野の殆ど全ては、放射線医学に関連している。放射線技師か放射線の医師になる方がこの道ではいいでしょう。放射線の院を出て、医学部放射線科の技師のような仕事をしている人を知っています。医学系では医師が一番なのでプライドの高い方には不向きでしょう。

後は工場の現場に近いところほど就職があり、有機よりは無機でしょうな。
基礎理論まで自社で追求する企業は一定規模以上の大企業です。
中堅以下はとりあえず新製品の開発が最優先ですし、大企業でも現場あっての研究所ですから、実際は工場のエンジニアの方がずっと多い。

ただ、どこが就職がいいか悪いかなどご本人が一番知っているでしょうし、興味がなければどうにもならないので、ご本人に任せた方がいいと思います。

就職に関しては、学問上の重要性とは別と割り切ったほうがいいでしょう。
生化学は農学部の一部、理学部生物系、それと工学部のバイオ系とで分野が被る反面、電機、機械ほどには求人があるセクターではないので、バイオ、バイオと騒ぐ割に就職がよくないことは事実です。
それと、生物系の実験、作業はマニュアルを見れば誰でもできることが大半で、通常複雑な計算、設計を必要としない点も多分に関係している。

次に放射線の分野の殆ど全ては、放射線医学に関連している。放射線技師か放射線の医師になる方がこ...続きを読む

Q製薬会社への就職された方へ

はじめまして。

私は来年4月に博士課程(生命系)に進学するものです。
そして博士卒業後に、製薬会社の研究職に就職したいと考えております。
しかし、「博士卒業の就職は厳しい」というお話をよく耳にするので、不安な気持ちを抱きつつ、今から就職対策をしようと努めております。

ここで伺いたいのですが、

(1)一般的に、製薬会社は博士課程卒業の学生も選考対象にしているのでしょうか?

(2)修士課程において研究してきた内容が、生命系ではあるものの、直接製薬とは結び付きにくいものでした。
そこで、博士進学を機に、薬理学に関連する研究を新たに始めてみようと考え、勉強中なのですが(今までやってきた研究も続ける予定なので、4月からは2つの研究を行うことになります)、面接で紹介する研究内容はやはり製薬と関連性があるものの方がよろしいのでしょうか?

(3)今まで、国際学会には参加したことがなく(国内学会や勉強会はあります)、論文も投稿したことがないのですが…学会経験数や論文発行数は多いほうがやはり有利なのでしょうか?

(4)基本的に、就活の流れは修士卒・学部卒と変わりませんか?

(5)学部・修士課程ともに専門分野は生命系で、薬学でも応用化学でもありません。
薬学・応用化学の出身者のほうが製薬会社への就職は有利ですか?
(製薬というくらいですから、薬を開発・製造するうえで化学の知識が必須だと思うのですか…化学は専門的に勉強していなかったので、修論発表が終わったら、研究をしながら化学を勉強します!)

(6)製薬会社への就職にあたって、やはり製薬業界の現状を知る必要もあると思うのですが、リアルタイムに製薬業界についての情報を得るためにどのような対策をしていましたか?やはり日経新聞or四季報、といったところでしょうか?

なお、修士課程修了の段階で就職をしなかったのは、つい最近までポスドクに憧れていたからです。
しかし、(偏見になってしまったら申し訳ないのですが)ポスドクの方々は、企業に努める人と比較して収入が少なく、またポスドクの任期が終了したら、その後に所属する場所を探すのに大変苦労するとのお話を伺い、結果、就職しようと考えたのです。
しかし、その時にはすでに、修士卒の就職活動が大体終了してしまっていたので…ドクター卒での就職を目指すこととなりました。
そして企業の中でも最も興味を抱いたのが製薬会社だった、ということです。

よろしくお願いいたします。

はじめまして。

私は来年4月に博士課程(生命系)に進学するものです。
そして博士卒業後に、製薬会社の研究職に就職したいと考えております。
しかし、「博士卒業の就職は厳しい」というお話をよく耳にするので、不安な気持ちを抱きつつ、今から就職対策をしようと努めております。

ここで伺いたいのですが、

(1)一般的に、製薬会社は博士課程卒業の学生も選考対象にしているのでしょうか?

(2)修士課程において研究してきた内容が、生命系ではあるものの、直接製薬とは結び付きにくいものでした。
そこで、...続きを読む

Aベストアンサー

薬学系M2です。
私は春から化学メーカーの研究員になりますが、同期や先輩に製薬に行く方or行った方が多いので回答させて頂きます。
まず、就職の可能性ですが、無いとは言いません。
ただ、修士卒の方が採用枠が多いのは事実です。開発職に回せるからです。
博士を何人とるかは会社の採用計画で決めています。博士卒をとる場合、開発職には就かせません。研究職に就かせますね。そういったことから博士卒採用の人数は限られてきます。
また、扱う医薬がどのジャンルかも重要です。医療用医薬ですか?それともOTCですか?
医療用医薬なら、大手でないといいものは作れません。技術面においてもそうですが、何より特許が取れることが重要なんです。
大手志向なら色々と難関であることには変わりませんが、不可能ではないです。なのでお答えします。

(1)一般的に、製薬会社は博士課程卒業の学生も選考対象にしているのでしょうか?
大いに。ただし、ある特定の強みがあること。その製薬会社の基幹事業に触れる研究を行っていること。
中外や協酵キリンが発信しているバイオ医薬などは従来の低分子医薬に代わって、医薬の定義に革新を与えようとしています。この2社以外にも当然どの会社も力を入れています。
抗体関連は強い。とだけ言っておきます。

(2)面接で紹介する研究内容はやはり製薬と関連性があるものの方がよろしいのでしょうか?
上記の通りですが、話すことが限られるならそうなるでしょう。
ただ、就活のために博士の研究をやるのには疑問を感じますが。

(3)学会経験数や論文発行数は多いほうがやはり有利なのでしょうか?
学会は基本的には半年1回のペース出れておれば障りはありません。
ただし、学会件数=実力、ではありません。論文数=実力、は有り得ます。
論文も研究によってデータが出しやすいor出しにくいがあるでしょうから、一概には言えません。
技術面接で8割方決まるでしょう。

(4)基本的に、就活の流れは修士卒・学部卒と変わりませんか?
一緒です。待っていて案内が来るのは一部の大学・研究室のみです。
共同研究をしていたら可能性大です。
修士に混じって就活をしている旧帝大の博士をたくさん見ましたよ。

(5)学部・修士課程ともに専門分野は生命系で、薬学でも応用化学でもありません。
私は応用化学出身で、大学院からDDSを研究してきましたが、学問の基礎として化学をやっていれば製薬の研究が分かるかと言うと全く違います。
化学系から製薬の研究に行く方は、特殊なスキルを持った方が多いです。例えば天然物の全合成ができるとか、単結晶構造解析ができるとかです。ただ、そういった分野で強い研究室は製薬大手と共同研究しています。パイプがあるわけですね。逆に言えば、そうでない研究室から製薬に行くことは厳しいです。ES落ちがざらです。
薬学や生物からの方がまだ入りやすいかと思います。

(6)リアルタイムに製薬業界についての情報を得るためにどのような対策をしていましたか?
HPで十分です。IR情報など株主への報告書など目を通せば、各企業の特色は丸分かりです。


実は私も製薬の研究職に憧れてずっと就活をやっていた経緯があり、ここまでこの業界に詳しくなりました。
ただ、大手の製薬でなければ自分が本当にしたい研究は出来ないことを知り、大手しか応募しませんでした。
売上トップ6と考えてもらって間違いないです。ただ、1社を除いてすべてES落ちでした。
それで、就活途中で方向性を変えて今に至ります。
何が言いたいかと言うと、就活を進めると理想の仕事に対する考え方は必ず変わるということです。
おそらく、就活当初は、事業内容やR&Dの強みを見て企業を選ばれると思います。
でも、会社は研究をする場所である一方、生活の場所になります。企業理念や福利厚生、自由な自己啓発が可能かも重要です。
もし、やりたい研究にこだわっていたら、他の条件がないがしろになったかもしれません。

製薬だけでなく、化学メーカーの中でバイオをやっている企業、バイオ関連の企業など幅広く見ていくことをお勧めします。
がんばってください!

薬学系M2です。
私は春から化学メーカーの研究員になりますが、同期や先輩に製薬に行く方or行った方が多いので回答させて頂きます。
まず、就職の可能性ですが、無いとは言いません。
ただ、修士卒の方が採用枠が多いのは事実です。開発職に回せるからです。
博士を何人とるかは会社の採用計画で決めています。博士卒をとる場合、開発職には就かせません。研究職に就かせますね。そういったことから博士卒採用の人数は限られてきます。
また、扱う医薬がどのジャンルかも重要です。医療用医薬ですか?それともO...続きを読む

Q製薬会社就職には・・・

製薬会社への就職(研究職メイン)だとどういった大学、学部がよいのでしょうか?
聞いたところによると、理学部化学科は良いとか、薬学部4年制は無難だとか、農学部でも入るのは可能だとか・・・
それに就職を考えるなら旧帝大とも・・・

しかしある経験者から聞いたところ農学出身だと他の学部卒の人よりは扱いがあまりよくないとも聞きました。これってほんとうでしょうか?

それで、僕自身高3で生物選択の理系です。それと偏差値は60以上あります。

長々とすいませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 大学教員です。
 薬学部を卒業し、製薬会社に勤務していたことがあります。

 いちばん無難でかつ製薬会社に勤務する人数の多いのは、薬学部(今後は、おそらく4年制学科のほう)かもしれません。しかし、薬学部が製薬会社へのメイン街道というわけでもありません。
 なお、薬学部4年制学科は、4年で就職するというのではなく、4+2(+3)学科だと思ってください。(6年制は薬剤師を強く志向するコースです。)

 農学部は扱いがよくないなどというのはデマです。
 有名なプラバスタチンナトリウムの発見者遠藤章博士は、東北大農学部の出身です。製薬会社の研究所勤務のときに、この仕事をしました。会社が大もうけする頃には、東京農工大の教授になっていましたが。
 どこの製薬会社でも、大勢の農学部出身者が働いています。私の上司も農学部出身でした。

 何学部に行くかよりも、学部(というより大学院)のどこの研究室で何の研究をしてきたか、このほうが重要です。
 
 製薬会社研究所に採用された人の専攻と配属先の一覧表を示している企業があります。ご参考までに。

http://www.astellas.com/jp/recruit/rd/job/field.html

 合成や分析のためには化学系の人が必要だし。薬理や毒性のためには生物系の人が必要だし、いろんな分野の人が必要とされているのが、わかります。
 実験系のみならず、数学や統計学や情報解析の人が採用されているのは、どこの製薬会社でもそうですが、臨床試験で高度なデータ解析の知識が必要だからです。

 なお、この表中の専攻は、学部名、学科名、研究室名がいりまじっているようです。

参考URL:http://www.astellas.com/jp/recruit/rd/job/field.html

 大学教員です。
 薬学部を卒業し、製薬会社に勤務していたことがあります。

 いちばん無難でかつ製薬会社に勤務する人数の多いのは、薬学部(今後は、おそらく4年制学科のほう)かもしれません。しかし、薬学部が製薬会社へのメイン街道というわけでもありません。
 なお、薬学部4年制学科は、4年で就職するというのではなく、4+2(+3)学科だと思ってください。(6年制は薬剤師を強く志向するコースです。)

 農学部は扱いがよくないなどというのはデマです。
 有名なプラバスタチンナ...続きを読む

Q研究をいくら頑張ったって・・悩んでます。

研究をいくら頑張ったって・・悩んでます。


大学4回生です。
工学部化学系学科で、今年から研究室に配属になりました。

有機化学の研究室で自分はポスドクの指導を受けているので、
研究の質も量も他の学部生よりハードで、平日は実験を朝から夜まで遊ぶヒマなくやっています。。

他の学部生は昼で帰ったりしているに、自分はそうはいきません。


自分が悪い意味でも真面目なので、サボることができないでいます。
結果的に春から3ヶ月しか経っていないわりには研究は相当進んでいます・・



自分は大学院にそのまま進むことが決まっていて、修士卒で化学メーカーの研究職に就職したいと考えています。
大企業の研究職や倍率の高い製薬の研究職というより、
むしろ自分のスキルが活かせる環境で、生活を満たすだけの収入を得て、穏やかな家庭を築けたらそれでいいと思っています。




…なので、要するに、

学部の時からこんなに頑張って、本当に将来に繋がるのか不安なのです。


実際に研究・実験を進めていくと、先輩の指導、助言は適切なので、
自分自身のスキルアップは半端ないです。
中間発表でも自信を持って挑めますし、何千万もする機器も自由に使わせてもらえます。
研究を進める環境には満足しています。


しかし、そのおかげで毎日疲労が溜まり、TOEICなどやる余裕もありません。
科学文献は読めても、TOEICスコアは400後半なのです…
ESで500ないとか書けませんよね。。


学会に出れたりすれば、就職は有利に働くでしょうが、
現時点でどうなるか全く分かりませんし。。




こんな悩みを抱えながらも、ただひたすら黙々と頑張っている毎日です。
お詳しい方、なにかアドバイスいただければ幸いです。

研究をいくら頑張ったって・・悩んでます。


大学4回生です。
工学部化学系学科で、今年から研究室に配属になりました。

有機化学の研究室で自分はポスドクの指導を受けているので、
研究の質も量も他の学部生よりハードで、平日は実験を朝から夜まで遊ぶヒマなくやっています。。

他の学部生は昼で帰ったりしているに、自分はそうはいきません。


自分が悪い意味でも真面目なので、サボることができないでいます。
結果的に春から3ヶ月しか経っていないわりには研究は相当進んでいます・・



自分は大学院...続きを読む

Aベストアンサー

まぁ頑張れや
と、しか言いようがない。

目的:修士卒で研究職
現在、東大程度の修士卒でもそのままでは研究職は無理です。25年前に工学部化学系の修士を出ましたが、その段階で、修士卒で研究職につけたのは、数名、その数名も就職の段階で教授から企業に対して「この子は優秀だからよろしくね」というお墨付きがあり、企業に入ってから博士号をとるなり、数年後博士課程に戻っています。
あとは、運次第です。運というのは、会社に入ってからタマタマいいネタにぶつかった時とかです。いいネタとは、企業にとって、「金になりそう」と思われて、研究者にとって新規性が高くやりがいが生まれるネタです。
そういうネタに当たるかどうかは、嗅覚が必要で、その嗅覚は実地で実験をすることで養われるようです。

その意味で、まぁ実験やれやとしかいいようがない。

TOEICの結果なんて刺身のつまでしか無い。
教授がプッシュしてくれるとか、学会発表で企業の人が「あの子どこの子よ」と気づいてもらうほうがいかほどによいことか。

Q量子化学の就職って?

現在、大学2年で化学を専攻しているものです。
研究室の就職先でふと疑問に思ったのですが、量子化学ってどんな就職先があるんでしょう?(修士、博士卒を前提として。)

有機化学は化粧品、繊維などの開発、研究。
生化学は化粧品、医療品などの開発、研究。
とかイメージしやすいんですけど、無機化学や量子化学とかの研究室の就職先ってどんなのがあるんですか?イメージしにくくて^^;
ぜひ、教えてください!

また、大学を修士で卒業して、一般企業の開発、研究に携わる(就職する)のって難いことですか?(大学のレベルにもよりけりとは、思いますが。)
地方国立(一期)大学程度で可能でしょうか?

Aベストアンサー

現在の状況では「創薬」関連は量子力学関連(分子運動を含む)は非常に活発ですが、keita1221様が学位をお取りになる頃にどうなっているかは良く分かりません。
基礎知識として「絶対必要」な事は確かなのですが、あまりよく知らなくても巨大分子をうまく計算してくれる、ハード(計算機自体)やそれに特化したソフトの発達が非常に速く、またそれは「お金になるから」です。
#2のお答えにもありますが、現在の「米国式学位」というものは「自分一人で研究を企画立案できる能力」つまり「免許証」でしかないので。
「何処へ走っていくか」は個人の才覚です。また、院在学中に新発見、新発想から「学生起業」への道もありますし、特にお薦めしたいのは、米国などの大学で「雰囲気を知る」事です。
最近は国内でもポスドクの口が沢山ありますが、米国などで「専門そのもの」ではなく「専門家に助けて欲しい」様な条件で教室を探し、キツイけどしっかり仕事をし、人脈も作ってくると、何かと便利です。
そのためには院時代「自分の担当教授」だけでなく、討論会などで知り合う「若手のやり手の先生」との交流も作っておいた方が良いです。
やることは沢山ありますが、初めは「基礎をしっかり、大きな変化が起きても取り込めるだけの柔軟な理解」が必要でしょう。
院に入れば先端部分が次第に見えてきますから、そこを目指して「悪戦苦闘」して下さい。
「悪戦苦闘」した人ほど良い仕事が出来ます。

現在の状況では「創薬」関連は量子力学関連(分子運動を含む)は非常に活発ですが、keita1221様が学位をお取りになる頃にどうなっているかは良く分かりません。
基礎知識として「絶対必要」な事は確かなのですが、あまりよく知らなくても巨大分子をうまく計算してくれる、ハード(計算機自体)やそれに特化したソフトの発達が非常に速く、またそれは「お金になるから」です。
#2のお答えにもありますが、現在の「米国式学位」というものは「自分一人で研究を企画立案できる能力」つまり「免許証」でしかないので。...続きを読む

Q物理化学の研究室が敬遠されるのはなぜでしょうか?

物理化学の研究室が学生から敬遠されるのはなぜでしょうか?

有機化学の研究室は人気があるのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

何となくですが、列挙してみます。

・有機の方が就職に有利(というイメージ)
・有機の方が、他では得難いスキルがつく(というイメージ)
・高校で物理未履修のまま量子化学、熱力学でコテンパンにされて
 物理化学と関わる気が失せてしまった
・研究内容や意義が部外者には分かりづらい

私が卒業した理学部でも、確かに有機系の方が人気でした。
物化の中では、固体を焼いて合成する固体物理的な事をやっている所や
生体分子を片っ端からNMRにかけるような研究室は人気でしたが、
大気化学、放射化学、熱分析あたりは不人気でした。

Q英語論文:ChemDrawでの「・」や「℃」、「△」などの記号入力に付いて

過去に類似の質問があることは承知なのですが、どうも上手く入力できないのであえてここに質問させて頂きます。

今度、RSCのジャーナルに電子投稿しようと思うのですが、
図の作成でChemDrawを使ってます。
RSCの規定でフォントはTimes New RomanとArial、Symbolしか使えないのですが、図のキャプションを書く時に、例えば、水和物を表す時の中点「・」や温度「℃」、図中のプロット「△、▲、○、●、□、■、×」などは、どのように入力すればよいのでしょうか?

Wordなら、「挿入」⇒「記号と特殊文字」でArialなどのフォントで入力可能なのですが、それをChemDrawにカットアンドペーストすると違う文字になってしまいます。

ちなみにOSはWindows2000で
ChemDrawのバージョンは6です。

Aベストアンサー

後から Julius さんのコメントを読んでハッとしましたが,入力自体はできたんですよね?

Julius さんのケースはちょっと良く分かりませんが,mogula さんの Word からのコピペでうまくいかない理由は,記号をクリップボードにコピー際,Word が自動的に日本語全角フォントのテキストに変換してしまうからです。この機能は,文字をメモ帳などに貼り付けるは便利なのですが…。

この問題は「ChemDraw 側が Word のリッチテキスト形式を認識する」という形でも解決するのが最も妥当なのですが,何せ日本版の Word でしか起こらない問題であるため,代理店が強く要求するなどしない限り,永久に修正されないでしょう。

ちなみに,このテキスト変換の様子は「クリップボードビューア」というプログラムで見ることが出来ます(クリップボードビューアがない場合は Win の CD からのインストールが必要)。

あと,WinME までなら文字コード表にある文字ならすべて ChemDraw に入力できるはずですが,Win2000 以降の Unicode フォントで新たに定義された文字は,ChemDraw6 にはどう足掻いても貼り付けることは出来ないと思います。ChemDraw6 は Unicode 未対応だと思いますので…(Julius さんのご回答から推測するに ChemDraw6 以降は Unicode 対応?)。

やはり,特殊な図を載せる,一番簡単確実な方法は,No.3 で書いた「アウトライン化」だと思います。

もしご参考になりましたら。

後から Julius さんのコメントを読んでハッとしましたが,入力自体はできたんですよね?

Julius さんのケースはちょっと良く分かりませんが,mogula さんの Word からのコピペでうまくいかない理由は,記号をクリップボードにコピー際,Word が自動的に日本語全角フォントのテキストに変換してしまうからです。この機能は,文字をメモ帳などに貼り付けるは便利なのですが…。

この問題は「ChemDraw 側が Word のリッチテキスト形式を認識する」という形でも解決するのが最も妥当なのですが,何せ日本版の Wor...続きを読む


人気Q&Aランキング