映画「火垂るの墓」で兄弟は亡くなってしまいました。7000円の預金があったとのことですが、これはかなりの価値があるようです。

なぜ、栄養失調でなくなってしまったのでしょうか?そうならないための回避策はなかったのでしょうか?

いくらお金があっても食べ物は買えなかったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

当初兄は今後のことも少しは考え、お金をちょっとずつ使っていました。


(といっても子供なので、結構無駄金をはたいている場面がちょくちょく見受けられます)

しかし、それによって妹の栄養失調は進行し、兄が貯金を全部はたいて
食べ物を買ってきたときには「時すでに遅し」だったわけです。

[4歳と14歳で生きようと思った]
がこの映画のキャッチコピーですが、
お兄ちゃんだけなら何とか生き延びれたと思います。
(あのお兄ちゃん爆弾が降ってくる中人ん家の飯食ってたりと
結構たくましいし)

あの時代、14歳の子供が体力のない4歳の子供に十分な栄養を取らせてあげることは今では想像できないくらい困難なことだったのです。
(両親のいる家庭でさえ、ほとんどの子供たちは栄養失調だったと聞きます)
にもかかわらず、子供だけで生きようと決意し、結果妹死亡という最悪の結果を招いてしまったことに、お兄ちゃんは激しい罪の意識にとらわれました。

お兄ちゃんが死んだのは、金が尽きて餓死したというより、
妹を死なせてしまったという罪の意識に対する懺悔だったといわれています。
    • good
    • 0

こんばんは!



映画(アニメ)の方では・・・・貯金をおろして食べ物をたくさん買って帰った時にはもう遅すぎて、#2さんのおっしゃる通り、妹はすでに食べる元気も残ってなかったです。「もっと早く買ってこいよ!」「家出なら自分ひとりでしろよ!妹はおばさんちに置いとけよ!」とつっこみ入れたくなりました。
他にも、兄がおばさんの家で自炊するために調理道具とかを買いそろえる場面がありましたが、「もったいない!もっと後さき考えて有効に使え!」って感じでしたよね。
私の推理では、「兄は貯金全部おろしてメロンとか高級食材をバンバン買ってお腹いっぱい食べ続けたけど、計画性がまるでないのですぐに金が底を尽きて餓死した」んじゃないかと思います。

さてさて。高校時代に、読書タイムとしてほたるの墓の原作(小説)を読まされた事があります。その時に国語の先生が「作者は妹を亡くした過去を持つ。妹を守れなかったのにのうのうと暮らしている自分自身が許せずに、この小説では兄(=自分)を殺してしまった」というふうな事を言ってました。
本当かどうか知りませんが、もし原作者がこんな自虐的な気持ちで書いた小説なら、たとえ貯金が1億あったとしても、兄弟に死の回避策はないですね・・・。

逆に「小説の中では妹を救える」方向で書いてくれたら、あんなに後味悪い物語にはならずに、私ももっと「ほたるの墓」を好きになれたと思います。
    • good
    • 0

私もうろ覚えで回答させてもらいます。


小説の冒頭で兄は衰弱死したのではなかったかしら。ドロップの缶に入っていたのが妹の骨。そこからそこへ至るまでの物語が始まったと記憶します。
親戚のいじめはたいした事はなかったとおっしゃる方もありましたが、内心頼りにしていた肉親にああした仕打ちを受けるというのは人間として耐えがたいことではなかったのかとも思います。当時はこういうことが良くあったとも聞いています。
世の中の仕組みを知らない子供のまま世間へ焼け出され、周囲の無理解と無関心にさらされ、(7,000円という金額がどれほどのものか分かりませんが、かなりの額として)その使い道も知らないまま(なにせ応用編というか交渉道具となることなんぞ思いもつかないのですから)そうした、いくらでも生き延びる道はあるのに衰弱死する、死なせてしまったということがたまらないのだと、こんなふうにも読めると思います。
死ぬ必要がないのに死ぬ。これは当事者として悔いても悔い足るということのない苦しみであり、だからまず、自分が死ぬ情景から始めなければ先が書けなかったのではないかと思います。
    • good
    • 1

素人考えですが


映画を見て漠然と「貯金は叔母さんにとられたんだろう」と思っていました。お米なども叔母さん家族にあらかた食べられていた場面があったような気がしたので・・・。「とられた」のではなくとも叔母さんにイジワルされる前に、叔母さんに全部(お金・お米など)あげてしまい、イジワルされたのでその場の感情で飛び出してしまって取り返しがつかなくなったとか。

ご質問を見てじっくりと考えましたが・・・。
あの時代、お金があってもまず物資がなかった。物資に取り替えるためにはヤミ市のようなところに行かなければならないのだが当然子供の彼にはそんなことは思いつかないしどこに行けばいいのかもわからない。そんな途方もなく手間のかかるお金なんて彼にとってはただの紙切れ同然で、それよりも目の前の畑にある野菜の方が彼にとっては価値があるように思えた。彼はなんと言っても子供なのですから。
のではないかと思いました。すべて想像の粋を超えません。根拠もありません。
こう考える者もいる、程度に思っていただければと思います。失礼いたしました。
    • good
    • 0

確認ですが,ご質問の「火垂るの墓」というのは,


野坂昭如原作で,高畑勲監督のアニメ映画「火垂るの墓」
でしょうか.違ってたら,この回答は無視してください.

この物語は,野坂昭如の自伝的な小説です.
したがって,設定がリアルです.
一見お涙頂戴な物語ですが,非常に奥が深いのです.

その点では,ご質問はかなり的を得ていると思います.

一言で言えば,私は,主人公の兄弟は,何も死ぬ必要(必然性)はなかったと思います(私の記憶では,妹だけが死亡したように描かれていたと思います.).その他の人々と比較しても,生きていく上での条件は決して悪くなかったのです.
 ・伯母さん夫婦に世話になっていた.少々のイジワルにさえ耐えられれば,生きていけた.
  私の印象では,耐えられないほどのいじめとは感じなかった.
 ・貯金がかなりあった.
  

ほかの状況を鑑みると,私は下記のように考えます.
 ・兄がもしも妹のことを真に気遣っていれば,たとえいじめられていたとしても,叔母の家を出るべきではなかった.
 妹を連れて家を出たのは,わがままな兄のエゴにすぎない.
 家を出た後も,妹をしなせるまで,世間知らずとしか思えない行動が目立つ.

 個人的には,この小説は,野坂昭如氏が,「妹をしなせてしまった(バカな)兄を許してくれ,時代もわるかったが」というような気持ちでかかれたものであったと思っています.

 少々否定的に書いたように感じるかもしれません.
そうであったとしたら,申し訳ありません.
 そうはいっても,戦争さえなければ,兄妹は幸せに暮らせたはずであり,妹も死なずにすんだはずです.そのことに変わりはありません.
 単純な,「お涙頂戴の反戦映画ではない」ということを言いたかったのです.

ご希望通りの回答でないと思います.申し訳ありません.
異論あるかもしれません.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆様、回答どうもありがとうございました。

>>野坂昭如原作で,高畑勲監督のアニメ映画「火垂るの墓」 でしょうか.

 そうです。やり方によっては、生きられたかもしれないのですね。残念ですね。

お礼日時:2004/01/06 23:28

兄は預金をおろしてメロンなどを妹の好きなものを買って帰るのですが、もはや妹は衰弱していて間もなく亡くなってしまいます。

兄の死因も、気力の減退と栄養失調による衰弱死でした。回避策はもはやなかったのではないでしょうか。そして、その絶望感がこの作品のテーマを支えていたのだと思います。
    • good
    • 1

物不足で、お金があっても買えなかったのでは・・・? 家出をしていたから、食料の配給も貰えなかったでしょうし・・・。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「火垂るの墓」DVDについて

ずっと疑問に思ってたのですが、なぜ「火垂るの墓」DVDは
ワーナー・ホーム・ビデオから出てるのでしょう?
「となりのトトロ」と同時上映でしたよね。
ジブリ作品とは別の扱いなのでしょうか?

Aベストアンサー

映画上映後、「火垂るの墓」のみ、パイオニアが権利を取得して、ビデオ・LD化しています。トトロより3ヶ月早くビデオ化しています。これのみ、徳間書店・アニメージュビデオシリーズではありませんでした。原作者の意向らしいのですが。

当初から徳間書店から離れていた商品でしたから、DVDになった時も、同系列のワーナーホームビデオからの発売になっています。パイオニアとワーナーは過去「ワーナーパイオニア」としてビデオ提携した深い繋がりがあります。

でもジブリ作品ですので、数年前、LDでジブリがいっぱいBOXが発売した時、(ブエナ・ビスタが権利取得1年前)はじめて徳間書店作品の中に収録された、めずらしいいきさつがあります。

Q火垂るの墓で、7千円もあって栄養失調?

火垂るの墓という映画の中で、貯金が7千円あるという発言があり、銀行から「残りの3千円」をおろす場面が出てきます。
この当時のレートははっきりしませんが、戦前戦後のレートでみると、
(昭和16年)
米 1斗 3.321円
鉄道 東京大阪間 6円35戦
(昭和21年)
米 1斗 2.011円
鉄道 東京大阪間 15円50銭(2月)
~いずれも「1億人の昭和史・15昭和史写真年表」毎日新聞社1977年より~
となっています。
確かに当時はほとんどの食料は配給制であり、そうでなくても生産量が追いつかずにお金があっても手に入らないものはあるとは思います。
とはいえ、米500俵、東京大阪間500往復もの大金がありながら、なぜ栄養失調になるのでしょうか?
やはり正当なルートでは手に入らないため、闇で10倍とも20倍とも言われる高額な食料を手に入れたのでしょうか?

Aベストアンサー

うーん。新聞社の本に出ているのはマルコウ、公定価格で
この価格では品物は手に入りません。
実際に手に入る闇価格だと昭和20年で米1升70円といいます。
ふかし芋とかすいとんで5円から10円。
3000円手元にあったとしますと。
米は40升ぐらいは買えますねー。
65キロですから、大人1人が平成のいま1年で消費する米の量は買えた計算になります。
なお原作では米1升40円という価格で出てます。
主人公は原作では妹のためにニワトリの肉150円なども買ってます。
あとこの主人公と妹は養家を逃げ出してますから配給のルートがないんですね。
マルコウでものを買う手段がないから、闇で食料を調達するか盗むかしかない。
3000円でしたら、そうですね。
いま私たちが普通に3度3度のご飯を食べる感覚で、当時なら1ヶ月で消えてしまうんではないでしょうか。

Q火垂るの墓

今日放送金曜ロードショー火垂るの墓をどこでギブアップしましたか?
もうそろそろギブアップしそうです。

あのおばさんがどうしても嫌いなので…
節子の死まで持ちそうもありません。

Aベストアンサー

 ついつい毎回見てしまいます。朦朧とした節子がおはじきをドロップと思い口入れてしまうシーンまでは・・・。
 それより原作者が、あの大島渚を壇上で殴り、昔のTVタックルに軍服で登場したことのある野坂昭如であることは今でも結びつきません。
 

Q火垂るの墓のスペイン語版

火垂るの墓のスペイン語版を探しています。存在することは確かなようですが、どこでどのように手に入れることができるのかがどうしてもわかりません。販売元や入手方法など、ご存知の方がいらしたら、教えてください。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

本(野坂昭如)、ビデオ、DVD、
発売されているようですが、ビデオDVD共に日本の機械では見られないようですね。

http://www.nausicaa.net/miyazaki/video/grave/#s_dvd

http://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/8495359065/qid=1120494265/sr=1-1/ref=sr_1_1/102-8527397-0146557?v=glance&s=books

Q『火垂るの墓』をもう一度見れますか?

私が初めて『火垂るの墓』を見たのは小学校低学年のころでした。
それまでは戦争の話をあまり聞かないでいて
劇中の本土空襲のことやその悲惨さも分かっていませんでした。
そんな小学生の私にとってこの作品はあまりにもショックで
辛くて最後まで見ることはできませんでした。
“ただただ悲しい”という気持ちだけが残ったことが思い出として残っています。
そして「もう絶対に見ない。」と心に決めました。

死んでしまった蛍を防空壕の側に埋めようとする妹が
「なんでホタルすぐ死んでしまうん?」
と涙ながらにお兄ちゃんに問う場面は今でも心に焼き付いています。

初めて見たときから十数年
世界のそして日本の戦争のことについて学び
戦争映画を見ることができる程の知識は身につきました。

最近は好んで戦争映画を見るようになり
国・内容を問わず見てきました。
そしてふと小学生のときに最後まで見れなかった『火垂るの墓』を思い出しました。
「もう絶対に見ない。」と子供のころに決めていたのも思い出しました。
だけど、戦争・本土空襲の悲惨さを知るためにも
今度は最後まで見てみようと決めました。

一度見たことがある方に尋ねます。
皆様は『火垂るの墓』をもう一度見れますか?

私が初めて『火垂るの墓』を見たのは小学校低学年のころでした。
それまでは戦争の話をあまり聞かないでいて
劇中の本土空襲のことやその悲惨さも分かっていませんでした。
そんな小学生の私にとってこの作品はあまりにもショックで
辛くて最後まで見ることはできませんでした。
“ただただ悲しい”という気持ちだけが残ったことが思い出として残っています。
そして「もう絶対に見ない。」と心に決めました。

死んでしまった蛍を防空壕の側に埋めようとする妹が
「なんでホタルすぐ死んでしまうん?」
...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。
私も『火垂るの墓』を最初に観たのは小学生の頃でした。
何のことかはぼんやりとしかわからなかったものの、ただ悲しい話だということはわかりました。
そしてぼろぼろ泣きました^^;
その後も日曜ロードショーで何度か観、
再度見るまでの間に戦争のことを知り、戦時の庶民の暮らしを知り、軍艦行進曲の歌詞の意味がわかるくらいに知恵がつき、
観るたび新鮮な気持ちで、また少し違った視点で観ています。
この前声の収録に関する話を読む機会があり、キャラクターの話中略歴などを読みました。
ネタバレのようになってしまいますがそれによると
冒頭の清太が駅の雑踏で柱にもたれかかっているシーンは野垂れ死にした姿だということがわかり
そうだったのかと納得するとともにますます不憫に・・・
毎回泣いてしまいます。
私の中では大切に観たい、好きな作品です。
 
因みにセツ子の声は本物の子供が入れているそうです。
清太役の青年が肩車してスタジオを走り回って撮った笑い声など、『本物の声』を使っているそうです。

Q火垂の墓ラストが自分の記憶とあわないのですが

火垂の墓のラスト今日見ましたが、私の定かでない記憶だと下記2パターンのどちらかのEDを見た気がしてならないんですが、誰か見た事ないですか?何かと記憶違いかもしれませんが。

1.清太は死んでしまいますが、生きていた父親に発見されドロップの缶を見て泣く(よく守ったなみたいな感じで)
2.清太が死にそうになっで歩いている所に父親が帰ってくる。

Aベストアンサー

アニメ版は何度か見ましたが、そういう場面はありませんでしたね。

**********以下、ネタバレ**********

最後は制服姿の男性駅員2名が少年の遺体を発見し、事務的に処理しようとしますが、お父さんは出てきません。むしろ、あの裕福で幸せそうで名誉ある一家の形跡が、あとかたもなくこの世から消え、次々に遺体として事務的に処理されていく様子に、あの映画のインパクトがあると感じていたので、そこでお父さんが生還したら別のお話になってしまうと思います。また、「結局、妹を死なせたのは兄だろ」という巷の意見に原作者も賛同しているので、少年が作中で誰かに褒められたら、やはりお話が変わってしまうと思います。

お父さんが帰ってくるといえば、とある実写洋画で、お父さんが中盤、戦争から幽霊になって帰ってくる場面はありますけどね。

Q火垂るの墓で二人が死ななくて済む方法は?

火垂るの墓では二人が死んでしまうのですが、死ななくて済む方法はなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

死ななくて済む方法というか、あの状況であの二人に限らなければ、生き抜く方法はいくらでもあったと思います。ただ、あの二人に限って考えるのなら、方法はあっても、それを見つける事が不可能だったんじゃないかなぁと、今は思っています。
あの映画は毎年必ず見ていますが、本当にやりきれない気持ちになる映画ですよね。。。せっちゃんは病気で死んでしまったのではなく、"栄養失調"で死んでしまったんですから。(ちなみに餓死したのではありません。栄養失調が元で、清太が食事を運んできても食べられなくなったんです) 現代では考えられない話ですよね。あの時せっちゃんを診た医者が、何も薬を与えず、「とにかく滋養をつける事」と言っていました。その滋養をつけるのが一番難しい状況だった事は誰もがわかる状況で、それでも赤の他人を救ってやれる程余裕のない時代だったから、それしか言う事が出来なかったんですよね。それに対して「滋養なんてどこにあるんですか!!」と叫んだ清太。。あれこそが、あの二人の魂の叫びだったのではないかと私は思うんです。あの二人は、あの二人に出来る限りの事を精一杯やったんです。特に清太は、恥もプライドも捨ててまで、妹を守ろうとしたんです。
あの知人の家を出る事を選んだ事は、正直、幼稚だったと思っていました。そこで我慢さえしていれば、妹を失い、そして清太自身の生きる希望を失う事もなかっただろうにと、悔やまれてならない気持ちでいっぱいでした。だけど、今年もまた映画を見て、そうじゃないのではないかと思ったんです。あの映画が言いたかった事は、"生活力のない二人の生き様"を通して、『懸命に、そして精一杯生きようとしても生きられなかった』という、戦争が生んだ悲惨な"時代"を映し出していたのだと思うんです。その"生きられなかった者"達のうちのひとつが"戦争孤児"です。戦争孤児の子供達が全て生きられなかったというわけではないだけに、清太達が選んだ道に「どうして我慢出来なかったの」「他にもっと方法があったろう」という意見は沢山あると思います。映画の中でも、「一言謝ってくれば」とうい意見が出てきました。あのおばさんもおそらく、清太達が謝っていれば、家にいさせてくれたのでしょう。
でも、それは大人になった今だからわかる事で、まだ年齢的にも未熟な清太達には、わからないのも無理はなかったんだと思うんです。
だから、前半で言ったように、「生き抜く方法はいくらでもあった。ただ、あの二人に限って考えるのなら、方法はあっても、それを見つける事が不可能だった」と思ったのです。清太がもう少し精神的に大人だったら、ああはならなかったかもしれない。でも、あの場で死ぬ気で生き抜いたのは、精神的に大人である清太ではなく、まだ若干十代の子供の"清太"以外の何者でもないんです。だから、あの二人に限っては、あれ以外の方法はなかったんだと私は思っています。未熟さ、幼稚さ、考えの浅さ、どうしても捨てる事の出来なかったプライド・・・、それらの全てが"清太"と"せっちゃん"だったんですから。

死ななくて済む方法というか、あの状況であの二人に限らなければ、生き抜く方法はいくらでもあったと思います。ただ、あの二人に限って考えるのなら、方法はあっても、それを見つける事が不可能だったんじゃないかなぁと、今は思っています。
あの映画は毎年必ず見ていますが、本当にやりきれない気持ちになる映画ですよね。。。せっちゃんは病気で死んでしまったのではなく、"栄養失調"で死んでしまったんですから。(ちなみに餓死したのではありません。栄養失調が元で、清太が食事を運んできても食べられなく...続きを読む

Q火垂るの墓

火垂るの墓の節子の台詞が分かりません。

★西宮のおばさん★
「いい加減にしとき。
 家におるもんは昼かて雑炊や。
 お国のために働いているもんと
 一日中家でゴロゴロしているあんたらと何で同じやと思うの。
 ニートさんなぁ、
 もうあんたも大きいねんから助け合いいう事を考えてくれな、
 あんたはちっともお米出さんと、
 それでご飯食べたいいうても、
 そらいけませんよ、通りません。
 ちょっと続けてご飯食べさせたったらまぁ口が肥えてしまいよってか らに。 」
☆節子☆
「?????、うちのお米やねん。」

???の部分ですが、「てがかたい」と聞こえます。
何と言っているのでしょうか。

Aベストアンサー

兵庫県の主婦です。
神戸出身の子のようですから、参考までに・・。

映画はみたことないけど、方言の感じからして、「せやかて」ではないでしょうか。

関西(大阪や神戸の一部)では「そんなこと言ったって」と反論する場合に、「せやかて」を使います。
おばあちゃん世代は特に。

Q火垂るの墓の実写版は?

松嶋菜々子さんも出る「火垂るの墓実写版」はどの局でいつ頃放送予定なのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

放送局は日本テレビ系列のようです。
今秋放送予定とあるので9月下旬~11月頃には放送になるのでしょうか・・・。

参考URL:http://www.sanspo.com/geino/top/gt200508/gt2005080501.html

Qジブリ映画「火垂るの墓」の劇場公開時の様子について

2点お尋ねします。

1)高畑勲氏の完璧主義が災いし、未完成のまま上映されたそうですが、どのような状態だったのでしょうか?
本来より短く上映されただけなのか、ラフのような形で上映されたシーンがあったのでしょうか?
また、「となりのトトロ」との同時上映は、もともと予定されていたものなのでしょうか?
それとも、「火垂るの墓」が未完成のために二本立てにされたのでしょうか?

2)「となりのトトロ」との二本立てで、お客さんの反応はどうだったのでしょうか?
「トトロ」だけで帰ってしまうとか、子供が泣いて泣いてパニックだったとか、エピソードがありましたら教えてください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

#2です。
公開中に差し替えましたが何の問題にもならずに済みました。
当時は細部まで細かく見ているような人はごく少数でクレームを出すほどのことでもなかったからだと言われています。
その後に宮崎アニメは確立されて小さい子供からマニアックな人まで幅広くファンを獲得しましたが創世記だったため支障なかったようです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報