生物学でのキメラについて詳しく教えて下さい。人間と動物とのキメラを作ることも可能なのですか?また、そうした場合どのようなものができあがるのでしょう?半魚人の様なものを作ることもできるのですか?人間と昆虫のキメ等もどういうものができるのかとても興味深いです。また、どういう分野でこういった研究がされているのでしょうか?お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

キメラですね。

ちゃんと動物のキメラもありますよ。キメラを作る技術は発生にお
ける遺伝子の発現機構の研究はもちろん、ヒトの遺伝的疾患の発症機構を研究する
ための実験動物モデルとしても、現在ではさかんに利用されています。

例えばキメラマウスなどはその典型的なもので、遺伝的有色系マウス胚と無色系マ
ウス胚を集めて作ったものです。他にも鳥類、例えば鶏に鶉(うずら)の羽がつい
ているものなんかもあります。見た目では普通の鶏が羽だけ黒くて小さいという感
じです。

医学分野での応用は盛んですが、面白半分的な実験はなされていないようです。
多分人間と何かのキメラも技術的には可能でしょう。ただ倫理的に問題があるため
にやらないだけだと思います。
    • good
    • 1

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「家畜DNA育種・用語解説:キメラ」
さらに専門的ですが、
http://res.ipc.kit.ac.jp/~nagaoka/mori/page3/res …
(キメラ遺伝子)
http://www.jpo.go.jp/ryutu/map/kagaku10/2/2-4-1. …
(キメラ抗体)
「キメラ抗体」が使用されているかは分かりませんが、最近は「モノクロナール抗体」を用いた治療も行われています。

ご参考まで。

参考URL:http://www.chuo.agri.pref.hokkaido.jp/sintoku/be …
    • good
    • 0

SF小説の見過ぎじゃないですか?


私は動物のキメラはまったく心当たりがありません。
植物だとよく見かけますけど。

接木をすると、台木の性質が穂木に移ります。
これによって果物がおいしくなったりします。
ただし接木の本来の目的は、そのようなものではありません。
もともとは、台木の持つ強勢を根に持ち、
地上部の穂木に良質な実や花を成らせるものです。
(他にも接木の用途はたくさんあります)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドラゴンクエストでキメラが出なくなった訳

「キメラの翼」と言えばドラクエ定番のアイテムですが、キメラ自体については1作目に登場して以来、以後の作品ではさっぱり見かけなくなってしまいました(あまり多くのシリーズをプレイしたわけではないのですが…)。

キメラの翼を出し続けるなら、キメラ自身も定番モンスターにして良かったんじゃないかと思うんですが、キメラが出なくなった明確な理由ってあるんでしょうか?スタッフの発言等、できるだけ公式の情報があれば教えてください。

Aベストアンサー

全部のドラクエシリーズを全攻略したものです。
案外ドラクエシリーズには結構出ていると思いますが^^;
それ以外にもトルネコシリーズにも出ていますしw

まあ8ではキメラの翼は出ていましたが、キメラ自体は出ていませんでしたねw
キメラの翼といえば、ルーラの効果というのがドラクエファンにはもう定着してしまっているので、いまさら名前を変えるわけにはいかないのでしょう。

私自身が思うに、キメラ自体が出なくなったのは、スクウェアエニックスは定番のスライムさえ出せれば、後はどんなモンスターでもいいと思っているからでしょう。
一例としてドラクエモンスターズ2のモンスターはかなり多数ですが、ほとんどのキャラはそれ以降の作品に全く反映されていないんですよね
(苦笑)
多分これが事実だと思いますw

Q【香川照之の昆虫すごいぜ!】NHKのEテレの香川照之の昆虫凄いぜ!で「昆虫は卵を産むのでオスよりメス

【香川照之の昆虫すごいぜ!】NHKのEテレの香川照之の昆虫凄いぜ!で「昆虫は卵を産むのでオスよりメスの方が大きい」と説明していましたが、人間は雌が子供を産むのにメスの方が雄より体格が小さいのは何故なんでしょう?

そう考えるとNHKが言う昆虫は卵を産むからメスの方がオスより体が大きいという説明は矛盾しており昆虫のメスがオスより身体が大きいのは卵を産むからという理由は違うかも知れないと思うのです。

Aベストアンサー

昆虫と人間を比較する
お前はアホです…

Qキメラとはどういう意味ですか?(><)

 はじめまして。質問なんですが、キメラとはどういう意味ですか?

 私はutauメンバーの重音テトが好きなんですけど、テトのプロフィールを見たんですが、

 性別のところが「キメラ」となっていたんです。 意味が分からず、wikiで調べたのですが、こっちも意味がわからず(^^;)

 31歳でキメラってwwwすごいですねwwwとか、言ってる人もいてww

  誰か回答ください!(><;)

Aベストアンサー

自分はそこまでニコ厨じゃないので違うかもしれませんが…。

「キメラ」とは“Chimera”の事であり、日本語発音ではキマイラとも表記します。意味は既に回答されてますが、通常は「違う種類の生物が複数合体して一体になった生物」という解釈です。

詳細はWikipediaの項目でも読んで貰えれば早いと思いますが。この「重音テト」の場合は、恐らく「人間の女性とボーカロイドのキメラ」という意味だと思われ。

P.S.
基本的には「ネタ」的な意味合いが非常に濃い設定だと思います。なのであまり額面通りに受け取っても意味無いというか、まあ軽く「へぇ~そうなんだ」くらいに思ってた方が良いでしょう(笑)。

確証は無いのですが。多分、ニコ厨特有の「合法ロリ」とかをこじつけるための設定じゃないかと。自分も良くは知らないのですが、あの人達の中では「キメラの年齢を人間に換算すると○○歳!」~みたいな乗りがあるらしいですよ(笑)?なので多分、31歳じゃなくて、人間でいうと○○歳!ようじょktkr!みたいな…

Q逃げる昆虫、逃げない昆虫

バッタや蝶などは近づくと逃げますが
カブトムシやクワガタは逃げませんよね?

何か理由はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

カブトムシやクワガタムシは、身を守るための外骨格を丈夫にしたり、よりパワーを出すからだつきにしたりという進化の結果、スピーディな動きができなくなったという考え方はどうでしょうか。

kaitara1さんのいう、捕食者の問題も大きいと思います。何らかの形で外敵から身を守らなければ、簡単に絶滅してしまっているはずですから。

ゴキブリは、自然界ではトカゲ、ネコ、カエル、ネズミなど、小型のセキツイ動物のエサになるようですから、それらから逃げるために素早いのではないでしょうか。現在の大量繁殖は、人間の生活圏に入り込むことで、捕食者がすくなく食料が豊富な環境が得られたからだと思います。

Qキメラ動物について

大学の生物の講義でキメラについて学びました。
現在では白ネズミと黒ネズミ、ギープなどがいると聞きました。人間でもまれに双子などで母親の胎内で細胞がじゃっかん交じり合ってキメラになる例もあるとその講義では学びました。

発生の初期段階では違う細胞同士が同一個体の中にあっても免疫系は互いを自己として認識するためこういう状況が起こるそうです。

ふと思ったのですが、キメラはどの程度の動物種のあいだなら可能なのでしょうか。

ネズミ同士やギープ、人間同士ならもとの動物が種的にも遺伝的にも近いですが、仮にネズミと犬ならどうなるのか、同じ種同士でも、チワワとセントバーナードなど体の大きさがまったく違う場合どうなってしまうのか、草食動物と肉食なら、などと考えてしまいました。

Aベストアンサー

>発生の初期段階では違う細胞同士が同一個体の中にあっても免疫系は互いを自己として認識するためこういう状況が起こるそうです。

免疫系の自己非自己識別が完成するのが、出生前後だからという事ではないですか。免疫系はまず多様な抗体をつくる免疫細胞を作り出し、その後、自己を認識するものを殺すということで(胸腺の働きです)、自己免疫が起こらないようにしています。発生初期に個体内にある抗原は、他の個体から移植したものでもそれを攻撃する可能性のある免疫細胞は殺されるので、拒絶されないのです(免疫寛容という現象です)。

>ふと思ったのですが、キメラはどの程度の動物種のあいだなら可能なのでしょうか。

高等生物でそれをためした例は知りませんが、有名なカイメンの実験がありますね。

カイメンをバラバラな細胞にして、培養すると細胞同士くっついて、個体を作ろうとします。二種のカイメンの細胞を混ぜて同じことをすると、同種同士の細胞が認識しあって(カドヘリンなどが関係します)、それぞれ別の個体を作ります。
カイメンのような原始的な生物でもそうなんです。
つまり免疫の問題以前に、異種の細胞どうしでキメラを構築するのは無理かと。

同種であるチワワとセントバーナードなら可能かもしれません。移植された細胞が自律的に発生するわけではなく、周りの細胞とコミュニケーションをとりながら発生するわけですから、それだけがドナーの大きさに成長するということはないでしょう。

>発生の初期段階では違う細胞同士が同一個体の中にあっても免疫系は互いを自己として認識するためこういう状況が起こるそうです。

免疫系の自己非自己識別が完成するのが、出生前後だからという事ではないですか。免疫系はまず多様な抗体をつくる免疫細胞を作り出し、その後、自己を認識するものを殺すということで(胸腺の働きです)、自己免疫が起こらないようにしています。発生初期に個体内にある抗原は、他の個体から移植したものでもそれを攻撃する可能性のある免疫細胞は殺されるので、拒絶されないので...続きを読む

Q『昆虫ニンジャ』のタイトルの昆虫はなんて名前?

NHKみんなのうたで最近流れている『昆虫ニンジャ』という歌なんですが、その映像にも出てくるオレンジ色したお相撲さんの顔みたいな模様を背中に持つ昆虫の名前を子供に聞かれ困っています。

この歌を歌っておられる戸田恵子さんのブログにジャケット写真が載っています。
http://blog.goo.ne.jp/actresskt/e/0327043141fd29e34bb9fd4f1a9cad3a

Aベストアンサー

『ジンメンカメムシ』ですね、↓ご確認下さい。

http://contents.kids.yahoo.co.jp/zukan/insects/card/0652.html

QDSドラクエ5 モンスターの仲間になりやすさ

SFC版、PS2版と比べ、モンスターが仲間になりにくい気がするのですが。
レベル十分で、キメラを100匹ほど倒しても全く仲間になる気配がありません、ホイミスライムもなんですが…
リセットしたり、何度も繰り返しても最初の一匹目が全く仲間になりません。キメラもホイミスライムの仲間になりやすいはずなんですけど。
同じような方いますか?故障じゃないですよね…
気になったので質問してみました。分かる方いましたらお願いします。

Aベストアンサー

確率が絡む問題ですから、必ずしも数字通りには行きません

自分もキメラは仲間になりにくいほうだったと思います
100数十匹ほど倒したかもしれません、ただ1度の戦闘で複数で現れる場合がほとんどなので実質としてはもっと低く見てます(言うまでもない事実で蛇足になりますが、実際には何匹倒したかではなく何回倒したかが重要)

それとは逆に、もっと仲間になりにくいとされるモンスター(はぐれメタル等)がそれほど戦闘回数をこなさないうちに仲間になったりもしました

所詮目安でしかないということかと思います

Q【化学・人間】人間は地球上に存在する118の元素のうち31種類から作られているって本当ですか?人

【化学・人間】人間は地球上に存在する118の元素のうち31種類から作られているって本当ですか?

人間を構成する31種類の元素は何か分かりますか?

あと人間は物質M±の変化進行形であるということですが、このM±って何ですか?どういう意味ですか?

Aベストアンサー

>118の元素のうち31種類から作られているって本当ですか?
厳密には「分かりません」。有名な例としてはオーストラリアの羊におけるセレン、スイスにおける食塩へのヨウ素イオンの添加義務など、超々少量元素の必要性が明確でなく、今後何が出て来るか分からないからで、(元)研究者としては断言する事が出来ないからです。沢山ある例としてはビタミンB12などにコバルトが入っていますがそんな物(金属)普通はおぞましくて採りたくない。
>人間は物質M±の変化進行形である
ああ、あの方ですね(ハンドルネームは出て来ない)ご自分の理論をお持ちですが説得力に欠ける処がありその部分(表記)についても質問したことがありますが、表記法についても理解困難です。非主流派の「科学者」?「哲学者」でいらっしゃり、同調される方はあまりおいでにならないようです。

Qトランスジェニック、KO、クローン、キメラ

トランスジェニック、KO、クローン、キメラの特徴と違いを教えて頂けませんか?

Aベストアンサー

トランスジェニック、KOについてはこちらを、
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1276741

クローンは遺伝的に同一の個体たちということです。
大腸菌の単一コロニーも、接木など無性的に殖えたものも、一卵性双子もクローンです。
クローンマウスなどの場合は、卵から核を抜いてdonorの2倍体核を移植して発生させたものをいいます。donorとdonorの核から発生した子孫たちはクローンです。

キメラは一個体の中に遺伝的に異なる細胞が混在するものです。マウスなどでは胚に別の胚からとった細胞を移植して発生させたものがそれにあたります。
KOマウスを作るのにも関係があって、KOを施したES細胞をrecipientの胚に移植してキメラマウスを作る過程があります。

Q昆虫のホルモン/昆虫の変態をコントロールすることはできますか?

昆虫の成長について勉強しています.にわかな程度で恐縮ですが,とても知りたいので教えてください.

幼虫から蛹を経て成虫になる過程では,

(1)幼虫⇒蛹の過程では JHとエクジソン
(2)蛹⇒成虫の過程ではエクジソンのみ

がホルモン作用して変態すると教わりました.

[質問1]
とすると,(2)において(3)JHを投入したり,(4)エクジソンを分泌させなくしたりすると,(2)の過程はストップするのでしょうか.

[質問2]
そうであるならば,たとえば,昆虫の部分部分で(3)or(4)を行ったり,行わなかったりすることで,部分的に蛹の部分を残したり(例えば腹の部分だけ蛹状態にするとか)することは可能でしょうか.

[質問3]
ところでJHやエクジソンは全ての昆虫において共通した分子構造と考えてよいでしょうか.それとも類似した構造,まったく異なる分子構造をしているのでしょうか.たとえば,蝶とカブトムシでは,JHやエクジソンは同じものでしょうか?

[質問4]
以上で書きましたことが的外れでしたらすみません.昆虫の変態をコントロールすることができるものなのかと疑問を持ちましてご質問しました.他の方法などが御座いましたら教えて頂ければと思います.

宜しくお願いします.

昆虫の成長について勉強しています.にわかな程度で恐縮ですが,とても知りたいので教えてください.

幼虫から蛹を経て成虫になる過程では,

(1)幼虫⇒蛹の過程では JHとエクジソン
(2)蛹⇒成虫の過程ではエクジソンのみ

がホルモン作用して変態すると教わりました.

[質問1]
とすると,(2)において(3)JHを投入したり,(4)エクジソンを分泌させなくしたりすると,(2)の過程はストップするのでしょうか.

[質問2]
そうであるならば,たとえば,昆虫の部分部分で(3)or(4)を行ったり,行わなかった...続きを読む

Aベストアンサー

1900年代の半ばに,カイコを研究材料にして変態の仕組みが解明されていきました。当時の日本の研究者の研究は世界を遙かにリードしていました。その頃どこかの蚕糸試験場(群馬だったかもしれません)の技官が,前胸腺を摘出し巨大カイコの作出に成功しております。雑誌に載っていました記事では,前胸腺を摘出し,大きくなったらエクジソンの投与で変態を調節し,7齢幼虫で太さがおや指ほどで10センチを遙かに超える巨大カイコを作り出したようです。しかし,巨大な繭から取り出された生糸は太く,商品価値が余りにも低いものだったとのお話が載っていました。

ご質問の1はその通りと思います。
ご質問の2は昆虫は脊椎動物のような循環系ではないですから,体節をしばる結紮実験で可能です。
ご質問の3はエクジソンはホルモン前駆物質ですが昆虫だけでなく広く節足動物にも存在するようです。植物も持ちますが生理作用は変態とはむろん異なりますが…参考になりましたなら。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報