ネットが遅くてイライラしてない!?

わざわざあんな高温で焼かなくても・・・死んだらこんな風になると思うと気が狂いそうです。
いつか死んだら焼かれるんだろうなっていう思いが最近強く、鬱になってしまいました。
私の考えは異常ですか?
こわくないですか?

いくら死んでいても死んだら焼かれたくないです!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

うじむし」に関するQ&A: 家の中に蛆虫?

A 回答 (11件中1~10件)

>いくら死んでいても死んだら焼かれたくないです!!



条例で土葬が禁止されていないところに引越ししてください。

それ以外でも土葬できる墓地を探さなければいけません。

庭とか、空き地とかに土葬はできません。

墓地、埋葬に関する法律違反や刑法の死体遺棄罪に問われますので。
    • good
    • 5

上の子が小一の時、彼の大叔母が亡くなり葬儀が行われた。



火葬場で棺が焼かれる際に彼は『どうして燃やすの?熱くて可哀想でしょう?』と泣いたそうな。

まだ小さかった下の子は『おばちゃん、煙になって空に行ったの?』と聞いたそうな。

子供って素直で良いねぇ。
    • good
    • 1

残念だけど人の遺体はそのままにはできない。



土葬でも構わないし、土に還るという考え方からすれば確かにそれは正しい。

でも現代では火葬が主流になっている。簡単に変えられるものではない。これはこれまでの人間たちが決めてきたことだ。

確かに焼かれることだけを中心として思ってしまえば、ものすごく熱いし痛いし苦しいし、発狂するであろう。ただし生きていて意識があればの話に過ぎない。亡くなってしまえば意識はなくなるはず。そうでなければ火葬場は阿鼻叫喚の地獄絵図さながらの叫び声だらけになってしまう。さすがにそれでは焼くという事はしないだろう。でもそうはなっていない。だからこそ続いている。昔は伝染病などで亡くなった人をまきを積んだ上にそのまま置いて焼いたという記録がある。それでも叫び声はない。

火というのは昔からどこでも言われるように浄化するために用いるという意味合いがある。

死んだら肉体は自分のものではなくなる。意識もなくなる。亡くなった後焼かれようが埋められようが他の人が処置していくことだ。

任せるほかないことだと思う。自分が苦しみを感じなければいいだけのこと。
私なら焼かれることよりも、死ぬときに徐々に意識を失っていく瞬間のほうがもっと怖いと思う。でもどうしようもないことだけどね。
    • good
    • 4

高温で焼かれることが残酷なら土に押しつぶされる土葬とて大差なし。


さらに他の回答にあるように腐ってぐずぐずになっていくのもある意味残酷。
単に主観的な問題です。
葬法よりも死を恐れないことの方が不思議。
    • good
    • 1

死体は廃棄物ですし、焼却すれば容積が減るので合理性のある処分方法だと思います


死んだら焼かれたいです
    • good
    • 2

私の考えは異常ですか?


こわくないですか?
異常。
低温で生焼けの方が醜いとおもう。土葬だったら腐るし、水葬なら魚につつかれカニに食われる。
鳥葬は鳥が食いやすいように親類縁者は石で骨を打ち砕く。風葬はネズミやカラスに食われる。ミイラはなかなか難しい。アメリカでは液体窒素に漬込む保存方法があるし、レーニンや北朝鮮のエライひとみたいに防腐処置する方法もあるが維持費がかかる。
ナチュラルでしたいなら、アルプスの氷河のクレバスに落ちれば1万年ほどはいい保存状態になるし、天然タールのなかにつかるのもいい。

それが嫌なら
私みたいに生きてるうちから 自分の死後死体はプラスチック標本か 骨を漂白して骨格標本か 筋肉組織を透明にして透明標本になると遺言と処理会社を調べてお金を貯めておく事。
    • good
    • 3

>いくら死んでいても死んだら焼かれたくないです!!



…お~い、ザブトン一枚!(笑)。
面白い(笑)。

こっからは真面目な話で。

人が死んでからどうするのか?というのはね、その民族が信仰してる「宗教」でかなり決まってくるんだよね。
チベット族の風葬や鳥葬などは、彼らが信じる神が「天上にいる」からだよね?。
風に運ばれたり、鳥が食べて持って行ってくれる、というわけだから、我々日本人から見れば残酷に見えるけど、彼らにとってそれは「幸せ」なんだ。
聖なる川がガンジスであるから、そこで流されるのは神様とともにあるってこと。
だからそこで沐浴もする。

人はね、死んでからのことも「生きてるうちに」考えたいもの。
だから、君が感じてるように「死んだら焼かれたくないな」というのは、素直な感想だと思う。
「あんなになりたくない」というのも、確かに「あの世で骨の姿でうろつく」のも…嫌だよね?。
だから異常とは思わない。

まあ…いろいろあるんだよ(笑)。
「ご都合」というのがね、あるの。
詳しくは言えないんだけど…少なくとも「感性」に従ってのこと、というのじゃない…大人の都合、ってやつがあるんだよね。

だから鬱にならなくっていいって。
そういう感性も、ちゃんと「アリ」だから。
    • good
    • 4

防腐処理をしない土葬で、うじむしに食われるほうがいいのか?



血管から防腐剤突っ込まれて、血液抜かれたほうがいいのか?

俺にはどれも、かわらんように思えるがな。

むしろ焼かれたほうが、さっぱりして良くないか?
    • good
    • 2

死んだら終わり、熱いもなにもないです。

    • good
    • 0

土葬の国もありますよ。



鬱になる前に検索しましょう。

どうすればいいか考えられるようになります。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q火葬は熱い?

今まで多くの人の葬儀を見てきましたが、いつも思うのが熱くはないのか?ということです。

もう死んでいるんだからとは言いますが、誰も火葬された経験がないわけですから本当はすごく熱いのではないかなと思ってしまいます。

土葬も自分の体が腐っていくのは嫌、鳥葬?鳥につつかれるなんてまっぴら、水葬?今まで食べてきた倍返しでエビやカニに自分が食べられるの?

馬鹿な考えとは思いますが、答えのない答えに疲れてしまいます。

皆さんはこんなこと考えないですか?私だけかなぁ・・・。

Aベストアンサー

熱いと感じるのは生きている証拠です。
熱いという電気信号が脳へ伝わって、熱いと感じます。
この電気回路が絶たれているので、また脳も死んで電気信号を処理できなくなっているので熱いとは感じません。


むしろ、私が思うのは、死ぬ前の「意識不明」が本当に意識不明なのかということです。
人間は脳死状態になる直前までは、最後まで耳が聞こえるといいます。
危篤の知らせをうけて集まった家族や親せきが話していることは全部聞こえているようです。

意識不明に見えても、体が動かず、病気の苦しみや痛みを感じているのか、体が動かせないことによる床ずれの痛みを感じているかもしれません。

Q火葬中の遺体は誰かチェックしているの?

享年90歳の祖母が今年他界しました。他界時の体重が30キロあった
かどうか

で火葬場(近代的なもの)で荼毘にしたのですが、お骨あげの際に
見れば普通原型がある大腿骨等は残らず焼きすぎ。しかも喉仏も
見つからない状況で親戚が火葬場の職員に大ブーイング。

聞きたいのですが火葬の際に職員が焼きすぎかどうかチェックする
のでしょうか?他には体重など聞いてバーナーを調節する等。
疑問になりましたので経験者・火葬場や斎場勤務者の方教えて
頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

聞いた話しですが、
体重や体の大きさなどを考慮して焼き時間を算出します、

そして、火葬炉の種類ですが、台車式とロストル式(ロースターと同義)があり(大抵はどちらかを使用しています、形が変わっても基本的には替わらないです)、台車式は時間がかかりますが、棺とお骨受けの落差が少なく、骨が落ちても比較的バラけることなく落ちるそうです。(骨そのものの破損も少ない)。
ロストル式の場合は、格子の上に棺を置き、お骨になったときに格子の隙間から落ちます。格子の下には骨受けがあり、棺があった場所との落差がかなりあり、破損し易くなります、ただし、時間が短いです。

また、失礼ですが、祖母君様の年齢が90を超え、骨が衰えていたりした場合(骨粗相症など)や、薬物治療などを長期に渡って行っていた場合、骨がもろくなっていて残らない場合があります。

私の知っている斎場では、導入したバーナーの火力が弱く焼け残りがたまにあるそうです。

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q死んでも葬儀も火葬も何もかもしてほしくない場合は?

故人の遺志、あるいは経済的理由により、
葬儀も遺体の焼却も、とにかく金のかかることすべて何もしてほしくないという場合、
どのように遺体は処理されるのでしょうか?
病院が全て処理してくれるのでしょうか?

Aベストアンサー

火葬しないという選択肢はありません。
火葬して埋葬する、埋葬するにも埋葬許可証が必要…これは法律で決められています。勝手にその辺に埋めたら死体遺棄で犯罪です。
行政で葬儀の相談を受けてくれると思いますし、所得に応じて最低限のお金で済むはずです。
病院はやってくれませんよ。献体受けている病院で何らかの方法があるかもしれませんが。

あなたがこうしてほしい、しないでほしいということは文章に残しておくべきです。残された人、処理する人の身になってください。希望は書いておきましょう。

Q日本で現在土葬が出来る場所ってありますか?

日本で現在も土葬が出来る場所を教えて下さい。
できるだけ具体的に。
業者さんでも構いません。

Aベストアンサー

東京都の場合、「墓地等の構造設備及び管理の基準等に関する条例施行規則」では、
“特別区の存する区域並びに八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、青梅市、府中市、昭島市、調布市、小金井市、小平市、日野市、東村山市、国分寺市、福生市、狛江市、東大和市、羽村市及び西多摩郡のうち瑞穂町並びに大島町の区域”
が、土葬禁止地域に指定されておりますので、焼骨のほかは埋蔵させてはならないことになっております。ただし、「墓地等の構造設備及び管理の基準等に関する条例」では、上記地域でも、知事が、公衆衛生その他公共の福祉の見地から支障がないと認めて許可した場合は、この限りではありません。この場合、土葬許可証が必要です。
つまり、それ以外の地域ならば、法律上は土葬可能ということになります。
また、土葬可能地域でも、墓地管理者が埋葬拒否することがあります。

余談ですが、「墓地、埋葬等に関する法律(墓埋法)」では、“火葬許可証”とは墓埋法の許可を得た火葬場ならどこの火葬場でも火葬にすることを許可するというもので、“埋葬許可証”とは土葬のできる墓地ならどこの墓地にでも土葬することを許可するというものです。

東京都の場合、「墓地等の構造設備及び管理の基準等に関する条例施行規則」では、
“特別区の存する区域並びに八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、青梅市、府中市、昭島市、調布市、小金井市、小平市、日野市、東村山市、国分寺市、福生市、狛江市、東大和市、羽村市及び西多摩郡のうち瑞穂町並びに大島町の区域”
が、土葬禁止地域に指定されておりますので、焼骨のほかは埋蔵させてはならないことになっております。ただし、「墓地等の構造設備及び管理の基準等に関する条例」では、上記地域でも、知事が、公...続きを読む

Q危篤から臨終までの期間は普通どれくらいか

仕事上の付き合いの人が、6月の終わりから祖父か祖母が危篤ということで、県外の実家へ帰省しました。
(実家には、父親、母親が健康でいるそうです)
9月になっても戻ってきません。まだ危篤状態とのことです。
いつ戻れるか、と聞いても「わからない」と答えます。

通常、危篤状態になってから臨終するまでの期間はどれ位なんでしょうか?
普通2~3日か、長くても1週間くらいかと思っていましたが、3ヶ月近くも危篤状態が続くことはあるのでしょうか?

それから、危篤になったら通常、臨終まで親戚家族はたとえ県外に住んでいても、仕事や学校とかがあっても、帰省してそばにいるものなのでしょうか?

不謹慎な内容かもしれませんが、私の身の回りの人でこのような亡くなり方をした人がいず、全くわからず困っているので回答お願いします。

Aベストアンサー

危篤状態というのは、長いものも正直あります。
こん睡状態で半年といった友人を見たことがありますが

仕事や学校を休んでまでも駆けつける、相手なのかどうか?ですよね。

例えば仕事を休んでまでも、何ヶ月も?休める会社があるはずないでしょうが、親兄弟まででしょうし。

一度その方のご実家に連絡をして、家族の方に確認してみてはいかがでしょうか?

何気なく
「このたびは、大変な事になっているみたいですが、ご病人の様態はいかがですか?」
等といってみるのもひとつですよ。

Q火葬した後の人骨について

こんにちは。
お葬式に参列するたびに思うのですが、火葬した後に出てくる骨はかなり崩れていますし、火葬するだけならあんなに粉々にはならないはずですし、成人一人としては少ないように感じます。
施設の職員が遺族の元に運ぶ前に形を崩したり、骨を砕いたり、また一部の骨を取り除いているというような事はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 故人の体格によってある程度火葬温度を変えています。高温のときは1000度以上、低温でも800度ほどです。若くして突然亡くなった体格のいい男性ならば高温、逆に高齢者は低温というふうに分けているようです。

 普通は火葬に使った台車のまわりを遺族・親族が取り囲みますが、ご指摘のように骨の形、つまり骨格標本のように決まった位置に骨がないこともよくあります。これは火葬のときに熱風で骨が飛んでしまうので、仕方ないです。喉仏もきれいに形が残っている場合と、いくつかに崩れてしまっていることもあります。崩れていると探すのは結構大変ですから、他の部位でも斎場職員がわざわざ骨を砕くことはありません。丁寧な斎場職員だと、「これは膝のお皿、これは骨盤、これは肋骨・・・」とほとんどの骨がどこの部位か説明してくれます。
 ただし骨壷に入りきらないけどもう少し入れたいという場合は、お箸で叩いて割ることもありますし(簡単に割れます)骨壷の上に白いハンカチをかぶせて上からぎゅっと押さえて無理やり砕くこともあります。すべて遺族・親族の前でしますけどね。

 細い骨は粉々になっていますし、高齢者だと骨密度が低いので足の先の骨が残らないこともあります。骨の量が少ないと感じるのはそのためです。一部を取り除いてもなんのメリットもないのでしません。

 先日とある関東地方の斎場でお骨上げに立会いましたが、その斎場ではあらかじめ職員がステンレスの台車にお骨をすべてのせていました。頭蓋骨と喉仏、頬骨、上下の顎骨はあらかじめ除けてありました。
 親族が骨箱にお骨を入れた後、職員がほうきとちりとりでお骨の粉まですべて集めて骨箱に入れるのを見たときは「なんだか味気ないなあ」と感じました。私は関西在住ですので、お骨は本骨箱と中骨箱のみ、関東のように総骨箱ではないので骨の粉まで入れることはありません。文化の違いといえばそれまでなんでしょうが、ほうきとちりとりっていうのがね・・・

 故人の体格によってある程度火葬温度を変えています。高温のときは1000度以上、低温でも800度ほどです。若くして突然亡くなった体格のいい男性ならば高温、逆に高齢者は低温というふうに分けているようです。

 普通は火葬に使った台車のまわりを遺族・親族が取り囲みますが、ご指摘のように骨の形、つまり骨格標本のように決まった位置に骨がないこともよくあります。これは火葬のときに熱風で骨が飛んでしまうので、仕方ないです。喉仏もきれいに形が残っている場合と、いくつかに崩れてしまってい...続きを読む

Q火葬は残酷でしょうか?

こんにちは
アメリカなどは年々火葬が増えているものの、まだまだ埋葬が主流ですよね。
火葬が増えている理由は、安く済む、土地が要らないなど経済的理由が多いようです。
アメリカのような埋葬方法では遺体はほとんど土に還らず、ミイラ化するみたいで、ホラー映画のようではあります。

一方、日本はほとんどが火葬のようですが、
遺体の損傷が激しいなどの場合を除いて、遺体は静かに目を閉じているような感じの場合が多いと思います。
これを燃やして、出てきたら、骨になっているというのは
ちょっと残酷で、(まあ慣れの問題もあると思います)
できれば燃やさないで埋めた方がいいのかなと思う時がありますが、
皆さんどうお考えでしょうか?

Aベストアンサー

遺族の気持ちと言う意味で経験から言うと、最初は結構ショッキングでしたけど、段々回数を重ねて慣れていくものだなと思いました。
最初の祖父の時は焼かれて出てきたお骨を拾う時に祖母が倒れてしまいました。長年連れ添った者の変わり果てた姿に相当ショックだったのでしょう。
おまけに祖父は体が大きく骨も丈夫であまり焼き崩れて無く、骨壷に入り切らないため係の人がガンガン叩いて砕いていたのがまたショックでした。

やはり質問者さんの言う通り、静かに寝てる身内の者が1時間後には骨になって出て来るんだから慣れとは言いながらツライとは思いますね。

例えばこれが自分の子供だったりしたら気が狂いそうになってしまうかも知れません。

まあ、それじゃあ土葬なら良いかと言うとそれも辛そうですが。

Q土日眠りっぱなし、これは病気なんでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 つまり、土日はまるまる2日、ほとんど寝ているんです。熱はないし、食欲がない、いくらでも眠れる・・・という感じで、とにかく衰弱してるんです。今日も20時間ほど、トイレもいかずに寝ていました。
 月曜日になると、朝6時に起きて、始業時刻の1時間前には出勤し、12時間以上働いて帰宅します。平日はこの調子で金曜まで元気いっぱいです。でも、この土日になると、とたんに無気力になり何にもできないんです。この症状は、ここ数ヶ月続いており、夜に“見舞い”に来る友達は“1人暮らしゆえの甘え”だと言い呆れています。
 世間には、私のような人はいらっしゃらないでしょうか?ほんとに怖いくらい無気力になってしまうんですが、これって、病気ではないでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 ...続きを読む

Aベストアンサー

私は病気でした。
同じように月曜から金曜までは仕事に行くのですが
土日は寝たきりでした。
結局、うつ病による過眠とわかりました。
当時は精神的落ち込みなど感じませんでしたが。
一度、受診なさることをお勧めします。お大事に。

Q末期がんでイタイイタイと泣いている人にどうしてモルヒネを打ってあげないのか?

どうしても理解できない。
末期がんでただ死んでいくだけの患者がイタイイタイと泣いている。
どうしてモルヒネを打ちまくって安らかに死なせてあげないのだろうか? ただ痛いだけで生きている価値があるのか? たとえ寿命が半分になって半年生きるところが三ヶ月になったところで痛いだけの六ヶ月と安らかな三ヶ月とどちらが良いか。モルヒネなんて病院の畑でケシの花かなんか知らないけど栽培したらただで作れるじゃないか。値段の問題は栽培すれば解決する。どうして末期がんの患者を苦しませるのだろうか? モルヒネ投与を禁じている医者が末期がんになったら自分で打ちまくるのではないだろうか? もしそうだとしたら矛盾していないだろうか?

Aベストアンサー

質問拝見しました!!
質問者様の身内の方が、その患者さん・・という事で良いのですよね?
それとも・・別の患者さんを、質問者様が見ていらして感じたこと?では無いですよね?
(ちょっと判らなかったので・・すいません!)

私の父は・・ガンで亡くなりました。
一番ビックリしたのは・・1ヶ月に1回外来で行く状況(慢性膵炎で)のある時・・。

突然として
「胃ガンです!余命1年です」と言われて帰ってきたのです。
その様な言葉は・・冗談でも出る内容とは違ったので、本当にビックリし、又、とてもショックでした。

そして検査入院で「スキルス胃がん、リンパ節転移」とわかり・・。
父の希望を真剣に聞きました。
◎抗がん剤治療はしてもよいが・・入院は避けたい!!
(父は良く判らなかったけど・・私は延命治療・・と感じました)
◎手術は絶対したくない!!・・体を開けてしまったらもっと不自由になるに違いない。
◎とにかく・・とにかく「痛い」「苦しい」「辛い」の状態を一番少なくして欲しい。
(告知された時は痛みや苦しみはまだなかったです)
この3つが「父」が私にゆっくりと、真剣に話してくれた希望でした。
医師に私が伝えました。

そして・・運良く内服の抗がん剤で時を過ごしました。
少し気持ち悪いけど・・その気持ち悪さもだんだん取れて、元気になってきました。食欲はあるし、車を運転して好きな場所に行くし、買い物も行くし・・普通の人と変わらない?・・それ以上かも・・と思われるくらい!

(でも私は・・この元気さが、いつか突然ひっくり返る瞬間が来ると思っていました)
11ヶ月弱経った、ある日の朝・・父は「痛いんだ・・」とぽっつり言いました。
私は「とうとう来たか!!」と深呼吸をして・・明日から色々な事が変わっていくのだろう・・と思いました。

痛みがでて・・毎日通院で「処置室」で点滴を8時間して帰る日々が続き・・。
ついに「外科部長」に・・
「入院してはどうかな?お父様にもおっしゃってみて!」と言われました。
・・・そうだよなぁ!その日が来たんだな~・・と思い、父に話しました。
父は「そうだなぁ・・入院するかぁ~・・・」と答えました
入院して主治医は同じですが・・いつも来てくれるのは研修医です!
「痛い」「苦しい」「辛い」・・この3つをとにかく・・
とにかく避けて進めて!・・と言いました。
研修医は優しく、真面目ですよね!一生懸命だし・・。
そして・・「そろそろモルヒネ打ちませんか?・・その分色々あると思いますがどうでしょう?」・・と。
「有難う!・・そうだよね!痛そうだモンね・・お願いするよ!」と告げました。
研修医は「こちらの点滴がモルヒネです!(モ)と書いておきますね!わかるように!」・・と。
すこしずつ、言葉の「ろれつ」が回らない感じ、色々な事がわからない様子が見えてきましたが・・それと同時に・・。
「お父さん!!痛い?」と聞くと「ううん!痛くないよ・・!」と
良かった・・と思いました。
更に命が短くなる事は覚悟していましたし・・でも「痛く、辛く、苦しくない!!!!!!」
これです!!重要なのは・・。
5日後に亡くなりました・・眠るように気分良さそうに!
良い亡くなり方だったと思いました・・悲しさは逆に半減しました。
ですから・・医師に、とにかくお願いしてみてはいかがでしょうか?
長々と・・しかも体験談だけのくだらないお答えかもしれませんが書かせて頂きました!!
お願いして・・早く辛さを取ってあげて下さい!!
そうすれば・・自分達の辛さも同時に取れます!!
くれぐれもお大事になさってください!!

質問拝見しました!!
質問者様の身内の方が、その患者さん・・という事で良いのですよね?
それとも・・別の患者さんを、質問者様が見ていらして感じたこと?では無いですよね?
(ちょっと判らなかったので・・すいません!)

私の父は・・ガンで亡くなりました。
一番ビックリしたのは・・1ヶ月に1回外来で行く状況(慢性膵炎で)のある時・・。

突然として
「胃ガンです!余命1年です」と言われて帰ってきたのです。
その様な言葉は・・冗談でも出る内容とは違ったので、本当にビックリし、又...続きを読む


人気Q&Aランキング