仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

フルート、ピッコロで低音~中音を吹くとき、響きやすい日と響きにくい日の差が激しくて困っています。
僕は手の温度と体温が関係してるのかなぁと思ってます。理由はお風呂上りに吹くととても響いて振動する感じがするからです。逆に、冬に外で演奏したりする時は振動しない感じがします。
でも、僕のフルートの先生はいつでもいい音を出してますし、
インターネットで体温と楽器の関係について書かれているのを見たことがないので
自分の考えが正しいかわからないです。



そこで質問なんですが、どんな要因で響きやすい日・響きにくい日と差が出るのでしょうか。
また、響きやすくするためにどんなことをしていますか?
できたら科学的?根拠がほしいです。(←あまりこだわらなくていいです。もし知ってたら

A 回答 (2件)

>僕は手の温度と体温が関係してるのかなぁと思ってます。



まず,手の温度の影響はほとんどないでしょう.逆に,手の温度が影響するとした場合,どのような物理的なメカニズムで音に影響すると考えますか?

考えるべき事とすれば,

口から出た息が頭部管の歌口にうまくあたっているか?
吹いているときに,口腔やノドの状態が最適か?
腹筋を使っているか?

などことでしょうか.もしかしたら,これらの脈略上で,風呂上がりと,冬の外では,唇のしなやかさに差があるかもしれません.さらに,風呂上がりで気分的にリラックスしていると,吹き方や,耳への聞こえ方にも何らかの影響があるかも.

>冬に外で演奏したりする時

外と室内では,吹いた音の響き方が全く異なり,自分の音の聞こえ方も異なりますので,比較にならないのでは?

>また、響きやすくするためにどんなことをしていますか?

レッスン前や本番前に必ず風呂には入れるとは限らないので,平素よりいい音で吹けるよう,何らかの練習が必要ですね.まあ,さしあたり,先生にご相談下さい.
    • good
    • 0

体が温まる事で余分な緊張が抜け、息がスムーズに出やすくなっているのかと。



屋外は、もともと音が反射してきませんから、聞こえ方は屋内と全く違いますね。
風呂場でよく響くのと同じ事。

差が激しいのは、まだ奏法が安定していないからでは?
何年やってます?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング