ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

素朴な疑問です。
友人が先日、大腸憩室炎の手術でS字結腸から下降結腸にかけて30センチくらい切除をうけたとのこと。そのあとは端同士を引っ張ってきて、縫合するだけなのでしょうか。切り取られた長さはかなりのものだと思うのです。そうするとつっぱったりして具合わるそうじゃないですか? そこからなくなった30センチの部分はどのように埋まるものなのですか? 本人は医者から説明を聞いていないのでわからない、実は自分も疑問に思っているとのことです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 私は医師ではありませんので一般論で。


 人間の体って結構いい加減なところがあって、30cm くらい腸を切られたとしても縫合してくっついてしまえば、無くなった部分の機能をその他の部分が補うようになります。数メートルある腸ですから30cmくらいなら許容範囲とも言えるのです。
 補完機能が十分に働かないうちは確かに食べ物の消化が悪かったりしますが、そのうち何ともなくなるのが通常のようです。癒着や腸閉塞を起こさない限りは、人間の身体は適当にバランスを取っていきます。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

とりあえず、ひっぱってつなげておけば、そのうち伸びるとかしてなんとかおさまる・・・って感じなんでしょうか・・・
う~ん・・いまいちスッキリしないですねぇ。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/27 13:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大腸憩室炎は頻繁になりますか?

 先月、夫が激しい腹痛と発熱で病院へ行った所、
大腸憩室炎と診断されました。
抗生剤の飲み薬で収まったのですが、
今月また憩室炎をおこしました。

 大腸にできたくぼみは一度できると元には戻らないと聞きました。
予防は食物繊維を取る、運動をする、らしいです。
運動量は少ないと思いますが、食生活は乱れていません。

 大腸憩室炎は頻繁に繰り返すものなのでしょうか?
 ストレスも影響するのでしょうか?

 もちろん病院で聞くものだとわかっていますが、
聞き漏らしてしまったので、
体験など教えていただけたらと思います。

Aベストアンサー

 大腸憩室炎経験者です。
まず、憩室は手術でとらない限りなくなりません。
私の場合は、一度目は入院して食事を抜いて、薬で収まるのを待つ方法をとりましたが、2~3カ月後に再発したので手術しました。
しかし、腸の別の部分にもまだ、憩室があるのですが、それはいまの所何の症状もありません。(憩室自体はかなりの人が持っていて、それが発症するかしないかだそうです)。
 ちなみに私の場合は、2回ともストレスに起因していると思います。
(自己判断です。タイミングがピッタリの為)
再発防止としては便通をよくする事が必要です。(便秘厳禁)

Q大腸憩室炎の手術後のケアについて

大腸憩室症で炎症を起こし、大腸を切ってつなげる手術をした父のことです。

半年に一回は検査にくるようにと、言われていたのですが、担当の医師が移動してしまったからと、もう三年以上も経つのに全く病院に行っていません。

家族全員心配しているのですが、何も症状がないから大丈夫と言ってきいてくれないので、病院に行く気になるような、ほおっておくと、こんな大変なことになるんだよ、というのがあったら教えてください。

Aベストアンサー

 大腸の憩室は多くの人が持っています。これが炎症を起こすかどうかは運としか言いようがありません。

大腸憩室炎の手術後の検査の意義については、
 1)定期検査したからといって憩室炎が起こるのを予防できない
 2)手術後に起こる不具合(癒着による腸閉塞など)は検診を行ったからといって予防できない

ということで、現在調子がよいのであれば大腸憩室炎に関しては定期検査は必要ないと私は考えます。

しかし....
 あなたのお父様ということですので、中年ー高齢かと思います。それくらいの年齢なら1年から1年半に1回は検診を受けるべきです。一般的な健康診断とともに胃癌・大腸癌などの癌検診)
 
 癌はかなり進行するまでは症状が出ません。早期に発見するには検診しかありませんので、その点を説明して病院にいってもらいましょう。
 日本人の死因の1番は癌ですから。

Q大腸憩室炎の療法は腸切除しかない?

大腸憩室炎の治療法について質問です。

私は30代のサラリーマンでここ数年大腸憩室炎に悩んでいます。
普段は特に問題はありませんが、
炎症が起こると1週間単位で会社を休まなくてはならず迷惑をかけています。
特に最近右腹部の憩室炎を繰り返しており、
先日も半年に2回の炎症を起こしました。
2回目の時に医師に「そろそろ手術をされてもいいんじゃないか」と手術を勧められましたが、
それなりにリスクもあることと、
1ヶ月ほどの休みをもらわねばならず固辞しています。

そこで、大腸の切除以外に憩室炎の治療法はあるのでしょうか?
例えば出血を止める際に用いるクリップで憩室を塞ぐとか、
ポリープのように憩室だけを切り取るなどの手法はありますか?
もしあるのであれば、手術の前に最後の悪あがきをしてみたいのです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(Q)大腸の切除以外に憩室炎の治療法はあるのでしょうか?
(A)外科的治療法のことでしたら、大腸切除以外に方法はありません。
万一、穿孔した場合には、緊急手術となります。
なので、医師が手術を勧めるならが、検討してください。

腹腔鏡で手術をしてくれる施設もあるので、
手術をするならば、検討してください。

Q大腸憩室炎

私の妻は今年の4月中旬、右下腹部に強い痛みを覚え、数日間我慢しておりましたが、痛みが腰のほうにも及んだりして近くの総合病院を受診しました。
内科、婦人科等での諸検査を受けましたがこれといった異常は発見されず、最終的には大腸憩室炎ではないかとの診断と、腹膜に炎症も生じていたようで、当日即入院となりました。
入院中は点滴で抗生剤の投与を受けました。入院途中便に血が混じり、黒い排便がありましたが、入院後半は無くなったようです。回復期に入り、バリウムでのレントゲン検査では、大腸上向部に何箇所も憩室ができている状態でした。
ちょうど2週間の入院の後、退院しました。退院後、数日してまた腹部に少し痛みが生じたようで、抗生剤を処方してもらい、1週間ほど服薬して回復しました。
回復後、病院で大腸内視鏡検査を受けましたが、異常なかったようです。
ところで、最近また右下腹部に痛みが生じております。4月の時ほど激しくは無いのですが、心配しております。入院時に主治医の先生は、今度再発したら大腸上向部を手術で切除するしかないと言っておりました。
そこで、以下の点につきお尋ねしたいと思います。
1.憩室への炎症の原因としてはどのようなことが考えられるのでしょうか。
  ストレスといったこともかんけいあるのでしょうか。
2.憩室炎の再発時の対処法としては、大腸を切除するしか方法は無いのでしょうか。前回と同様、抗生剤の投与で治療するという方法は好ましくないのでしょうか。
3.もし、大腸上向部を切除するとした場合、それによる体への影響はどんなことが予想されるのでしょうか。
4.大腸を切除する方法を取るか、それ以外の方法によるかを判断する場合、それぞれの方法の、メリットおよびデメリットを教えていただけないでしょうか。
以上、よろしくお願いします。

私の妻は今年の4月中旬、右下腹部に強い痛みを覚え、数日間我慢しておりましたが、痛みが腰のほうにも及んだりして近くの総合病院を受診しました。
内科、婦人科等での諸検査を受けましたがこれといった異常は発見されず、最終的には大腸憩室炎ではないかとの診断と、腹膜に炎症も生じていたようで、当日即入院となりました。
入院中は点滴で抗生剤の投与を受けました。入院途中便に血が混じり、黒い排便がありましたが、入院後半は無くなったようです。回復期に入り、バリウムでのレントゲン検査では、大腸上...続きを読む

Aベストアンサー

amakazariさんへ、
私も上行結腸に15ヶ所憩室があります。発見は15年前の30才で、大腸のバリウム検査で見つかりました。炎症の原因は盲腸炎と同じで、何をしたとか何を食べたは関係ないようです。本当は良くないけれど、ビールもタバコも止めれないで今に至っています。月1ペースくらいで腹痛、下痢、発熱がありますが、死ぬかなと思ったことは一度もありません。
患部が約15cmなので、切除となると入院2ヶ月の自宅療養が1ヶ月と3ヶ月も仕事を休まないといけないし、大腸の切除って医者の立場で言えば、100%安全とは言い切れなくて身体にメスを入れる場合は最悪の覚悟も求められるのだそうです。
転勤もあり、色々と通院して大腸内視鏡も体験していますが、どの先生も同じ事を言います。
だから、抗生物質でも収まらなくて、腹膜炎を併発とかの緊急以外は大腸切除は勧められないと言われました。
だから、本当に切除しないと命に拘わるギリギリまでは、内科的治療を選ぶ、これは私の考えです。
何か、麻酔で寝ている知らない間に、とんでもない事になんて嫌ですから。
個人的意見なので、あくまで参考に留めて下さい。
それから、他の何人かの医者の意見も聞いて下さい。
有給ギリギリまで休みますけど、私は15年間転勤も含め会社員を続けていますし、普通に生きていますよ。

amakazariさんへ、
私も上行結腸に15ヶ所憩室があります。発見は15年前の30才で、大腸のバリウム検査で見つかりました。炎症の原因は盲腸炎と同じで、何をしたとか何を食べたは関係ないようです。本当は良くないけれど、ビールもタバコも止めれないで今に至っています。月1ペースくらいで腹痛、下痢、発熱がありますが、死ぬかなと思ったことは一度もありません。
患部が約15cmなので、切除となると入院2ヶ月の自宅療養が1ヶ月と3ヶ月も仕事を休まないといけないし、大腸の切除って医者の立場で言...続きを読む

Q大腸憩室炎

この病気に詳しい方がいらっしゃったら是非教えてください。

(1)大腸憩室炎は、どうやって発見されるのですか? 
 エコーとかでしょうか?それとも下剤とかを飲んで直腸診断とかしないとわかない物でしょうか?

(2)大腸憩室炎で入院される方の多くは長期(1~2週間)の方が多いみたいですが、抗生物質などで痛みが治まれば、日帰りでも大丈夫なのですか?

Aベストアンサー

大腸憩室炎にかかられたのでしょうか。まずはお見舞い申し上げます。

大腸憩室症と大腸憩室炎について補足させていただきます。

大腸憩室症というのは、大腸の外側に突出するような小さな袋ができることで、それ自体は治療の対象にはならず、下部大腸内視鏡(大腸カメラ)で通常の人にも時々見られます。欧米型の食事、便秘などが原因といわれています。
憩室があるかどうか診断できるのは、注腸透視(バリウム検査)、下部大腸内視鏡(大腸カメラ)で、また見つかる確率は低くなります腹部CTでも判ることがあります。

大腸憩室炎というのは、その小さい袋に便がたまったりして細菌(大腸菌など)による炎症を起こした状態をいいます。炎症を起こした憩室周囲の痛みが特徴で、場所によっては虫垂炎(いわゆる肓腸)と区別が難しいこともあります。
治療は抗生剤で細菌をたたくことになりますが、炎症の程度によって、点滴にするか、内服にするかかわってきます。痛みが強かったり炎症の程度がひどかったりすれば、絶食の上抗生剤を点滴で投与する必要があり、入院で1~2週間かかると思われます。外来で見る場合は、内服や一日一回点滴にきてもらう形で、消化の良い食事をしてもらうことが必要かと思います。
診断は、腹部CTで憩室周辺の炎症が見られればほぼ確定できますが、症状と血液検査で大腸憩室炎と仮診断して治療を始めることもあります。
大腸憩室炎の場合、注腸透視(バリウム検査)、下部大腸内視鏡(大腸カメラ)は、さらに炎症がひどくなったり、更には炎症を起こしている憩室に穴が開いてしまったりする危険があるので、炎症がおさまってから検査することが多いと思います。

ご参考になれば幸いです。

大腸憩室炎にかかられたのでしょうか。まずはお見舞い申し上げます。

大腸憩室症と大腸憩室炎について補足させていただきます。

大腸憩室症というのは、大腸の外側に突出するような小さな袋ができることで、それ自体は治療の対象にはならず、下部大腸内視鏡(大腸カメラ)で通常の人にも時々見られます。欧米型の食事、便秘などが原因といわれています。
憩室があるかどうか診断できるのは、注腸透視(バリウム検査)、下部大腸内視鏡(大腸カメラ)で、また見つかる確率は低くなります腹部CTでも判ることが...続きを読む

Q大腸憩室炎の専門の病院てありますか?

大腸憩室炎の専門の病院てありますか?
大阪府在住なんです
手術もふまえて専門の病院を探しています
お願いします

Aベストアンサー

虫垂炎(盲腸)の専門病院はありますか?というくらい難しい質問である様に思います。
きちんと麻酔科医がいて、大腸を主にやっている消化器外科医がいれば、どこでも同じようであると思います。

Q大腸憩室炎内視鏡結果

みなさんこんにちは。大腸憩室炎について教えてください。8月下旬腹痛→CT検査にて大腸憩室炎という診断を受け、4日:絶食=抗生物質、2日:養生にて、退院しました。しかし、最終検査のようなもがなかった為、不安があったので内視鏡の検査をお願いし退院することにしました。そして、昨日内視鏡の検査を受け、内視鏡医師によると外科の診断は正しかったな、上行結腸大腸憩室炎との見解でした。2個ほど憩室があったようですが、炎症を起こしていたと思われる箇所はまだ腫れていると言われ、そこで腫れているのであれば薬などは飲む必要はないかと尋ねると、ほっておけば直るでしょうとのことでした。担当外科医師の見解は2週間後外来にて聞けると思うのですが、入院するほど炎症(CPT?:6.5 退院前:0.9)していて、退院1ヶ月経つ現在も腫れているのに、何もしなくていいのかが不安でたまりません。この病気とはそんなもんなのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
私も大腸憩室炎で入院経験のあるものです。場所もroggyさんと同様、上行結腸で個数はかなりあると言われました。
私の場合5月に2週間入院し、一度退院しましたが、2週間後に再発し、3週間入院しました。
その時の主治医に、この病気に対する薬はなく、炎症をおこした場合は絶食と抗生物質を投与して炎症が治まるのを待つか、頻繁に炎症がおこるようであれば、手術して炎症部分を取り除く方法もあるが、リスクもあるためあまり勧められないと言われました。
そこで、私は炎症の発生を防止するため、食生活に注意をはらうようにしています。
アルコールが大好きで毎晩飲んでいたんですが、2回目の退院後、ほとんど口にしなくなりました。また、毎朝ヨーグルトを食べ、たえず腹八分目を意識しています。
あまり神経質になる必要はないと思いますが、暴飲暴食に注意しストレスをためないことが、この病気に対する一番の対策かと思います。
お大事に!

Q障害年金もらえますか?同じ人工肛門なのになぜ等級が

私の母は62歳で人工肛門になり 障害手帳は4級になっています

同じような人が2級で障害年金をもらっています

同じ人工肛門なのになぜ等級がちがうのですか?

私の母は父が亡くなっているので厚生年金遺族年金?をいただいていました

障害年金より多いほうをとるのですか?

障害年金はもらえないのですか?

Aベストアンサー

補足質問に関する回答です。
まず最初に、身体障害者手帳から。

身体障害者手帳では、認定を受けようとする障害の種類と別の種類の障害があるときは、それぞれの等級を最初に別々に認定したあとで、足し合わせて、より上位の総合等級にしてもらうことが可能です。
そのため、たとえば「人工肛門(ぼうこう又は直腸機能障害)という種類のほかに、腎機能障害や肝臓機能障害という種類の障害をもっていて、そのために結果的に人工肛門になった」などという場合は、それぞれの種類の等級を足し合わせることができます。

もう1つ。
ただ単に「人工肛門」といっても、人工肛門を付ける理由や、人工肛門を付けた結果も見ています。
どういう病気で人工肛門になったのか、人工肛門を付けたけれどやっぱりちゃんと便や尿が出ないのか。そういう違いも見ています。
その違いによって、一見「同じ人工肛門なのに、等級が違うなぁ」ということが起こります。

次に、障害年金。
年金は、まず3種類あります。老齢、遺族、障害です。
そして、制度が大きくわけて2つある(国民年金[基礎年金]と厚生年金)ので、3種類掛ける2制度で、計6つの年金があることになります。
(1)老齢基礎年金
(2)老齢厚生年金
(3)遺族基礎年金
(4)遺族厚生年金
(5)障害基礎年金
(6)障害厚生年金

1人1年金、という大原則があるので、種類(老齢、遺族、障害)が違うと、特例のときを除いて、別の種類の年金をもらうことはできません。
たとえば、「老齢基礎年金プラス老齢厚生年金」というのは種類が同じなのでOKな組み合わせですけれど、「老齢基礎年金プラス障害基礎年金」はNGなのです。

障害年金が絡む場合は、65歳以降であれば、特例として、原則として以下の組み合わせから、受給額が最も高くなる組み合わせをどれか1つ選べます。
(a)老齢基礎年金プラス老齢厚生年金
(b)障害基礎年金プラス障害厚生年金
(c)障害基礎年金プラス老齢厚生年金
(d)障害基礎年金プラス遺族厚生年金

障害基礎年金を請求することそのものは、できると思います(65歳前までに済ませることが条件)。
但し、障害の重さの認定が身体障害者手帳の認定とくらべるとはるかに厳しいので、率直に言いますけれども、それなりの覚悟や準備をした上で臨まないとダメです。
また、上で説明したように、遺族年金との組み合わせの関係(65歳過ぎ)で、遺族厚生年金なのか遺族基礎年金なのかをしっかりと区別しないとダメですし、亡くなったお父上が公務員だったときは「遺族共済年金」といって「遺族厚生年金」同様のものが出ているので、共済組合(年金事務所ではない!)に問い合わせないとダメです。
そのほか、老齢基礎年金は65歳から受け取れるものなのですが、前倒しして60歳から受け取るような手続きをしてしまうと、障害基礎年金を受け取れなくなってしまう場合があります。
このように、年金にはとても細かい条件がありますし、それをここで説明することはできかねるので、詳しいことは、どうか年金事務所に問い合わせて下さいね。
 

補足質問に関する回答です。
まず最初に、身体障害者手帳から。

身体障害者手帳では、認定を受けようとする障害の種類と別の種類の障害があるときは、それぞれの等級を最初に別々に認定したあとで、足し合わせて、より上位の総合等級にしてもらうことが可能です。
そのため、たとえば「人工肛門(ぼうこう又は直腸機能障害)という種類のほかに、腎機能障害や肝臓機能障害という種類の障害をもっていて、そのために結果的に人工肛門になった」などという場合は、それぞれの種類の等級を足し合わせることができま...続きを読む

Q尿道カテーテル取り外し後の痛み。

入院で尿道カテーテルを4日間実施しておりました。
尿道カテーテルの挿入は医者が丁寧に行って頂き(激痛もありました…)まして問題なかったです。
挿入した4日間は違和感はありましたが何とか耐えれました。

ここからが問題です。4日後に尿道カテーテルを抜きました。
取り外しはベテランぽい看護師さんでした。
カテーテルを抜いて5日間経つのですが未だに内臓が痛い時があります。
どこが痛いか分かりませんが尿を放出する際に感じるので膀胱の様です。
抜くまでとカテーテルを入れる前は何とも無かったのですが…
この内容を担当医に伝えましたら数日で慣れます(直る?)との回答。

正直、言葉で表せない痛みなのですが…膀胱に傷とかがあるのでしょうか?

昨日退院して…担当医から出勤許可も出て、明日から会社へ出勤予定です。
このまま数日続く事があれば他の病院で検査して頂こうかなとも思ってます。
どうすれば良いのか案等お願い致します。結構、急いでおります。

Aベストアンサー

尿道カテーテルはやわらかい素材で出来ていますが、体内に異物を入れていたわけですので、そういったことは良くあります。
小さな傷がつくことはありますが、血尿などがあるわけではないですよね?
質問者さんは男性ですか?
男性だと女性より尿道自体が長い構造ですので、カテーテル抜去後の違和感(痛み、不快感、尿意に敏感になるなど)が出やすいです。

挿入や抜去時の手技に上手い、下手がなくはないですが、よほどでない限りそれとの関係は薄いと思います。
医師だったから上手い、看護師だから下手というのはない。
職種よりは経験年数の方が関係あるかもしれません。
(ベテランの看護師ならその人が悪い事はほぼゼロでしょう)

先生のおっしゃるとおり「そのうち直ります」が正解です。
どんな事にも100パーセントはないので病院に行かれるのは自由ですが、きっと「様子みてください」で終了だと思われます。

Q人工肛門ですが、自然肛門から出始めました。

90才の祖母の件で、相談いたします。10年前に、大腸ガンということで、人工肛門にしました。ところが、2週間前から、自然肛門(10年前迄通常使用していた肛門です)より、便意を感じるようになり、とうとう1週間前から、自然肛門より、小豆大の黄色い汚物が、3ー4個出るようになりました。3ー4回/日です。
また、水も出るようになっています。
手術した病院で、自然肛門を受診してもいましたが、問題ありませんと、本人が聞いてきましたが、非常に不安です。
病院を変えるべきか、何でも結構ですので、アドバイス願います。

Aベストアンサー

人工肛門と言っても、腸管を切断して断端を体外に出す場合だけでなく、腸の壁に穴を開けてそこを持ち上げて人工肛門とすることがよくあります。この場合、腸管自体は腫瘍の切除後に吻合して肛門までの道筋を確保してありますから、人工肛門だけでなく、もとの肛門からも便の排泄が見られます。便の殆どはより手前にある道筋(=人工肛門)から排泄されますから、肛門からの排泄の方が量は少ないですが。
潰瘍性大腸炎という病気で全結腸切除後人工肛門とした場合で、肛門側から指先が少し入るくらいの範囲で完全に塞いでいるのにも拘らず、そこに炎症粘膜が少しだけ残存していたために血便を呈した患者様を経験したことはありますが、今回黄色(=便中の胆汁成分)の固形便が出ているとのことですから、上記のような吻合法をとっている可能性が最も高いのではないでしょうか?
実際に手術を受けた医療機関でご相談なさるのが最も近道ではないかと思います。もし何か新たな病気の発生が疑われるようであれば、経肛門的にでも経人工肛門的にでも、そこから大腸ファイバーを挿入して内部を観察して診断に結びつける方法をとることが可能です。

人工肛門と言っても、腸管を切断して断端を体外に出す場合だけでなく、腸の壁に穴を開けてそこを持ち上げて人工肛門とすることがよくあります。この場合、腸管自体は腫瘍の切除後に吻合して肛門までの道筋を確保してありますから、人工肛門だけでなく、もとの肛門からも便の排泄が見られます。便の殆どはより手前にある道筋(=人工肛門)から排泄されますから、肛門からの排泄の方が量は少ないですが。
潰瘍性大腸炎という病気で全結腸切除後人工肛門とした場合で、肛門側から指先が少し入るくらいの範囲で完全...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報