プラズマテレビ工場に勤務して一日10,5時間の勤務をしているのですが、

年内にセル方式と言う生産方式に変えます。
ラインや機械も撤去するそうですが、
セル方式を取り入れると人員整理が起こったりするのでしょうか、
それとも製品の組み立てや包装作業が機械を外ずすわけですから、仕事が過酷になるのではないでしょうか、

会社が目指すセル方式の目的理由が何なのかがわかりません。
実際、会社の人に聞いてもいまいちよくわからない人が多くて、この場をお借りして質問させていただきます。

どなたかご教授下されば幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

貴殿の勤める工場でライン方式からセル方式にする利点は当方にはわかりません。

(当方にわからないだけです、そうすることに何の利点も無いという意味ではありません)

一般的なメリットを挙げます。
ライン方式では、作業が単調で、作業者の責任感が希薄になる。セル方式では、作業の内容がつかめ、作業者が目的意識をもって作業できるため、作業者の責任感が強くなる。
これがセル工程化を進める最大の利点でしょう。

また、機械自身が取り外されている、というところに、自動車会社で行われていた工場再建のための試みを取り入れたように感じます。
過去には機械を用いて、全自動または半自動で、同一規格品を大量生産する方法でした。
今は、人間の柔軟性を生かして、いろいろな規格の車種がラインを流れて、多くの規格の製品を少量ずつ生産する方式です。昔は、車種毎に工場を建て替えるなどという無駄遣いでしたのに。

その方法に切り替えることによって、日本の労働力を使い続ける事が可能になっています。
言い換えれば、賃金を海外並に引き下げるか、賃金以上の利益を求められている。前者はどうあっても不可能なので、工場閉鎖を防ぐために多種少量生産に切り替えたという感じです。

今の日本国内の大工場は、少々の人員整理ではおっつかないほど、海外の安い労働力との競争になっています。
セル方式への転換は、おそらく工場閉鎖を防ぐ、起死回生の大決断だと思われます。
工場閉鎖のみならず、経営再建への大決断かも知れません。

人員整理はあるかも知れません。
人には向き/不向きがありますので、セル方式に変わり喜ぶ人、セル方式についていけない人いると思います。
作業内容が過酷になる人もいるかも知れません。楽になる人がいるかも知れません。

でも、多分当たっていますが。セル方式に転向できなければ、工場は閉鎖されます。

この回答への補足

個人的にはこう思っております。
まずライン上に製品が流れようが流れまいが、
ラインや機械は動いたままで、
通電された状態で消費電力もかなり大きいのではないか、
一ヶ月単位だと相当量の電力消費量になる、
そして機械がいったんトラブルを起こしたりすると
不良品ばかりをこしらえてしまい、
それを直すのは何を隠そう人間しかいない。
不良品が出ればそれを直すのも人間だし、
破損したダンボールなどは業者へリサイクルに出さなくてはならない、
上記のような時間と金と人と物の無駄遣いが発生する。

現に数週間前には2時間近く製品が流れて来ず、
従業員はぼんやりとただ立っているだけした。

セル方式だと機械と無縁なので作業場所の移動、拡張も自由度が高い、
プラズマテレビは薄型なので倒さないための二本の棒が付いたパレットと言うものでテレビを固定していますが、
そのパレットがかなり重たくて、(30キログラム)
それを積み降ろすのはすべて手作業なのです。
その積み下ろし作業だけでもかなり時間を食ってしまったり、
製品が流れている状態で積み下ろし作業を行うと、人員が足りなくなって来る。
パレットの積み下ろしなどは何の生産性も無い作業なので、
いっそラインを撤去してしまえばその無駄なパレット積み下ろし作業もなくなる。
さらにラインを撤去する事で広々とした作業場が確保できるのではないか。
ライン上だと組み立てラインなどが顕著ですが、
AさんからBさん、BさんからCさんへと組み立てが進んで行くのですが、
ラインの速度に影響され時間が無駄になる、
或いは担当する工程が各々決まっているので、自分はこれだけでやればいいというエゴが生まれて来る、

セル方式だとラインが無い分、機械に拘束されないわけだから、
ワゴンに乗った製品を次の人に手渡しし、器用な人がおれば作業量を増やすこともできる、
創意工夫できればもっと効率のいい作業が可能になるのではないか、

等等、利点はセル方式のほうが多いような気がします。が如何なものでしょうか。

貴重なご意見、またお聞かせ下さい。

補足日時:2004/01/07 22:47
    • good
    • 2

セル生産の目的は、製造担当者ひとりひとりのレベルアップにあります。



ただラインを動かすだけでは、「絶対に」中国にかなわないのです。なんてったってコストが1/10。すでに日本の製造業は太刀打ちできない状態ですよね。

日本の製造業は、中国の大量生産に対抗して、他品種少量生産を生き残り策としてあげています。そのために、セル生産方式を導入し、個人のレベルアップによって生まれる商品のレベルアップをしたいんですね。

実際現場の人の仕事が増えるのかどうかは良く分かりませんが、私の会社では、これまでわかりにくかった製造担当の能力が明確になり、新しい評価制度のもとで賃金格差が生まれてきています。

会社全体が能力主義にシフトする中、製造担当も能力主義に変わっていくということのようです。
    • good
    • 1

(全てNHKスペシャルの放送を元に書き込ませてもらいます。

テレビ東京系でも別の事例が流されていました)
それと、ベルトコンベアによる流れ作業ではどうしても、仕掛品が発生してしまいます。それを可能な限り押さえるのも目的の一つと。それによって在庫を抱えるリスク低減にもなるだろうと。
セル生産方式には作業者1人1人の多能工化による技量向上や、目的意識の再確認、責任の明確化、など色々あるのでしょうが、最終的には競争力を持てる工場(雇用)を維持していく上で必要ではないかという事だろうとは思います。

この回答への補足

仕掛け品とありましたが、やり残しと判断してよろしいのでしょうか、
うちの工場では一日400台から700台ものテレビを流しますが、終了時間が来れば、製品はほったらかし、
或いは製品が流れて来ず、
その間も作業員は持ち場を離れることができず、与えられた工程以外は手を出せない。
ラインに自由を奪われているような感じがしてならないのです。

補足日時:2004/01/07 17:35
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q機械設計・機械の仕組みから~本探し☆

年齢20歳の女です。商業高校出身の私なのですが、プレス周辺機器の設計(アシスタント)の仕事に就きました。もうすぐ1年です。
パソコンを使えるという事から、事務職希望だったのですが、上司の誘いもあり、アシスタントになりました。
しかし、私より後に入社した方(工業高校出身)にどんどん先を越されてしまい、自信がなくなってきたのです。
最初は、「私は商業高校出身だから・・アシスタントだから・・」と思っていたのですが、内面悔しくて・・・
図書館に通ってもボルト呼び方さえ知らない私にとって、探す事も苦痛で・・しかし最近は部品の名前くらいなら分かる程度になりました。モーターとかね。種類は分かりませんが・・
まずはどういう部品がどんな働きをしていて、機械全体でどう動いているのか?から、知りたいのですがイイ本はありませんか?
「トコトンやさしい機械の本」よりやさしい本があれば教えてください。

Aベストアンサー

「大河出版」の本が良いとおもいますよ
検索して調べてみてください
実際の機械や部品の写真や絵が多いので解りやすいとおもいます
中身は20年以上前から変わっていないので最新の技術より
少しは遅れているかもしれませんが基本はしっかりしています

値段がちょっと高めかも思いますので図書館等で見たほうが
いいかもしれません
機械に興味を持つ若い人を応援したくなります
がんばって下さい

Q鉄を切る機械で一瞬で腕を持っていかれる可能性のある機械は?

できれば鉄工所などで働いている方にお聞きしたいのですが、鉄を切るシャーリングは、一瞬で腕を持っていかれてしまう可能性ってありますか?高速の場合、そういうこともありえますか?

●シャーリング
●旋盤・フライト
●カッター
●プラズマ

などの中で、どれが一瞬で引きこまれ、なくなってしまう
危険がありますか?

またこの中で機械で鉄を切る作業って
作業の中でも初心者レベルの作業はどれでしょうか?
それともテクニックがいるベテランさんじゃないと扱えない高度な作業はどれでしょうか?

ぜひ詳しい方、おしえてください。

Aベストアンサー

 シャーリングで腕を持っていかれるということは、余程でないと無いと思いますが、指は一瞬で持っていかれる可能性があります。

 旋盤、フライスでは、余程大型の機械で無い限り、巻き込まれたとしてもスグに停止させる事が出来れば、大抵の場合骨折で済みます。私の勤務先で、過去に数名巻き込まれましたが、いずれも骨折でした。ヒドイ人は、皮膚移植までした人が居ましたが・・・。その人は3ヶ月程入院して、全治1年位掛かりました。
 
 高速カッターやメタルソーでは、指を飛ばすことは有っても、腕までは持っていかれないと思います。
 
 プラズマ切断は、腕とか指飛ばす心配は無いと思いますが、火傷の危険がありますね。

 一番危険と思うのは大型の旋盤や、マシニングセンタ等の大型工作機械です。当然巻き込まれるとヘタしたら即死ですし、旋盤の場合、下降中にチャックの爪が吹っ飛んで頭にでも当たったら、即死です。少し前に、勤務先の大型旋盤で、加工中にチャックの爪のボルトが折れ、重さ15キロほどの爪が吹っ飛び、工場の屋根を突き抜けました。こういった事故は、直接の作業者だけでなく、周囲の人も危険にさらされますので、非常に重大な事故だといえます。
 
 初心者レベルでも出来る作業は、シャーリングや高速カッター等だと思います。旋盤やフライス等の工作機械は、スグに使うのは無理ですね。動かすだけならどうにかなりますが、製品をマトモに作るのは無理だと思います。

 シャーリングで腕を持っていかれるということは、余程でないと無いと思いますが、指は一瞬で持っていかれる可能性があります。

 旋盤、フライスでは、余程大型の機械で無い限り、巻き込まれたとしてもスグに停止させる事が出来れば、大抵の場合骨折で済みます。私の勤務先で、過去に数名巻き込まれましたが、いずれも骨折でした。ヒドイ人は、皮膚移植までした人が居ましたが・・・。その人は3ヶ月程入院して、全治1年位掛かりました。
 
 高速カッターやメタルソーでは、指を飛ばすことは有っても、...続きを読む

Q機械、重機の下に敷く鉄板はどこで売ってるのでしょうか。機械油が床に染み

機械、重機の下に敷く鉄板はどこで売ってるのでしょうか。機械油が床に染みないようにしたいです。

Aベストアンサー

鉄板には定尺というものがあって(基本サイズが決まっている)この寸法ですと
切り板加工を伴います。
お近くの鉄工所か大きな建材屋に行って注文すれば手に入ると思いますよ。
(厚みにもよりますが、914X1828ミリなら加工なし、それより上が1219X2438ミリ)

余談ですが、今回機会の下に敷くということですが、油には足元が大変よく滑りますのでご注意ください。
また、冬季に水などをこぼして凍ると融けかけたある時間帯ではこれも大変です。
本来は、モルタルでやり直すのが良いのですが・・・・。

Q本社勤務 工場勤務について

東京某所にあるいわゆる大企業では4月より働き始めることになりました。
職種上、普通は何処かの工場で勤務するのが普通ですが私の場合なぜか「本社勤務も50%持ってもらうから…」という理由で本社勤務で工場勤務は必要に応じて出張するということになりました。

同期(のもう一人以外に)と比べて皆工場配属となるのにこの違いは純粋に何でしょうか?
本社勤務となれば華やかでエリートコースが開けているようなイメージが先行してしまいがちですがこのような場合のリスクはどのようなものがあるでしょうか?
漠然とした質問で申し訳ありません。

Aベストアンサー

>普通は何処かの工場で勤務するのが普通ですが私の場合なぜか「本社勤務も50%持ってもらうから…」という理由で本社勤務で工場勤務は必要に応じて出張するということになりました。

あなたがそれだけ見込まれたからでしょう。管理(本社の仕事)と工場での仕事を早く覚えてもらうためだと思います。

リスクはあなたがその期待に答えられるかどうかだけです。

だから本社勤務とは決して華やかなものでは無いはずです(周りがそう見るだけ)。

頑張りましょう。

Q指定機械と主要機械の違いついて

国土交通省の施工計画書の項目に「指定機械」と「主要機械」の項目がありますが、どのような機械を指定機械、主要機械というのでしょうか。
ネットで調べると仕様書の中で種類が明確に指定されているものとありますが、同じ性能の機械でも現場によっては指定される場合とそうでない場合があるのでしょうか。仕様書に低騒音、排ガス規制対策車を使用するとだけ記載されている場合でも「指定機械」となるのでしょうか。
どなたか詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

指定機械とは、使用する機械類の内で仕様書で条件の付けられているものを言います。
今回の例では正に「低騒音及び排ガス規制対策車を使用する」がそれに該当します。

余談ですが似たような話で、機械の能力はいろいろありますので、例えば大きさを指定されておれば
それに従うとか、より使い勝手の良い1ランク上の機械を使ってやると積算の基準や周りの環境条件に
合わなくなります。 工数は節約でき施工のし易さは上がるのですが機械単価が上がる。
どちらが有利か施行者側と役所の監督との折衝になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報