最新閲覧日:

世間的には良いように言われていませんが、まだその実態がよくわかりません。
学会の規模、活動内容、世論なんでもいいので教えて下さい。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (18件中11~18件)

kd22さん、創価学会に入るならよく考えましょう。

肯定的な意見と否定的な意見を中立的立場からよく見て、考えてからにしてください。
 みなさん肯定的意見なので、僕の持っている否定的な意見を書きます。まず、ぼくは、創価学会会員と聞くと、その人を信用できません。以前知り合った人(大学2年間一緒に授業受けて一緒のグループだった人)がずっと嘘をついていたんです。自分の年齢や楽しそうに話してくれた父親の職業など・・ (ちなみにこの情報は同じグループの人が教えてくれて本人はまだ僕に嘘をついている状態です)
それ以来、創価学会というものには、過敏に反応してしまいます。愚痴ばっかですいません
 まあ学会員すべてがそうとは限りませんが、そういう人もいるというお話でした。

この回答への補足

否定的なご意見ありがとうございます。
わたしはこの他にも『創価学会による被害者の会:自由の砦』も軽く見てきました。
初めに断るのを忘れていたのですが、わたしは学会に入会するつもりはありません。根が無神論者でもありますし。
この質問はあくまでも、学会員の子供の友人の周りに対するびくつきよう(知られる事への恐怖)から知りたくなったためです。

前口上が長くなってすいません。
ここには比較的肯定的な意見ばかりだったので、kannti2000さんのような意見もありがたいです。
様々な人たちの賛否両論を聞いて判断したかったので。

わたしの友人はとてもいい人なので(知られる事で皆が離れていくんではないかと怖がっているぐらいの)、kannti2000の経験を聞くと残念で仕方がありません。
・・・・・・ううん。何が言いたいのかわからなくなってきました。ただ、これからも参考になるような事がありましたら、どんどんお教え下さい。

補足日時:2001/05/15 08:23
    • good
    • 0

hirobo30さんへの質問でしょうが・・・・


(横レスのようになってしまって申し訳ありません)

>世間的に色々な噂があるようですが、
>それはあくまでも噂なのでしょうか?
 ほとんどの類が「噂」です。
 噂には尾ひれも背びれもつきますし、偏った話題として語られる事もしばしば見受けられます。
  
>入会は家族単位だということですが、親の意思で入会し
>た息子・娘の退会は可能なのでしょうか?
 退会は可能です。
 ただ家族単位での入会というのは正確ではありません。御本尊を授けられるのは所帯単位ですが、入退会は個人単位です。
 当然、信仰という側面から「退会せずに信仰に励んでいただきたい」との趣旨で励ますことはあります。それが「なかなか退会できない」という誤解にはなるようです。

この回答への補足

追加で質問よろしいでしょうか?

確かに噂には尾ひれ背びれがつくでしょが、実際にわたしの友人が、
親が学会員であることから入会している(させられている?)のですが、退会はできないと言っていましたが、
それは親が退会をさせないという事でとっていいのでしょうか?
また、その友人は創価学会員である事がわたしに知られた時にはひどく恐怖したそうです。

わたしは社会の色々な事に関してまだまだうといのですが、そういう学会員である友人の反応から見ても、
あまりいいイメージが湧いてこないのですが。

※わたしの大切な友人のために補足しますが、わたしは友人が学会員だからといって避けるような人間ではありません。

補足日時:2001/05/15 08:05
    • good
    • 0

詳細は 下記でhirobo30さんが述べられましたので。


創価学会の活動は多岐にわたっていますので、簡単には説明できないと思います。
以前宝島社より、別冊宝島225「となりの創価学会」という本が出版されましたが、かなり中立的に書かれていると思いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすそうな参考文献を教えて下さりありがとうございます。
やはり、世間の噂などを除いて中立的なものを呼んでみたいと思っていましたので、非常に助かります。

お礼日時:2001/05/14 14:29

私は創価学会員ですが、大まかなことだけでも、お答えしたいと思います。



創価学会は純粋な仏教団体で、釈迦から日蓮大聖人へと流れている仏教の精神を正しく受け継ぎ、実践している唯一の仏教団体と自負しています。

仏教では、もともと、生老病死という、誰も避けられない4つの苦しみをどうやって克服するのか、というのが釈迦以来の一大テーマでした。そういった苦しみをものともせず、苦しみをもプラスに変えながら、力強く生きていける存在が「仏」といわれるのですが、この「仏」というのは特定の人だけを指すわけではなく、もともとすべての人、生命に備わっていると考えています。かといって、意識的にそのような「仏」の生命を出そうとして出るものではなく、継続的な実践の中に現れてくる。そのための実践が、「勤行」というお経を唱えることと、「折伏」といわれる他の人にも実践を勧めることです。

簡単にいえば、すべての生命は絶対的に尊い存在であって、無限の可能性、生命力を秘めているので、それを引き出せれば、どんな願いも達成できるし、どんな絶望的な苦難も必ず乗り越えていける、それを「人間革命」と表現していると思います。しかも、これは一個人にとどまることではなく、全世界に広げていくことで、平和で幸福な社会にしていける、と真剣に考え、実践しています。

現在、創価学会は世界165カ国にまで広がっています。また、現在の中心者である、池田SGI会長は、この思想により、世界五大陸の100を越える大学より名誉教授等の学位を授与され、ガンジー、マーチン・ルーサー・キングJrといった著名な人権団体、ユダヤ人の人権団体、最近ではアメリカのソロー協会等々、世界有数の知識人団体から絶賛され、池田会長の思想を求めています。

世間では、政治的な絡みがあるからだと思うのですが、こういうことはまず報道されません。マスコミ人は、こういった事実は知っていますが、報道はしません。おそらく、100以上の名誉博士をもっている人は、世界にもいないと思います。本当でしたら、日本の誇りとされるべきなのに・・・。かえって、そういった称号は金で買っているという新聞記事や週刊誌の報道があるぐらいです。名誉博士を金で買える大学があったら、こっちが聞きたいぐらいです。つくづく日本の社会はどこかがおかしいと実感してしまいます。

長くなりましたが、これで、創価学会を正しく認識していただけるきっかけとなりましたら、たいへんうれしいです。

この回答への補足

学会員の方からの回答ありがとうございます。
他の方達からの回答も非常に参考になりましたが、hirobo30のような人からの回答を一番待ち望んでいました。

色々と聞きたいことがあります。
世間的に色々な噂があるようですが、それはあくまでも噂なのでしょうか?
また、前の回答で入会は家族単位だということですが、親の意思で入会した息子・娘の退会は可能なのでしょうか?
わたしの友人は不可能だと言っていました。特にこの補足への回答をお願いしたいです。

補足日時:2001/05/14 14:24
    • good
    • 0

実際には異なるようですが、わたしは「日蓮正宗の信徒団体」と理解しています。


下の回答にもありますが、他の宗派のように仏像はおまつりしません。
「南無妙法蓮華経」というお題目、正確には「お経」をご本尊としています。
法華経を唱えることにより、現世での自己実現への道が拓けるとの教えです。

学会の内部事情は詳しく知りませんが、現在は日蓮正宗側が学会側を破門にし、以来対立が続いています。
名誉会長のありかたに宗門側が抗議した結果ともいわれます。

入会は家族単位で行われるため、会員数は世帯数として公表されます。
以前はたしか「公称800万世帯」といっていました。1世帯4人家族として、ざっと3200万人。
政治に利用したくなる数字かも知れません。
学会員の葬儀などは各地区の支部が行ってくれます…というか、勝手に取り仕切ります。家族・親族が手を出せないなど、このへんの評判はよくありません。
日常生活も学会との関わり方が重要になってくるなど、様々な問題は指摘されています。

学会のURLは下記のとおりです。

参考URL:http://www.sokagakkai.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hesomuraさんが答えて下さったその問題点など知りたかったんです。
参考URLにも行ってみました。色々とありがとうございます。

お礼日時:2001/05/14 14:24

 創価学会は最初、創価教育学会といって小学校の先生が日蓮正宗こそが正しい教えだとしてはじめた団体です。

戦前は国家神道に反対する勢力として弾圧され、戦後、比較的貧しい人々を精神的に励まして貧しさやすさんだ生活から脱け出される運動として急速に広まりました。また、戦前の弾圧の際、年配の人達が多く裏切ったことから、戦後、若い人達が幹部に登用され、昭和30年代には若い人達の間に支持者が多く現れました。戦後の拡大期には、強引な勧誘が問題になりましたが、言論妨害事件(藤原弘達明治大学教授が創価学会を批判する本を出版しようとしたのを、田中角栄に働きかけて妨害しようとした事件)以後は、あまり問題になるようなことはしていないと思います。確か、アエラ編集部が編集した「創価学会解剖」という本が朝日文庫から出ていたと思いますので、それを参考にしてください。もう少し、専門的な本では堀幸雄という人が1970年代に出した「公明党論」という本が南窓社から復刊されています。なお、現在では創価学会と日蓮正宗の関係は断絶し、厳しく対立しているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考文献まで教えて下さってありがとうございます。
今度見つけたら読んでみます。

お礼日時:2001/05/14 14:21

うちの死んだ祖父母、別れた旦那が学会員でした。


なので、参考になりましたら・・・。

我が家には「御本尊」と言われるものがあります。
どんなのって、ちっちゃい掛け軸みたいなものなんですけど。
それを祭壇にかけてあります。
何をするかと言うと、本当は朝晩勤行しないといけないのですが。
私はお題目あげてるだけです。「南無妙法蓮華経」です。

規模はかなり大きいんじゃないかなぁ。
三重県に学会用の墓地があるんです。
皆、生前に買ってるみたいですが、とてつもない広さでしたので。
ちなみに、葬儀は「友人葬」と言う形でして下さるみたいです。
お坊さんじゃなくて、学会のお偉いさんが来てお経読んでました。

この回答への補足

という事は、やはり一種宗教めいた物なのでしょうか?

あと、少し突っ込んだ話になってしまって申し訳ありませんが、
旦那さんが学会員だったということで、結婚に際しての周囲の反対等はありませんでしたか?
それと、minamoさんもそのまま入ることになるということはあるんですか?
プライベートな質問かもしれないので、お気に触りましたら謝ります。
よければお答えお願いします。

補足日時:2001/05/14 14:18
    • good
    • 0

創価学会についてはほとんど知らないのですが、


我が家の隣りが創価学会なので…。

月に1回程度、日曜日にたくさん人が集まります。
中で何をしているのかは分かりませんが、
周りの道路の掃除などの奉仕活動もしています。
(なぜかうちのマンションの敷地内も掃除してくれる。)

それから、ときどきブラスバンドの音が聞こえてきます。
これも活動の一環なのかも。

また、ときどき創価学会のお偉いさんが来て、
講演会をしているようです。
選挙前になると、講演会ばかりです。
人数としてはおそらく数百人…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日常的な活動を教えて頂きありがとうございます。
なんだかそう聞くと自治会のボランティアみたいですね。

お礼日時:2001/05/14 14:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報