人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

解離度がαで解離反応がA(2)⇔2Aとなるとき
圧平行定数は

Kp=4α^2/(1-α^2)P

となっているのですがどうもこの導き方がわかりません。
ご教示お願いします

A 回答 (1件)

圧平衡定数の定義より


Kp=(Aの分圧)^2/(A(2)の分圧)
と書ける。

分圧の法則から、A(2)の分圧は全圧PにA(2)のモル分率を掛けたもの、Aの分圧は全圧PにAのモル分率を掛けたもの、にそれぞれ等しい。

A(2)のモル分率とAのモル分率は、A(2)とAのモル比が1-α:2αになることから、それぞれ(1-α)/(1+α)と2α/(1+α)になる。

順に代入していくと、与式を導くことができます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング