お酒好きのおしりトラブル対策とは

パスポートの有効期限が足りないなどでアメリカに入国拒否をくらった場合、
強制送還される飛行機の座席指定はできるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

アメリカは、基本的には、帰国時まで有効なもの。


(出来れば、入国時90日以上が望ましい。)と認識しておりますが、変更になったのでしょうか?

残存期間の一覧表を見れば、各国により様々で、3ヶ月や6ヶ月など条件が有りますが、
アメリカはそう言う意味では一番残存期間に対して日本からの出国にゆるい国だと思っていました。

既に日本を出発するときに、パスポートの有効期間が切れているものでなければ
基本的には出国でき、アメリカが入国拒否はしないと思うのですが。
極端に、2泊4日や3泊5日の最終日に有効期限が切れる場合など以外、入国拒否しますか?

私は、残存期間2週間で出発(入国)し、5泊7日で帰国したのが残存期間ギリギリの経験です。
新規発給をしておいた方がトラブル回避と思いましたが、ESTAを無料で取得した頃だったので
判っていても、出発しました。

「パスポートの有効期限が足りないなどでアメリカに入国拒否をくらった場合、」
この最初の一行だけで、はて?と、思いましたが・・・

強制送還の質問の趣旨からずれますが。
    • good
    • 0

強制送還であれば、ヒコー機会社のカウンターにも行かず、別室でヒコー機出発直前まで待機。

手錠をはめられてヒコー機の搭乗口まで連れていかれ、ヒコー機のドアが閉まる直前に手錠を外されヒコー機内にはいり、CAより指定された席に座ります。
パス・ポートの有効期限が足りない場合は、単純な入国拒否扱いで別室待機ですが、手錠をかけられることはなしの搭乗となりますが、ヒコー場内の一人歩きも、買い物もさせてくれません。

アメリカは出国検査がないので、国際便も国内便も同じなので、いかに確実にヒコー機に詰め込むかという作業となります。乗ってきたヒコー機会社が満席の場合は、空席があるまで待機で、他社便使用はありません。

パス・ポートの有効期間は10年でも、実質は9年半と理解されることです。その頃に海外であれば、在外日本大使館・領事部で新規のパス・ポートが即日で発行されるところが多いです。
    • good
    • 0

できます。


当然の権利です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング