表題の通りですが、教えて下さい。

A 回答 (3件)

お笑いのジャンルの一つで、日本人になじみがある言葉でいうと、ドタバタとかハチャメチャなお話だと思います。

    • good
    • 0

こんにちは。



どたばた喜劇の事です。
どちらかと言うと演劇用語で、誇張した大げさな演技や、騒がしく目まぐるしく展開していく舞台内容の喜劇を指してそう言います。

因みにスラップスティックです。
    • good
    • 0

slapstick


(道化師などの)たたき棒; どたばた喜劇(の).
かな
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自分だけのルールを教えてください。 日々の生活の中で、気をつけていることを教えてください。私は、人

自分だけのルールを教えてください。

日々の生活の中で、気をつけていることを教えてください。私は、人の悪口を言わないことです。

Aベストアンサー

腹がたつ事、嫌な事などを、ポジティブに考え直す。
できる限り前向きに。
その方が、何事もうまくいく。

Q【中秋の名月】今日は中秋の名月だそうです。 月が出てくるお勧めの短歌、俳句、詩を教えてください。

【中秋の名月】今日は中秋の名月だそうです。

月が出てくるお勧めの短歌、俳句、詩を教えてください。

Aベストアンサー

百人一首の中でも私の好きな歌は月が出てくる歌ですね

「秋風に たなびく雲の絶え間より もれいづる月の影のさやけさ」

「ほととぎす 鳴きつる方を みやるれば ただありあけの 月ぞ残れる」

どちらもものすごーく素直に情景を詠んでいて
聞くだけでその様子が浮かぶ
そして月の光がすがすがしい。後味の良い作品なので。

良い機会なので今からお風呂で月の俳句でも考えて来ます
ありがとうございました

Q単語の意味が分からないのですが、知っている方教えてください。

宮沢賢治の「北守将軍と三人兄弟の医者」の文章ですけど。その文章の一部分です。
ある日のちょうど日の出ごろ、ラユーの町の人たちは、はるかな北の野原の方で、鳥か何かがたくさん群れて、声をそろえて鳴くような、おかしな音を、ときどき聴いた。はじめは誰も気にかけず、店を掃いたりしていたが、朝めしすこしすぎたころ、だんだんそれが近づいて、みんな立派なチヤルメラや、ラッパの音だとわかってくると、町じゅうにはかにざわざわした。その間にはぱたぱたいう、太鼓の類の音もする。もう商人も職人も、仕事がすこしも手につかない。門を守った兵隊たちは、まず門をみなしっかりとざし、町をめぐった壁の上には、見張りの者をならべて置いて、それからお宮へ知らせを出した。
質問1:「おみや」という単語の意味なんです。
  辞書を調べたんですが「神社」とかかれている。ここでの意味は神社の意味ではなくて皇居の意味でしょう。知っている方教えてください。
 

Aベストアンサー

宮には「高貴な人が住む場所」という意味もあります。

たしかこの後の場面で,王様の迎えとして大臣が出てくる
場面もあるので,宮殿とかお城程度の意味で読めばいいのでは。

Qトーマス・マン、ドストエフスキーが好きです。お勧めの本を教えてください。

こんにちは。初めて利用させていただきます。

トーマス・マンの魔の山、ドストエフスキーの白痴・カラマゾフの兄弟などが特に好きです。
他は童話やギリシア神話の本、J.S.バッハの周辺の時代の音楽・生活に関係する本などを好んで読んでいました。

次どのような本を読もうかと悩んでいます。
上記の趣味から適当におすすめできるものを教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私も若い頃、ドストエフスキー等の作品に感激したことを覚えています。いろいろ小説類を読んでいるうちに、モンテーニュの『随想録(エセー)』に辿り着き、ノンフィクションの古典の世界のもの凄さを知りました。モンテーニュのおかげでプルタルコスの『英雄伝』』やトゥキディデスの『戦史』、あるいは、40代以前には是非読んでおかなくては成らないヘロドトスの『歴史』等々を知るようになりました。これらギリシャ・ローマの古典的歴史書は、西洋では一人前の人間になるための必読の書と言われております。そう言う意味で、モンテーニュはギリシャ・ローマの古典の大変良い入門編として大変優れております。また、私は物理学を生業として来ましたが、モンテーニュは、あらゆる学問に必要な健全な懐疑的な物の見方を徹底的に教えてくれる点でも優れた本です。実は、彼の懐疑論はデカルトの出現を準備したことで、哲学界でもこの本は大変に重要な本なのです。

人生の経験だけでなく、私が研究生活で繰り返し経験して来たことは、自然界も人間界も人間が自分の頭で前もってそのシナリオを想像できるほど単純には出来てはいないと言うことを知ったことでした。人生では、前もって想像もできなかった偶然の出来事や遭遇が、そして研究生活でも、前もって予測した方向よりも、その試行錯誤の過程で出て来た副産物の方が、私の人生や研究成果を決定的に変えてしまうと言うことを知ったのです。小説類のフィクションは、所詮人間の頭が想像出来ることが書かれておりますが、ノンフィクションの古典では、人間の想像能力を越えた経験が書かれておりますので、どんなに優れた小説家の書いた物でも及ばない高みに登っているというのが、私の独断と偏見による感想です。『眠れぬ夜のために』で良く知られているヒルティの書いた『幸福論』の中の「読書について」の中でも、原則として小説や新聞は読むなと言っております。新聞を読むと自分が人間として生まれて来たことが嫌になるからだそうです。私も、20代の中程からヒルティの言うことを実行して見ましたが、その結果、40代頃から、今度は小説を深刻なものとしてではなく、頭の疲れた時の単なる娯楽として読めるようになりました。また、そのような経験をしているうちに40才頃から、自然に明治以前の日本の古典にも目覚めるようになりました。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5374604.html

も見て下さい。小説の名著を何冊か読んでいるうちに、ノンフィクションの古典も試して見て下さい。参考になれば幸いです。

私も若い頃、ドストエフスキー等の作品に感激したことを覚えています。いろいろ小説類を読んでいるうちに、モンテーニュの『随想録(エセー)』に辿り着き、ノンフィクションの古典の世界のもの凄さを知りました。モンテーニュのおかげでプルタルコスの『英雄伝』』やトゥキディデスの『戦史』、あるいは、40代以前には是非読んでおかなくては成らないヘロドトスの『歴史』等々を知るようになりました。これらギリシャ・ローマの古典的歴史書は、西洋では一人前の人間になるための必読の書と言われております。...続きを読む

Q句読点の、と,の違いを教えてください。全て「、」ではいけないのですか?

句読点の、と,の違いを教えてください。全て「、」ではいけないのですか?

Aベストアンサー

通常の日本語では、句点は「。」、読点は「、」です。
しかし、横書き公文書に関しては、作成要領が通知され、役所においてはそれが守られています。
http://www.bunka.go.jp/kokugo/main.asp?fl=show&id=1000005568&clc=1000000068&cmc=1000005514&cli=1000005536&cmi=1000005557
すなわち、横書き公文書では

> 句読点は,横書きでは「,」および「。」を用いる。

です。あくまでこれは公文書の書き方なのですが、横書き教科書や、一部企業の社内文書などでも、使用されることがあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報