【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

今課題で出されている論文を読んでいるのですが、「ローゼンバーグ自尊感情測定尺度」とは一体どんなものなんでしょう?
いろいろ調べてみたのですが、これを使っている論文などは見つかっても、実際どんなものかは分からなくて・・・
よろしくおねがいします。

A 回答 (1件)

こんにちは.手持ちの資料にありました.




01.私はすべての点で自分に満足している.
02.私はときどき,自分がてんでだめだと思う.
03.私は,自分にはいくつか見所があると思っている.
04.私はたいていの人がやれる程度には物事ができる.
05.私にはあまり得意に思うことがない.
06.私は時々確かに自分が役立たずだと感じる.
07.私は少なくとも自分が他人と同じレベルに立つだけの価値ある人だと思う.
08.もう少し自分を尊敬できたならばと思う.
09.どんなときでも例外なく,自分を失敗者だと思いがちだ.
10.私は自身に対して前向きの態度をとっている.
※評定は四段階で行う


遠藤・井上・蘭(編) 1992 『セルフ・エスティームの心理学 自己価値の探求』 ナカニシヤ出版
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qローゼンバーグ自尊感情測定尺度とは?

ローゼンバーグ自尊感情測定尺度ってどのようなものなんでしょう?
課題で出された論文を読んでいて、いろいろ調べてみたのですが、これを使ってる論文は見つかっても、実際何なのかは分かりません・・・。
どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

元論文はこちらです。

Rosenberg, M. 1965 Society and the adolescent self-image. Prinston Univ. Press.

日本では、山本・松井・山成(1982)によって訳されたものがよく使われています。

山本真理子・松井 豊・山成由紀子 1982 認知された自己の諸側面の構造 教育心理学研究,30,64-68.

尺度の項目に関しては、著作権があるためここでは提示できませんので、山本らの論文をあたってみてください。
また、「堀洋道(監) 心理測定尺度集(1)-人間の内面を探る<自己・個人内過程>-」にも項目は載っています。

尺度の内容に関しては、自分が、自分の能力や価値についてどのように感じているかを測定する尺度です。「自尊感情」で検索すれば、ある程度ヒットすると思います。

Q心理テストについて

ストレスを測る心理尺度にはどんなものがありますか?
また、似ているのですが「気分」を測定する事はできるのでしょうか?あるとしたらどんな心理測定尺度があるのか具体的なテスト名をおしえてください。

Aベストアンサー

ストレスに関する尺度は、非常に数多くあります。

 最近のもの(過去約10年のもの ※ 表記は、Bombeさんが、心理学系の学生さん?なのか分かりませんので、あえて心理学研究等で使用される表記方法ではない形でご紹介いたします。そのほうが分かりやすいと思います。)

● 「職場ストレススケール改訂版(JSS-R)」
 小杉正太郎・田中健吾・大塚泰正・種市康太郎・高田未里・河西真知子・佐藤澄子・島津明人・島津美由紀・白井志之夫・鈴木綾子・山手裕子・米原奈緒  2004年 「職場ストレススケール改訂版作成の試み((1)):ストレッサー尺度・ストレス反応尺度・コーピング尺度の改訂」 産業ストレス研究 11(3), 175-185.

●「大学生用対人ストレスコーピング尺度」
 加藤司 2000年 「大学生用対人ストレスコーピング尺度の作成」教育心理学研究 48(2),225-234. 

● 「ストレス反応尺度」
鈴木伸一 1998「新しい心理的ストレス反応尺度の開発と信頼性・妥当性の検討」 行動医学研究 4,
22-29.

● 「対人ストレスイベント尺度」
橋本剛 1997年 「大学生における対人ストレスイベント分類の試み」 13(1), 64-75

● 「ストレス反応」
田中佑子 1995年 「単身赴任による家族分離が勤労者の心理的ストレスに及ぼす影響」心理学研究 65(6), 428-436.

● 「心理的ストレス」
 長根光男 1991年 「学校生活における児童の心理的ストレスの分析」 教育心理学研究 39(2),182-185.

 などでしょうか? その他、臨床の現場で使用するようなものは参考URLの本などが参考になるでしょう。
また、心理アセスメントという側面からでは、「心理アセスメントハンドブック」という本があります。こちらは、私も講義などで使用いたします。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4890132945/250-1689055-0851407

安めの本ですと
 「臨床心理アセスメントハンドブック」などが良いでしょうか?
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/476282402X/ref=pd_ecc_rvi_f/250-1689055-0851407



 次に、気分を測定するということですが、気分を分類した研究は過去にあります。
● 「気分語の分類」
河合さくら 1993年 「気分の評価を通してみたサイコドラマのウオーミングアップと役割演技の効果」  64(1),59-66.

気分というわけではなく、感情に関する尺度でしたら下記のものがあります。(その他、数多)

● 「多面的感情状態尺度」
寺崎正治・岸本陽一・古賀愛人 1992年 「多面的感情状態尺度の作成」心理学研究 62(6),350-356.

● 「自己愛傾向測定尺度」
小塩真司 1997年 「自己愛傾向に関する基礎研究」 名古屋大学教育学部紀要<教育心理学科> 44, 155-163.

● 「恋愛感情尺度」
戸田弘二・松井豊 1985年 「大学生の愛着構造と異性交際」 心理学研究 56(5),288-291.

●自尊感情(Rosenberg 尺度の日本語版)
星野命 年 1970年 「感情の心理と教育(2)」 児童心理 24,1445-1477. 
 この尺度は、児童心理という雑誌に掲載されていますが、大学生や一般向けの尺度です。

参考URL:http://www.jitsumu.co.jp/books_navi/etc/stress_scale_guide/

ストレスに関する尺度は、非常に数多くあります。

 最近のもの(過去約10年のもの ※ 表記は、Bombeさんが、心理学系の学生さん?なのか分かりませんので、あえて心理学研究等で使用される表記方法ではない形でご紹介いたします。そのほうが分かりやすいと思います。)

● 「職場ストレススケール改訂版(JSS-R)」
 小杉正太郎・田中健吾・大塚泰正・種市康太郎・高田未里・河西真知子・佐藤澄子・島津明人・島津美由紀・白井志之夫・鈴木綾子・山手裕子・米原奈緒  2004年 「職場ストレススケー...続きを読む


人気Q&Aランキング