ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

月は常に同じ面を向けており、私たちは月の表側しか見ていないということを耳にした事があります。
これは本当なのでしょうか? どうしてそうなるのでしょうか?
アメリカで見る月面と、日本からみる月面は同じ面なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 


>月は常に同じ面を向けており、私たちは月の表側しか見ていないということを耳にした事があります。

ほぼその通りです。月の表面には、クレータや「陸」とか「海」と呼ばれている領域があり、その結果、表面には「模様」が地球から肉眼でも見え、日本では、「ウサギが餅をついている」ような絵柄として見ていますが、このウサギの位置が、例えば、15日で、段々、見かけ上の月の表面で移動して、裏側に回り、地球からは見えなくなり、また回って来て、見えるようになる、というような現象はありません。

何時見ても、月の表面の模様は、「ほぼ同じ」に見えるので、月は、地球の周りを公転しながら、その「公転運動に同期して自転し」、その結果、同じ「半球表面」が地球からは見えます。

もう少し厳密には、地球も太陽の周りを公転しているので、月の運動は、単なる地球の周りを回る公転運動だけではないのですが、地球を「静止系」と考えると、月の公転周期と自転周期は同期しており、同じ速度で回転しています。

何故、このような「公転運動と自転運動の同期」が生じたかは、月のなかの地球側に鉄とかがあって、それが引っ張られているのではないはずです(そんな説は聞いたことがありませんが、最近そういう事実が判明したのかも知れません。ただ、それが「同期」の原因だというのは違います)。

月の公転と自転の同期は、月が地球に引力を及ぼす結果、地球の海では、太古の昔から、「潮汐」運動がありましたが、潮汐運動は、海水が移動する運動なので、この移動の「運動エネルギー」がどこかから供給されねばなりません。

地球の海での潮汐運動の「反作用」として(または、相互の引力作用の結果として)、月に対し、その自転速度を遅くさせる一種の「摩擦力」が作用しました。この力の作用の結果、月の公転運動と自転運動は徐々に同期へと向かって行き、最終的に、現在では同期が成立して、月は同じ表面を地球に対し見せるような状態に安定したのです。

月の自転運動が、一種の地球引力の「摩擦力」で減速したのと同じ理由で、(作用反作用の法則で)、地球の自転速度も実は、長い年月のあいだに減速し、遅くなっています。現在から3億5千万年前には、地球の自転速度はもっと速く、一年は、400日ほどありました。

月の自転と公転が同期した後も、潮汐運動は続いている訳で、この運動のエネルギーは、その一部が、反作用として月の公転運動に与えられ、月は、一年に3cmほどの速度で、地球から遠ざかって行っています。従って、昔は、月は、地球にもっと近い軌道で公転していました。

月の地球に対する「公転面」に対し、月の自転軸は、6度40分ほど傾いています。また、月の公転軌道は円ではなく、楕円軌道であり、もっとも近い位置で35.6万Km、もっとも遠い位置で40.7万Km、地球から離れた位置にあります。従って、月の見かけの大きさは、近地球点と遠地球点では異なります。

自転軸の6度40分の傾斜角度の存在と、公転軌道が楕円であることより、月の公転と自転の同期は、月の重心とその自転軸について成立しているもので、月の表面は、回転の揺れ動きの結果、半分(50%)よりも余分に見え、およそ月の全表面の59%が地球から見えます。(月の裏側が、地球から9%は見えているということになります)。

>アメリカで見る月面と、日本からみる月面は同じ面なのでしょうか?

これは、大体同じであって、実は、厳密に言えば違います。月の平均公転軌道半径は、地球の赤道半径の約60倍しかありません。

日本とアメリカでは、地球の赤道半径よりも大きな距離があいだにあります。月の直径は小さいとしても、日本から月を見るのと、アメリカから見るのでは、かなり大きな「視差」が出てきます。その結果、望遠鏡などで細かく観察すると明瞭に分かりますが、月の表面の端の方で、見えない部分と見える部分の違いが、日米での観測で出てきます。

例え話をすると、机の上に地球儀を置いて、少し離れた場所から、あなたと友人が並んで、地球儀を見るとします。すると、あなたと友人の位置がずれているため、地球儀の表面で見える範囲が、あなたと友人では違ったものになります。

月の観測では、日本とアメリカで、こんなに極端には違いませんが、同じ原理で、「視差」があるので、ごく僅かに、違って見えるのです。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に分かりやすく丁寧な解説、ありがとうございました。大変参考になりました。

お礼日時:2004/01/14 22:47

月が地球の方にほぼ同一面を向けている原因は,


#1さまおっしゃるように,冷えて固まるとき,が原因ではなく,
#7さまおっしゃるように,月や地球が有限の大きさ
(点ではなく広がりがある)を持っている場合の重力の
働き方が原因であると考えられています.

同じような「同期衛星」は太陽系内にも沢山あります.
結局のところ,惑星と衛星とは重力による運動量交換を経て,
いつかは「同期衛星」になってしまいます.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2004/01/14 22:48

月の裏側を撮影した写真を見ると、地球から見る月に比べて、クレーターが多いです。


地球から見える側は、常に地球があるので、隕石が地球の方にも引っ張られていくため、裏側に比べて落ちにくいです。
月が常に同じ方向を地球に向けている証拠の1つです。

参考URL:http://www.planet-b.isas.ac.jp/MIC/0925_j.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。知りませんでした。ありがとうございました

お礼日時:2004/01/14 22:42

補足になりますが、地球から見て月はわずかに振れながら回転しているので詳細に観測すると月の表面の58%までは見られるようです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2004/01/14 22:40

#2さんの通りです。


中心にあなたがいて、その周りを友達がぐるぐる回っている状態を想像して下さい。
友達があなたの周りを一周するのが「公転」。
友達は一周する間に、一回転しているのでこれが「自転」です。
全く周期が一致しているため、真ん中のあなたはいつも友達の同じ面しか見ることはできません。

参考URL:http://www.google.co.jp/search?q=cache:gbPW5XK8h …
    • good
    • 0

#1の方の仰る通りかと思います。


余談ですが、鉄などの金属が地球側に寄って来ているので例の「うさぎの餅つき」が模様として見えるのだそうです。裏側には模様はありません。

もし月をボールとしてボーリングしたら、重心がずれているため綺麗なフックボールになり見事なストライクが投げられることでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2004/01/14 22:40

こんにちは。


こんな説明もあります。

月の自転周期と公転周期は同じなので、私達はいつも月の同じ側を見ることになります

http://www.planetary.or.jp/StarChild/moon_2.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。それなら、常に同じ側を向ける事になりますね。アメリカ人が見る月面と日本人がみる月面は、同じ側ということですよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/01/08 19:31

同じ面を向けています。


最初に地球ができてから月ができたので、月が固まるときに、月の鉄分が地球の引力に引っ張られて、地球側にかたよったまま、固まってしまったから、今でも鉄分が多いほうの面(表側)を地球に向けて地球の周りをまわっていると授業で聞きましたよ。
参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。知りませんでした。ありがとうございました。

お礼日時:2004/01/08 19:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地球からだと月はいつも同じ面しか見えないのですか?

これは,月が地球の周りを公転する周期と月の時点の周期が一致しているからだと思うのですが,両者に少しでも差があれば,超長期で見れば,いずれ現在の裏側を地球に向ける日も来ると思うのですが,どうなのでしょうか.それとも両者は厳密に一致しているのでしょうか.

Aベストアンサー

 月がいつも同じ面を地球に向けているのは、偶然ではないです。

 月の自転・公転運動だけでなく、摩擦のある運動では、常に力学的エネルギーを失っていきますので(それは熱に変わる)、力学的エネルギーが最小になる状態に落ち着いて行きます。

 以下、月の自転は地球から見てのことだとします。たとえば、今の月は自転していないという表現をします。

 月ができた当初、月は地球から見ると自転が観測できる状態、つまり同じ面を地球に向けてはいませんでした。

 しかし、月は地球の重力を受けて、地球の周りを公転しています。地球に近いほど重力が強いので、地球に近い側が遠い側より地球に引かれて歪みます。月が自転しているため、その歪む位置を次々と変えていたわけです。

 これは、月内部の摩擦となり、自転が持つ力学的エネルギーは熱となって失われて行き、月の自転は遅くなっていきました。

 その月の自転が力学的エネルギーを失いようがなくなるのは、自転が静止する、つまり月がいつも同じ面を地球に向けている状態のときです。

 さらに逆転の自転をするとしたら、月に力学的エネルギーを与えなければなりません。そういう力を月に及ぼすものは何もないため、自転が静止して、そのままになるわけです。

 これが、月が同じ面を地球に向けているのが偶然ではなく、必然である理由です。

P.S.

 地球も影響を受けていて、特に海水は月の重力による満潮と干潮を繰り返しています。これも、力学的エネルギーが失われるわけです。

 地球の自転は、月ができた頃はもっと速かったのですが、海の満潮・干潮により、自転の力学的エネルギーが熱に変わってしまい、だんだん遅くなってきました。遠い将来は、地球の1日はもっと長くなります。

 しかし、それも地球の自転と月の公転が一致する、つまり月がいつも空の同じ位置に見えるようになると、それ以上は地球の自転は遅くなりません。

 これも力学的エネルギーが最小になって安定ということです。

 月がいつも同じ面を地球に向けているのは、偶然ではないです。

 月の自転・公転運動だけでなく、摩擦のある運動では、常に力学的エネルギーを失っていきますので(それは熱に変わる)、力学的エネルギーが最小になる状態に落ち着いて行きます。

 以下、月の自転は地球から見てのことだとします。たとえば、今の月は自転していないという表現をします。

 月ができた当初、月は地球から見ると自転が観測できる状態、つまり同じ面を地球に向けてはいませんでした。

 しかし、月は地球の重力を受けて、地球...続きを読む

Q地球の自転、公転の速度

地球の自転、公転の速度を教えてください。
それと光の速さについても教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

 光速を算出するのは少し物理学的な手法が必要ですが、自転公転の速度は(概算でよければ)小学生でも計算できます。

【自転】
 地球一周を赤道上で計るとおよそ4万kmくらいなので、これを24時間で割り算して
 4万(km)÷24(時間)=1666(km/h)
 ちょっと実感がわかない数字なので秒速に直してみると、およそ500m/sくらい(?

【公転】
 これを求めるためには地球が描く軌道の距離が必要です。地球は楕円を描いて太陽を回っていますが、ほぼ円に近いとして。公転距離=2πr×天文単位。
 天文単位は地球では1で、1天文単位=149576960kmと求められているので、公転距離はおよそ939819740kmです。これを365日で割って・・・260万km/day。
 全く実感がわかない数字になったので時速と秒速に直しておきます。時速=10万km/h 秒速=30km/s

 参考URLが時速だけは計算してくれています。今PCの電卓を起動してカタカタやってたんですけど、思ったより無茶苦茶に早いですね。

【光速】
 Maxwell(1831~1879)という物理学者が、理論的に光の速度を導き出したことは有名な史実です。光は、携帯電話やラジオに使われる電磁波(電波)の仲間で、これら電磁波は波長が違っても速度は全て同じ、およそ秒速30万km/sです。電話してても僕らの声が相手に遅れずに届くのも電磁波の速さのお陰?
 上に地球一周の長さ(4万km)を出しましたが、これによると光は1秒で地球を7周半する計算になります。公転自転もべらぼーに早かったですが、さすがに光にはかないません。

 全く話が横道にそれるようですが、かのアインシュタインの相対性理論は「光より速いものは存在しない」ことを前提にした理論であること、また現代の多くの物理学者もアインシュタイン同様「光より速いものは存在しない」と考えていることを付け加えておきます。

 何年生かは存じ上げませんが、そんな些細な疑問がすぐに直結するほど科学(理科)が身近に存在することを知ってもらえたら嬉しく思います。

参考URL:http://www.expocenter.or.jp/shiori/ugoki/ugoki3/ugoki3.html

 光速を算出するのは少し物理学的な手法が必要ですが、自転公転の速度は(概算でよければ)小学生でも計算できます。

【自転】
 地球一周を赤道上で計るとおよそ4万kmくらいなので、これを24時間で割り算して
 4万(km)÷24(時間)=1666(km/h)
 ちょっと実感がわかない数字なので秒速に直してみると、およそ500m/sくらい(?

【公転】
 これを求めるためには地球が描く軌道の距離が必要です。地球は楕円を描いて太陽を回っていますが、ほぼ円に近いとして。公転距離=2πr×天文単位。
 天文...続きを読む

Q何故月は、いつも同じ面を地球に向けている?

月は、いつも同じ面を地球に向けている。それは理科で習いました。
しかし、?と思う事が有ります。
月は自転して、地球も自転している。
なのに何で、月はいつも同じ面を向けているのでしょう?

『自転している』という事は、面の向きは変わるっていう事ですよね。
それだけでも、地球に対して『同じ面を向く』のは難しいと思いますし、更に地球も自転しているのですから、月が地球に対して、いつも同じ面を向けているのは‥‥不可能のような気がするのですが‥‥。

昔からの、凄い疑問です。

Aベストアンサー

以下のURLに答えが出ていると思います。

http://www7.ocn.ne.jp/~sydntm/zakki/moon.htm


人気Q&Aランキング