【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

・環境変異と突然変異
環境変異は遺伝しないが、突然変異は遺伝するというのはどういうことなのでしょうか?

環境変異は突然変異とは異なるものなのですか?


・性染色体と常染色体のしくみ

1、同じ固体のすべての体細胞の核は同数の染色体を持ち、性染色体と常染色体の数も
同数なので性染色体と常染色体の比は、どの器官を構成する細胞でも
同じである。

2、生殖細胞と体細胞で染色体数は違ってくる。

1も2も何のことをいってるのか???ではあるんですが・・・

1の「どの器官を構成する細胞でも同じである。」の部分にひっかかります。
ヒトの染色体数は46本ですよね。そのうちの2本が性染色体ですが、

この性染色体は器官と関係があるのでしょうか?生殖器官のみに
かかわりがあるというのならうなずけそうなのですが。

あるいは、すべての器官は性染色体も含まれているということなのでしょうか?

2の「生殖細胞と体細胞で染色体数は違う」は
1の「どの器官を構成する細胞でも同じである。」とつじつまが
合わないような気がしてなりません。
どういうしくみなのか知りたいです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

2点めの質問についてアドバイス:



Demio_in_Kansaiが矛盾があるように感じるというのは、
「生殖器官(を作る細胞)=生殖細胞」と思っているんだと思いますが、
それは違います。

図解:

すべての細胞
├体細胞(「(22種類の常染色体)×2+2本の性染色体」を持つ)
│├皮膚を形づくる細胞
│├筋肉を形づくる細胞
│├生殖器官を形づくる細胞
│└その他いろいろ
└生殖細胞(「(22種類の常染色体)×1+1本の性染色体」を持つ)
 ├精子
 └卵子
    • good
    • 0
この回答へのお礼

簡潔なご回答をありがとうございます。

こうして図にしていただけると、頭の中でとても整理しやすいです。

これであやふやだった部分が、スッキリできました。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/01/09 17:32

はじめまして。

学生さんかな?

まず。体細胞は2本1組の常染色体22組(44本)と2本1組の性染色体1組(2本)によって構成されています。
だから、ヒト体細胞は2組46本(2n=46)なのです。

染色体には番号があります。1~22までは常染色体。23番目の染色体、それが性染色体です。 また、性染色体は女性と男性で異なります。
女性はXX(エックス・エックス)→X染色体を2本。
男性はXY(エックス・ワイ)→X染色体1本とY染色体1本。
これらの常染色体と性染色体はどの細胞にもあります。
また、なぜ女性と男性で性染色体が違うかというと、簡単に言えば、この性染色体が性別を決めているからです。
女性が卵子を作るとき、女性の持っている常染色体22本と、X・Xの染色体のどちらかが卵子に残ります。
男性が精子をつくるとき、1つの精子には常染色体22本と、X・Yのどちらかの遺伝子が残ります。
で、受精したときに(母親からもらった常染色体22本+父親からもらった常染色体22本。さらに、母親からもらった性染色体【X染色体】+父親からもらった性染色体【XorY染色体】=)2組46本になります。
ここで、父親からもらった性染色体がX染色体ならば女の子に。Y染色体なら男の子に、なります。
つまり、どの体細胞にも性染色体はあります。最初に言ったように体細胞とは《44本の常染色体と2本の性染色体》で構成されているのですから。

解りにくくてごめんなさい。

で、突然変異と環境変異ですが。
突然変異とは・・・遺伝子そのものや染色体の構造が、何らかの原因によって変化してしまい、その事によって発現した変異の事。
例えば、アルビノ(白色体)。よくペットショップで見かける真っ白い飼いウサギが代表的。元々は茶色だったウサギの色素の色を決める遺伝子が変異し、色素を作り出さなくなってしまった。よって、飼いウサギの毛の色が白くなったのです。 白いウサギの子は白いウサギ。 遺伝子上の変異だから遺伝するのです。
注意・染色体の構造が変化した場合、染色体は2本1組のため、変化した方の染色体を受け継ぐか、正常の遺伝子を受け継ぐかによって、子供に変異が遺伝するかどうかが異なってきます。 変化した染色体を受け継いだ場合は、子供にも変異が遺伝します。

一方環境変異は・・・遺伝しません。
そもそも環境変異とは、ある環境要因の影響で生じた変異のことを言います。
例にしてみれば、陸上選手を父親に持つ子供がいます。 が、その子供は筋肉モリモリで生まれてきますか? ――答えなNOですね。(そんな子供いたら怖いです。)
陸上選手の父親は努力で筋肉を手に入れました。確かに、筋肉を作りやすい体質(蛋白質を多く作る遺伝子)を受け継いだからかもしれないけれど、実際に筋肉を作ったのは父親自身の努力(環境)です。 だから、子供は筋肉を作りやすい体質(蛋白質をおおく作る遺伝子)を受け継いだかもしれないけれど、筋肉までは受け継いではいません。
↑で見て分かるように、環境要因によって生じた変異は遺伝しません。

もし、父親の遺伝子で筋肉(蛋白質)を作る遺伝子に突然変異が生じて、父親が努力もなしに寝て過ごしたにもかかわらずボディービルダーのような体なのだとしたら・・・筋肉(蛋白質)を作る遺伝子の変異(突然変異)が子供に受け継がれるかもしれませんね。

うぅ~ん、解りにくくてごめんなさいね。
分かってくれたら幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はじめまして。
ご親切なお答えをいただき、ありがとうございます。

>学生さんかな?
正式な学生ではありませんが、OL退職→学生の途中(→の部分)にいる者です。

環境変異の例えは今まであやふやだったところが解消されました。
ご回答はわかりやすかったですし、特に環境変異のところはなるほどな~と思いました。
そういうことだったんですね。

疑問が晴れてスッキリです。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/01/09 17:40

>環境変異は遺伝しないが、突然変異は遺伝するというのはどういうことなのでしょうか?



環境変異が何を指しているのか分かりませんが・・・。
基本的に、生殖細胞(精子、卵子)のDNAに変異が入らない限り遺伝しません。体細胞のDNAに変異が入っても遺伝しません。なぜなら、体細胞のDNAは子孫へは伝わらないからです。一方、精子や卵子のDNAは子孫へと伝わっていきますよね?だから、生殖細胞が突然変異したときにのみ遺伝されます。

環境変異という言葉は聞いたことがないので分かりません。

>この性染色体は器官と関係があるのでしょうか?生殖器官のみに
>かかわりがあるというのならうなずけそうなのですが。
>あるいは、すべての器官は性染色体も含まれているということなのでしょうか?

すべての体細胞は同じだけのDNAを持っています。つまり、44本の常染色体と2本の性染色体を持っています。性染色体が生殖細胞にだけあるというわけではありません。
また、性染色体には、生殖細胞以外の器官、たとえば肝臓で働く遺伝子などものっているはずです。


>2の「生殖細胞と体細胞で染色体数は違う」は
>1の「どの器官を構成する細胞でも同じである。」
> とつじつまが 合わないような気がしてなりません。

体細胞では、常染色体が44本、性染色体が2本。
よって、その比率は44/2=22

生殖細胞では減数分裂により染色体が半分になっています。常染色体は22本。性染色体は1本。
よって、その比率は22/1=22

ということで、すべての細胞で比率は一緒ということではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答をありがとうございます。

>環境変異という言葉は聞いたことがないので分かりません。

私も参考書を見ただけなのですが、環境によって、働く遺伝子が変化する
ことだそうですが、突然変異と何が違うのか、私も一体何のことやらとわかりませんでした。

比率のお話ですが、簡潔でわかりやすかったです。
なるほど、こういうことを問われてたわけですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/01/09 17:30

>環境変異は突然変異とは異なるものなのですか?



異なります。
遺伝子とは要は生物の個体を作るための情報で、これが親から子へ、孫へ、伝えられます。突然変異ではこの情報が変えられてしまいます。ですので、一度変えられた情報はそのまま遺伝する(子へ受け継がれる)ことになります。
また、生物は遺伝子の情報を全て同時に使っているわけでなく、その一部の組み合わせしかつかっていません。環境の変異があると生物は使う情報のセットを少し変えるだけです。おおもとの情報自体は変化しないのです。だから、環境変異は遺伝しません。

>2の「生殖細胞と体細胞で染色体数は違う」は1の「どの器官を構成する細胞でも同じである。」とつじつまが合わないような気がしてなりません。

どの器官を構成する細胞でも同じなのは「性染色体と常染色体の比」ですよ、よく読みましょう。
染色体にはたくさんの遺伝子が存在しています。性染色体には生殖器官に関わる遺伝子のほかに、普通の細胞に関わる遺伝子もたくさん存在します。
・・・というか、これは遺伝ではなくて細胞分裂を知っているかどうかですね。
普通の体細胞を作るための細胞分裂では、もとの細胞と分裂後の細胞では染色体の数は変わりません(人の場合では46本、うち2本は性染色体)。
生殖細胞を作る減数分裂では、もとの細胞と分裂後の細胞(生殖細胞、精子や卵子)の染色体の数は違います。後者では半分になるんです(人の場合は23本、うち1本は性染色体)。
受精では、半分になった生殖細胞同士が融合して、晴れてもとの染色体の数に戻れるのです(人では23+23=46本、うち2本が性染色体)。
だから、常染色体と性染色体の比はどの細胞でも変わらないですよね。もっと詳しく知りたいなら、体細胞分裂と減数分裂の仕組みを教科書で見てくださいな。

長文失礼。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご回答をありがとうございます。
そうですね、生殖細胞を作るときは減数分裂が行われ、染色体数は半減しますね。
性染色体と常染色体の比という言葉がでてきて、何のことを聞いてるのか
こんがらがってしまいましたが、わかるようになりました。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/01/09 17:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q硫酸鉄(II)七水和物について

鉄粉を加熱しながら希硫酸に溶かし、硫酸鉄(II)七水和物を合成したのですが、なぜ硫酸鉄に7個も水分子がくっつくのでしょうか?鉄(II)イオンは配位数が6なので、6個の水分子が配位し、硫酸イオンに1個の水分子が水素結合するので、七水和物となるのはわかるんですが、なぜ水和物とならなけらばならないのかがわかりません。
また、反応式はFe+H2SO4+7H20→FeSO4・7H2Oでいいのでしょうか?
どうかご助言おねがいしますm(_ _)m

Aベストアンサー

結晶水(水和水)は、結晶の隙間をうまく埋めるように、(主に)静電気的に安定なように結晶が出来る際に入り込むものです。
なぜ入り込むかというと、その方がエネルギーが低くなって、安定化するからです。

「なぜ水和物とならなけらばならないのか」の回答は
「その方が安定だから」としか言えません。

現在ではコンピュータを用いた計算で、ある程度どのような結晶構造になるか予測できるようになりつつありますが、それでも簡単には求められません。

Q酸解離定数とpHについての質問です よろしくお願いします

はじめまして☆
大学1年生の者です。
早速ですが、よろしくお願いします。
濃度0.10mol/lの弱酸(HA)は以下の式で解離し、その酸解離定数は1.8×10^-5である 
 HA+H2O←→H3O+ + A-

(1)この弱酸(HA)の酸解離定数を表す式を書きなさい。
(2)この弱酸(HA)のpHを計算しなさい。

一般教養の化学の問題ですが、文型なのでまったく分かりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

OKですよ。
ついでに言えば普通H3O(+)はH2OをとってしまってH(+)で表現します。(細かいことですが)
つまりさっきの電離の式はさらに単純化できて
HA←→H(+)+A(-)
として
電離定数Kは
K=[H(+)][A(-)]/[HA]
と表現してしまいます。

さて、(2)についてですね。
反応前のモル濃度はそれぞれ
[HA]=0.10mol/l
[H(+)]=0.00mol/l
[A(-)]=0.00mol/l
ですね。
ここで電離度をαとすると
0.10αmol/lのHAが電離して
H(+)とA(-)がそれぞれ0.10αmol/lずつできます。
つまり反応後のそれぞれのモル濃度は
[HA]=0.10(1-α)mol/l
[H(+)]=0.10αmol/l
[A(-)]=0.10αmol/l
となります。
この状態で平衡に達しているわけですから、
さっきの電離定数の式にこの値を代入して
1.8×10^-5=(0.10α)^2/0.10(1-α)
となります。
右辺を整理すると
1.8×10^-5=0.10α^2/(1-α)
となります。
この2次方程式を解けば電離度αは求まります。
しかし私は解の公式は嫌いなのでちょっとさぼりをします。
その方法をしゃべります。
電離定数を見れば分かりますがこの酸の電離度はいかにも低そうですね。
例えば100個HAがあってそこから1個ぐらい電離してもほぼ100個ですね。
そこで1-α=1と近似します。
するとさっきの式は
1.8×10^-5=0.10α^2
となります。
これなら解く気がするので両辺に10をかけてその平方根をとると
α=√(1.8×10-4)=0.010√(1.8)
となります。
電離度が分かれば後は楽勝ですね。
[H(+)]=0.10α
という関係があることはさっき求めました。
つまり[H(+)]=0.10×0.010√(1.8)=√(1.8)×10^-3
です。
さてここまではいいですか?
ここでpHの定義を思い出すことにします。
pH=-log[H(+)]でしたね。
ここにさっき求めた[H(+)]を代入してやればpHは求まります。(以下は対数計算のオンパレードです。その辺の数学的な部分は大丈夫ですか?)
pH=-log√(1.8)×10^-3=3-1/2log(18×10^-1)=3-1/2log(2×3^2×10^-1)=3-1/2log2-log3+1/2log10=3-0.1505-0.4771+0.500=2.9
以上です。不明な点があればお願いします。

OKですよ。
ついでに言えば普通H3O(+)はH2OをとってしまってH(+)で表現します。(細かいことですが)
つまりさっきの電離の式はさらに単純化できて
HA←→H(+)+A(-)
として
電離定数Kは
K=[H(+)][A(-)]/[HA]
と表現してしまいます。

さて、(2)についてですね。
反応前のモル濃度はそれぞれ
[HA]=0.10mol/l
[H(+)]=0.00mol/l
[A(-)]=0.00mol/l
ですね。
ここで電離度をαとすると
0.10αmol/lのHAが電離して
H(+)とA(-...続きを読む

Q硫酸鉄(II)七水和物から硫酸鉄(III)水溶液を製造するにあたって

はじめに硫酸鉄(II)七水和物10gに硫酸と硝酸を加えて鉄(II)が存在しなくなるまで加熱するのですが、
この時の反応式は
6(FeSO4・7H2O) + 3H2SO4 + 2HNO3 → 3Fe2(SO4)3 + 46H2O + 2NO↑
ですよね?
計算すると硫酸鉄(II)七水和物が0.036[mol]なので硫酸は0.018[mol]、硝酸は0.012[mol]必要になるのですが、実験では硝酸を過剰に入れました。(0.018[mol])

何故硝酸を過剰に入れる必要があるのか分かる人、教えてくれたら嬉しい限りです(((o_ _)o

Aベストアンサー

確かに、No.1 の回答のように、効率を考え過剰に入れる場合があります。
しかし、この場合は、反応式そのものに注意が必要です。

水和物の水が邪魔ですが。
6(FeSO4・7H2O) + 3H2SO4 + 2HNO3 → 3Fe2(SO4)3 + 46H2O + 2NO↑
6(FeSO4・7H2O) + 3H2SO4 + 6HNO3 → 3Fe2(SO4)3 + 48H2O + 6NO2↑

硝酸は、相手を酸化する場合、一酸化窒素ができて効率よく使えるとは限りません。
二酸化窒素で抜けてしまう時があります。特に、相手が手ごわい場合はそうです。
一部下の反応式になりますから、上の反応より、硝酸は多く必要です。

高校レベルでも 銅が硝酸にとける式などがでてきます。
3Cu + 8HNO3 → 3Cu(NO)3 + 4H2O + 2NO↑
 Cu + 4HNO3 → Cu(NO)3 + 2H2O + 2NO2↑
硝酸が濃い場合、下の反応が多く進み、とけるのが速くなります。

Q蒸留水のPH

通常、純水のPHは空気中の炭酸ガスがとけ込んで
6.8程度ですが、蒸留水のPHは、アルカリになっており、PH8くらいになることがあります。これはなぜなのでしょうか。教えて下さい。炭酸ガスが抜けるからだとおっしゃる方もおられますが、良く理解できません。宜しく御願いいたします。

Aベストアンサー

純水の電気伝導度はかなり低いのです。(比抵抗:2.8×10^5オーム・m)
http://www.planet.kobe-u.ac.jp/~geomag/study/ca2.html
ガラス電極では水素イオン濃度によりpHを測定します。
http://member.nifty.ne.jp/Ryo/chem/electrod.htm
皆さんがおっしゃるように、純水の中のイオン量が少ないときは、(電気伝導度も低い)少量のイオンの影響を受け、あたかも、pHが大きく変化したようにみえます。pH測定器の調節時、酸とアルカリの標準液に入れます。微量のイオンが測定電極についています。まず、この影響が考えられます。
 次に、どんな容器に入れ測定しましたか。ガラスは、内部イオンの少量の溶出が認められます。Na+のイオンなんですが、この溶出によって、内部溶液はpHが大きくなります。硬質ガラスはSiの影響も考えられます。(ガラス電極も硬質ガラスだったはず。zarastro21さんのおっしゃるように)
 測定誤差なんですよ、結局は・・・?

Qミョウバンの合成について

家庭用アルミホイルからカリウムアルミニウムミョウバンを合成する実験で、その過程を化学式と言葉で詳しく説明するよう指示があり調べているのですが、化学式は
(1) 2Al+2NaOH+2H2O→2AlNaO2+3H2↑
(2) 2AlNaO2+H2SO4+2H2O→2Al(OH)3↓+Na2SO4
(3) 2Al(OH)3+3H2SO4→Al2(SO4)3+6H2O
(4) Al2(SO4)3+K2SO4+24H2O→2[KAl(SO4)2・12H2O]
以上を合わせて
2Al+2NaOH+4H2SO4+K2SO4→2[KAl(SO4)2・12H2O]+Na2SO4+3H2
分かりにくいかな…全角数字が係数です。ここまで分かったのですが、これを言葉で説明ってどのようにしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

1.アルミニウム箔を水酸化ナトリウム溶液に溶かすと水素を発生しアルミン酸ナトリウムを与える。
2.アルミン酸ナトリウム溶液に硫酸を加え、pHを調節するとると水酸化アルミニウムが沈殿する。この際加え過ぎるとアルミン酸はアルミニウムイオンになってしまう。
生じた水酸化アルミニウムを濾別し良く洗いナトリウムイオンを除く。
3.水酸化アルミニウムを当量の硫酸に溶解し硫酸アルミニウムイオン溶液を調製する。
4.これにアルミニウムの2倍モル数の硫酸カリウムを加えた後、水から再結晶するとカリウムアルミニウムミョウバンが12水和物として得られる。

注意)
最後のまとめの式で左辺に水が足りません。
さらに詳細には反応をどのpHで止めるかを示さなければなりません。
2.では乾燥して水酸化アルミを取り出せればその方が当量計算が簡単。そうすれば3.で加える硫酸の量、4.で加える硫酸カリウム量も予め計算出来、ミョウバンに硫酸カリが混入することを防げます。

Q化学の実験でガラス管を熱しました

ガラス管をガスバーナーで熱したらガラス管の上の炎は赤くなりました。これはなぜですか??ガラス管の性質に関係するのですか??

Aベストアンサー

赤いのはガラスに含まれるナトリウムによる炎色反応です(だそうです。自分はそう習いました)。
純粋なSiO2からなるガラスは硬く加工が難しいため、軟化点をさげ、実験室でも加工がしやすいようにしたのが軟質ガラスです。軟質ガラスにはNa2OやK2Oなどの金属酸化物を加えて耐久性をあげたり、加工しやすくしているそうで、炎で熱するとそれらの酸化物が炎色反応を示します。これが見えるのだそうです。
ちなみに同じところを熱し続けると色はなくなります。酸化物がなくなったからでしょう。

Q中和適定についてです

中和適定で適定値に誤差ができる理由を教えてください

Aベストアンサー

 どんな薬品・器具を使い、どんな手順で測定したかを書かないと、回答できない質問ですね。なんとなく実験レポートの考察課題のような……

 まず、試薬の濃度の誤差。試薬に何を使うか質問に書いてありませんが、シュウ酸などは潮解をしないので比較的正確な濃度の液が作れますが、質量測定の誤差・メスフラスコに入れる水の量の誤差などがあり得ます。

 測定の際の各液の体積の測定誤差。
 器具も何を使うか書いてませんが、メスピペットなどではかり取る液の量の誤差や、ビュレットの目盛りの読み取り誤差。
 あと、器具の洗浄関連で、きちんと共洗いをすべきところをしていなかったりすれば、誤差が大きくなります。

 中和点を決定するところの判断。
 指示薬の色の変化を見ますので、測定の個人差が出るでしょう。

 一滴の体積がある程度あること。
 一滴落とすときは中和前で、一滴落としてしまうと中和典雅すぎてしまう、というとき、一滴の体積の範囲の誤差が出ます。

 空気中の二酸化炭素が溶けこむことによって、試薬のpHが変動する誤差。

 実験にかかる時間によっては、水の蒸発によって試薬の濃度が変わることもあるかも知れない。

 思いつくままにあげてみましたが、実験手順によって、どの誤差が大きくなるかは違ってくると思います。

 どんな薬品・器具を使い、どんな手順で測定したかを書かないと、回答できない質問ですね。なんとなく実験レポートの考察課題のような……

 まず、試薬の濃度の誤差。試薬に何を使うか質問に書いてありませんが、シュウ酸などは潮解をしないので比較的正確な濃度の液が作れますが、質量測定の誤差・メスフラスコに入れる水の量の誤差などがあり得ます。

 測定の際の各液の体積の測定誤差。
 器具も何を使うか書いてませんが、メスピペットなどではかり取る液の量の誤差や、ビュレットの目盛りの読み取り...続きを読む

Q原核生物と真核生物の違い

原核生物と、真核生物の違いについて教えてください(><)
また、ウイルスはどちらかも教えていただけると嬉しいです!

Aベストアンサー

【原核生物】
核膜が無い(構造的に区別出来る核を持たない)細胞(これを原核細胞という)から成る生物で、細菌類や藍藻類がこれに属する。

【真核生物】
核膜で囲まれた明確な核を持つ細胞(これを真核細胞という)から成り、細胞分裂の時に染色体構造を生じる生物。細菌類・藍藻類以外の全ての生物。

【ウイルス】
濾過性病原体の総称。独自のDNA又はRNAを持っているが、普通ウイルスは細胞内だけで増殖可能であり、ウイルス単独では増殖出来ない。



要は、核膜が有れば真核生物、無ければ原核生物という事になります。

ウイルスはそもそも細胞でなく、従って生物でもありませんので、原核生物・真核生物の何れにも属しません(一部の学者は生物だと主張しているそうですが、細胞説の定義に反する存在なので、まだまだ議論の余地は有る様です)。



こんなんで良かったでしょうか?

Qph希釈計算方法を教えて下さい(全くの文系です)

ph9.2のアルカリ液を、水で2倍及び3倍に薄めた場合のphをお教え願います。

公式、計算式があれば、中学レベルでも理解できる解説を賜れば有り難いです。

恐れ入りますがご指導のほどよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

正解は、たぶん、

溶けているアルカリの種類によって変わってくるので、ななんともいえない。

でしょう。

また、公式、計算式もなくはないですが、対数、指数の計算などで、「中学レベルでも理解できる解説」はこの場では全く無理でしょう。

一応、以下のように書いておきますが、電離度、水素イオン濃度、水酸化物イオン濃度、水のイオン積、pH、対数、指数がわからなければ計算はできないのではないでしょうか。これらを「中学レベルでも理解できる」ように解説するのは、この場でなくても困難でしょう。


強アルカリで、電離度が1とすれば、水で2倍に薄めれば、アルカリ濃度は1/2になる。

水素イオン濃度を[H+] (mol/L)とすれば、

pH=-log_10([H+])

です。

したがって、

[H+}=10^(-pH)

また、

水のイオン積、

[H+][OH-]=10^(-14) (mol/L)^2

だから、水酸化物イオン濃度[OH-]は、

[OH-]=10^(-14)/10^(-pH)=10^(-14+pH) (mol/L)

2倍に薄めれば、この1/2になるから、

薄めた後の[OH-]は、

1/2×10^(-14+pH) (mol/L)


薄めた後の[H+]は、

[H+}=10^(-14)/(1/2×10^(-14+pH))=2×10^(-pH) (mol/L)


よって、薄めた後のpH pH'は

pH'=-log_10(2×10^(-pH))=log_10(2×10^(-9.2))=8.9

3倍に薄めるなら、同様にして

pH'=-log_10(3×10^(-pH))=log_10(3×10^(-9.2))=8.7

でしょう。

正解は、たぶん、

溶けているアルカリの種類によって変わってくるので、ななんともいえない。

でしょう。

また、公式、計算式もなくはないですが、対数、指数の計算などで、「中学レベルでも理解できる解説」はこの場では全く無理でしょう。

一応、以下のように書いておきますが、電離度、水素イオン濃度、水酸化物イオン濃度、水のイオン積、pH、対数、指数がわからなければ計算はできないのではないでしょうか。これらを「中学レベルでも理解できる」ように解説するのは、この場でなくても困難でしょう。


...続きを読む

Qネット社会になってからのメリットデメリット

皆さん日本や諸外国がネット社会になって、メリットデメリットがでた部分ってどこらへんだとおもいますか?


メリットの部分は確かに多いですが、デメリットもその分デカいと思いませんか?ない方が日本は幸せに回ってたような感じがします。

Aベストアンサー

ネット社会になってからのメリットデメリット
皆さん日本や諸外国がネット社会になって、メリットデメリットがでた部分ってどこらへんだとおもいますか?


データーや系統だった分析ではありませんが、思い付く点をランダムに挙げると・・・
◇メリット
・瞬時に大量に多くの人と交信したり、多量のデーターや情報から検索できる。
・作成時に、容易に素早く書き換え、置き換え、コピーしたり添付したり、参照し引用が可能であり、保存や整理も容易に。
・匿名、非対面、同時に多くの人との受発信が可能な為に主導的に発信したりPRや連絡伝達が可能に成った。
・多くの場合は交信が無料であり、主目的以外の挨拶とか儀礼的な受け応えとか相づちが不要でズバリ本題が可能。
・文章や情報や画像等の記録・保存が大量に少スペース簡便に行え、取り出しや再利用も迅速に容易。

◇デメリット
・不特定多数、匿名、非対面と言うメリットは同時に無責任、虚偽、ナリスマシや憑依や荒らしや釣りのリスクを含んでいる。
・大量情報の中には虚偽、だまし、誇大、偏見な物も多く混在、利用者に取捨選択や読解力と言う見識とレベルも必要。
・犯罪&宣伝と同じで、一旦、謝りや被害が出ると広範囲に多くの人に影響し、対策とか救済が難しい。
・ウイルスや悪用する意図には、同時に瞬時に多くの人へ、人から人へ&メールからメールへ感染蔓延する。
・バーチャルなだけに無責任、過激、残酷にも、相手の気持ちやダメージを感じず、良心の呵責や倫理観を軽視放擲する。
・パクリ、無断転載が容易に行えるので、意図的or無意識にプライバシーや秘密情報を盗用したり流出の危険性がある。


>メリットの部分は確かに多いですが、デメリットもその分デカいと思いませんか?ない方が日本は幸せに回ってたような感じがします。

確かに、文明や技術の発展はメリットが大きく付加価値が高まり発展と普及をするのであろうし、多くの場合は便利に快適に効率アップに資するものが評価され発展していくのだと思う。
同時に、利害や感慨として、実社会やハード面ではデジタルが万能でアナログが捨てるべき、自然よりも高度機械化が優れているとは限らないし、視野視点と価値観で観方や受け止め方も異なる。
そのプライオリティや好悪や評価はシチュエーション&人それぞれ、物事の内容と程度で、変化し分かれると思います。
つまり、森羅万象すべてに於いて万人が一致した感性や価値観や歴史観を持っている訳でもないし、他から制約束縛を受けてコントロールされたくはないと思うので、幸せは人それぞれであり、最終的にはその人の心が決めるのだと思います。

ネット社会になってからのメリットデメリット
皆さん日本や諸外国がネット社会になって、メリットデメリットがでた部分ってどこらへんだとおもいますか?


データーや系統だった分析ではありませんが、思い付く点をランダムに挙げると・・・
◇メリット
・瞬時に大量に多くの人と交信したり、多量のデーターや情報から検索できる。
・作成時に、容易に素早く書き換え、置き換え、コピーしたり添付したり、参照し引用が可能であり、保存や整理も容易に。
・匿名、非対面、同時に多くの人との受発信が可能な為に主...続きを読む


人気Q&Aランキング