ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

中学校の教員です。資格はないのですが、十数年書道を習っていた経験を買われて
一年間、書写の授業の応援に行くことになりました。

私の経験をもとに生徒には教えていますが、どうしても確信が持てない部分もあります
のでご助言いただけると幸いです。

生徒の書道セットをチェックすると、小学校の時の手入れのまずさからか、大半の子の
筆は墨で固まってガチガチでした。中には、穂先の3分の2ぐらい固まっていて、1センチ
ぐらいしか使えないような筆の子もいました。その子らに、まず筆をじっくり洗わせました。
授業時間ではどうにもならないものは、一晩ぬるま湯に浸してからまた墨を洗い流す
ように指示を出し、糸でしばっている生徒については一度糸を切って根元まで洗うように
指示を出しています。
小学校の低学年では、筆を糸でしばって、書きやすいようにしていることもあると思いますが、
私は基本的に筆は基本的に根元まで下ろせる状態で字を書くべきだと思っています。
じっくり洗ってもどうにもならないほど痛んだ筆については、(元々小学生用の書道セット
に入っているような筆ですので)、その筆の利用に固執せず、新しい筆(1000円前後)の
購入を勧めているという次第です。

ただし、私が、こういうものだと思っているだけで、何ら根拠があるわけではありません。
上のような考え方に間違いがあればぜひご指摘をお願いします。
また、例えば、生徒が、以前習っていた習字の先生に「筆はある程度固まっていた方が
いい」とか「糸を巻いて使いなさい」と言われたと訴えてきたら、どのように指導すべきで
しょうか。
なかなか、このような状況の対処に言及している書物は見かけたことがありません。
あくまで、習字の経験者に教える、のではなく、授業レベル(9割は授業以外での習字の
経験がない)という状況を考慮して、何かアドバイスいただけると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

私は習字・書道を教えてきましたが,先生の悩みは理解できます。



小学校時代に習字セットで買った筆はおそらく墨で固まっているでしょう。私は捨てなさいと云いたいです。何故なら,ぬるま湯に一昼夜つけて固まった墨を除き,更に墨汁をしみこませ固める事も出来ますが,大人でもなかなかうまくゆきません。

1,000円~2,000円位の筆でよいので買った方がよいです。そうして処理方法を教えた方がよいです。中学生になれば,理解して使用後の筆を整えてきます。

糸で縛る方法を書いてありますが,縛る強度によって,穂先が開いて文字にならなかったり,縛った箇所に墨が固まってしゅうしゅうがつかなくなります。

筆の扱い方。使用後必ず穂先を軽くすすぐことで墨汁を落とします。その後使用済み半紙の上で何度も縦にこすり水分を取り除きます。必ず筆巻きに巻いて帰宅したら,筆を見直し茶箪笥等の上に干しておきます。これを週間ずけます。

根元までおろして揮毫するのは,文字が違うのです。半紙等に草書体・変体仮名のような文字を揮毫する場合。又,画仙紙・条幅紙等に変体漢文・変体仮名・隷書等を揮毫する時に,羊毛で穂先が全て平らになっている筆で揮毫します。上等の羊毛筆は20,000円以上です。

基本的に根元までおろして字を書けるかどうか,先生が実践してください。中学生なら筆を半分~2/3をおろして揮毫させてください。絶対に間違いありません。

私は小学生~成人まで沢山の弟子を育ててきましたが,さまざまな経験を重ねてきました。同じく指導しても筆の扱い,用紙の扱い等々の個人差があります。私は思います。これは何を習っても何処へ行っても個人差はあります。よって,分け隔てなく指導することです。

私から先生へ書道(習字)を始めるの当たり,筆はどのような物で出来ているか?用紙は?文鎮は?下敷きは?日本製・中国製等々を教えてください。

時にはいろいろな文献から,また,顔真卿・欧陽詢・王羲之・趙孟頫・鄧石如このような大家の拓本を見せてください。   翠 峰より。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。実地で教えられている方のご意見が聞けるのは
とてもありがたいです。

本音を言うと、全員新しい筆でスタートさせたい気持ちはあります。が、自発的に
習いに来てるわけではなく全員必修の授業の中ですし、就学援助を受けている生徒も
多い地域なので、なかなかそこまでは言えないのです。

筆の扱い方について。学校では、学級の全員が筆を洗うのに蛇口を使うことはでき
ませんので、せいぜいバケツに水を汲んでバシャバシャさせる程度でしょうか。
その後、水分を拭き取って持ち帰り、自宅でその日のうちにもう一度しっかりと洗わせる、
という考え方でいいでしょうか。

筆の下ろし方の話は、とても参考になりました。初級者用の腰の強い筆であれば
根元まで下ろした状態の筆を使って書くのは支障がないと思っていました。(もちろん、根元までベッタリ折り曲げて書くという意味ではありません)
ただ、中学生にとっては難しいことなのでしょうか。
半分~2/3を下ろすということについて、もう少し詳しくご教授いただけると
うれしいです。

小中学校では、書写は国語の範疇であり、正しく美しい字を書くことが目標とされて
います。つまり、臨書や創作は扱わないし、書道史やその拓本を見せることも
含まれてはいないのです。でも、時々少しずつ紹介はしていきたいと思っています。
まずは九成宮あたりからになるでしょうか。私自身ももっと勉強しなくてはいけないと
思っています。

丁寧にご回答いただいた上、更に図々しくも質問をしてしまいました。
お時間のある時で結構ですので、ご回答いただけると本当にありがたいです。

お礼日時:2012/05/07 21:22

文房具店に筆を見に云ってきました。

セットになっている筆は確かに根元まで下ろしても書けます。(^・^)。私が持っている筆は全長26Cm穂先6,5Cmの筆を,指定の店から買った筆なので,セットの筆とは違っていました。申し訳ありません。先生の書いている意味が解りました。先生の方針に任せます。 翆 峰
    • good
    • 0

NO.6です。



子供であっても筆を根元までおろして書くことはできますよ。
きちんと筆をつくる事が出来れば… 現に私の師匠の所の子供達は
初めに筆の扱い方を指導しているので小学一年生の子供もやっていますよ。
最初は大変だと思います。字にならない事もあると思いますが
すぐに順応できると思います。
毛筆は運筆の緩急や抑揚により線に変化が見られます。ペンとの違いです。
子供だから出来ない事はありません。
どうか自信を持ってご指導ください。

書物で見たことがないとありましたが、私が持っている初心者向けの
『はじめての書道 楷書』という本には固め筆について、戦前はほとんどの人が
使う分だけほぐしていたが、現在は毛全体をほぐして使う… 
手入れ保管については固め筆は使わなくても早めに水洗いしておきましよう…
書くときは筆いっぱい墨をつけて…とあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ありがとうございます。
私は、娘が小学校に入る前から2年半ほど教えているのですが、
筆を根元まで下ろしていても、それによる弊害を感じたことは
ないんですよ。小さい子だからできない、というように思った
ことはありませんでした。ただ、あまり器用ではない子の中には
少し苦労する子もいるかも知れないとは思います。
「自信をもってご指導ください」という言葉に勇気づけられました。

色々な方に色々なお話を聞くことができて、とても参考になります。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2012/05/09 22:21

簇管法=人差し指・中指・薬指を揃えた中に筆を親指で挟みます。

後はその形で持ちやすいように自分で調整する。何故この形がよいか。送筆(運筆)の時の文字の線がゆがまないのです。

筆を根元までおろして先生は書いてみましたか?根元までおろして書けない事はないが,子供に根元まで下ろした筆で文字が書けますか?
私や先生は根元まで下ろしても書けるでしょう。今始めようとする子もいるのに,穂先の根元まで下ろして書けると思いますか?かなり上手になれば書けますが,中学1年生では無理です。先生の最初の質問の最後から2行目を読んでください。9割は習字の経験が無い人です。

筆を使いこなせるようになれば,使えますが今は半分~2/3でよいと思います。先生が習ってきた所ではそのように指導されたでしょうか?実際先生が筆の根元まで下ろして文字を楷書で書けますか?書くだけは書けるでしょう?しかし形だけの楷書文字になるはずです。

掛け軸に見られる書体で隷書があります。これは筆法を蔵法で揮毫する特殊な運筆方法ですが,一文字一角ずつ書きますが,この書体の場合は筆を根元まで下ろしてたっぷり潤筆させて揮毫します。

私は思います。先ず先生が実際に経験してから,子供に教えてください。昔の先生の中に筆は根元まで下ろして潤筆させて書く(揮毫)ものだと云う師範も居ましたが,これはレベルの高い弟子に教える言葉です。

極端に書くと先生は筆を根元まで下ろす(墨で固めて)その半分を,ほぐして書いていませんか?そほ方法もありますが,中学1年の子にそのような事が出来ますか?

先生がどのように思って筆を根元まで下ろしたいのか解らないが,私は現場を見ていないので,ここまで書いても理解出来ないのなら,私の経験・体験談はスルーして下さい。 誤字脱字はあしからず。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もありがとうございます。
実際に自分で経験してから、と何回も仰られていますが、もちろん自分でやった
ことのないことを他人にさせてみようなんて思いません。私自身はずっと根元まで
下ろした筆で書いています。また、私が習った時も(ごく低年齢の場合を除き)
筆は根元まで下ろすということが基本でした。
筆の種類によっては、根元まで下ろした筆で楷書を書くのが難しいと感じる
こともありますが、初心者用のセットに入っているような筆は腰も強いので、
根元まで下ろした筆で書くことが、中学生には不可能だとはどうしても思えないの
です。
つい昨日、高名な先生に教えを受ける機会がありましたのですが、その方も
根元まで下ろして書くのが基本で、初心者にもそうさせるべきと仰って
いたのです。もちろん、そのあたりの考え方は人それぞれではないかとも思って
いますし、どれが完全に正しいとか間違っている、とかは思っていません。
ただ、下ろして書くことがダメだと仰る理由が自分の中では消化しきれてない
ものですから再度質問させていただいた次第です。
筆を根元まで下ろしたとしても、半紙に文字を書く時に使うのは、穂の腹の部分
あたりまでではないかと思います。もし固めていたら、太い線の時には紙に筆を
押し付けて書くようなことにならないでしょうか。
失礼な言い方になってしまったかも知れず申し訳ありません。ただ、sadami10さん
に反論をしようとしているのではなく、自分の無知からくる疑問を少しでも
解消したいのです。

お礼日時:2012/05/09 22:11

私たちが使用する筆は命毛がありませんが,生徒・大人初心者は命毛のあるものを使用します。

筆と云ってもピンからキリまであります。

中学生は命毛のある筆を使用します。しかし筆によって硬さや穂先の長い物等々異なりますので,半分下ろす,2/3下ろすと云っても正しいOR正確ではありません。文字を書いた筆の具合を見ながら下ろしてあげたらよいでしょう。

羊毛・馬毛・イタチ・他の毛があるのでその毛や毛の長さによって下ろし方も異なってよいのです。私は常に筆の具合を見てあげます。時には筆をバケツの水で洗い,墨汁をしみこませながら,調整をします。

次から次とそのような筆を見るので,私はこずかいのように,始末ばかりしています。書体を上手に仕上げるには筆が命です。

中学1年生のうちは,それは大変です。でもこの道に入ったからには指導をするのが先生の役目です。文字も見なきゃいけない,筆も見なきゃいけない,入筆・送筆(運筆)・収筆もしっかり見てあげねばならないので私は3役をしています。

筆の洗い方。蛇口からの水で洗うと,後始末が大変です。バケツの水でよいです。家に持ち帰ったら,茶箪笥の上に干しておくよう指導してください。

裏技を教えます。筆の毛がまとまらず,しゅうしゅうがつかない時は,完全に根元まで洗い,その後で完全に乾かします。そうして市販の糊を筆の根元にしみこませ,具合を見ながら,またしみこませます。

全員が新しい筆にするのは困難があるのは承知です。希望としては,中学1年全員が新しい筆を揃えると,先生も楽だと思うから,前回の回答で希望を書いたのです。

初心者に教える時は,先ず姿勢・筆のもち方・運筆は筆を出来るだけ立てた状態で運筆します。入筆(始筆)・送筆(運筆)・収筆を徹底的に教えます。何故か?これさえできれば,後は文字の形だけ整うように書けばよいのです。

時には息を止めて書くなどの方法も教え,○や△□らせん等を書かせるのです。例えば月の1画・あるいは也の3画あるいは平仮名を書くときに,重要な筆法なのです。

文字を早く書きたいのが生徒の希望です。でも心を鬼にして基本を教えましょう。筆の持ち方は簇管法で持たせます。どうしても出来ない人には双鈎法の持ち方を教えます。小筆は単鈎法の持ち方を教えます。そうして提腕法か枕腕法で運筆するよう教えます。

頃合いを見て,正の字を書かせます。そうして,カンカケッコウ法を教えるのです。要するに文字のバランスを教えるのです。誤字脱字はごめんなさい。  翠  峰
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の回答ありがとうございます。
大変参考になります。
字を書くことに焦らず、まずは道具のことや手入れ、そして持ち方や姿勢などから
じっくり教えてあげたいと思っています。
どの学級でも一度大筆を持参させて、筆チェックをしたのですが、特に酷い状態の
筆はこちらで預かって、時間をかけてほぐしてあげるようにしています。
バケツでよい、というお言葉にホッとしました。帰宅したら、筆巻きに入れたまま
にせず、必要があればもう少し洗ってから、きちんと干させるように指導したいと
思います。

持ち方について、単鈎法や双鈎法はわかるのですが、「簇管法」というのがよくわかり
ませんでした。どのような持ち方になるのでしょうか。

裏技として書かれていた、糊を含ませる方法、なるほどと思いました。これはまず自分
の筆で試してみたいと思います。
ただ、いまだよく理解できないのが、なぜ筆を根元まで下ろしてはいけないのか、という
点です。根元まで下ろした筆は、墨含みも良くなり、また表現の強弱の幅も持たせられる
のではないのでしょうか。確かにある程度固めていると書きやすいかも知れないとは
思いますが、根元まで下ろしてしまうと上達に支障が出てしまうのでしょうか。
そのあたりがまだよくわかりません。お時間がある時で結構ですので、もう少しだけ
お付き合いいただけると嬉しいです。私自身は、根元まで下ろした筆を使っています。

お礼日時:2012/05/09 00:44

私も筆はどんな筆であろうと小筆以外は根元までおろし、使用後はきちんと洗って


都度手入れすべきだと思っております。

私は師匠の教室で雑用などのお手伝いをしておりますが、最近質問者様と似た事柄が
ありました。

最近新しく通われている大人の方が、他の人の真似をして筆を洗ったら筆がコタコタに
なって字が書き難く新しい筆を買いたい…と話されました。
筆を見てみると穂先3/2位しか墨を含ませずに腰がない状態でした。
その後、根元まで十分に墨を含ませ腰をつくり書いてもらったところ
今までになく書きやすい! 楽に線が書けると喜んでもらいました。
また根元まで墨を入れているので使用後の洗いも重要だとも説明いたしました。

子供でもガチガチに固まった筆で書くよりは根元までおろし腰のある筆で書いた方が
絶対に書きやすいと思います。
また筆を大切に扱う、道具を大切にするというのは書道だけに言えることでは無く
スポーツや楽器など他の事でも言える事だと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
筆の洗い方などは、習字教室に通っている生徒ですら、よくわからない
ままになっている者が多いような気がします。うちの娘も数年間近所の
書道教室に通っていましたが、そこではほとんど指導されたことがなかった
ようでした。 そのあたりは、書道教室の先生の考え方というか姿勢に
よるものなのでしょうか。でも、とても大事なところではないかと
思います。
仰る通り、書道に限らず、スポーツでも楽器でも、道具を大切にしない
人は上達しない、とよく言われることですよね。

お礼日時:2012/05/07 21:33

No.3です。


「俺は正しいんだから」「目上に逆らってはいけない」と言って間違いを認めない先生には不信をいだきましたが(実際居て、ひどい目に遇ったと今でも思っています)、件の先生は誠意や自戒を込めて行っているのだと分かったから誰もそのような不信感はいだきませんでした。むしろそういう発言で信頼されていたのです。まあ普段の行い次第という所ではないでしょうか。
子供でも(だからこそ)そういうことは敏感に感じ取ります。

前の話の「逆説」というのは「先生は嘘を言うから…」「というのも嘘かもしれないよ」というものです。


何かすごく権威のある書家の先生が「子供の筆は全ておろすべきである」と書いていらっしゃる文献を見つけ出せば目下の悩みは解消しそうですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の回答ありがとうございます。
生徒が敏感だというのはまさにその通りですね。
教師と言えど、自分の教えていること、行っていることが全て絶対に正しいわけは
ありません。でも、信念を持たずに教えることもまた良くないと思います。
教師生活20年の中で、時にはハッタリや演技も必要なこともありました。
ただし、自分が間違っていた時には素直に生徒に頭を下げる、ということは
忘れないように意識しています。
同じセリフを言っても、先生によって、生徒の受け止め方は違います。
仰る通り、普段の行いとか、先生のキャラクターも大いに関係あるでしょうね。

「逆説」の件、まさにそこが面白いところですね。

お礼日時:2012/05/07 20:57

書道の経験はたいしたことないのですが


小学校の時出会った先生でいまでも残っている教えは「先生は嘘をつくから信用してはいけないよ」という言葉でした。自分も含めてという逆説を含んでいるのも心に残りました。

いろいろな流儀があるというのと、今は自分の流儀に従ってもらうということを説明してあれば、どのような流儀でも自信と責任を持って教えて良いのではないでしょうか。
もちろんなぜそれが正しいのか常に自分自身で考えるべきだと思います。

根元まで洗ったほうが長持ちするし、手入れは楽ではありますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「先生は嘘をつくから・・・」という教えは面白いですね。タイミングを間違えると
教師不信につながってしまいそうですw

自分の流儀に従ってもらう、というお話は、授業では私も意識するようにしています。
自信なさそうに進めてもいいことは何もないと思いますしね。
また、手入れの方法などについても、習う先生によって考え方も違う部分もあるでしょう。

ただ、やはり自分の認識の中に、大きな勘違いや思い込みがないかどうかは気になります。

お礼日時:2012/05/06 13:30

お礼を読ませていただいての追加になりますが、近頃はデジカメという便利なものがあります。

書いてすぐに撮影しておくとまるで墨書したように写ります。顔真卿が子供のころ家が貧しかったので板や木の葉に書いて練習したという故事を聞いたことがあります。初心者が専門家のようにしないといけないということもないように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます。
仰る通り、型にこだわりすぎないのも大事なのかも知れませんね。
ただ、経験のない子供にとっては、書いたものが形になるということも
大事なのかなとも思います。そのあたりは、うまくバランスをとって
進めていくのがベストなのでしょうね。

お礼日時:2012/05/06 13:24

日常生活の中で、筆を筆記用具として使う機会がほとんどのないというのが事実というのは、筆というものが筆記用具としては実に扱いにくいこともその理由だと思います。

しかしいっぽう漢字にはアルファベットにない強力な存在理由があります。筆で字を書く意味は考えている以上に大きいと思います。
 別に強調するつもりはありませんが、私は防水加工がしてない段ボールに水で書いています。市販の水書板は高価です野で段ボールを用いていますが、この方法だと筆は使用後何もしなくても全く傷みません。専門家は書の心を強調しますが、初歩の段階では水書法が最も実際的だと思っています。将来本格的に書を志す整頓には専門家としての教育を行えばよいと思います。また水は周囲を汚さないので、これも利点だと思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
仰る通り、中学の授業においては、水書というのも一つの方法ですね。
作品として、形になって残らないのが残念ではありますが、確かに筆は
手入れに苦労しなくても済みますし、衣服を汚す心配もありません。

コンピュータが普及した現在、実際に字を書く機会は減っています。
ペン字ならともかく、なぜ毛筆の練習をしなくてはいけないのか、
生徒に伝えていくのはなかなか難しいことですね。
書写の授業を経て、毛筆に対するアレルギーを増さないように
色々と工夫していく必要もあるのかも知れません。

お礼日時:2012/05/06 01:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング