経済理論史の勉強をしています。が、何かしっくりきません?経済理論の本でこれを読めば、とか?いい本だ!という本はありませんか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

経済学史だと、



宇沢弘文『経済学の学び方』(岩波新書)
馬渡尚憲『経済学史』(有斐閣)
根岸隆『経済学の歴史 第2版』(東洋経済新報社)

がお薦めです。

下の回答と重複しないように、理論書を挙げていきますと、
近代経済学では

正村公宏『経済学の考え方』(講談社学術文庫)
伊藤元重『入門│経済学 第2版』(日本評論社)
倉澤資成『入門 価格理論 第2版』(日本評論社)
西村和雄『ミクロ経済学入門 第2版』(岩波書店)
(同著者、同出版者の『ミクロ経済学』もあり)
吉川洋『マクロ経済学』(岩波書店)
伊東光晴『ケインズ』(岩波新書)

といったところでしょうか。
スティグリッツやマンキュー、ドーンブッシュ&フィッシャーを原語で読むのも面白いかもしれません。

マルクス経済学だと、以下になります。

富塚良三『経済原論』(有斐閣)
常盤・北原・井村・飯田『経済原論』(有斐閣)
日高普『経済原論』(岩波全書)
伊藤誠『資本主義経済の理論』(岩波書店)
山田鋭夫『レギュラシオン・アプローチ』(藤原書店)

事典として、何か一冊お持ちになることをお勧めします。

金森・荒・森口編『有斐閣経済辞典 第3版』
都留重人編『岩波経済学小辞典』

などはいかがでしょうか。
総論としては、このようなところです(各論については補足を下さい)。
以上ご参考までに。

誤解、その他があるといけませんので、何かあれば、補足を下さい。
追って、新たな参考書をご紹介いたします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。多いですね 笑 がんばって調べてみます。

お礼日時:2001/05/17 15:34

furi-kusuさんの勉強の進み具合が、どの程度までのものなのか


わかりませんので、いくつか書いておきます。

まず、近代経済学-いわゆるミクロ・マクロ-についてです。
入門書としては
・ハル・R・ヴァリアン『入門ミクロ経済学』けい草書房
・N・G・マンキュー『マクロ経済学(1)・(2)』東洋経済新報社
を推薦します。いずれも入門書にしては内容的に充実した良書です。
さらにその先に進むには
・奥野正寛・鈴村興太郎『ミクロ経済学(1)・(2)』岩波書店
・荒憲治郎『マクロ経済学講義』
がいいのではないでしょうか。しかし、経済学を学ぶ人なら誰でも
経験するように、初級と中級の経済学の間には、大きなギャップが
あります。そのギャップを埋めるためには、経済数学を学ぶことが
必須です。
経済数学をやるのなら
・A・C・チャン『現代経済学の基礎講義』CAP出版
でしょう。非常に初歩的なところからやってくれるのでおすすめです。

質問には「経済理論の本教えて」とあったので、上には経済理論の本
を書いておきましたが、コメントのほうには「理論史を勉強しています」
と書いてありますね。理論史については、内容的に平易に書かれたものが
様々な出版社の新書で出ています。また、一人の経済学者についての本
-例えばケインズについてのもの-も多く出版されています。これらの新書
を五冊も読めば、基本的知識は身に付くでしょう。少なくとも有名な経済学者
の名前、そして彼らの理論の相違点、生き方、考え方についてはある程度
知ることが出来るでしょう。新書の著者は日本を代表する経済学者ばかりなので
その意味でも読む価値は大いにあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お教えありがとうございました。是非一読させていただきます。

お礼日時:2001/05/17 15:37

絶版になっている可能性がありますが、下村経済研究所から出ている本は面白いと思います。

「経済のニュースが面白いほどわかる本」は専門用語を解説する本としてはもってこいですが、下村さんの本はもっと根本的な、経済はどうしてこうなるのか、というようなことを書いています。
    • good
    • 0

経済学で面白い本がございます。

カリスマ受験講師が書いた日本一易しい経済の本
です。本の表紙にこう書いてあるから間違いありません。(笑)私自身も読ませて
いただきましたが、非常にわかり易いです。

「経済のニュースが面白いほどわかる本」中経出版 著者・細野真広

最高ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、わかりやすそうですね。探してみます。

お礼日時:2001/05/17 15:40

小難しくなく平易で、しかも骨太の本をあげますね。



オーソドックスな構成の中にも、平易にきちっと書いてあるのは、
■中谷巌『入門マクロ経済学』日本評論社
です。時流に乗ってる著者だけあって、現代的な気風を感じます。

それから切り口がちょっと違いますが、読んでいて面白いのが、
■佐伯啓思『市場社会の経済学』新世社
ご存じかも知れませんが、著者は京都大学の論客です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。是非読んでみますね。

お礼日時:2001/05/17 15:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語の参考書・問題集・理論本

高1です。

何か、英語を勉強するための参考書や問題集、理論本などがが欲しいと思っています。でも、実際に本屋に赴いてみると溢れんばかりの本がおいてあって、優柔不断な僕にはとても選別しきれるものではありませんでした(^_^;)

同じ出版社から出ている本でもいろんなバージョンがあったり、それらの違いも良く分かりません。

僕は今、英語に関しては塾に行ってません。これからもできたら行きたくないと思っています。その分大学受験に向けての勉強を人一倍しなければと思い、質問させていただきました。(目指すはそこそこ名が知れた国公立、多分理系です)

皆さんが良いとお思いになる参考書や問題集、または英語に関する理論本を教えていただけたらうれしいです。

ちなみに単語帳は速読とシス単を持ってます。

Aベストアンサー

(文法)
辞書本:Forest&英文法解説等
解説本:明慶徹の英文法が面白いほどわかる本
    佐々木和彦の基礎からがっちり!英文法等
問題集:UPGRADE or Nestsage等
(構文読解)
解説本:ビジュアル英文解釈PART1.2
    ポレポレ英文解釈
    富田の英文読解100原則上下等
問題集:基礎英文問題精講
構文把握のプラチカ等
(長文読解)
解説本:佐々木和彦の英語長文が面白いほどとける本
パラグラフリーディングのストラテジー
    横山のロジカルリーディング等
問題集:長文読解アドバンテージ
"毎年出る"頻出英語長文
やっておきたい英語長文300・500・700等
(英作文)
解説本: 大矢英作文講義の実況中継等
解説本2:竹岡広信の英作文〈原則編〉が面白いほど書ける本等
例文暗記:ドラゴンイングリッシュ等
難関本:大学入試最難関大への英作文―書き方のストラテジー
    大学入試英作文実践講義 等

と分野用途によって色々あると思います。

(文法)
辞書本:Forest&英文法解説等
解説本:明慶徹の英文法が面白いほどわかる本
    佐々木和彦の基礎からがっちり!英文法等
問題集:UPGRADE or Nestsage等
(構文読解)
解説本:ビジュアル英文解釈PART1.2
    ポレポレ英文解釈
    富田の英文読解100原則上下等
問題集:基礎英文問題精講
構文把握のプラチカ等
(長文読解)
解説本:佐々木和彦の英語長文が面白いほどとける本
パラグラフリーディングのストラテジー
    横山のロジカルリーディング等
問題集:長文読解ア...続きを読む

Q経済史・経済学史の年表?

経済理論史で、年表が必要になったのですが、どのサイトにいけば見つかるのかがわかりません。もし、知っているという人がいたら教えてください。

Aベストアンサー

 下記にあります。

参考URL:http://u-air.net/workshop/timeline/

Q超弦理論 1.

超弦理論が旧い弦理論と異なるのなぜか?つまり導入された理由は何か?少し外れるが日本語で超弦理論と書かれるが英語は何(知っているが、既に認知症で失語症を起こしている)

Aベストアンサー

No1です。次のペア?後の2つ?限界を超える?このセット?の意味が、よくわかりませんが、超対称性粒子は、

すべてのフェルミオンにはボゾン (電子(エレクトロン)>>セレクトロン等:もとのフェルミオンの名前の先頭にSをつける)
すべてのボゾンはフェルミオン (光子(フォトン)>>フォティーノ等:ものとボゾンの後ろに、inoをつける)

が対応し、その相手を超対称性パートナーと呼びます。

Q経済理論史とは?

いま、経済史の勉強をしているのですが、経済理論史の概要がさっぱりつかめません。もし経済理論史について理解しているというひとは、ぜひご教授ください。こんなことを中心に勉強するといいとかいう情報もおまちしております。

Aベストアンサー

以前に類似のQ&Aが有りましたので、下のURLを見てください。

経済理論史というのは、このURLの中で言っている、経済学史と、ほぼ同じと考えられます。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=61477

Q英語で何と言いますか?

下記の文、英語で何といいますか?


フォロワーに強く認識される理論


フォロワーに影響する理論


フォロワーの心にささる理論

Aベストアンサー

No.1です。ご質問の3題とも英訳すればtheoryが最初に来るような日本語だからtheoryが最初に来たまでです。

『followersのセオリー』が何かが分かりませんが、

Followers theory

Followers' theory

としても英語としてはなんらおかしくありませんが。

Q経済史を学ぶのに最適な本を教えてください

お世話になっております

仕事をして早二年が経ちました。
仕事以外の研究材料として大学の時に勉強した経済の復習をしたいと思っているのですが、もはや現代経済学のほとんど忘れているので経済の歴史(重商主義あたりから)から学びたいと思っています。

本を読んで以下のことを吸収したいと思っています。
今の経済を理解し、自分の言葉にするには過去の歴史を学ぶ必要があると思っているので、(物々交換までさかのぼらないで)現在の経済の基礎となるケインズ経済学発生あたりのバックグラウンドから世界大恐慌~第二次世界大戦~冷戦~グローバル化の一連といった過去の経済の歴史が知りたいです。

簡単に言うと、経済に関する日本史と世界史の両方が一気に読める本がいいのです。

贅沢を申し上げて恐縮ではございますが、よろしくお願いします

Aベストアンサー

まず、経済学の歴史つまり「経済学史」と経済そのものの歴史つまり「経済史」をきちんと分けて理解したほうがいいですね。もちろん、両方きちんと勉強するに越したことはありませんが、いわゆる経済史なら中村勝巳先生の『一般経済史』を薦めます。経済学史ならさしあたり、早坂忠先生編著の『経済学史』でしょうか。日本のことなら、向 寿一先生の『日本経済入門―マネーの流れからみる』が、超おススメです!。本としては薄いですが中身が濃く、高校時代に習ったことで十分たのしく読めますよ。世界史となると、各国経済史に特化した専門書になってしまうので、上に挙げた中村先生の著作以外あまりいいのはありませんね。でも、書庫からいい本が出てきたり、思い出したりしたらまたここに書きますね。

Q音楽理論を学べるソフト

DTMに興味があり、作曲したいのですが、音楽の経験は皆無で、今まで、キーボードの教本等で簡単な曲を練習したりしました。
作曲のためには音楽理論を理解している必要があると思い、音楽理論に関する本を数冊読んでみましたが、ほとんど理解出来ませんでした。


AppleのサイトのMade4Mac→音楽&オーディオ→音楽理論と選択し、検索したところ、音楽理論を学べるようなソフトウェアが表示され、こういったソフトで学ぶ方が、私には理解しやすいのではと思い、探しているのですが、紹介されているソフトは英語にしか対応していないようで、英語が苦手な私には利用は難しいです。
http://www.harmonicvision.com/
等。

音楽理論が学べるソフト(WindowsやMac)で、日本語に対応している物は無いでしょうか?
ご存知でしたら、お教え頂けると嬉しいです。

また、他に、音楽の知識が無くても、音楽理論の良い勉強法などもありましたら、お教え頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

作曲する上で、音楽理論に対し知識がないよりはある方が、何かと
有利なのは、間違いないと思います。ただ、作曲能力と音楽理論
の知識の深さが比例するかといえば、そんなことは絶対ないと思い
ます。要は音楽理論というのは、単に作曲するための1つに過ぎない
という事なのだと思います。

実際には、知りませんが、数々の名曲を残している、ビートルズの
メンバーにしても、それほど深い音楽理論の知識は無かったのでは
ないかと思いますよ。

おそらく最低限必要な知識というのは、楽譜が読める(音楽記号の
意味がわかる)、それからコード理論の基礎がわかる(メジャー
コードとマイナーコードの違い等)、これぐらいの知識があれば、
差し当たり、作曲する上で充分と言えるのではないでしょうか?

あとは、いろんな音楽聴いて、耳を肥やす。これが大事だと思い
ます。そして、ただ聴くだけではなく、聴いた曲をコピーしてみて、
自分でそれを弾いてみたり、譜面にしてみたりすることって、
勉強になると思いますよ。

Q経済成長理論

経済学部の大学生です。経済成長理論について教えてください!いくつか参考書を読んだのですがイマイチ理解できませんでした。
ここで書けるような量でなければ、分かりやすく解説しているホームページまたは書籍を紹介してくれるとありがたいです。

Aベストアンサー

route90さんが、どういったレベルで経済成長理論を理解したいのかわからないのでなんとも言えないのですが。。。

学部科目レベルで理解したいのであれば
ジョーンズ「経済成長理論入門―新古典派から内生的成長理論へ」日本経済新聞社

大学院修士・学部上級レベルで理解したいのなら、
バロー=サライマーティン「内生的経済成長理論」九州大学出版会の最初の数章

をお勧めします。

もしかして、学部のマクロ経済学講義の一部としての経済成長理論が理解できないということであれば、次のことをよく注意して何冊かの教科書を読んでみてください。

まず、経済成長の理論枠組みは学部のマクロ経済学で学ぶIS-LMモデル(マンデル・フレミングモデルを含む)AD-ASモデルとは殆ど連動・連関していないものと思って学んでください。これらとは別個の分析枠組みです。学部のマクロではIS-LM、AD-ASを体系的に解説することに大部分が費やされるので、これら以外の分析枠組みがあることを理解しにくくなってしまうことがあります。勿論、経済学の分析ツールですので、IS-LMにせよソローモデルにせよ最適成長理論にせよ内生的経済成長理論にせよ、「一般均衡モデル」の範疇にあることに間違いないのですが、そもそもの分析対象の問題点が異なっているので、分析の枠組みは当然異なるのです。経済学における「モデル」というものには、「市場均衡」という概念をベースとして様々なバリエーションがあり、これらは互いに必ずしも整合的ではなく(分析対象が違うから当然)、中には互いに相容れない結論を導くものが含まれているものと考えてください。でないと、IS-LMやAD-ASとの整合性に囚われてしまい、うまく経済成長理論(長期を視野に入れたマクロ理論)を理解できなくなる恐れがあります。IS-LM、AD-ASのフレームワークは非常に有力で、皆が常識としてもっているくらいのものだから教えられる、とでも考えておいてください。

むしろ互いに相容れない理論が混在するからこそ、その説明力を競い合いながら、経済学はエキサイティングな学問でいられるのです。

route90さんが、どういったレベルで経済成長理論を理解したいのかわからないのでなんとも言えないのですが。。。

学部科目レベルで理解したいのであれば
ジョーンズ「経済成長理論入門―新古典派から内生的成長理論へ」日本経済新聞社

大学院修士・学部上級レベルで理解したいのなら、
バロー=サライマーティン「内生的経済成長理論」九州大学出版会の最初の数章

をお勧めします。

もしかして、学部のマクロ経済学講義の一部としての経済成長理論が理解できないということであれば、次のことをよく注...続きを読む

Q相対性理論を英訳してください。

万有引力は英語で
The law of universal gravitation.
ですが、相対性理論は英語でなんと言うんですか?

Aベストアンサー

スペースアルクで検索ができます。
3種類ほど出ました。
ここに貼りつけていいものかどうか迷いましたので下記にリンクを張らせて戴きます。

参考URL:http://www.alc.co.jp/index.html

Qマクロ経済政策理論と実際

各種マクロ経済政策理論と実際の事例を比較したような資料や書籍を探しています。何かいいものがあれば、ぜひ教えて下さい。

Aベストアンサー

いろいろな論文・書籍があると思いますが・・・

過去の事象を、マクロを使いながら検証したようなものがよいとすれば、例えば
http://www.utp.or.jp/shelf/200301/040196.html
http://www.junkudo.co.jp/detail2.jsp?ID=0103075710

といったような本ではどうでしょう?


人気Q&Aランキング