西尾の由来は、西条や煮る塩ではなく、尾島城(小島・尾花)の西である可能性。
西尾城の前身とされる西条城は存在せず、徳川が奪取する以前、今川時代から西尾城である。
当然、鎌倉時代の足利氏が築城したわけがない。
西尾の中心部は、幡豆郡熊来郷である。クマク神社と同じ読み。
西尾市天竹町に、木綿など到来していない。日本後紀に三河漂着とあるだけ。
三河万歳は安城より古いと言いながら、なぜか徳川(安城松平家)に合流している。
八ツ面山は、戦国時代は荒川山と呼ばれていた。
西尾のお茶の歴史は鎌倉時代からの古いものであるとしながら、
平安時代の本朝文粋には、安城の別郷廃寺(薬王寺)に既に茶園があると記述されている。
三河三都・小京都・城下町と称し、悠久の歴史を誇るかのような宣伝をしているが、
古代の古墳時代は、安城の古井・桜井の古墳群に西三河の中心があったことが考古学の発掘調査で
すでに結論が出ている。
名鉄西尾線は、前身が西尾線で、西尾鉄道の岩瀬がつくったと宣伝しているが、碧海電気鉄道の新安城~西尾が主体である。
岩瀬文庫は、国立国会図書館・国立公文書館に所蔵されていないような地元のあやしい本がいっぱいで、
デジタルアーカイブで一般公開されていないため、史料価値が検証不能。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

質問者さんは一度「歴史学」をまともに学んだ方がよいでしょう。


質問者さんがいわれるようなことを「ねつ造」というなら歴史学や学説は成立しません。

●安城の古井・桜井の古墳群に西三河の中心があったことが考古学の発掘調査ですでに結論が出ている。
○あくまで「現存している古墳」と「発掘調査された古墳」での話。未知の古墳が存在していないという可能性は否定できないから「結論が出ている」のはあくまで「現状での学説・定説」にすぎない。
    • good
    • 0

それがどうした。



主義主張の表明場所じゃないですから、ここは。
よそでやってください。
    • good
    • 0

物理で習ったのですが、



エーテルは存在しません。は小学生。
マイケルソン・モーリーの実験で無い事が証明されています。 は中学生。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%BC% …(%E7%89%A9%E7%90%86)

エーテルとは何か?
それを知る事が重要なのだそうです。

光が真空中を進むには媒体が必要です。(現在でも)
その媒体をエーテルと称しました。


アリストテレスが唱えたエーテルは19世紀まで否定されなかったのです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%BC% …(%E7%A5%9E%E5%AD%A6)

物理学は何も無い(媒体すら存在しない)所を物質や電磁波(光や電波)が進む事を容認しません。
これをすんなりと説明したのがアルベルト・アインシュタインです。


貴方はアインシュタイン(歴史)は間違っています。
と知識を見せびらかして自慢していますが、専門家はどう見ているでしょう?

それが物理学(歴史学)であると認識しているでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q蒲郡市と西尾市の市民税

蒲郡市と西尾市の市県民税、どれくらいかかるかを教えてもらえませんか?

Aベストアンサー

>蒲郡市と西尾市の市県民税、どれくらいかかるかを教えてもらえませんか?

「均等割」は一人4,000円(+500円)
「所得割」は所得に応じてかかるので所得次第です。
「給与所得」であれば以下の簡易計算機で試算できます。

『所得税・住民税簡易計算機【給与所得用】』
http://tsundere-server.net/tax.php

--------
「均等割」の(+500円)は愛知県税の「あいち森と緑づくり税」です。

『愛知県|個人県民税』
http://www.pref.aichi.jp/0000019017.html

市民税はどちらの市も「条例による住民税の変更」および「地方独自課税」などはないようです

『蒲郡市|個人市民税について』
http://www.city.gamagori.lg.jp/unit/zeimu/mznozei.html
『西尾市|くらし』→「市民税」を参照
http://www.city.nishio.aichi.jp/index.cfm/6

(参考)

『住民税とは?住民税の基本を知ろう』
http://allabout.co.jp/gm/gc/14737/
『減税条例』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%9B%E7%A8%8E%E6%9D%A1%E4%BE%8B
『地方独自課税』
http://www7.plala.or.jp/YAYOI/sub14.html

※間違いがないように努めてはいますが最終判断は市役所へ確認のうえお願いいたします。

>蒲郡市と西尾市の市県民税、どれくらいかかるかを教えてもらえませんか?

「均等割」は一人4,000円(+500円)
「所得割」は所得に応じてかかるので所得次第です。
「給与所得」であれば以下の簡易計算機で試算できます。

『所得税・住民税簡易計算機【給与所得用】』
http://tsundere-server.net/tax.php

--------
「均等割」の(+500円)は愛知県税の「あいち森と緑づくり税」です。

『愛知県|個人県民税』
http://www.pref.aichi.jp/0000019017.html

市民税はどちらの市も「条例による住民税の変更」...続きを読む

Q【歴史】兵庫県神戸市の神戸の由来を教えてください。 神の戸?どういうこと?

【歴史】兵庫県神戸市の神戸の由来を教えてください。

神の戸?どういうこと?

Aベストアンサー

こちらの回答が、最も納得がいきました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1141861151

Q愛知県西尾市から静岡方面へのルート

西尾市から静岡方面(目的地袋井)へ行きたいのですができるだけ早く目的地へ着きたいです。東名を利用するつもりですが音羽蒲郡からと豊川から乗るのとどちらが良いと思いますか。また、音羽と豊川から高速に乗るのではおおよそどの位の時間差がありますか。

Aベストアンサー

普通に考えれば、岡崎ICからだと思いますけど・・・・

その次は音羽蒲郡有料道路経由で音羽蒲郡ICですかね。
岡崎市内の渋滞にはまる危険は少ないので、ラッシュ時間帯などはこちらの方が早そうですね。

豊川ICは時間かかりますね。
そもそも西尾からでは遠いですし。
豊橋へむかう23号の渋滞や、豊橋市内から豊川ICへ向かう渋滞などに巻き込まれる可能性も多いですしね。

Q【姫路城の鬼門、裏鬼門の謎】普通は鬼門は北東、裏鬼門は南西にあるはずなんですが姫路城の鬼門が姫路城の

【姫路城の鬼門、裏鬼門の謎】普通は鬼門は北東、裏鬼門は南西にあるはずなんですが姫路城の鬼門が姫路城の北東になく南にあるのはなぜですか?

おかしくないですか?

Aベストアンサー

「姫路城の鬼門」を門か何かだと思っておられるのでしょうか?
鬼門は書かれているように北東の方角を指す(として日本では使用されている)言葉です。つまり「姫路城の鬼門」は「姫路城の北東」と言ってるのと同じです。あなたの質問は「姫路城の北東が南にあるのはなぜですか?」ということになり、質問がオカシイということになります。

ちなみに鬼門の由来は、むかーしの中国の書籍に北東の門に捕まえた鬼を縛ってまとめているところがあるって記述からで、なのでその門を鬼門と呼ぶってところから、北東の方角を鬼門(の方角)と呼ぶようになりました。それが日本では、鬼の門って怖いねーって感じのイメージ先行で、とりあえず北東は鬼門で怖いねー、じゃあ反対側も裏鬼門で怖いねーって感じでしょう。ちなみに裏鬼門なんてのは日本と、もしかしたら風水くらいで言われる程度のニセ情報も良いところの話なのですが、どうせそんなのはどうでも良いのでしょう。

Q平等選挙における問題点

以前に選挙で質問したのですが今回平等選挙における問題点について質問です。現在の選挙制度は衆議院は小選挙区比例代表で参議院は地域代表と比例代表です。平等選挙の点で考えると衆議院の小選挙区の部分が平等ではないと思うのですが、玉に最高選挙区と最低選挙区の議員数を平等にするために大選挙区制にすべきと思うのですが、なぜなら一選挙区に対して1人の議員という考え方は選挙区によりけりで有権者の数が違うのだから平等に選挙していないと思うのですがいかがでしょうか?また今の選挙制度ではほかに矛盾点はないのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、どんな選挙制度をとっても弱点はあります。

それと、平等選挙と大選挙区小選挙区という問題は無関係です。

平等選挙は投票価値が平等であることを言います。小選挙区でも選挙区がうまく分かれていれば投票価値は平等になります。

小選挙区は死票が多く出ますが、これは平等選挙とは全く関係がありません。平等選挙は一人一票であるべきところが実質的に一人二票以上になってしまうことを禁止しているに過ぎませんから。

ただ、平等選挙とは無関係に死票が多く出る制度が良い制度かどうかは考えてみる価値はあります。

Q【歴史の捏造】杉原千畝について

ナチスの虐殺から多くのユダヤ人を救ったとされる杉原千畝ですが
杉原の命のビザ発行とナチスのユダヤ人政策を時系列で並べると下記のようになります。

1933年 1月:ヒトラー、首相に就任
1933年 4月:ユダヤ人の公職追放
1934年 8月:ヒトラー、総統に就任
1935年 9月:ニュールンベルク法制定(ユダヤ人の市民権剥奪)
1938年11月:水晶の夜事件
*1939年 8月:杉原、リトアニア副領事に着任
1939年 9月:ドイツ軍ポーランド侵攻、第2次大戦の開始、ワルシャワ陥落
1940年 6月:ソ連軍がリトアニアに進駐
*1940年7月:杉原のビザ無制限発行
1940年 8月:ソ連がリトアニアを併合
1940年9月:杉原、リトアニアから強制退去。
1940年10月:ワルシャワゲットーへのユダヤ人強制移住開始
1940年11月:ワルシャワゲットー封鎖
1943年 4月:ワルシャワゲットー蜂起
1942年 1月:ヴァンゼー会議(ユダヤ人絶滅政策を決定)
1942年 7月:絶滅収容所へのユダヤ人移送開始(虐殺の開始)
1944年 ?月:ラウル・ワレンバーグがユダヤ人を救う
1944年 ?月:オスカー・シンドラーがユダヤ人を救う
1945年 5月:ヒトラー自殺、第3帝国の崩壊

これを見ると、杉原が命のビザを発行した当時は、ユダヤ人絶滅政策は決定しておらず、ゲットー強制移住さえも始まっていなかったことが分かります。
杉原にはビザの無制限発行がユダヤ人の命を救うことになろうとは予想も出来なかったはずです。
恐らく、リトアニアへのソ連の進駐で、ユダヤ教の信仰を禁止される事を恐れたユダヤ人達が宗教の自由を求めての国外脱出のために杉原の元へ殺到したのが事実ではないでしょうか。
要するに杉原は、ユダヤ教信仰のために尽くしてあげた優しい人であって、
絶滅収容所からユダヤ人達の命を救ったワレンバーグやシンドラーと並び称されるほどの人物ではありません。

ですが日本では、杉原はナチスの横暴に義憤を感じ自分の職を賭してでもユダヤ人の命を救おうとビザを無制限に発行した日本のシンドラーだ、ということになっています。
これは、日本の都合のよい歴史の捏造です。
史実を無視した厚顔無恥さはまるで韓国のようだと思ってしまいます。
日本人として恥ずかしい限りです。
ユダヤ教信仰のために尽くしてあげた優しい人、で良いのではないでしょうか。
それを余計な尾ひれをつけて偉人に仕立て上げようとする根性が気に入りません。
恐らく杉原も天国で困惑していることだと思います。

皆さんはこの歴史の捏造についてどう思いますか?

ナチスの虐殺から多くのユダヤ人を救ったとされる杉原千畝ですが
杉原の命のビザ発行とナチスのユダヤ人政策を時系列で並べると下記のようになります。

1933年 1月:ヒトラー、首相に就任
1933年 4月:ユダヤ人の公職追放
1934年 8月:ヒトラー、総統に就任
1935年 9月:ニュールンベルク法制定(ユダヤ人の市民権剥奪)
1938年11月:水晶の夜事件
*1939年 8月:杉原、リトアニア副領事に着任
1939年 9月:ドイツ軍ポーランド侵攻、第2次大戦の開始、ワルシャワ陥落
1940年 6月:ソ連軍がリトアニアに進駐
*1940...続きを読む

Aベストアンサー

ビザ発給とナチスの脅威は無関係と言えそうですね

さらに穿った見方をすれば、杉原がソ連通であったことと、ビザ発給には金品の授受が少なからずあったということを考えると、
杉原のほうからユダヤ人側へビザ発給の見返りに金品の要求を持ちかけたのかもしれません。

とすると杉原は偉人どころか、人の弱みに付け込んで甘い汁を吸おうとしたチンピラ役人だったと言えます。

Q公職選挙法第161条について

公職選挙法第161条について教えてください。

「公職の候補者(衆議院比例代表選出議員の選挙における候補者で当該選挙と同時に行われる衆議院小選挙区選出議員の選挙における候補者である者以外のものを除く。)」とは、

「衆議院比例代表選出議員の選挙における候補者で当該選挙と同時に行われる衆議院小選挙区選出議員の選挙における候補者」ということでしょうか?

ならばなぜ「「衆議院比例代表選出議員の選挙における候補者で当該選挙と同時に行われる衆議院小選挙区選出議員の選挙における候補者は」と表現しないのでしょうか?

実は、本当に知りたいのは地方選挙で公民館で個人演説会ができるかどうかということですが、上記の条文が解釈できないためお聞きするものです。

Aベストアンサー

>「公職の候補者(衆議院比例代表選出議員の選挙における候補者で当該選挙と同時に行われる衆議院小選挙区選出議員の選挙における候補者である者以外のものを除く。)」とは、

(公職の候補者)-((衆議院比例代表の候補者)-(衆議院選挙区の候補者でもある人))
ですね。(ベン図のほうが分かりやすいけど、書けないので…)

>ならばなぜ「「衆議院比例代表選出議員の選挙における候補者で当該選挙と同時に行われる衆議院小選挙区選出議員の選挙における候補者は」と表現しないのでしょうか?

それだと
(衆議院比例代表の候補者)∩(衆議院選挙区の候補者)
なので、上記とイコールではないですよね。

# うーむ…ますますベン図で書きたい…

Q清州城の歴史について教えてください。

観覧ありがとうございます。
今度、夫婦で清州城へ行く事になり、せっかく清州城へ行くならば、何も知らないまま行くより、少しでも知識があった方がより楽しめるだろうと思い、清州城の歴史に興味を持ちました。
歴史に詳しい方がいらっしゃいましたら、是非簡単にで結構ですので、清州城についての歴史を教えていただけませんでしょうか?
図々しくて申し訳ないのですが、難しい漢字や古い言い回しだと、分からない事が多いので、今現代の言葉や例えに置き換えて教えていただけると、大変嬉しく有り難いです。
心優しい方、どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

引用ですが、
「室町時代応永12年(1405)、尾張国の守護職であった斯波義重が、守護所であった下津城(稲沢市)の別郭として建てられたのが清須城の始まりといわれています。
 文明8年(1476)戦乱により下津城が焼失した後の、文明10年(1478)守護所が清須に移転することで、清須が尾張国の中心地となります。京や鎌倉に連絡する往還と伊勢街道が合流する交通の要衝でもあり、尾張の政治・経済・司法の中心地として繁栄を迎えます。
 弘治元年(1555)に織田信長公が那古野城(なごやじょう)から入城、尾張を統一掌握したころの清須城の基本構造は、守護の館と同じだったと考えられています。永禄3年(1560)の桶狭間の戦いに勝利した信長公は、ここ清須から天下統一への第一歩を踏み出しました。
 天下統一へ突き進む途上、本能寺の変で斃(たお)れた信長公の跡目を決める清須会議の後、城主となった次男、信雄によって改修された清須城の城郭は、天守を備え東西1.6km、南北2.8kmにも及ぶ巨大な郭域の中に城下町のあらゆる機能を備えた城塞都市として過去最大の規模に達します。
 その後城主は、織田家から豊臣秀次(関白)、福島正則(秀吉子飼の大名)と移り、天下分け目の関ヶ原の戦いでは、東軍の最前線の城として重要な軍事拠点となります。関ヶ原以後、城の主は松平忠吉(家康四男)、徳川義直(家康九男)と変遷しますが、この頃の清須城下は、人口6万人を数える賑わいを見せ、朝鮮通信使の記録にも「関東の巨鎮」と称され、また、清須城は「天下の名城」と讃えられました。
 慶長15年(1610)徳川家康は、清須城廃城と名古屋城築城を命じ、町の建物、町の機能全てが移転する「清須越」が行われました。これにより尾張の政治・経済・司法の中心は清須から名古屋へ移り、清須城とともにその城下町は歴史から姿を消し去りました。なお、名古屋城築城に際し取壊した清須城の資材が再利用され、特に名古屋城御深井丸(おふけまる)の西北櫓は、「清須(洲)櫓」とも呼ばれ清須城天守の古材でつくられたといわれます。
 平成元年(1989)、四百年近くの年月を経て歴史ある城が「清洲城」として天主閣をはじめ、芸能文化館、清洲城広場などをしたがえ地域のシンボル、平成のお城として甦りました。」
http://www.city.kiyosu.aichi.jp/01syokai/shisetsu/50.html

引用ですが、
「室町時代応永12年(1405)、尾張国の守護職であった斯波義重が、守護所であった下津城(稲沢市)の別郭として建てられたのが清須城の始まりといわれています。
 文明8年(1476)戦乱により下津城が焼失した後の、文明10年(1478)守護所が清須に移転することで、清須が尾張国の中心地となります。京や鎌倉に連絡する往還と伊勢街道が合流する交通の要衝でもあり、尾張の政治・経済・司法の中心地として繁栄を迎えます。
 弘治元年(1555)に織田信長公が那古野城(なごやじょう)から入城、尾張を...続きを読む

Q総選挙って何ですか?

恥ずかしい質問ですが、総選挙ってどんな選挙ですか?

また、総選挙でない選挙はどんな選挙ですか?

Aベストアンサー

総選挙・・・衆議院議員選挙(任期4年もしくは解散時)
通常選挙・・・参議院議員選挙(3年ごとに半数改選。解散は無し)
一般選挙・・・地方公共団体関係選挙
と呼ばれます。よって県議会・市長村議会議員選挙は総選挙と呼びません。

その他に代表的なところでは
補欠選挙・・・議員に欠員(死亡等)が出た場合
再選挙・・・当選者が出なかった場合
同日選挙・・・衆議院議員選挙+市長選挙など2つ以上の選挙を一日でやる場合

Q祭祀行為に塩を用いる事の起源、歴史について。

「清め塩」とか、神前に酒と一緒に「塩」を供えるなど、日本における各種宗教行事と塩は、切っても切れない関係にあります。では、この関係は日本ではいつ頃から始まったと、歴史研究者の間では、考えられているのでしょうか。私は、このような塩の利用は、穢れ意識の始まりと連動しているのでは、と考えています。原田信男さんによると、穢れ意識が増大してくるのは、9世紀後半からとありました(原田2000)。するとそれ以前の古代や先史時代には、塩はまだ調味料の役割だけで、宗教的な観念とは結びついていなかったと考える事は可能でしょうか。それとも、塩によって穢れを払うという観念は、古代ないし中世のいずれの時代かに、大陸から持ち込まれた外来の思想なのでしょうか。塩と宗教に関する、この辺に言及している研究があったら教えてください。お願いします。

 原田信男2000「古代日本の動物供犠と殺生禁断」『東北学』3、174頁。

Aベストアンサー

こんばんは。

初期神道の形成は、縄文後期から弥生にかけてと言われており、その頃から既に禊・祓いの祭祀は確立、汐(潮・塩)垢離(しおごり)と言う形で、海水で清める方法がありました。その簡略形として塩を用いて清めるやり方が出来上がったわけです。

ちなみに仰っている「9世紀からの穢れ意識の始まり」とは、仏教の伝来による「殺生戒」の思想と貴族社会で持て囃された「肉食穢」の思想の融合により出来た穢れ観です。実際の神道で考えられている「気枯れ」の思想とは全く異なるものですね。言及・・・と言うなら、初期神道形成に関する研究を調べれてみると良いでしょう。

塩と宗教は古代から、各国でも色んな場面に出てきます。旧約聖書の中にも「塩の契約の塩」や「永遠の塩の契約」が出てきますし、イスラムでも塩でアラーへの供物を清めたりします。その防腐や浄化効果を、昔から宗教と結びつけてきたのでしょう。塩と宗教に関しては、様々な視点から様々な見解が出てきています。アプローチの仕方は色々あるので、読まれた本以外の視点からも考察されてみられては如何でしょうか。

ご参考になれば幸いです。

こんばんは。

初期神道の形成は、縄文後期から弥生にかけてと言われており、その頃から既に禊・祓いの祭祀は確立、汐(潮・塩)垢離(しおごり)と言う形で、海水で清める方法がありました。その簡略形として塩を用いて清めるやり方が出来上がったわけです。

ちなみに仰っている「9世紀からの穢れ意識の始まり」とは、仏教の伝来による「殺生戒」の思想と貴族社会で持て囃された「肉食穢」の思想の融合により出来た穢れ観です。実際の神道で考えられている「気枯れ」の思想とは全く異なるものですね。言及・...続きを読む


人気Q&Aランキング