ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

ダイエットとは関係ありません。
ちょっと食事を取る時間を逃してしまって仕事に追われていると、空腹感がなくなる訳を教えてください。
そういうことってありませんか。
そういうときは、蓄積されたグリコーゲンとかが出番になっているのですか。
やせたいと思っているわけではありませんが、そのときの気分はちょっといい気持で、さわやかです。
医学的な回答をお願いします。

A 回答 (1件)

こんにちは。


これは自律神経による働きです。
自律神経の中の交感神経というのは、何か集中したり緊張したりするのをコントロールしていますが、この神経が強く働き出すと、副交感神経という、身体の調子を維持する神経が、出す「お腹すいたからエネルギーを補給して頂戴」とかの命令を停止してしまうのです。

仕事に夢中になると、この交感神経が働き、エネルギーを仕事に集中させたりする結果、そうなりますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ありがとうございました。
たしかに、何かで気もそぞろの時とか、食事どころではないというときも、食欲など二の次になってしまいますね。
逆に、精神的に物足りない気分の時は、空腹でもないのに
食べ物に手が伸びるということもあります。
なかなか人間の体も奥が深いですね。

お礼日時:2004/01/09 23:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q空腹感がなくなるのは何故?

おなかがすいているのをしばらく我慢していると、おなかがすいているのか、いないのかよく分からなくなる事があります。
これは自分に限った話ではなく、周囲の人にも「おなかすいた?」と聞いた時に「さっきまですいていたけど、峠を過ぎちゃった(=空腹感なくなった)」という返事がよくあります。
皆さんも同様の経験があると思いますが、その理由をご存じないでしょうか?

Aベストアンサー

 空腹感と言うのは血糖値の低下で起こってきます。しかしそれ以外にも胃酸の分泌や胃の蠕動運動の亢進など食事をする時間になると(これは体内時計や生活習慣から起こります)すでに準備がなされるのです。しかし、その時間に食事をしなかった場合、いつまでも胃酸が分泌されたり蠕動が続くわけではありません。これらがおさまってくると空腹感も減少します。それにある程度血糖値が下がるとグルカゴンというホルモンが分泌され、一時的に血糖値が上昇してきます。これも空腹感が減少する一因と思われます。
 


人気Q&Aランキング