海の波はなぜおきるのか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 風によって起こると習ったように記憶しています。


 風によって海水面に波が起こり、それが伝播して砕波すると一つの波としては終わります。
 海洋調査のときなどで、海面の状態を記録する場合、段階わけみたいなのがあります。穏やかとか荒れているとか。
 その段階を判定する基準の中に、風が無く穏やかな時、海面を「鏡のよう」と表現したりしていますので、風がないと波は起こらないのだと思います。(大海原では)

 波打ち際のことを特に言っているとすると、海底の地形などもかかわってきます。波と波が重なって大きくなったりもします。潮汐の関係もあるでしょう。でも、もともとの発生源としては風になると思います。
 4年ぐらい前に習った事なのであいまいですが。
 海洋学や海岸工学の本に詳しく出ていると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2001/05/11 17:08

風と月の引力です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。月も関係あるのですね。

お礼日時:2001/05/11 17:07

参照URLの説明でいかが?



参考URL:http://www.sunopala.com/BB/nazo/dekikata.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変勉強になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/05/11 17:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q南国の海は潮の香りがしないのはなぜ?

くだらない質問ですが、先日沖縄に行ったときにふと思いました。

なぜ、南国の海は潮の香りがしないんでしょうか。

知ってたら教えてください。

Aベストアンサー

おっしゃる通り、日本の近海の海は磯臭くて海水の透明度も低いですが、南国の海は磯臭くなく透明度も高いです。
この理由として、日本の近海は、南国の海に比べてプランクトンが多いからです。磯臭さは下の方の回答にありますようにプランクトンの腐敗臭です。日本の近海は、黒潮やら親潮やらが運んでくる養分が豊富な為プランクトンが南国に比べて育ちやすいのです。

Q高調波電流ではなく高調波電圧では?

高調波電流が系統に流出して他の機器に悪さをするかの説明をよく見聞きするのですが、私は下記のように考えます。間違っていますでしょうか。どなたかご教示下さい。

配電系統における高調波被害の原因は、コンバータなどの高調波原因機器(以下、原因A)に高調波電流が流れる。→配電線の電圧降下により、原因Aの電源側の電圧波形が歪む。→原因Aの電源側につながっている他の負荷(以下、負荷B)に印加される電圧が歪んで(高調波成分を含有)いるため、負荷Bに高調波電流が流れて加熱・振動などの問題を生じる。

すなわち、
原因Aによって、負荷Bに加熱・振動などの問題が生じるのは、原因Aから系統側に高調波電流が流出し、それが負荷Bに流れ込んで悪さをしているのではなく、あくまでも原因Aの受電電流によって引き起こされる電圧歪みが原因である。

Aベストアンサー

>この矩形波電圧は、インバータに接続された負荷には印加されるものの、コンバータの電源側すなわち系統側には印加されないので、系統側への影響はないような気がするのですが。
●電源側には印可されないというのはそのとおりですが、電源側にも重畳してしまうということです。通常は電源側にフィルターが設けられてますから軽減されていますが、質問者さまが例として上げておられるコンバータもそうなんですが?

Q高調波発生機器からの高調波流出電流計算書

よろしくお願いします。m(__)m
アセッテマス(T_T)

初めて、高圧の申込(東北電力へ)をしたのですが、(受電電圧6.6Kv 契約電力105kv)
電力受付から、高調波発生機器からの高調波流出電流計算書の
提出を求められました。下記のように九州電力でも
http://www.saganet.ne.jp/kyuden/maintenance/hogo.files/panfu.pdf
同じ事をしているのだなと、改めて知った次第です。

1そこで、この計算書に書く機器名称なのですが、どんなものが
該当するのでしょうか? 記入例をみると「○○インバータ」、
「三相整流器」「エレベーター」などがあります。単に
負荷だけでもないみたいだし、キュービクル内の機器のことなのでしょうか?

2また、この計算書を提出しなくても済むような、
(高調波を発生させない仕組みはないのか)ことは
出来ないのでしょうか?

3 キュービクル内の高圧コンデンサですが、仕様書に
  7020v 3Φ39.1KVA とあるのですが
  こんなの通常取り付けるのでしょうか? 
7020vじゃなくて6Kvが通常じゃないのかな?
それに、39.1なんていうのあるのかな?
この値をみて、保安協会の方に「これじゃ、リアクトルを取り付けるのかな?」
なんて言われ、回答できずに濁してしまいました。
  「リアクトルって何?」みたいなノリの私です。(*_*)

今回、知人から電力の申込を依頼され、経験になると思い、儲けなんて度外視で
やってます。(高圧の経験もないから、お金もらえるプロじゃないね(-_-メ))

ところで、高圧の申込申請って、電力の認可は要らないのかな

よろしくお願いします。m(__)m
アセッテマス(T_T)

初めて、高圧の申込(東北電力へ)をしたのですが、(受電電圧6.6Kv 契約電力105kv)
電力受付から、高調波発生機器からの高調波流出電流計算書の
提出を求められました。下記のように九州電力でも
http://www.saganet.ne.jp/kyuden/maintenance/hogo.files/panfu.pdf
同じ事をしているのだなと、改めて知った次第です。

1そこで、この計算書に書く機器名称なのですが、どんなものが
該当するのでしょうか? 記入例をみると「○○インバータ」、
...続きを読む

Aベストアンサー

1.一般ビルの場合、高調波発生機器は、インバータを使用するエレベータ、空調機、冷凍機等の動力機器、コンピュータ他の無停電電源用のUPSなどが考えられます。それらをあらかじめ決まっている高調波発生率に当てはめて、奇数次毎(5,7,9,11....)に高調波電流を算出します。
次数別高調波流出電流合計が上限値を超えないように対策をとらなければいけないということです。
メーカーにしても、動力制御盤に汎用インバータを入れるにしても、ほとんど対策を講じていますので、上記次数別高調波流出電流合計は上限は超えませんね。

2.現在の建築設備の向かっている方向は省エネですので(インバータを使う)高調波はついてまわります。

3.7020Vとはコンデンサに付属しなければならないリアクトル(1996年JIS改正)による電圧上昇の為です。
6%のリアクトルを設置した場合は、コンデンサの端子電圧は6600/(1-0.06)=7020となります。
ちなみに製品として39.1kvarのコンデンサは汎用品では無いので31.9kvarの間違いでは無いでしょうか(30kvarの6%リアクトル対応品)

前述の通りリアクトルはコンデンサの一時側に設置しなければいけません。

1.一般ビルの場合、高調波発生機器は、インバータを使用するエレベータ、空調機、冷凍機等の動力機器、コンピュータ他の無停電電源用のUPSなどが考えられます。それらをあらかじめ決まっている高調波発生率に当てはめて、奇数次毎(5,7,9,11....)に高調波電流を算出します。
次数別高調波流出電流合計が上限値を超えないように対策をとらなければいけないということです。
メーカーにしても、動力制御盤に汎用インバータを入れるにしても、ほとんど対策を講じていますので、上記次数別高調波流出電流合計は...続きを読む

Q海があれているときその内部は?

海の表面ががあれているときその内部はどうなっているのでしょうか?=
あれている海の中にいる魚にとって嵐というのはどのくらいの災難になるのでしょうか?

Aベストアンサー

波のあるとき、水の粒子は円運動を描いています。これは、海に浮き輪があったときの、その浮き輪の動きを思い出していただければ良いと思います。浮き輪は波に押されて海岸まで流されることはなく、波(の山)がきたとき、上に持ち上げられつつ、少し海岸側へ移動します。波の山が超えたあとは、浮き輪は今度は下に落ちつつ沖のほうへ流れ、元の位置に戻ります。
つまり、海の表面がどんなに荒れていても、水の動き自体は、じつは波の高さと同じ位の直径の円を描くように動いているだけなのです。
海の表面から水中に行くにしたがって、たぶん摩擦かなんかのために、水の粒子が描く円の直径はどんどん小さくなるので、波の高さの何倍か水中に行くと、ほとんど動きがなくなります。
というわけで、浅い海では荒れた海は大災難ですが、少し深くなると、大した影響はありません。

Q海のCO2吸収はどうなってるの?

CO2排出権の計算で
海面が吸収する量はどうなっているのでしょう?
土地面積の少ない島国日本は
山をどんなに頑張ってもカナダのようにはできない。
でも、島国だから海(領海+経済水域)はかなり広いはず、
まだ手付かずのはずだし
これってきちっと計算入れたら、チリツモじゃないかな?
税金で空気を買わなきゃならないのは避けられるんじゃない?

どうなってるのか、
知ってる方教えてください

Aベストアンサー

排出権売買についてですよね?
国単位での排出権売買があるかは判らないのですが
多分無いと思いますしこの内容で良いと思うのですが…

なにはともあれ
グリーン物流パートナーシップ会議が掲示している
「ロジスティクス分野におけるCO2排出量算定方法
共同ガイドラインVer.3.0」
http://www.greenpartnership.jp/pdf/co2/guidelinev3.0.pdf
とか

省エネ法
(エネルギーの使用の合理化に関する法律)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S54/S54HO049.html
とかを読んで頂けると判るのですが


基本的に
企業や団体に科せられた毎年度毎の削減目標というのがあって
その値が確か前年比1%減なのですね(違うかな?)

しかしながら
前年比1%減丁度に押さえるというのは相当難しい。

仮に1%減を実現出来たとしても
地球環境を考えるとそんな悠長なことはしてられない。

その上
ある年ついに極限まで削減したとしたら
来年度は限界まで削減したその年度より
更に1%削減を実現しなくてはいけなくなる

カラカラに乾いたぞうきんから
水滴をさらに絞り出すような
荒唐無稽な努力をしなくてはいけなくなる

なので実際上
「今年ので前年比38%削減見込みがたつからこの内の37%を売り、
同時にその分のCO2排出量を
自社のものとして調達して1%減の帳尻を合わせる
これを継続しつつ
同時に更なる削減努力も行いながら
何十年も永続的に1%削減を達成し続ける」
と言う内容が
排出権売買の骨子だと認識しています


海に前年度比?%の削減目標とか削減実績とか
あんまり無いですよね?
実現させれば確かに売買可能かも知れませんがね

間違っていたらご免なさい

排出権売買についてですよね?
国単位での排出権売買があるかは判らないのですが
多分無いと思いますしこの内容で良いと思うのですが…

なにはともあれ
グリーン物流パートナーシップ会議が掲示している
「ロジスティクス分野におけるCO2排出量算定方法
共同ガイドラインVer.3.0」
http://www.greenpartnership.jp/pdf/co2/guidelinev3.0.pdf
とか

省エネ法
(エネルギーの使用の合理化に関する法律)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S54/S54HO049.html
とかを読んで頂けると判るのですが


基...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報