ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

カノニカル集団とミクロカノニカル集団の構造関数が

Z(β)=∫dzexp(-βE)=∫〔0~∞〕dEexp(-βE)Ω(E)

で関係付けられることを示したいのですが、

1=∫〔0~∞〕dEδ(E-H)

を何処かで用いて解く、としか分かりません。
 誠に恐縮ですが、どなたか御回答を宜しく御願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

Z(β)=∫dzexp(-βE)ではなくて


Z(β)=∫dpdq exp(-βH(p,q)) (定義)
のようなイメージではないでしょうか?
そうすれば、1=∫〔0~∞〕dEδ(E-H) の
両辺にZ(β)をかけて、定義を代入すれば
Z(β)=∫〔0~∞〕dEexp(-βE)Ω(E)
が得られます。問題の意図は
exp(-βE)/Z(β)が一つの(p,q)が
エネルギーEのときにとる確率で、
系のエネルギーがEである確率は
H(p,q)=Eを満たす(p,q)となる状態の数が
∫dpdqδ(E-H)=Ω(E)なので
exp(-βE)Ω(E)/Z(β)となる。
ということを知って欲しいということだと思います。

dEδ(E-H)はその意味で、測度dHから
測度dEへの写像で、∫〔0~∞〕dEδ(E-H)=1は
その重ね合わせでどんなdHのときも
1を与えるよという測度dHから実数への関数です。
dH = dpdq exp(-βH(p,q))は確率変数Hの測度を
点(p,q)の測度dpdqで表したものではないでしょうか?
よって、
dpdq→dH→dE
という写像を引き戻して積分を実行し
確率の総和(あるいは確率の分配を)表している。

ちがうかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答どうもありがとう御座いました。
無事解決致しました。

お礼日時:2004/01/15 23:09

twelve12oclockさん、こんにちは。

f(l)はZ(β)の中で、Ω(E)にかかる重み、すなわちエネルギーEの各微視的状態が実現する確率です。等重率の仮定により、系全体(熱浴と、考えている部分を合わせたもの)の各微視的状態は等しい確率になりますが、考えている部分だけを取り出すと、これがあるエネルギーの状態になる確率はエネルギーの関数になります。系全体のエネルギーEtが与えられているとし、考えている系がエネルギーEl付近の幅δEの中にあるエネルギーを持つ状態になる確率を求めましょう。このとき熱浴がとり得る状態の数はΩ(Et - El)だから、求める確率は
 Ω(Et - El)Ω(El)δE /Ω(Et)
となります。このΩ(Et - El)/Ω(Et) がf(l)です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答どうもありがとう御座いました。
無事解決致しました。

お礼日時:2004/01/15 23:08

考える系と熱浴の全エネルギーをEt、考える系の量子状態lのエネルギーをElとすれば、lの実現確率はΩ(Et-El)に比例するから


 f(l) ∝ Ω(Et - El)/Ω(Et)
ここでエントロピーの定義からΩ(E) =exp(S/k)とすると
  f(l) ∝ exp[{S(Et - El) - S(El)}/k]
するとEt≫Elだから
 S(Et - El) - S(El) = -El∂S/∂E = -El/T
よって 
   f(l) ∝ exp( -El/kT)
より
 Z(β)=∫〔0~∞〕dEexp(-βE)Ω(E)
となります。なおZ(β)、Ω(E)は構造関数とはあまり言わないように思います。

この回答への補足

 御回答どうもありがとう御座います。回答を頂いての質問がありましたので、御覧になって下さい。

 (1) f(l)は何を表しているのですか?
 (2) 1=∫〔0~∞〕dEδ(E-H)は何処で用いるのですか?

 誠に恐縮ですが、御回答宜しく御願い致します。

補足日時:2004/01/10 18:13
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング