最近、なんだか嫌なことが重なってへこんでいます。
そんな時には笑える本を読みたいなーと思っているのですが
なかなか見つけることができません。

おすすめのエッセイや紀行本があれば教えてください!

ちなみに私の好きな作家は・・・
群ようこ、椎名誠、宮嶋茂樹、中村うさぎ・・・などなどです。
どうぞよろしくお願いします☆

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

わたしは質問者さまとは全くシュミが重ならないようですが(^o^)(どれも読んだことナシ)、へこみ解消にご協力しま~す。



エッセイはひところかなり売れた
「ああ言えばこう食う」
「ああ言えばこう(嫁)行く」(集英社文庫)
阿川佐和子・壇ふみの往復エッセイです。後者は前者の続編で先月ようやく読んだのですが大声で「わっはっは~(^o^)」とやって家族に気味悪がられました。

あとは赤瀬川源平さん。
たくさん本を出してますが、うーん、
「新解さんの謎」(文春文庫)
「明解ぱくぱく辞典」(中公文庫)
「超芸術トマソン」(ちくま文庫)
などが一冊目としてはおすすめでしょうか。
「カメラが欲しい」
「我輩は施主である」
などは個人的に贔屓です。

柳家小三治の
「ま・く・ら」
「もひとつ ま・く・ら」(講談社文庫)
も好きですねえ。
へこんだときには落語そのものを読むのもいいですよ。難しいこと考えなくていいし。ちくま文庫などに「古典落語」あります。

紀行の方は、前にも別な質問にお答えしたことがあるのですが、
妹尾河童の
「河童がのぞいた」シリーズ。(新潮文庫他)
何冊も出てます。紀行以外のエッセイもあります。

林丈二
「イタリア歩けば…」(廣済堂出版・文庫あり)
他にオランダ編とフランス編があります。
もうひとつあったような気がしますが……忘れました(^_^;)。
紀行はどれも「わっはっは」系統ではなく「ほほ~(にやにや)」という感じです。にじみでるユーモア。

こんなところでいかがでしょう(^o^)。
では良い出会いを。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます~。
妹尾河童さんと「ああ~」シリーズは読みました☆
好きな作家に入れてなかったですね、すみません!
しかしその他の方のは全くしりませんでした。
リンボウ先生は知っていましたが林丈二さんは知りません。楽しみです!
ありがとうございました!

お礼日時:2004/01/10 22:30

こんにちは☆


エッセイなら、私はよく「さくらももこさん」の本を読みます。
子供のころの話など、ほかにもいろいろと楽しい話が載っています。
古いのから新しいのまでたくさんありますが、どれも楽しいと思います。
参考までにどうぞ…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます!
さくらももこさんのは古いのしか読んだことがないのです~。
離婚後もお話はおもろいのですね、ということは!
楽しみです。有難うございました!

お礼日時:2004/01/10 22:32

#7です。



すいませんが、参考URLがうまく表示できなかったようです。

検索願います。
    • good
    • 0

こんにちは。



紀行と言ったらやはり「深夜特急」(沢木耕太郎)でしょう。個人旅行する若者にとっては「永遠のバイブル」です。あまりにも有名ですが、長い割には簡単に読めます。

「バックパッカーパラダイス」(斎藤夫婦)は夫婦で世界一周する話を夫婦で漫画にしています。4年ほどの長期の旅を厚い本にしているのです。
これを読んで大いに泣いて笑ってください。

エッセイは誰も推薦しないようなので、浅田次郎さんのものを推薦します。URL参照のこと。

役に立てば幸いです。

参考URL:http://www.teiren-kaimono.com/%C3%A5%C2%92%C2%8C …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
沢木耕太郎さんのは、1冊しか読んだことないですぅ。
忘れておりました。有難うございます~。
後の方のは全く知りませんでした。
特に浅田次郎さんがエッセイを出しているとは(笑)。
有難うございました!楽しみです。

お礼日時:2004/01/10 22:31

原田宗典さんの<はたらく青年>がおもしろかったです。

けっこう笑えました。

あと、定番かもしれませんが、さくらももこさんのエッセイはどれも、笑いをこらえるのが大変なくらい笑わせられます。もし読んだことがなければ、一度読んでみてほしいです。(エッセイ好きな方のようですから、もうすでに読まれてるかな?)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます!
原田宗典さんを忘れておりましたあ。
まだ読んだことがないので、トライしてみます!
さくらももこさんは「もものかんづめ」と「たいのおかしら」しか読んでないので、
その他もよんでみますねーー。
個人的には「ナッパ!」遺言話が好きでした(笑)。
有難うございました!

お礼日時:2004/01/10 22:28

 #3です。



 紀行本を忘れていました。これも村上春樹さんの「遠い太鼓」「雨天炎天」「辺境・近境」がなかなかいいですよ。
    • good
    • 0

 こんばんは。



 笑える本でしたら,村上春樹さんのエッセイの「村上春樹堂」「村上朝日堂の逆襲」「村上朝日堂はいかにして鍛えられたか 」「村上朝日堂 はいほー 」の村上春樹堂シリーズがなかなか面白いですよ。1話が短いところも読みやすいですね。

http://www2b.biglobe.ne.jp/~haruki/harukini.html

参考URL:http://www2b.biglobe.ne.jp/~haruki/harukini.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難うございます~。
村上春樹さんって、エッセイ&紀行も出してるですか?
知らなかった・・・!面白そうです。
大体、題名からして面白い(笑)。さがしてみます!
有難うございました!

お礼日時:2004/01/09 22:47

 小田空さんの紀行文マンガ&エッセイはとっても読みやすく楽しくスッキリでおすすめですよ(^o^)丿



 ★「目のうろこ」・・・創美社コミックス/全1巻
 ★「中国いかがですか?」・・・集英社コミックス版/全1巻

 小田さんの座右の銘は「旅は貧乏」。
 貧乏旅行を趣味とし、1人アジアの諸地域を飛び回っているその行動力はすごいです。
 決して楽しいことばかりでない異国の旅、生活も自然に受け入れて前向きに進んでいる姿勢には勇気づけられます。
 
 今、どこを歩いているんだろう。。。

参考URL:http://www2.plala.or.jp/eiko/ribon/from/oda.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます~。
小田空さんと言えば、子供の頃読んでいた「りぼん」だったのでしゅが、最近はそういうところで名前を見るので気になってたんですよ。やはり面白いですか!
あの方の作風でしたら、すごく前向きでしょうねー読んでみます!
有難うございました!

お礼日時:2004/01/09 22:45

私と好きな作家同じですね。


ではでは私が読んでいる作家の名前を挙げます。
内田春菊
瀬戸内寂聴・晴美
宇野千代 

よしもとばなな
安野モヨコ
大槻ケンヂ
とか、かなあー。これらの人の書いてるエッセイってお風呂入りながらざざっと読めるので重宝してます。
アマゾンとかで作家名検索してみてください。

あと、個人的な好みですが作家の書くものって売れっ子になってベテランになってからの作品よりもデビュー当時の作品の方がおもろいなあと思ってます。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/browse/-/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます~!
たくさんあって嬉しい♪
宇野千代さんはええかもしれません。
大槻ケンヂさん、エッセイ出してたんですね?
知らなんだー調べてみます。
ところで、私もデビュー当時の方がおもろいと思います。
私が好きな作家さんたち、みんなそうですー。
本当に有難うございました!

お礼日時:2004/01/09 22:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q椎名誠のエッセイ 島の名前が思いだせません・・

椎名誠さんの書くエッセイが好きで、何十話まとめて本になっているものを図書館で借りてよく読んでいるのですが、
ある話で出てきた島の名前が思い出せないので知っている方教えて下さい。
かなり読み漁っているのでその本の名前も思い出せない程です。

思い出せるヒント
・日本の東京から行ける島
・宿が一つしかないぐらいの小さい島
・宿のオーナー(男)が酷く、ボロボロの宿
・夜はお世話する人だけ残って、オーナーはどこかへ帰る
・夜寝ていると、ねずみがドドーーっと走る

とりあえず、読んでいてヒドイな~~とおもって
後で色々調べようと思っていたのに、名前忘れてしまいました。

是非、知っている方教えて下さい。

Aベストアンサー

『あやしい探検隊不思議島へ行く』の中に出てくる、浮島(千葉県)かな?

Q群ようこさんのエッセイで

作家の群ようこさんは、
引越しが好きだというエピソードをどこかで見た覚えがあるのですが、
群さんのたくさんある本の中で、
群さんの引越しエピソードが書かれている本ってありますか?

Aベストアンサー

ラジオで聞いたことがある。「別人群ようこができるまで」かな、(文春文庫)。

Q椎名誠さんは本名??

作家の椎名誠さんは、本名なのですか?
弟さんは、「椎名寛」さんと名前が出て来ます。
でも、奥さんや娘さんは、「渡辺」という名字で本を書かれています。
御夫婦なら、名字は同じですよね。
本を読んでて、名前が出てくれば出てくるほど、不思議に思います。
どなたか御存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

本名は、渡辺誠というそうです。

参考URL:http://www1.odn.ne.jp/~aab87530/novels/js/shiina.html

Q椎名誠の新宿赤マントシリーズの全作品名と順番を教えてください

最近、椎名誠さんにはまっていて、赤マントシリーズの1作目から読みたいと思っています。
1作目からの書名と順番を教えてください。

Aベストアンサー

(1)ひるめしのもんだい
(2)おろかな日々
(3)モンパの木の下で
(4)南国かつおまぐろ旅
(5)ネコの亡命
(6)時にはうどんのように
(7)カープ島サカナ作戦
(8)ギョーザのような月がでた
(9)突撃三角ベース段
(10)とんがらしの誘惑
(11)くじらの朝がえり
(12)焚き火オペラの夜だった
(13)ハリセンボンの逆襲
(14)ぶっかけめしの午後
(15)地球の裏のマヨネーズ
(16)ただのナマズと思うなよ
(17)どうせ今夜も波の上
(18)ワニのあくびだなめんなよ

多分こうだと思います。
ご参考までに。

Q椎名誠の「新宿赤マントシリーズ」の最新号を教えてください。

椎名誠の「新宿赤マントシリーズ」の最新号を教えてください。それと、最近2、3年の同シリーズの題が分かれば、それも教えてください。

Aベストアンサー

文庫化になっていないものとしては、
第16弾(これが最新だと思われる)『ただのナマズと思うなよ』(2004.9)
第15弾『地球の裏のマヨネーズ』(2003.8)
があります。
第14弾『ぶっかけめしの午後』(単行本は2002.10)以前はすでに文春文庫より文庫化されています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報