【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

関が原の戦い後、徳川家康、秀忠は一族や譜代を各地に配置して徳川の支配体制を固めていきますが、江戸時代初期の九州の押さえはどうなっていたのでしょうか?
1632年に譜代の小笠原忠真が現在の福岡県にあった小倉藩に藩主として入り、西国譜代大名筆頭として九州の玄関口を押さえる九州探題の任にあたって外様大名を監視したとWikipediaにあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%80%89% …

小笠原忠真の小倉藩主就任以後なら譜代の高力忠房が島原藩主となったり、大久保忠職が唐津藩主になったり、松平忠昭が府内藩主となったりしてどんどん譜代や松平家の大名が九州に増えているから徳川の力が九州に及んできているのがわかるのですが、小笠原忠真が小倉藩主に就任する前の関が原合戦から約30年の間、九州の外様大名の監視とか押さえとかはどうなっていたのでしょうか?
長崎奉行がその役にあったのかなと思ったのですが初期の頃は船の入港する忙しい6月に長崎に来て10月には江戸に帰って1年を通して長崎にいるわけではなく、1年を通じて長崎に奉行がいるようになったのは1638年からだということをWikipediaで読みました。
調べ方が悪いせいか徳川幕府の九州の監視体制というか押さえの配置がわかりません。知っている方どうかお教えください。

あと福岡藩の黒田家52万石、熊本藩の加藤家52万石や薩摩藩の島津家56万石などかなり力のある外様大名が複数いる九州に、なぜ徳川家康、秀忠は徳川一門の誰かを配置して押さえにしようとしなかったのでしょうか?尾張、水戸、紀伊、越前、越後(六男忠輝は改易されちゃいましたが)と本州ばかりです。九州に徳川一門の誰かが入れば大きな押さえになると思うのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

家康時代は、西国を実力で抑え込むほど幕府は圧倒的ではないんです。


関ヶ原後の論功行賞に依る大名鉢植え政策は豊臣家の名で行ったことであり、それも明確に西国は犠牲にしてでも東国を固めるものです。
その後征夷大将軍となり、さらに秀忠に譲り、このあたりの段階では騙されたという意識が西国大名には強いんです。
これらの大名の監視や指揮となるとせめて10万石格ですが、譜代で10万石格となると(豊臣家と違い)徳川家では譜代中の譜代、西国に派遣する余裕もない状況です。関東を守る要所に配置されてます。
一族を派遣して30~50万石となると、その分厄介な大大名を一つ東国に置くことになります。
このほうが嫌でしょう。

江戸時代当初の幕府から見た配置だと、すでに大阪の豊臣家を挟んだ姫路の池田家が凸角陣地で、基本東国の守りに家康のもっともお気に入りの近江井伊家、その応援に尾張家、越前松平家、ここが前線という扱いの配置です。

もし豊臣家を中心に全国的な反乱が起きれば九州に50万石あっても孤立無援で潰されるような状況で、抑えにはならないでしょう。

後に福島正則の強引な減封・移封があります。
姫路より西側、徳川家が自分の軍事力でいかようにもできる勢力圏の外側であり、
かなり危うい橋のように思えますが、これに成功したことから九州掌握に自信をもって取り組んだのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
確かにまずは関東を固めることと大阪への備えが優先ですね。
参考になりました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/11 20:04

近年の研究では、豊臣家が発行した文章が広く西日本に分布しているらしい。


つまり、東日本が徳川体制なのに対して、西日本は徳川=豊臣二重体制とでもいえる。

家康はリアリスト。

実際に戦闘経験がある大名をガードに入れています。
九州=大坂を断絶させるために。

それが、娘婿である池田家(姫路、岡山)であり、藤堂高虎(今治)
実戦経験のない息子なんかよりも、実戦経験があり一緒に戦った池田や藤堂を信頼しての配置となります。

対大坂城包囲網の諸城の縄張りをしたのが藤堂です。それくらい信頼していた。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。信頼できる外様の利用ですか。
参考になりました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/11 20:20

江戸時代初期はまだ徳川幕府の統治基盤が脆弱です。

とてもじゃないけど九州までは手が回りません。

1610年代から1620年台には岡本大八事件、大久保長安事件、宇都宮城釣天井事件が起きています。一歩間違えると徳川幕府が足元から瓦解しかねないような状態だったのです。

鎖国体制も幕藩体制もまだまだ確立されたとはいえない状態です。李氏朝鮮、明・清、ポルトガル、オランダ等の対外政策、通貨政策、キリシタン問題等の宗教政策などなど大名統制政策以外にも重要な政治課題は山ほど残っていました。

外様大名の反乱だけが怖いわけではない。親藩や譜代だって、頼りないし、徳川に対する忠誠心だって怪しいものです。御三家の水戸徳川家などは1603年生まれです。下手をすると徳川の権力が譜代大名に簒奪されてしまって徳川将軍が傀儡にされかねないぐらいです。実際、鎌倉幕府がそうでしたから。

足元がぐらぐらしているのに九州の監視体制どころじゃなかった訳です。

長崎に出島を作らせたのが1634年。参勤交代が武家諸法度に規定されたのが1635年。この頃、ようやく徳川の支配体制が固まったといえるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういえば豊臣家で石田三成たちの文治派と福島正則たちの武断派の対立があったように、徳川家でも大久保たち武功派と本多たちの吏僚派たちの対立があって、その足の引っ張り合いから岡本大八事件や大久保長安事件や宇都宮吊り天井事件を招いたと聞きました。
内部に不安要因を抱えたままじゃ確かに九州まで手が回りそうにないですね。
参考になりました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/11 20:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング