タングステンと鉛の半価層の値、X線に対する断面積の値を知りたいのですが、どのような資料を見たらよいのか教えて下さい。なかなか見つけられず困っています。

A 回答 (3件)

http://www-cxro.lbl.gov/optical_constants/
で、物質の透過率が、エネルギー範囲10eV~30keVまで、計算できます。

散乱断面積については、
International Tables for X-ray Crystallography, Volume1
にいくつかのエネルギー、CuとかMo等の特性X線、について、書いてあったような気がしますが。。。今、手元にないので、未確認。
    • good
    • 0

前の回答訂正。



タイトル:International Tables for X-ray Crystallography
VolumeC
編 : A.J.C. Wilson
出版:Kluwer Academic Publishers / Dorddrecht /Boston/London

でした。CuとかMoなど代表的なターゲットの特性X線について、質量吸収係数および散乱断面積のテーブルがあります。

例えば、
Total photon interaction cross section (barns/atom)

Cu k-α線で
W:5.13×10^4
Pb:7.98×10^4
    • good
    • 0

とりあえず、stomachmanのノートをお送りしましょう。



linear attenuation coefficient at monochromatic energy E (Rutherford):
μ(E) = (σp(E)+σe(E)+σs(E))ρe
photoelectoric effect :σp(E) = 20.64 (E^-3.28)(Zeff^3.62)
coeherent scatter : σs(E) = 20.0(E^-2.02)(Zeff^1.86)
compton effect (Klein-Nishina): σe(E) = φ0(3/4)[((1+r)/(r^2)){2(1+r)/(1+2r)-(log(1+2r))/r}+ (log(1+2r))/(2r) - (1+3r)/((1+2r)^2)}
where φ0=0.6652 x(10^-24)[cm^2/electron], r = E/0.511
Effective atomic number (Mayneord): Zeff = {Σ ai (Zi^2.94)}^(1/2.94)
where Zi: 元素iの原子番号, ai : 物質の全電子数に対する元素iの電子数の割合.
単一の化合物から成る被写体では, ai = Zi / Σ Zi
複数の化合物から成る被写体で,化合物の組成比が変動する場合,
化合物jの組成比を Rj とし,化合物 j の分子中の元素iの数をNijとすると
化合物j中の元素 i に関する電子数はnij = Zi Nij
物質全体の中の元素 i に関する電子数は Σ Rj nij
物質全体の電子数は ΣΣ Rj nij
であるから  ai =Σ Rj nij / ΣΣ Rj nij = Σ Rj Zi Nij / ΣΣ Rj Zi Nij
μ(E) = (σp(E)+σe(E))ρe
であるが,コンプトン散乱se(E)は物質の質量数と関係がなく,電子密度で決まる.質量当たりの電子密度は原子番号が大きいほど低くなる.
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q層別とは英語で何といいますか?

こんにちは、みなさん!!

タイトルの件、ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。ここでいう層別とは、ある問題に対して、原因を出しあいそれを【層別】するという場合に使います。グループに分けるという意味です。

例:問題:客が来ない
  原因:店長が悪い、スタッフが悪い、入りやすい店でない。イスがすわりにくい

上記の原因4点を【層別】すると

人の問題:店長が悪い、スタッフが悪い
店の内装:入りやすい店でない、イスがすわりにくい

上記のように使う【層別】の意味を英語では何といいますかぁ?

Aベストアンサー

【層別する】→「層別分析」→「stratified analysis」

又は【カテゴリーに類別する】= categorize

The above 4 (negative) reasons can be stratified into :-
The above 4 negative reasons can be categorized into :-

Human factor (element) :
Store layout :

Q断面積と微分断面積について(物理学)

質問です。
ゼミの時間に断面積と微分断面積が出てきました。この2つの違いが全く分かりません。どなたか教えてくれませんでしょうか?

Aベストアンサー

散乱や反応の「断面積」は、散乱された粒子や反応で生成される粒子が飛ぶ方向すべて、すなわち立体角が4πステラジアン(平面に例えれば360度=2πラジアン)について、飛んでくる粒子の数を集計したものについての確率(次元は面積ですが)のようなものです。

言わば、「入射粒子から見たとき、標的になる原子核が、どれだけの大きさに見えるか」を表すようなイメージです。
的が大きく見えるほど命中しやすくなりますから。


断面積が、散乱粒子や反応で生成された粒子の進む全方向(4πステラジアン)について集計されるのに対し、
「微分断面積」は、散乱粒子や生成粒子が単位立体角当りにどれだけ放出されるかを示すものです。


直感的に理解していただくために、他のことに例えますと、

豆電球を室内で灯したとき、壁、天井、床、家具などに当る光の量を全部集計(足し算)したものが断面積、

室内のある場所にいる人の目(無限小の面積の目)に入ってくる光だけを数えるのが微分断面積です。

Q英語検定の年齢層について

新高校2年生の者です。
今年1月の受験で英語検定準2級を取得しました。

本題です。
母も以前より英検に興味があったらしく、準2級を近々受験する、と聞きました。(仕事には関係なく、あくまで趣味の範囲です)

ただ、自分と同年代の人が受験するものなのか、気になるそうです。
前述の通り、僕は一度だけ受験しました(会場は都会のビルです)が、1人のおじさん以外、学生でした。
偶然だったのか、当たり前なのかよく分かりません。
体験談でも、統計的なデータでも構いません。
英語検定(準2級)の受験年齢層の情報をご提供ください。

Aベストアンサー

公式サイトで受験状況を、学年別、社会人の職業別などで、
絞込み検索できます。
たとえば2008年度第1回の準2級志願者は、
小学生~専修・短大・大学生等の学生が160,769名(うち合格58,211名)。
社会人が18,054(合格6,468名)。
レベル設定が「高校中級」なので、高校生の受験が多いのは
仕方ないでしょう・・・・。

同じ回の、1級から5級までの合計受験者数は、
学生=683,227名。
社会人=100,555名。

準1級になるとぐんと大人が増えます。
でも試験会場は5級から1級まで集まるわけで、
「受付や廊下に制服を着た中高生がたくさん」という風になるのは、
何級受験であれしょうがないです(笑)。
もちろん学生専用の試験でなく、大人も受験しますよ。
気になるでしょうが、気にしないことです・・・。
2007年度の最年長受験者は5級受験の83歳。かっこいいです。
  ↓

参考URL:http://www.eiken.or.jp/situation/index.html

Q(散乱)断面積と微分(散乱)断面積について

昨日断面積と微分断面積の違いを教えてもらったのですが、もう1つわからないことがあります。
ある教材に
ラザフォード散乱やプラズモン励起の場合では、微分(散乱)断面積の式が書いてあるのに、内殻電子励起の場合は(散乱)断面積の式が書いてありました。散乱条件によって式がちがうのでしょうか?
またそれは何故なのですか?
すみませんが、どなたか教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

内殻電子励起の場合は、標的の原子、分子によって、散乱の様子がだいぶ異なります。しかも、非弾性散乱であり、散乱の角度依存性が極めて複雑です。そのため、微分断面積の式を求めることが困難です。

Q日本の英語教育のレベル

日本の英語教育は何かと揶揄されますが、会話力こそ弱いものの、英語のレベル自体はそんなに低くないような気がします。
そこで、日本の英語教育は他の非英語圏と比べてレベル的にどうなんでしょうか?

*ネーティブレベルを目標としての達成率や、韓国や中国の知識層と日本の平均層を比較して自虐的な見解を持つ人が多いですが、もっと客観的で広い視点からの理知的な回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

日本での外国語教育の「質」とか教育カリキュラムのレベル(ノウハウなど)が諸外国に比べて高いのかとう視点から見れば、低くはないですし、教科書などの質・教育内容もそれなりに高度です。
これは間違いないと思います。

英語以外の母国語(または公用語)を持つ国で英語の教育を比較する、というのは次の点が難しいと思います。
A各国語と英語の親和性または解離性の度合いによる差の比較
B各国における高等教育における英語の重要性の比較
C各国における英語の経済的重要性における差の比較
です。これを勘案しないと「各国における英語教育の質・レベル」の比較は成り立たないでしょう。

A各国語と英語の親和性または解離性の度合いによる差の比較について
当然のことながら、英語に近い言語であるヨーロッパ諸語と日本語や中国語などの系統も文字も文化すらまったく違う言語における、英語教育、ではその困難さが全く違うのは当然です。

ここに米国外務省が作成した、英語話者から見た各国言語習得の難易度の一覧があります
http://en.wikibooks.org/wiki/Language_Learning_Difficulty_for_English_Speakers
逆から見れば各国言語から英語を習得する難易度とほぼ同等ですので、これを参考にしてみると600時間程度で習得できる言語に仏語・ドイツ語などのヨーロッパ言語が並んでいて、1100時間程度かかる言語にギリシャ語・ロシア語・タイ語・タガログ語などの言語、日本語・韓国語は2200時間程度かかる、ということになっています。

つまりヨーロッパ言語の4倍程度覚えやすい質の高い教科書を利用して同じ程度ということになるわけですが、言語習得メソッドはどの言語間でも同じ(単語を覚え・文法を覚え・会話して習得)ですから、教育のやり方は英語に限らずどのような言語であっても「同じやり方」であり、そこにレベル(質?)の差は生まれにくいといえます。

たとえば英語が通じにくいフランスなどでも最近は小学生から英語教育を行っています。それでも100%の生徒が英語を話せるようにはならいでしょうから、彼らが小学校・中学・高校・大学と15年程度の学習を継続するなら、日本語話者は4倍の60年または英語の授業時間を4倍で15年程度にしてやっと同等に育成できるという計算になります。
これは不可能なことですから、逆にフランス語などヨーロッパ諸語の英語話者の1/4程度の英語話者が養成できれば、質が同等といえるかもしれません。

となると、現状の日本の英語話者の数を考えれば決して劣っている、とはいえないのではないでしょうか。

B各国における高等教育における英語の重要性の比較
そうは言っても、アジア諸国などに比べて英語話者が少ない、という批判はありますし、それは事実だと思います。

このとき考慮しなければいけないのは「高等教育をどの言語で受けるのか?」ということであり、質の良い高等教育機関が各国にあるのか?という事も考慮する必要があります。
日本であればどのような科学分野でもほぼ日本語で授業を受けられますし、大学院であっても日本語で論文を書くことも不可能ではありません(ただしまともな科学論文は大体英語です)

諸外国にあってこのようなほぼ全てを自国語だけで完結できる、という言語はそれ程多くありませんし、なにより最新の研究結果を自国語に翻訳したものを利用できるほど文献の翻訳レベルやシステムが整っている言語もそれほど多くありません。
つまり諸外国語にあっては、高等教育のどこかの時点で英語(またはロシア語・フランス語・ポルトガル語など)に切り替えざるをえなくなりますし、優秀な人材であれば経済力の低い(つまり予算上最先端の研究が出来ないということ)を自国を離れて、先進国に留学することになります。
このときに英語をツールとして使いこなさなければ、留学目的そのものを達成できませんから「英語は使えて当たり前」という状況があるといえます。

日本語話者の大部分は「英語が話せるようになること」が目的で学習しますが、諸外国(特に途上国)は「学習するために必要なスキルとして英語を習得しておく」ということになり、ここに高等教育における英語の重要性という差がでてくるといえます。

日本語は(中国語・韓国語も日本語を流用しているので同じ)明治から昭和にかけてかなりの技術用語や科学用語を日本語に置き換えましたので、英語で学ぶ必要そのものが低い、といえます。

この点を比較するとどうしても英語習得の重要性が他国(特に途上国)に比べて低いということになり、英語のレベル(ネイティブなみの英語話者が少ないなど)を上げにくい構造が日本にはある、といえるのではないでしょうか。

C各国における英語の経済的重要性における差の比較

これも高等教育と似たような関係性がありますが、日本と諸外国(特に途上国)では明らかに英語が出来ることによる経済的優位性に差があるといえます。

たとえば東南アジアにしてもアフリカ諸国などにしても現地の言葉と英語が話せれば職業選択の幅がぐっと広がります。高等教育をあまり受けていなくても英語ができるだけで外資系企業に採用され、現地で頭角を現せばグローバルに出世する可能性も出てきます。
これは先進国以外の国では先進国の外資会社が圧倒的にな経済力を持っている為、普通におこる事象だといえます。

それに対して日本や韓国では国内の会社がそれなりに経済力を持っている為、英語がそこそこ話せる、という程度では特に有利にはなりません。通訳ができるぐらい(それも専門性のある通訳)とか英語が話せた上で何かができるというレベルでなければ、有利にならないわけです。
となると、英語を頑張って習得するか、それともそれ以外の専門知識を習得するか(専門知識は日本語で習得できることに注意)ということになり、英語を学んで経済的優位に立つというメリットが薄くなります。

このような経済的な優位性がなければ英語を本気で学ぶ人が少なくなり、結果として「英語が話せない人が相対的に多い」という状況につながっていきます。

これらをまとめてみたときに日本は他国に比べて、英語を苦労して学んで得られるメリットが他国に比べて相対的に低く、英語習得の苦労は相対的に高い言語である、ということになります。

ですからどんなに英語教育の質を高めようとしても、そもそものコスト構造としてのハードルが諸外国に比べて高いので「日本人は英語が話せない」ということにつながっていくのです。

だから「レベル的に」見た場合、行っている英語教育のレベルは決して低いとはいえないと思いますが、結果として得られる英語話者の数も質も高くないですし他国と比較した場合「日本人は英語ができない」ということになるのでしょう。

英語のレベルを諸外国の状況と比較するには、英語習得システムの質・言語の社会的必要性・言語差による経済的優位性の差、を比較検討する必要があり、各項目を検討すれば日本の英語教育システムは質は悪くないが、高等教育に英語を利用するという目的で設計されていないし、経済的な優位性も見出せないから学習意欲のドライブもかからない、だから話せる人が多くない、という結論になると思います。

それでも昔(20年ぐらい前)は本当に英語が話せない人ばかりだったのに、最近は都内で英語で道案内している人もよく見かけますし、大学の後輩でも高校で留学してそれなりに話せるという人も珍しくなくなってきています。

ですので、日本もかなり努力をしているような気がするのですが、先ほど日本における英語環境の条件を鑑みると「日本人の英語力が非英語圏で上位に来る」ということは同時に「日本は発展途上国で経済規模の小さな国」に成り下がってしまうということになりかねません。(そうないと本気で英語を使える人は増えないでしょう)

経済力を落とさずに、英語力を上げるのが一番いいのでしょうが、それにはもっとコストがかかるということですね。

英語の必要性は私も痛感していますので、レベルアップは必要です。しかし現状を見た場合の「英語の必要性」は日本においては高くありませんし、英語力が無くても日本の経済力がそれをカバーしてきたといえます。

日本での外国語教育の「質」とか教育カリキュラムのレベル(ノウハウなど)が諸外国に比べて高いのかとう視点から見れば、低くはないですし、教科書などの質・教育内容もそれなりに高度です。
これは間違いないと思います。

英語以外の母国語(または公用語)を持つ国で英語の教育を比較する、というのは次の点が難しいと思います。
A各国語と英語の親和性または解離性の度合いによる差の比較
B各国における高等教育における英語の重要性の比較
C各国における英語の経済的重要性における差の比較
です。これを...続きを読む

Q半価層について

半価層、実効エネルギー計測実験をしたのですが、わからないことがあります。
検討のなかに第一半価層より第二半価層の方が厚いのはなぜか?という質問がどうしてもわかりません。わかるかた教えてください。

Aベストアンサー

一番目にろ過されたX線は波長の長いところが吸収されて短い波長が残る(平均エネルギーが高くなる)ためです。

Q香港の英語の通用度について

香港は英語はどの年齢層にも通用するものなんでしょうか?
また、1997年に英国から中国に返還されたので、その分英語教育は薄まって英語の通用度が落ちたことはないのでしょうか?
ぜひお教え下さいませ。

Aベストアンサー

香港は中国とは一線を画していて,様子が全く違います。
香港では英語と広東語が公用語なので英語の通用度は高いです。
広東語と同等です。
また,テレビの影響もあって中国語の標準語も定着してきました。
最近ではホテルやお店でもある程度日本語が通じたり,
レストランでは日本語メニューを置くお店が増えてきました。

Q半価層とレントゲンの関係

以下、本文の抜粋です・・。
If the radiation intensity of point source at 0.5m measures 36 mR/hr, at what distance will the intensity be halve?

以下、自分の解釈です。
ある一点から放射線が出ていた、0.5m離れた場所での測定では36mR/hr(=0.00716667 C/kg)、そのときの半価層なので、

I=I0 e^-µxより
0.00716667=I0 e^(-µ0.5)

しかし、このままでは線減弱係数がわからないため、計算できません。

ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授ください。

Aベストアンサー

放射線の強度は、線源からの距離がn倍になると、1/n^2になります。
従って、線源から0.5mのところで63mR/hrであれば、0.5*√2mのところで半分の31.5mR/hrになります。
答えは0.71mですね。

Q2層DVDを1層DVDに圧縮コピーするときの音声圧縮方法

2層DVDを1層DVDに圧縮コピーするときにDVD shrinkだと音声を圧縮(字幕や英語音声を削除するのではなく音声自体を圧縮)することは無理と思うのですが、ほかのソフトとかを使って音声を圧縮する方法はありますか?
どなたか教えてください。お願いします。
あと、このDVDは、個人での使用ですので。

Aベストアンサー

音声圧縮もしてくれますよ。
http://www.intercom.co.jp/zcopy/index.html

Q鉛フリー用の半田ごてで鉛入りのハンダを使うと、

タイトルどおりですが、
鉛フリー用の半田ごてで鉛入りのハンダを使うと
どうなるのでしょうか?
半田ごてが痛みますか?

Aベストアンサー

こんにちは。
おっしゃっているはんだこてがどのようなものか分かりませんが,分かる範囲で。
鉛フリーはんだは,鉛入りはんだよりも融点(溶ける温度)が高いです。したがって,鉛フリーはんだが溶ける温度で使えるはんだこてならば,鉛入りはんだも当然溶けますから,問題なく使えると考えてさしつかえないと思います。鉛入りはんだを使ったからといってこて先が痛む心配はないでしょう。
ちなみに,もしもおっしゃっている半田こてに温度調節機能がついているならば,不必要に高い温度での使用はされない方がよいと思います。熱により部品にダメージを与える可能性があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報