先日、教育心理の問題を勉強していて、問題の選択肢の中に「カタルシス」という語がありました。百科事典やインターネットで検索しましたが、この言葉の意味を丁寧に説明してくれたものを見つけることができませんでした。どなたかにこの言葉の意味とこれに日本語訳があればそれも教えてください。それから原語では何語でどうつづるのですか。教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

katharsis というギリシャ語に由来した英語で、元々は「浄化」という意味です。


悲しいときに、それを我慢したり、無理して明るくふるまったりするのではなく、思いっきりずどーんと落ち込んで、わんわん泣くと、かえって晴れ晴れとした気分になったりしますよね。
あれがカタルシスです。
元来は、悲劇などを見て登場人物に感情移入し、悲しみを分かち合うことによってストレスを解消する作用をさしました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

端的に解答をしていただきありがとうございました。説明型異変わかりやすくこれで疑問も解けました。お礼が遅れてしまいましたことをお詫びいたします。

お礼日時:2001/06/01 18:35

百科事典で説明が見つからなかったというのは不思議ですね。

国語辞典にも載っている、わりと一般的な言葉です。

■[カタルシス]の大辞林第二版からの検索結果 

カタルシス

[(ギリシヤ) katharsis]
〔アリストテレスが「詩学」で展開した説。浄化・排泄の意〕
(1)悲劇を見ることによって日頃鬱積(うつせき)している情緒を解放し、それにより精神を浄化すること。
(2)精神分析で、抑圧された感情や体験を言葉や行動として外部に表出して、心の緊張を解消すること。


私の場合、ちょっと安っぽくも見えるテレビドラマや小説を楽しむひとつの理由は、まさにカタルシスです。すっきりするんですよね。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/dict_search. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ツール機能を使うと辞書検索ができることをこの解答ではじめて勉強させていただきました。どうもありがとうございました。パソコンの新たな使い方が勉強でき大変参考になりました。お礼を申し上げるのが遅くなりましたことをお詫び申し上げます。

お礼日時:2001/06/01 18:43

答えではありませんが参考までに



英語では「カタルシス」は Catharsis ですよね。参考URLはその語のギリシア語のルーツからフロイト(ドイツ語)等々、英文ですが、簡単な歴史が書いてあります。

参考URL:http://www.apa.org/journals/psp/psp763367.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に海外の文献を紹介していただきありがとうございました。さっそくURLをお気に入りに登録しました。これから英和辞典でじっくりひきながらこの英文を勉強したいと思います。お礼を申し上げるのが遅くなりましたことをお詫びいたします。

お礼日時:2001/06/01 18:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカタルシス効果を理解するにあたって…

「カタルシス」だけではなかなか文献が検索できません。
他にどういう言葉で検索すれば、カタルシスについて載っている文献を探すことができるでしょうか?
たびたび質問してすみません。心理学に詳しい方教えて下さい。

Aベストアンサー

 文献の紹介ではないのですが・・・。

 erika1130さんは、カタルシス効果という現象をどのように捉えていらっしゃるのでしょうか?
 日常的な意味での「カタルシス」を考えていらっしゃるならば、カタルシスという言葉で文献を探すのではなく、ストレスやフラストレーションの解消を扱っているような文献を探した方が求めているものが早く見つかるかもしれません。
 それとも、精神分析で使われるような元々の意味での「カタルシス」に興味があるのでしたら、精神分析の文献にあたってみることをオススメします。

Q世論操作の手法で、限定した選択肢を用意してあたかも自由意志で選んだと民衆に錯覚させながら誘導する行為の名称は?

以前、ウィキペディアで見た記憶があります。
国家が、あらかじめ市民が選べる選択肢を恣意的に限定し、あたかも自分が自由意志で選んだかのような錯覚を与えつつ、世論、市民運動などを誘導するという政治手法が存在します。
こうした手法の名称をご教示下さい。

ウィキペディアで、世論操作、プロパガンダなどのキーワードで調べましたけれど、どうしてもたどり着けませんでした。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご質問への回答としては
#1さんのおっしゃる“canalization”が妥当なものだと思います。

ただし
“canalization”を「条件付け」と訳すのは心理学とは別の特定業界の流儀でしょう。
心理学で「条件づけ」といえば“conditioning”ですから。
心理学の世界では“canalization”を「水路づけ」と訳します。
またその意味するところも,ご質問の内容とはズレがあります。

この用語に心理学的な意味あいを付与したのはフランスの心理学者・精神医学者ピエール・ジャネとされています。
ジャネの用法では,ある欲求を満たす手段が複数あり,そのいずれもが選択可能であるとき,
たまたま選択したひとつの手段が欲求を満たしてくれると,以降しだいに欲求とその手段が連結し固定化するようになることを指していたようです。
この意味での「水路づけ」は,同時代のアメリカの心理学者ソーンダイクが提唱した「効果の法則」と良く似ています。
その後,アメリカの心理学者マーフィ(マーフィーの法則とは無関係)は
人の趣味,嗜好,習慣,価値観などが固定化していくことも水路づけによって説明しました。
しかし「効果の法則」が行動分析の祖スキナーによって「オペラント条件づけ」の理論として再定式化され影響力を拡大していった陰で,
水路づけの理論がそれ以上に発展することはなかったようです。

ご質問にあるような政治学ないし社会学的意味あいでの用法については,
下記のような第二次大戦後まもない時期の日本語文献にすでに例が見られます。

■アメリカ文化の問題 ――パール・バックの答に寄せて――/宮本百合子
 http://www.aozora.gr.jp/cards/000311/files/3482_12388.html

文脈からは都留重人がアメリカ文化を論じる座談会のなかで「キャナライゼーション」の語を用いたように読めます。
このような意味あいでの用法がどこに由来するのか,
今ははっきりしたことが言えませんが,私なりに少し探求してみたいと思います。

ご質問への回答としては
#1さんのおっしゃる“canalization”が妥当なものだと思います。

ただし
“canalization”を「条件付け」と訳すのは心理学とは別の特定業界の流儀でしょう。
心理学で「条件づけ」といえば“conditioning”ですから。
心理学の世界では“canalization”を「水路づけ」と訳します。
またその意味するところも,ご質問の内容とはズレがあります。

この用語に心理学的な意味あいを付与したのはフランスの心理学者・精神医学者ピエール・ジャネとされています。
ジャネの用法では,ある欲...続きを読む

Q看護師です、心理士を目指すにはどんな選択肢が?

医療機関で看護師として働いています。
数年前より臨床心理士に興味をもちはじめました。
友人家族にもこの事は話したことがないのですが
最終学歴が看護学校なのですが、臨床心理士となるにはどのようなステップをたどればよいのでしょうか。
また、資格にこだわらず、看護の中のケアのひとつとして学びを深めていくことのが現実的なのか悩んでおります。
そういった場合、どのような場所で学んだらよいか…わからない状況です。

看護専門学校卒なのですが、心理の専門的な知識を学ぶにはどのような場所がありますでしょうか。

当方愛知県です。

Aベストアンサー

臨床心理士で、看護系大学の教員(心理学担当)をしています。

臨床心理士になる方法については、ほかの回答者の方々が書いていらっしゃるとおりですので、割愛します。
必要でしたら、「臨床心理士になるために(誠信書房)」など、資格取得についての参考書がたくさん出版されていますので、それらをご覧になることをお勧めします。

私自身の周囲の看護師さんの中にも、臨床心理士になりたいということをおっしゃる方が時々ありますが、私自身は、現時点ではあまり賛成していません。
というのも、臨床心理士の資格は国家資格ではありませんし、苦労し、費用をかけて資格を取得されても、臨床心理士としてフルタイムで働ける職場は限られており、多くの方が年収300万以下で、パート勤務の掛け持ちをしている、というのが現状です。

国家資格である看護師資格を生かして、なおかつ精神的なケアを充実するという方向で、ご自身の職業人生をお考えになった方が、現実的でしょうし、意味があると私自身は考えています。

この方法も、決して容易ではありませんが、臨床心理士を目指して、チャレンジされるよりも、看護学の大学院修士課程で、精神保健看護学を専攻されて、メンタルケアについての学修を深めるという生き方もあります。
文科省の指導により、最近は、学部卒業でなくとも、大学院の受験は可能となっています(誤解のないよう、あえて書き添えますが、あくまでも「受験可能」ということで、「入学できます」ということではありません)。
心理系の大学院でも同様ですが、臨床心理士養成コースの受験倍率を考えますと、看護系大学の大学院の受験をお考えになった方が現実的です。
ただし、学部卒業ではない場合には、社会人枠で受験されるか、学部卒業と同等の学力があると、志望先の大学院で認定してもらうことが必要となります。

さらに、看護学の大学院では、昼夜・土日開講制を採用しているところがたくさんあります。
臨床心理士コースでは、そういうところもありますが、看護系に比べますと遙かに数は少ないでしょう。
昼夜開講制で学修するのも、時間や勤務のやりくり、学習時間、研究時間の確保など、相当の努力は必要となりますが、一考の価値はあると思います。

一度、お近くの看護系大学で大学院を設置しているところのホームページを調べてご覧になり、精神保健のコースが設けられているか、どのような専門分野の教員がいるか、専門学校卒業で受験したい場合にはどのような手続きが必要かなどを調べてご覧になることをお勧めします。
ホームページだけではよくわからない場合、その大学の入試事務室や、大学院(学部)の事務室、あるいは、担当教員に直接、電話やメールでお尋ねになるとよろしいと思います。

以上、ご参考までに。

臨床心理士で、看護系大学の教員(心理学担当)をしています。

臨床心理士になる方法については、ほかの回答者の方々が書いていらっしゃるとおりですので、割愛します。
必要でしたら、「臨床心理士になるために(誠信書房)」など、資格取得についての参考書がたくさん出版されていますので、それらをご覧になることをお勧めします。

私自身の周囲の看護師さんの中にも、臨床心理士になりたいということをおっしゃる方が時々ありますが、私自身は、現時点ではあまり賛成していません。
というのも、臨床心理士...続きを読む

Q言葉遊び(10回クイズ、言わんのバカ、早口言葉)は心理学で説明できる?

昔、10回クイズ(「ピザ」と10回言わせた後、ひじを指差して「ここは?」と聞くと「ひざ」と答えてしまう)や、言わんのバカクイズ(出題者が解答者に「何といっても静岡と答えてください」とあらかじめ言っておいて、「お茶?」「静岡!」「うなぎ?」「静岡!」「わさび?」「静岡!」というやり取りがあった後、出題者が「塩漬け?」と言うと解答者が「しおずか」と思わず答えてしまう)というクイズというかゲームが流行りましたよね。
また、これとは別に早口言葉で「バスガス爆発」だと言いにくいけど、「バスが酢爆発」だとちょっと言いやすくなりますよね。

個人的に、これには心理学実験的な要素が含まれていると考えています。
こういった10回クイズ、言わんのバカクイズの他早口言葉などを含む言葉遊びと心理学(プライミング?)の関連について言及している本を探しているのですが、該当する書籍など知りませんか?
あるいはそういったことを専門的に研究している大学の学部などありませんか?

Aベストアンサー

関連の書籍や研究機関については心当たりがなくて、大変申し訳ありませんが、
質問文とNo.1の方の回答を読み、このタイトルに思わず興味を持ってしまいました。

言語の解釈という意味での言語学と、心理学の要素が組み合わさった問題ではないかと思います。

私は「ひじ」にはまんまと引っ掛かり、落とし穴に落ちたことにさえ、しばらく気づきませんでした。

「ピザ」と「ひざ」の違いにとらわれるがために、「ひざ」と「ひじ」という、
「ひ」が共に同一で、「ざ」と「じ」というさ行の濁音の、母音違いにまで注意がいきませんでした。

さらに、「ひざ」と「ひじ」は共に、手と足というイメージ的に似た2者の、共に関節部分にあたり、
また、直観としての視覚的イメージで考えても、どちらも「くの字」で、この点でも混同しやすいです。

このように何重にもトリックが仕掛けられていて巧妙なのが、「ピザ」のクイズだと思います。

「塩漬け」には引っ掛からなかったのですが、これのポイントは、「け」と「か」の違いにとらわれ、
「お」と「づ(orず)」の語順の違いに対する配慮がおろそかになることではないかと思います。
「ひじ」と違い、問われる事前に「静岡」を連呼しているので、比較的間違いにくいはずです。

この手のジャンルは、一見言葉遊びのようで、社会的な有用性は少なそうにも思えますが、
他人を操作する方法論を研究すること自体は、振り込め詐欺などのトリックを見破るなど、
社会に有用な行為にも活用することもできるので、
もしかしたら、どこかにそのようなジャンルを遊び以上に真剣に研究している人もいるかもしれません。

関連の書籍や研究機関については心当たりがなくて、大変申し訳ありませんが、
質問文とNo.1の方の回答を読み、このタイトルに思わず興味を持ってしまいました。

言語の解釈という意味での言語学と、心理学の要素が組み合わさった問題ではないかと思います。

私は「ひじ」にはまんまと引っ掛かり、落とし穴に落ちたことにさえ、しばらく気づきませんでした。

「ピザ」と「ひざ」の違いにとらわれるがために、「ひざ」と「ひじ」という、
「ひ」が共に同一で、「ざ」と「じ」というさ行の濁音の、母音違...続きを読む

Q仕事中や勉強中にものすごく集中してくると、決まって無数の人の声が聞こえ

仕事中や勉強中にものすごく集中してくると、決まって無数の人の声が聞こえてきます(恐)

雑踏の中のような感じなのですが、それほど音量は大きくなく、密室の中から聞いている程度の音量です。

何を話しているのかは全くわかりません。
その状態に陥ると通常の数倍能率があがります。

私の頭がおかしいんでしょうか?これはなんなんでしょうか・・・?
同じような体験をしたことのある方、またはこの現象についてご存知の方の回答をぜひお願いしたいと思います。

ちなみに、聞こえてくるのは集中状態に限ってのみで、あと眠る前とかの夢か現実かわからない状況にも似ているように思います。

Aベストアンサー

集中しているときになっているんですよね。
ある種の催眠状態に近いのではないかと思います。
あるいはトランス状態というか。
集中していないときにならないのなら問題はないと思います。

むしろ、羨ましいですよ、そんな状態になれるというのは。
ずば抜けて集中力が高いのだと思います。

おそらくその声は自分の無意識内の思考ではないかと思います。
僕も半分夢を見ているときに同じような体験を何度かしてます。

自分が気になったことが耳元で何度もつぶやかれるような感覚です。
自分の心の声なのはわかりましたが、まるで他人がささやいているような感じでした。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報