ホームページの効果音として、サウンドファイルを付けようと思っています。
最初はmidi(4K)で載せようと思っていたのですが、音源が必要ということで、wavファイルに変換しました。
しかし、wavファイルにすると100K以上になってしまいました。これってかなり重いですのねぇ。
ということで、MP3にまた変換しようかと思っています。
が、MP3もプラグインみたいなものが必要になるんですよね。
それならmidiの方がまだメジャーなのでしょうか?
より多くの人があまり苦にならずに聴けるようにするには、どういった方法が一番良いのでしょう?
ご意見お待ちしています。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>>しかし、IEでは鳴るのに、ネスケでは鳴らないのですが、これはなぜでしょう?


おそらくNetScapeにそのファイル形式のプラグインがインストールされていないか、正しく関連付けされていないからでしょう。
ただ、NetScape Navigator(以下NN)でもEMBEDタグで対応できないファイル形式を認識したときは、プラグインのインストールを促すダイアログが出るはずなんですが…。
なお、EMBEDタグに対応しているのはIEとNNだけなので、MIDIやMP3を埋め込むときはOBJECTタグを使った方が無難です。

<OBJECT DATA="xxx.mp3" TYPE="audio/mpeg"></OBJECT>

参考URL:http://tohoho.wakusei.ne.jp/html/embed.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
関連づけが問題だったようです。ありがとうございました。

>>EMBEDタグに対応しているのはIEとNNだけなので、MIDIやMP3を埋め込むときはOBJECTタグを使った方が無難です。

というのは初耳でした。勉強になりました。

お礼日時:2001/05/14 13:00

以前はMIDIはハード音源が無いと音がひどかったですが、最近のパソコンは最初から音源チップまたはソフトシンセサイザーが搭載されてますので、インストものでBGM的に使うのであればMIDIのほうが手軽でしょう。



MP3はファイルサイズは大きくなりますが、ダウンロードして聞いてもらうのであれば、音質は劣化しますが、音色は変わらないので、そのほうがベターです。

あとIEにはBG SOUNDタグというのがありますが、EMBEDタグを使うほうが汎用性はあります。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
補足で質問です。
BG SOUNDタグはIEのみで、EMBEDタグはネスケにも有効なはずですよね。
しかし、IEでは鳴るのに、ネスケでは鳴らないのですが、これはなぜでしょう?
マシンのネスケのヘルプアプリケーションの設定とかに問題があるから、鳴らないのでしょうか?
ちなみに自宅ではWindowsを使っています。

お答えいただけると光栄です。
よろしくお願い致します。

補足日時:2001/05/13 00:52
    • good
    • 0

>>midiの方がメジャーで、midi音源の方がインストールしてる人、多いんじゃないかって思ってしまっているのです。


う~ん、どうでしょうね。
統計でもとってみないとわかりませんが、普及状況は

MIDI…
・最近(ここ6年以内)のサウンドカードを積んだ家庭用PCなら、ほとんどのカードにMIDIチップを積んでいるのでほぼ問題なし。
ただしオンボードMIDIの音質(音色再現性)は、本格的機器でMIDIを作ってる人が聴いたら身投げしたくなるほど劣悪です(^_^;)
・専用のハードウェアMIDI音源を持っている人は、一部のプロ/アマのDTM作家、マニアの人を除いては皆無ではないでしょうか?
・WinGroove等のソフトウェアMIDIエミュレータをインストールしてる人は、さらに少なそう。

MP3…
・最近(ここ3年以内)に購入したPCなら、OSレベルで対応してるので問題なし。
・たとえ無くてもプラグインをダウンロードすることで対応可能。

という感じかなと思います。
あと、WWWを見るときはそもそもサウンド機能を一切OFFにしてしまう人、というのも結構な割合でいますね(^_^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
midiは環境によって、音質がかなり違ってくるとか、CPUのパワーを使うとか、そういうことを聞くと、やはりMP3かなと思ってしまいます。
そんなこんなで、midi→wave→mp3と、変換してきている私です。
これで落ち着くのやら…。

お礼日時:2001/05/13 00:10

どちらも一長一短ですね。



MIDIの長所…
・何よりも小さい!

MIDIの短所…
・演奏に意外とCPUパワーを食う。非力なマシンだと処理が固まることも…。
・音源によって音色が異なるので、作者の環境と同じに再生できるとは限らない。
・MIDIプラグインがないと再生できない。MP3と同じく、ほとんどのマシンには入っていますが。

MP3の長所…
・MediaPlayer、QuickTimeなど最近のマルチメディア環境を備えているマシンなら、ほぼどれでも再生可能
・環境によって音が変わらない。音声そのものを記録しているため

MP3の短所…
・さすがに古いマシンだとプラグインをインストールしないと再生不能
・MIDIよりはどうしてもサイズが大きくなる

という感じです。
それぞれの長短をくらべて、ご自分が「コレなら許せる」と思われた方にするのが良いのではないでしょうか。
やっぱり最後は妥協です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しいお答えありがとうございます。
midiの軽さには魅力はあるけれど、短所を考えるとMP3にした方が良いのかもと思います。
でも私のイメージだとmidiの方がメジャーで、midi音源の方がインストールしてる人、多いんじゃないかって思ってしまっているのです。
そうではないのかしら?
どうなんでしょう?

お礼日時:2001/05/12 00:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング