貶すわけではないと言っておきますがLinuxはなにが優れているのでしょうか?

自分はwindowsしか使ったことがないのですが、
友人の中にはLinuxとwindowsをデュアルブートしているのですが、
自分はLinuxがどういう面で優れているのか分かっていないためしていないです。
プログラミングの開発環境などが整っているのでしょうか?
自分はよくプログラミングをするため気になります。

Linuxを入れることでのメリットデメリットを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

Windows にイラッとしてないなら、Linux を使う利点はまったくないよ!



Windows に少しぐらいイラッとしても、Cygwin 使えば、なんとかなることがおおいよ!

Windows に Cygwin ぐらいじゃおさまらないぐらいイラッとしちゃったら、coLinux 使えばなんとかなることがおおいよ!

Windows がインストールされてるのがけがらわしいと感じるようになったら、重症だから、早めに Linux か他の OS で上書きするといいよ!


ちなみに、回答者は、デスクトップ操作にイラッとしなければ、あとは、

Firefox と GNU ツール群とネットワークツール群と Google App Engine 開発環境と Java と Apache ソフトウェア群と、…… と、まともなテキストエディタが動けば、

OS なんて、なんでもいいや
    • good
    • 11

メリットは、コンピュータに対してそれまでと違う視点が得られることでしょう。

少なくともWindowsにしか触れていないうちは、他のOSに対するWindowsの優劣も体験できません。

デメリットは、Linuxの習熟に至るまでの学習コストです。表面的にいじってみただけでは単に時間を浪費して、最終的には何も身につかないでしょう。

基本的に、製品として売られている開発環境にはメーカーのサポートがあり、フリーのものにサポートが無いという点で、WindowsもLinuxもプログラミング環境に大差はありません。

プログラミング技術を伸ばしたいだけなら、あえてLinuxをインストールする必要はないと思います。環境を変えたからといって高度な技術が得られるわけではありません。しかしプログラミングを楽しまれたいなら、Linuxも試してみると良いでしょう。目新しいものは面白いと思えるものです。何であれ面白くなれば自然と身につきます。
    • good
    • 7

修正:0.01%以下→0.1%以下

    • good
    • 3

linuxの優れている点は


・操作性が極めてよく、動作が安定している
・ソフトが圧倒的に多い、ほとんど無限、しかも無料、また進化が早く増殖中である
・C/C++言語、Java、ruby等プログラマにやさしい
・PHP、JSP/Javaサーブレット等Webアプリが組みやすい
・インストールと同時にほぼサーバ状態である
・ソフトのインストールが自動化されていて簡単で、再起動の必要が無い

Windowsの欠点
・操作性が極めて悪く使いにくく、表示のセンスが悪く、カスタマイズができない
・ブラックボックス化されている部分が多く排他的である
・動作が不安定、すぐハングする
・インストールの度に再起動しなければならない
・linuxに比べてソフトが圧倒的に少ない、
しかも、まともなソフトのほとんどはいちいち有料
最近はlinux用のソフトをwindows用にしたものもあるようだがすべてではない


私はWindowsは年に4、5日合計12時間以下しか使っていません
多分linuxの0.01%以下でしょう
プルグラムを組んでいてlinuxを使わないというのは信じられない
というよりあきれています
    • good
    • 5

>Linuxはなにが優れているのでしょうか?



 Linuxカーネルの優れているところねえ…。うーん、カーネルのソースコードがタダで入手できるということかな。


>プログラミングの開発環境などが整っているのでしょうか?

 Linuxカーネルだけでは意味が無いのでGNU/Linuxシステムのことかな?
 GNU/Linuxシステムに、ソフトウェア開発に必要なソフトウェアをインストールしまくれば開発環境が整うでしょう。


>Linuxを入れることでのメリットデメリットを教えてください。

 GNU/Linuxシステムをインストールするメリットねえ…。マイクロソフト社の製品と縁を切ることができることかな。
 GNU/Linuxシステムをインストールするデメリットは、初心者だと使えなくなるってことかな。


 GNU/Linuxシステムは、お金は無いけれど時間はたっぷりある人のためのOSです。無職能力を開発して無職生活を向上させたい人におすすめです。
    • good
    • 3

デスクトップとして使う場合は圧倒的にWindowsの方が優れているでしょう。


Linuxデスクトップも随分と改良されてきましたが、重い、不安定(Xなど)、
GUIアプリが少ない、マルチメディアに弱い、IMEがしょぼい、バージョン間の
互換性が極めて低い、など、タダ以外には全くといっていいほど優位点がありません。

逆に、サーバ用途では上記の欠点がほとんど無視でき、かつ、ネットワークに強い、
GUIを使わなければ安定性が高い、プロセスが暴走してもシステム前停止につながりにくい、
OSアップデートしても再起動をほとんど求められない、テキスト処理に圧倒的に強い、
標準でほとんどのアプリがついてくる、開発環境が充実している、トラブった時に
自分でソースコードを読んで解決策を見出すことができる、などの優位点があります。
ただし、使いこなすためには高い技術力を求められるため、下手するとWindowsよりも
コスト高になることもあります。
    • good
    • 3

書き忘れ。


http://linux.slashdot.jp/story/12/05/07/0117258/ …
これ読んでごらん。興味深い内容だから
    • good
    • 0

・メリット


UNIXライク(系/風)なOSとしてはインストールが楽だから
個人的にはFreeBSDあたりでもいいんだけどインストールや設定など手間がかかるのがめんどくさい。
だからLinuxを使っている。(最初の構築に時間を取って俺出来るみたいな自己満足のオナニーする気もないので手っ取り早く環境構築できる物を利用しているだけ。目的と手段が入れ替わっている人をFreeBSD使いに時々見られる。)

・デメリット
FreeBSD使いの人から見るとLinuxは邪道だと思われていて上から目線をされること。


Linuxが「タダ」と言うのをメリットとして言っている人たちもいるけどこれは裏を返せばサポートが無いと言うこと。
ディストリビューション毎にフォーラムやMLなどがあるけど質問が上がっても
サポートする義務はない。あくまで善意だけ。
まぁここら辺を理解してない人がよくフォーラムやMLで暴れ回るんですけどね。

>プログラミングの開発環境などが整っているのでしょうか?
これは、何をするかだね。Windowsアプリの開発でLinuxを選択しないでしょ。
サーバサイドとかLinuxのアプリ開発をするならLinuxを選択するのもあり。
ただしサーバサイドなら開発はWindowsでして動作テストだけLinuxでも別に問題はない。
    • good
    • 6

「パソコンではこれができなければならない」


といったこだわりが無ければ、Linuxのほうが使いつづけることが楽。

導入するにあたって、あるいは違うバージョンやエディションに変えるにあたって
あるいは、二台目三台目のパソコンを導入するにあたって…

常に、Windowsでは選択可能なOSの選択に少し熟慮する必要があります。
その選択に金銭がかかり、また選択に誤れば追加資金も必要だからです。

Linux系OSでは、RHELのような商用製品もあるものの
個人で使うのであれば、無償版のどれでも気軽に導入できます。
もちろん、無償版を業務用サーバーや、クライアントに使うこともできます。

そして、別のLinuxに入れ替えるにしても自由です。

Windowsのように、32bit版から64bit版の移行にあたって…
「もうVista64bitは入手できないから困った」
「DSP版で買ったから、また64bit版を買わなきゃ」
みたいなことに悩む必要がありません。

また、使用できないデバイスがある反面…
使用できるデバイスについては、ほとんどの場合
デバイスドライバーの導入の手間がかかりません。

Pentium DualCoreのDellに、無線LANアダプターを挿して
デバイスドライバーは自動まかせで…インストール開始から20分で
YouTube再生までこぎついたことがあります。そのくらい手軽です。


私自身は、プログラミングはMSXのハンドアセンブルとかMS-DOSのQuickBASICが最後で
以降は、バッチファイルやシェルスクリプトくらいしか書いたことがありませんが…
(かつて持っていた個人サイトでもJavaScriptすら使わないほど。フリーのCGIを入れた程度)
Linuxのほうが楽なので、Linuxを使っています。
(面倒が少ないように、Ubuntuの長期サポート版(LTS)を4年くらい使っています)


開発環境としては、microsoftの開発環境が優秀ですから、誰もが気に入るとは限りません。
ただ、Linux上では、存在しない機能の需要は非常に大きいので
オープンソースの文化になじむことができるのであれば、やりがいがあると思います。

いつか、Linuxが現在のMacOSX並に普及するような時代が来るとして
その立役者となるソフトウェアを生み出すことができれば、歴史にも名を残すでしょう。
まぁ、簡単にそんなことできないでしょうけどね。


プログラミングは職業としてやるのが第一にあるかもしれませんが…
WindowsやMacOSXでのシェアウェアは、あまり儲かる時代では無いようです。
iOS用ソフトは審査が厳しすぎて、Android用ソフトは混沌としていて、儲けるのは難しいようです。

Linux用のソフトは、オープンソースのソフトが多すぎる上に、シェアがあまりにも低く
ソフトウェア販売で儲けることは非常に難しいと思います。
Corel AfterShot Proが先だって発売されましたが、あまり有名にはなっていません。


オープンソースライセンスに基づく、ソース開示義務の無いソフトを作成し
それを組み入れたLiveCDを販売するようなことはできるかもしれません。

もっとも、そういう商売に取り組んでいる事例が見当たらないので
やはり簡単なことでは無いはずです。


ただ、オープンソースソフトウェアの開発を、趣味でやっていくのであれば
ものによっては、非常にやりがいのあるものになるかもしれません。


日本発で、そうやって注目を集めたソフトは少ないのですが
たとえばRubyという言語は、日本のまつもとゆきひろ氏が生み出した有名なプロダクツです。

また、日本特有の事情をかかえた日本式地デジに関して
epgrecとfoltiaの二つが、PT2のような特殊な周辺機器と共に活用されています。
http://sourceforge.jp/projects/epgrec/
http://www.dcc-jpl.com/soft/foltia/

foltia自体はオープンソースソフトウェアですが、同人ソフトという過程を経て
現在では、秋葉原やAmazonで販売されるパッケージ版が存在します。
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/2011 …

foltia開発者の人とは、10年くらい前にコミケ関連でメールを交わした記憶がありますが(笑)
残念ながら、利用目的の違いから、私はepgrecを使っています ;-)
今現在、うちのepgrec with Ubuntu10.04LTSは前回メンテから96日、安定動作を続けています。
    • good
    • 2

Linuxは基本的にタダで使用できます。


ライセンス料が不要ですが一方でサポートが基本的にありません。そのため商用化Linuxではサポートで商売をしています。
基本的に初期投資(ライセンス料)を抑えるのには向いていますが、長期的な保守の観点からはあまりよくないと個人的には思います。

ライセンス料についてはMicrosoftを比較対象とすると、うーん。と考えさせられます。
業務システムで言えば、サーバの料金、クライアントPCの料金またはユーザごとの料金を定期的に払う必要があります。
いわゆるデジタル家電では組み込みLinuxが使用されています。
スマートフォンのAndroidもLinuxからの派生(?)のようです。あまり詳しくないので分かりませんが・・・。

そういう理由で基本的には、LinuxはWindowsやその他のOSと比較してデスクトップ用ではなく小規模サーバ用、家電向け組み込み用、特定目的のサーバ・組み込み用と私は思っています。Ubuntuなどデスクトップ用はありますが国内では一般に利用されることは当面期待できないでしょう。


プログラミングの開発環境については開発対象によりますがWindowsはサポートされているがLinuxはサポートしていないような統合開発環境の製品はあると思います。
もちろん、LinuxやUnix系が開発対象であれば、必要なプログラミング環境は用意されています。あと科学技術系のライブラリなどはUnix系でないと使えないものがあります。

まとめると
メリット
・Linuxはタダで使用できる業務用OS
・システムの運用環境としてのLinuxはライセンス料の負担が無い分コストが節約できます。
・組み込みLinuxとしてデジタル家電にも使われています
・Unix系で使われていた科学技術系のライブラリなどがあるのでそれ目的で利用する研究者もいるかと思います。
デメリット
・一般人にとっては使うメリットがあまりないです。ゲームができない、Windows Media Playerがないので一部の動画サイトが利用できない、困ったときのサポートが無い、市販されているWindows用のアプリケーションが動かない、プリンタがインストールできない分からないかもしれない。

※個人の感想であり実際の効用を保証するものではありません
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QUbuntuに必要なSSDの容量について

こんにちは。
UbuntuかLinux mintをインストールするパソコンについてです。
64GBのSSDを使うつもりなのですが、Linuxだとどれくらいの容量のシステムドライブを用意しておくべきなのでしょうか?
Windows8だと100か200は必要なようですが。

あと、無線LAN環境でもSSDの速度を体感できますか?
ネットにつながる速度がボトルネックとなってSSDの意味がなくなったりしますか?
私がパソコンでする作業といえば、ほぼGoogle Chromeで完結しています。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

質問者さんは恐らくLinuxについては初心者さんという前提で解答します。

>64GBのSSDを使うつもりなのですが
十分ですね。十分すぎます。

ウブンツをインストールしても4Gも使用しないでしょうから、後の60G使いたい放題でしょう。

>Windows8だと100か200は必要
絶対必要じゃありませんね。Windows8をインストールするのに必要は容量はせいぜい20G位でしょう。

あとは、アプリケーションや、データをワンサカ入れれば100や、200はいっぱいになってしまいますから、
そういう意味では、100でも200でも足りない可能性があります。

結局何がやりたいのかによります。

例えば、冷蔵庫を買うとして、冷凍室が400mlで足りるか否かは、どのように使用するかによりますよね?
ひとり暮らしなのか、家族4人で暮らすのか、もしくは飲食店で使用したいのか?

どうように、ウブンツで何をしたいのかによって、必要な容量が変わってきます。

ただ、ウブンツをインストールしてちょっと使ってみる程度であれば64Gもあれば十分です。

また、SSDにするのは正解です。無線LANだろうが、優先LANだろうが、同じ容量であればHDとSSDで比べれば
大抵の場合SSDのほうが早いです。つまりはPCのスペックがよくなりますので、
SSDを搭載できるのであれば、SSDにしたほうがいいです。

質問者さんは恐らくLinuxについては初心者さんという前提で解答します。

>64GBのSSDを使うつもりなのですが
十分ですね。十分すぎます。

ウブンツをインストールしても4Gも使用しないでしょうから、後の60G使いたい放題でしょう。

>Windows8だと100か200は必要
絶対必要じゃありませんね。Windows8をインストールするのに必要は容量はせいぜい20G位でしょう。

あとは、アプリケーションや、データをワンサカ入れれば100や、200はいっぱいになってしまいますから、
そういう意味では、100でも200でも足りない...続きを読む

Qcでなぜguiアプリが作成出来るのか。

cでなぜguiアプリが作成出来るのか。

現在cについて学習中です。
テキストエディタで書きターミナルで実行しています。
cではアプリが作れるようになるといいますが
現在のままではcuiのソフトしかできる気がしません。

一般的に言われるアプリケーションというものを
作成するにはまた別の手段が必要なのでしょうか。

Aベストアンサー

C言語の標準関数では出来ませんね。
Windowsであれば、WindowsAPIと言う関数群を使ってウィンドウを作成したり、ウィンドウをコントールする事が出来ます。
昔のMS-DOS時代であれば、直接VRAM(画像メモリ)をポインタで操作出来ましたので、VRAMに直接書いていました。

WindowsAPIについて紹介しておきます。
「Win32 API入門」Win32は、WindowsAPIの32bit版と言う意味です。
http://wisdom.sakura.ne.jp/system/winapi/index.html
C言語の知識としては、ポインタから構造体まで使いますので初心者にはムチャクチャ難しいです。CUIが自在に組める人でも挫折者がいますからね。

そうそう、CUIでもこのぐらいは出来るよと言う例も書いときますね。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA016117/cprog/index.html
参考にしてください。

Qwindows7が無料でダウンロードできるサイトを教えてください

サイトでダウンロードしたあとにUSBにそのまま書き込んでいいですか

Aベストアンサー

Windows の OS を無料でダウンロードできるサイトは、Microsoft にあるようです。
http://tipstour.net/microsoft-official-windows-download-link

ただし、無料ですがプロダクトキーが必要です。ダウンロードする場合か、インストールする場合に、プロダクトキーが必要になりますね。検証目的で、プロダクトキー(ライセンス)はあるけれどメディアが無い場合は、これらを利用できます。

下記が、Windows7 のダウンロードサイトです。プロダクトキーが無い場合は、利用できません。
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows7 ← 「この製品をダウンロードするには、ライセンス認証用の有効なプロダクト キーが必要です。」

また、ダウンロードしたファイルは USBメモリにそのまま書き込むことはできますが、インストール作業をしなければ起動できるシステムにはなりません。もし、USBメモリから起動できるのかと言う質問でしたら、できません。Microsoft は基本的にUSB接続の媒体からの OS の起動は許していません。従って、Mac のように外部の USB 機器からの起動はできません。(※例外はありますけれど)

Windows の OS を無料でダウンロードできるサイトは、Microsoft にあるようです。
http://tipstour.net/microsoft-official-windows-download-link

ただし、無料ですがプロダクトキーが必要です。ダウンロードする場合か、インストールする場合に、プロダクトキーが必要になりますね。検証目的で、プロダクトキー(ライセンス)はあるけれどメディアが無い場合は、これらを利用できます。

下記が、Windows7 のダウンロードサイトです。プロダクトキーが無い場合は、利用できません。
https://www.microsoft....続きを読む

QLinux上の仮想環境でwindowsを動かしてはいけない理由

キーワード検索してもwindows上でLinuxを動かす記事しかヒットしないということはホストがLinuxでゲストがWindowsという使い方は一般的ではないのでしょうか。
VMWAREやVIRTUALBOXなどの仮想化ソフトでもホストOSがLinuxというのはPCに詳しい人にとってはタブーなんですか。
なぜそうなってるのか理由を教えてください。

Aベストアンサー

単にニーズが少ないと言うだけです。
家庭ではLinuxPCに比べてWindowsPCが圧倒的に多いので。
技術的には別に何の問題もありません。
Windowsライセンスは当然必要ですが。

企業での利用だと、VMwareのESXが出る前はGSXというホストOS型の仮想化環境しか無かったのですが、そのときはLinuxホストでWindowsゲストというのは珍しくなかったと思います。

QC言語で作ったらWindowsでもMacでもLinuxでも動くんですか?

Linuxでgccを使ってC言語を勉強してます。

Linuxのgccでコンパイルして作ったプログラムはWindowsでもMacでも動くんでしょうか?

逆にWindowsで作ったのはとか、Macで作ったのは他のOSで動くんだろうかと疑問で・・・。

教えてください!!

Aベストアンサー

>それぞれのOSで使えるコンパイラでコンパイルしないといけないのですね。

そう。

>文章はテキストファイルだからOKということで。

いや、OKじゃない。

ソースコード(ソースプログラム)はテキストファイルだからOK、と思ったかも知れない。でも、OKじゃなかったりする。

ソースコードに漢字が入ってると、たとえそれがコメント部分だったとしても「漢字コードの違い」があって「単純に持って来ただけ」だと、コンパイルさえ出来ない事もある。

しかも「たとえ漢字が入ってなくても、改行コードの違い」でコンパイルできない場合もある。

コンピュータにとっては「テキストファイル」も「バイナリファイル」も区別出来ない。どっちも単に「何かのデータが並んで格納されてるファイル」に過ぎない。

そして「こういうデータが並んでたら、こういう意味」と言う「約束事」は、MacはMac、LinuxはLinux、WindowsはWindowsで全部違う。

テキストファイルで言えば「漢字の約束事」や「改行の約束事」が全部違う。

だから「単にソースコードを持って来ただけでもダメ」だったりする。

もし「LinuxからMacへ、テキストファイルをコンバートして送るツール」が無かったとしたら「Linuxで紙にプリントアウトして、Macでそれを読みながら手で打ち込み直し」って事になってしまう。

そういう訳で「テキストファイルだからOK」ってのは「甘い考え」だったりする。

>それぞれのOSで使えるコンパイラでコンパイルしないといけないのですね。

そう。

>文章はテキストファイルだからOKということで。

いや、OKじゃない。

ソースコード(ソースプログラム)はテキストファイルだからOK、と思ったかも知れない。でも、OKじゃなかったりする。

ソースコードに漢字が入ってると、たとえそれがコメント部分だったとしても「漢字コードの違い」があって「単純に持って来ただけ」だと、コンパイルさえ出来ない事もある。

しかも「たとえ漢字が入ってなくても、...続きを読む

QCorei7とXEONはどっちの性能が良い?

自作PCを考えていますが、CPUの選び方がイマイチ、よくわからないことに気が付きました。

Q1. Core i7とXEONはどっちのほうが性能がいいですか?

Q2. Core i7 2.10GHzとCore i5 2.50GHzみたいな場合はどちの性能がいいのですか?(実在するかは置いといて)

Aベストアンサー

A1. パーソナル向けに設計されたCPUがCoreシリーズとなり、
業務用などのサーバー用途に設計されたCPUがXeonとなります。
性能はXeonの方がいいかと考えられますが、DIYなどで使用するには、
マザーボードがXeon CPUをサポートしているかになります。
また、トータルコスト面で高価になる場合がありますので、
チョイスするならばよく考えて下さい。


A2. Coreシリーズはi7, i5, i3があります。

同一のソケット1155であれば、一部のCPUを除き、基本的には、

i7 コア4個 スレッド8 ターボブースト○
i5 コア4個 スレッド4 ターボブースト○
i3 コア2個 スレッド4 ターボブースト×

となり、もう少し考え方を変えてみると

i7 4人の調理人が両手で料理可能、頑張れモードあり
i5 4人の調理人が片手で料理可能、頑張れモードあり
i3 2人の調理人が両手で料理可能、頑張れモードなし

といったところでしょうか、
上記からi7が性能が高いです。

Qゲーム以外で、グラフィックボードをつける良さは?

私は趣味で自作PCを沢山作っています。
後付のグラフィックボードをつけると、FFなどの写りのキレイなゲームを快適に楽しめることは知っています。

私の場合ゲームをやらないので、オンボードグラフィックで十分です。
(CPUをCore i7-2700Kにしています。)
自作指南的なページでよく言われているのが、同じ予算であれば、
CPUのグレードを下げて、グラフィックボードのグレードを上げたほうが良い
といわれています。

パーツショップで、グラボの値段も見ていますが、価格帯がCPUよりも高価です。
そこで質問ですが、

1.ゲーム以外でグラボをつける良さってありますか?

2.CPUやメモリ等の部品に比べてコストパフォーマンスが悪いと思うのですが、
  お金を出してもおすすめするネタってありますか?
  (当方ゲームは極まれにやりますが、面倒で気が進みません
   ゲームでもこれは大金叩いても面白いというのがあったら教えて欲しいです。
   また、当方男性ですので、カテゴリーに抵触しない程度でアダルトネタでも良いです。)

Aベストアンサー

>1.

GPGPU(※)を使う場合や、CADや3DCG製作などのOpenGL系の処理をする場合などはグラフィックボードも必要になりますね。
ですが、ネットをしたり、Office系のソフトを使ったり、動画を再生したり、という用途の場合はグラボ増設によるメリットはほとんどありません。
せいぜい、動画の再生支援機能によって動画再生中のCPU負荷が多少軽くなる程度。
消費電力が増えることも考慮すると±0に限りなく近いか、マイナスな可能性もありますけど。

※普通はCPUが行う処理をグラフィックボードにやらせること。動画エンコードや画像処理ソフトなど、極一部の用途でしか使えないが、CPUよりも高速で処理が可能。


>2.

基本的には、高いスペックの必要な3Dゲームをやらないのなら、上位クラスのグラボを搭載する意味は有りません。
動画の再生支援が目的なら安価な下位クラスの製品で十分ですし、GPGPUで使う場合もミドルクラス程度のコストパフォーマンスが良い製品で問題ないはず。
上位クラスのグラボは、高解像度&画質設定最高で3Dゲームを快適にやりたいというヘビーゲーマーや、ベンチマークで高いスコアを出したいベンチマーカーくらいしか縁が無い製品です。


>後付のグラフィックボードをつけると、FFなどの写りのキレイなゲームを快適に楽しめることは知っています。

これは、グラボを搭載すると映像が綺麗になるって意味じゃありません。
3Dゲームというのは、大抵のタイトルで画質設定が変更でき、高画質な設定ほど快適に動かすために必要な3D性能が上がっていくんです。
で、オンボードグラフィックや内蔵グラフィックと呼ばれるものは3D性能が低いから画質設定を低くしないと快適にプレイできないから低画質、グラボを追加すれば3D性能が上がるので画質設定を上げられるから映像が綺麗になるってわけです。
そのため、グラボを搭載すると映像が綺麗になるというのは、3Dゲームに限定されるんですよ。
基本的に、3Dゲーム以外の画質に関しては、どれだけ高性能なグラボを搭載しても綺麗になることは有りません。

>1.

GPGPU(※)を使う場合や、CADや3DCG製作などのOpenGL系の処理をする場合などはグラフィックボードも必要になりますね。
ですが、ネットをしたり、Office系のソフトを使ったり、動画を再生したり、という用途の場合はグラボ増設によるメリットはほとんどありません。
せいぜい、動画の再生支援機能によって動画再生中のCPU負荷が多少軽くなる程度。
消費電力が増えることも考慮すると±0に限りなく近いか、マイナスな可能性もありますけど。

※普通はCPUが行う処理をグラフィックボードにやらせること。動画エ...続きを読む

Qなぜubuntuは32bit版が推薦?

なぜUbuntu Linuxでは32ビット版が推薦されるんですか?もう64ビットのパソコンが普及しているこの時代なのに。

せっかく64ビットのパソコンあるのだから64ビット版を使いたいですよね。確かに動作はあまり変わらないですが。

理由がわかりません。

Aベストアンサー

64bitの環境が整備の途上なので、壁に当たる事が多く、初心者は直ぐ行き詰まる
可能性が大きいのです。

PAE(メモリ拡張機能)で32bitでも4GB以上のメモリが使用出来ますので、
64bitを使用する優位性が薄れます。

Qビル・ゲイツはどうやってWINDOWSを作ったの?

WINDOWSのようなOSを作るにはどうしたらいいのでしょう?たとえば、MACでWINDOWSと同じ、もしくはそっくりなOSを作るには何が必要なんでしょう?高度な知識や時間なんてのは無しですよ(^_^)
それと、プログラミングにはやっぱりソフトが必要なんでしょうか?じゃあ、そのプログラミングソフトはどうやってできたんでしょう?
私、初心者の為、専門用語などは理解できませんので、その点踏まえてお答えいただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

ひとつの答えかたとして数百万行のソースコードを書いて作った。
WindowsCEで150万行、XPの早大等に公開したのが500万行と言われています。

基本的に、これらはC言語とそこから派生進化した
C++言語やC#言語によって書かれています。

CやC++はMS版の開発環境もありますが、言語仕様そのものは
Microsoftで作られたものではありません。
しかし、MS CやVisual C++等の開発環境が
C言語による開発を促進したのは事実です。


MacOSとWindowsを比較した上でのWindowsと
同じないし、そっくりなOSを作る方法は
模倣を繰り返すしか無いでしょう。
あるいは技術を買い取ったり提携する。

技術的には非公開の技術の完全互換は不可能だし
技術仕様を知るためには膨大な費用がかかる。
現実的にはできないし、ナンセンスだと言える。

また、"WindowsのようなOS"の定義を
Windows用しかないような各種アプリケーションが動くOS
と考えた場合には、それはPowerPCのMacintoshでは不可能。

CPUの違いを吸収する仕組みを作ったとしても
それは、大幅に速度低下を招き、また完全な互換性確保は難しい。
むしろ、VirtulPC上でWindowsを動かすほうが楽。

ひとつの答えかたとして数百万行のソースコードを書いて作った。
WindowsCEで150万行、XPの早大等に公開したのが500万行と言われています。

基本的に、これらはC言語とそこから派生進化した
C++言語やC#言語によって書かれています。

CやC++はMS版の開発環境もありますが、言語仕様そのものは
Microsoftで作られたものではありません。
しかし、MS CやVisual C++等の開発環境が
C言語による開発を促進したのは事実です。


MacOSとWindowsを比較した上でのWindowsと
同じないし、そっくりなOSを作...続きを読む

Q戻り値の意味がわかりません…

戻り値とはどういう値なのか簡単な例文で教えて頂けますか?

Aベストアンサー

バカくさいかもしれませんが簡単な例えをだしてみます。
2人の子供がいて、名前をそれぞれ太郎・花子にしましょう。この2人の子にある役割を決めます。
・花子は飴をもらうと、それをチョコにする役割。(できるかは別として)
・太郎は花子を呼んで飴をあげる役割。

さてこの例では太郎の飴が引数(ひきすう)になり
花子のチョコが戻り値になります。

このイメージを元に次の文を読んでみてください。

「プログラム中の関数やサブルーチンが処理を終了し
呼び出し元に処理の結果として返す値。」

これが戻り値の正しい定義です。
そのほかにはNo1さんのような役割指すときも、それを「戻り値」と呼んだりします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報