はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

唐の都・長安を模しただけの理由ですか。
平城京や長岡京の経験からおおよそどの程度の規模にすべきか、は分かっていたと思うのですが…。
平安京の造営は、人民の負担が大きすぎるという藤原緒嗣の桓武天皇への上申により、建設を始めてから10年を経過した時点で、おおかたの終止符が打たれています。

平安京の朱雀大路の幅員は、平城京のそれよりも大きく、28丈(約84m)もあったそうです。
閲兵式や凱旋行進をするためにこれだけの幅が必要だったのですか。
他に何か理由があるのですか。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

新たな展望をもって何かを企画する場合、従来よりも立派にしようとするのは、ごく普通のことのように思います。


朱雀大路の幅は、長岡京24メートル、平城京74メートル、平安京85メートルで計画されたようですから、それなりに常識的発想だと思います。
朱雀大路も他の大路や街路も条坊制の発想に基づく都市計画ですから、あとで後悔するようなプランは作らないのがごく自然の発想でしょう。 この都市計画は、防衛上の観点もなくて、また一度に建設するのでもなくて、偉容を誇れるように机上でプランするものだから、それなりに自然な発想だと思います。
朱雀大路は、都市計画で壮大にしたいという以外に、もしかしたら、皇居前広場のような感じで、道というよりも、色々な軍事パレードで大勢の軍人や馬が隊列を整え並んだり、分列行進をしたり、それを見る政府高官が並ぶ場所でもあったのかも知れません。
内裏や官庁の建物が並んでいる大内裏(宮城)では、並ぶだけの閲兵式はできても、それ以上のことはできないから、朱雀門までの長い道路兼会場が必要だと思ったのではないですか。
軍が各地に分散し、中央に集まって軍事パレードをすることもできなくなったり、律令制の実質が弱くなれば、計画道路としての朱雀大路も、他の大路も、その間にある小路も、計画ラインは守られなくなって細い道路になってしまったのでしょう。
律令制では、地方を繋ぐ重要街道も、とにかく一直線で幅広く作られています。
そうした観点が、政治、軍事、国家の偉容を形成する上でとても重視されたのでしょう。
 
東京都国分寺市では幅12メートルの道路が見つかっています。このような当時で言えば、湧水が多い谷の湿地に対応するための「地方道路」でさえも、これだけのものを作らせているのですから、その後に平安京を作る時に、都の中心に大きなものを計画するのは当然の発想と思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%B1%B1% …
「古代の武蔵国府と上野国府を結ぶ駅路で「東山道武蔵路」と呼ばれる道です。ここから南のJR中央線の南の台地上にある旧国鉄中央学園跡地などから検出された遺構の調査により、側溝を伴った幅12メートルの道路で、路面が踏み固められた道跡が出土していましたが、ここの道跡は、丸太で枠を作り木杭でおさえ、葦や木の枝を敷き、石を並べ、さらに赤土と黒土を交互に積み重ねた構造をしていました。」
http://www.asahi-net.or.jp/~ab9t-ymh/touzando-m/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>新たな展望をもって何かを企画する場合、従来よりも立派にしようとするのは、ごく普通のことのように思います。

そうだ!そういうことですね。
その4,50年前には、世界一の金銅仏を造っているくらい、国力が目に見えて発展・上昇している時期ですからね。

朱雀大路は、通行のための道というよりは広場としての役割が重要だった、とのご指摘、私もそう思います。
また、幅12mの古代道路は、府中市の発掘例をNHK-TVで観ました。
直線で計画された見事な道路でした。

お礼日時:2012/05/13 19:55

 平安京が造られた当時は,皇統が天武系から天智系に移ったばかりであり,しかも天災や皇族の不審死といった不祥事も相次いでいたので,国威発揚のため必要以上に大きな都の計画が造られた可能性は否定できないでしょう。


 しかも,平安京への遷都を実行した桓武天皇は,在位中に大規模な遷都を二度も実行した人物であり,東北への軍事遠征も積極的に行っているので,歴史上よく見られる派手好きな君主であったことは容易に想像できます。
 まあ,それでも家臣の建言を容れて造営計画を中止できる度量があったのは,無駄な公共事業にも一向に歯止めをかけられない現代の政治家よりましであるとも言えますが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
中一の孫の素朴な疑問がこの質問の出発点です。
初期の平安京の人口をnetで調べたのですが、いろんな説(推定)があって、よく分かりません。
結局、人口に見合った以上のでかい都市をつくる財力と権力を当時の朝廷はもっていたのだ、ということになりました。
需要予測を過大評価して大型工事をする伝統は今も続いていますね。

>国威発揚のため必要以上に大きな都の計画が造られた可能性は否定できないでしょう。

そういうことだ、と…同感です。
それにしても、札幌の大通りができるまでは、朱雀大路を超す道路はありませんので(多分)、
何が、どのような思想が、この大きさを決めたのだろうと、無意味な想像をしています。

お礼日時:2012/05/13 11:06

都市を計画するとき、最初からこの程度でいいか。

って街づくりは誰もしないと思いますよ。
2期工事、3期工事などで拡張性を持たないと、人口増加で都市機能が不足したとき、その都市は機能不全を起こしますから、都ごと放棄しなければなりません。
シムシティでもやってみればいい。

相談者さんは、歴史が過去から未来へ作られたのに、歴史の結果から過去へ遡って考えるから、理由があると思ってしまうんだと思います。
できると思って、できるように計画したけど、さほど必要なかったので、できなかったのです。
絶対必要なものから作りますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>できると思って、できるように計画したけど、さほど必要なかったので、できなかったのです。

自分のフトコロの痛まぬ「お上」の考えることですから……なるほど、そうですか。
長岡京も大きな計画でスタートしたが、西半分は湿地で生活できなかったそうです。
その経験を平安京に活かせなかったのはなぜか、という疑問です。

あるいは、奈良の大仏に見るような何かもっと気宇壮大な計画があって、平安京の規模など、たいしたことはないのでは、という疑問です。

お礼日時:2012/05/12 20:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

上野 形成」に関するQ&A: キレート剤とは?。

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q平城京から平安京に移ったのはなぜ?

なぜ、奈良から京都に移したのでしょうか?
また、小学6年生に、「平安京」とは、どういうこと?と聞かれています。
建物、遷都したこと、時代、どう答えていいかわかりません。今で言うと平成時代ということでしょうけど、ピンとくる説明はどうすれば良いでしょうか?

Aベストアンサー

奈良から京都に移ったのは首都です。

現在は(昔も)年号は「天皇」が変わったときに変わりますから、首都移転とは若干意味合いが異なります。

遷都の理由は、そのときの時代背景が関係しますので、参考URLをご参照ください。

参考URL:http://www.01.246.ne.jp/~reki127/index.rekitan-31.html


人気Q&Aランキング