ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

母が15/2/09に血圧計OMRONHEM-757を購入しましたが最近になって電池が切れたみたいと言って来ました。
 事情を聞くと電源を押しても表示が消えてしまうというものでした。そこで新しいアルカリ電池を4本入れたのですが、数日経過した今日になってまた表示が消えたということを伝えられました。
 そこで電池の両極を拭いて使用してみると電源入りになり使えるようになりました。
 しかし念のためと思い説明書を見てみたところ、スーパーマンガン電池使用と書いてありました。
 アルカリ電池では不向きなんでしょうか。それとも故障の恐れありなんでしょうか。それとも電池の保管状態に気をつけるべきなんでしょうか。
 仮にマンガンの方が良いのなら何故かも教えて下さい。

A 回答 (1件)

アルカリ電池は、消費電力の多い機器(懐中電灯、玩具)に向いています。


マンガン電池は、消費電力の少ない機器(時計など)に向いています。

アルカリ電池はパワーはありますが、電圧の低下が早いので、安定した電圧が必要な機器での使用には向いていません。

電極を磨いて使えるようになったということは、電極に薄い酸化幕ができていて、通電が悪くなっていたと言うことでしょう。

説明書でマンガン電池を勧めているので、消費電力が少ないので、高価なアルカリ電池を使わなくてもいいですと言う様な意味だと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング