昨年約5百万で事業用コンピューターを購入しました。実際は一括で支払う能力がなかったので、某大手家電メーカーSP社系列でリースを組みました。
ところが契約が済むとコンピューター販売元のA社が手のひらを返したかのように契約前の美辞麗句と異なりサポートがおろそかになりました。
始めの3ヶ月間は辛抱したのですが(この間たびたびシステムダウンしたが自己復旧するしかなかった)3ヶ月目の営業締め日にシステムがダウン。
我慢の限界に来た私はA社に連絡しコンピューターを引き取ってもらいました。
SP社には事情を話しリース支払をストップし、A社との和解案を探るべく弁護士にも相談していましたが、A社の手前勝手な言い分に納得がいかず4ヶ月が経過した今年の4月なんとSP社から内容証明郵便で「この文書をもってリースを解除する。リース機器とリース残高を返済すべし。」という旨の一方的な文書が届きました。
このような場合、リース会社に従わざるを得ないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

法的にはリース契約はリース会社とあなたの会社の間で締結されたもので、中途解約時には残額を一括で支払うというのが一般的です。


リース会社はすでに商品代金を販売会社A社に全額支払っているでしょうから。
しかし、売り主であるA社が瑕疵を認めて引き取ったものなら、当然、A社がリース会社に代金を返還してリース契約自体が無かったことにするということになります。
A社の担当者とやりとりしてラチがあかないのでしたら、社長宛に直接書面を送るとかしないと解決はしないでしょう。なるべく上の人に事情がわかるようにするといいです。どこの会社もクレームが表面化することは嫌がりますが、執拗にやりすぎると、恐喝や名誉毀損などで訴えられたりすることにもなりますので、程度をわきまえて対応してください。
問題は、A社の製品に不具合があったことをA社が認めるか否かです。
弁護士を使わずとも、早急に動いた方がいいです。長引くほどこじれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。たしかに長引くほどこじれそうな予感でした。よいヒントになりました。
がんばります!

お礼日時:2001/05/12 16:55

 内容証明といっても、新たに権利が創設されたり、強制執行力が生じたりするものではありません。

単に、手紙内容を証明するものに過ぎません。その後の相手の出方(提訴など)により、弁護士と相談されたうえ、対応手続きを取ることになります。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/law2naiyos …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。また興味深いページまでご紹介いただき感謝いたします。じっくり見させていただきます。

お礼日時:2001/05/12 17:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車のリースについて

リースは解約不能とフルペイアウトの2要件をともに満たすものはファイナンスリースとなり、
これ以外はオペレーションリースとなります。

フルペイアウトの要件ですが、現在価値基準と経済的耐用年数基準のいずれかを満たせば
フルペイアウトと判断されます。

ここで車のリースですが、たいていが解約不能です。車のリースはたいていがオペレーションリースになります。
ということはフルペイアウトの2要件を両方とも満たしていないということになるのですが、
現在価値基準は満たしていないとしても、経済的耐用年数基準までも満たしていないということは
めったにないと思います。
経済的耐用年数基準は解約不能のリース期間が経済的耐用年数の75%以上の場合は
満たしていることになるのですが、車を5年リースした場合はこの基準を満たしているように
思えます。
しかし5年リースでもオペレーションリースとなります。
なぜこのような場合でもオペレーションリースとなるのでしょうか?

Aベストアンサー

http://www.jala.or.jp/qa/lease_account01.html
こちらのURLに以下のような解説があります。

自動車リース取引は、中古車市場が発達しているため、残存価額を反映したリース料が算出されます。残存価額を考慮した判定の結果、大半がノンフルペイアウトのリース取引(オペレーティング・リース取引)となります。

なお、自動車リースは中古車市場の存在等により、借手がリース物件に係る殆どすべてのコストを負担することとならない場合が多く、原則的基準である現在価値基準により判定を行うのが一般的です。

QA社がB社へ社員を派遣するのに、A社とB社の社長さんが同じ人って、ありですか?

バイトを首になったので新しく正社員さんになろうと思って、会社を探したら自分に合いそうなところが見つかりました。
そしたらそこから別の会社に出向(?)するための募集だそうです

ところが、その出向させられる先の会社の社長さんも、募集している会社の社長さんと同じ人なんだそうです。それって、怪しいんでしょうか?。

派遣会社って何か法律とかに縛られていませんでしたっけ?よく、派遣会社登録~号とか求人票に書いてありますよね。この会社はかいてないんです。
出向(?)なら派遣会社ではないんでしょうか?
同じ社長の会社へ派遣するって何か深い意味があるんでしょうか?

もしかして、雇われた会社だけ倒産とかしてまた首になると困ります。
とても不安なんですが条件はいいんです。
どなたか、わかられる人がおいでになれば、どうか御教授ください。

Aベストアンサー

出向には、元の会社に籍を残して出向期間が終わったら戻ってくる在籍出向と、籍を移して元の会社に戻らない移籍出向とありますが、通常はすでに雇用している社員を役職定年などを機に、他の会社で就業させるときなどにいうように思います。

在籍出向させるために新たに雇い入れ、ずっと出向先の会社にいるのであれば、労働者派遣と同じ就業形態ですから、労働者派遣法違反になる可能性が高いです。違法と思われないように便宜的に「出向」とよんでいるだけで、派遣の許可を取らずにもぐりでやってる違法行為かもしれません。特に社長が同一であれば、かなり怪しいです。労働者派遣事業の許可や監督は、都道府県労働局がしていますから、労働局に相談されることをおすすめします。

なお、「専ら(もっぱら)派遣」というのは、特定の企業だけを対象に労働者派遣を行うことを言い、専ら派遣を行うために労働者派遣の許可を受けることは認められていません。大企業のグループ内の派遣会社も、グループ内企業にしか派遣しないとすることはできず、新たな派遣先確保を行うよう指導を受けているはずです。

Qリース車の保険等級引継ぎ

近々に、会社でリースしている車がリースアップとなり、その車はリース会社へ返却します。
次の車は別のリース会社から車種を変えてリースする予定なのですが、返却するリース車の任意保険がリースアップ日の3日後となっております。
車を変えるにあたり、任意保険のほうも見直しをかけているのですが、新車が納品される日がリースアップの3日前となっており、日にちが色々とオーバーラップして難しい話となっております。
このような場合、スムーズに保険等級の引継ぎを行うことはできるのでしょうか。
整理しますと、下記のような状態です。

(1)新車(リース)の納車
(2)現行車のリースアップ((1)の3日後)
(3)現行車の任意保険満了((1)の6日後)
・現行車と新車のリース会社は別
・現行車と新車の保険会社は別

現行車がリースアップしても任意保険を満了日まで継続させられるとした場合、新車に保険が掛っていない状態になると思います。

やはり、スムーズに等級の引き継ぎを行うためには、現行車の保険をお願いしている保険会社に車輌変更手続きをしてもらうことになるのでしょうか。

お知恵をお貸し頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。

近々に、会社でリースしている車がリースアップとなり、その車はリース会社へ返却します。
次の車は別のリース会社から車種を変えてリースする予定なのですが、返却するリース車の任意保険がリースアップ日の3日後となっております。
車を変えるにあたり、任意保険のほうも見直しをかけているのですが、新車が納品される日がリースアップの3日前となっており、日にちが色々とオーバーラップして難しい話となっております。
このような場合、スムーズに保険等級の引継ぎを行うことはできるのでしょうか。
整理し...続きを読む

Aベストアンサー

まず代理店か保険会社に電話して書かれてる内容を伝えれば特別な手続きは、必要なかったはずです。
以前、リースで乗っていて、買い換えた時は、代理店に電話一本で済みましたよ。
差額や内容変更があれば代理店から言って来ます。

QAの文書と、5人の代表Aの文書は同じか

Aの文書と、5人の代表Aの文書は同じでしょうか?

つまり、当方は、「Aからの文書」に対しては一回正式に回答しており、これ以上は回答する義務はまったくありません。
しかし、その後に、「A,B,C,D,Eの5人の連名で、その代表者としてAと記載された、全く同じ内容の文書」が来ました。
これについては、

(1)「Aからの文書」と同一とみなしてよいので、そして、「Aからの文書」に対しては一回正式に回答しているので、何ら回答する必要はない。

(2)「Aからの文書」に対しては一回正式に回答しているとしても、「個人Aからの文書」と「5人の代表者Aからの文書」とは違うので、「別の人からの文書」とみなして、別途(既に「個人A」に対して回答したのと全く同じ内容であっても)、回答の文書を出す必要がある。

どちらでしょうか?

Aベストアンサー

法的に言えば、形式論としては、A名義の文書と
5人連署の文書とでは、人格の同一性がありません。
したがって、別途出す必要がある、ということに
なります。

しかし、それはあくまでも形式であって、実質は
A一人と同じ人格だ、というのなら、重複しますので
出す必要はない、ということになります。

だから、実質はどうなのか、という問題になります。
それがわからなければ、保身というか安全のため
連署の文書に対しても出しておいたほうがよいと
思います。

事情が分からないので、そもそも回答する法的義務が
あるのかもわからないわけで、ここらあたりは
回答不能ということでお願いします。

Q家の奥さんが、今度車を買う時リースで乗ろうかなぁーって言っています。リースにすると月々のリース代だけ

家の奥さんが、今度車を買う時リースで乗ろうかなぁーって言っています。リースにすると月々のリース代だけで、車検代と税金を払わなくていいとのことですが、リースで車を乗ってる方詳しく方メリット・デメリット
教え下さい。

Aベストアンサー

まず、リースって奴が曲者です、払い終わる前に本体自体が
駄目になりやすい、それを我慢して使うストレス、そして期限がくる年度前くらいに次のリースの話が持ち上がり、
支払合計はならす感じで倍払いにはならないという風に組まれるのかもしれません。
これはコピー機の話です。コピー機をまともに買うと3-400万円くらいです。
コピー機はだましだまし使えてもイライラしますね、車は、その気になれば自分で修理もできるものです。しかし、借りものですから
勝手に手を加えたりとか修理したりしたものに対し、不具合が起きたなどでの
保証がゼロです。これについてはパソコンも同じです。

言える事は
スマホの2年拘束とはわけが違います。途中で調子悪い、故障したといっても
交換は絶対にしてくれません。

個人的な考えでは、購入して早い時点(価値がある)で買い替えるようにして
新車を乗り換えていく方が、いいと思いますけどね。

QA社ブランド品XをX製造業者B社が買取り販売することは違法?

すみません。初歩的な質問かも知れませんがご教授願います。

例えば、A社(商社)のブランドとして販売されているXという商品があって、A社ブランド品Xは、下請けであるB社が製造しているとします。
B社は全面的にA社にXを卸しているのですが、B社と付き合いの深いC社がXをB社から買いたいとした場合、勿論XはA社ブランド品ですのでB社から直販するのはいけないですよね。
なので、B社が一旦A社に卸した商品XをA社から買い受け、C社に販売すると、どうなるのかという話しをした時、それは法律違反になると言われました。
C社はA社とではなく、B社と取引をしたいとのことで、法律に問題のない方法でXをB社とC社間で取引できるようにするにはどのような方法をとればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

B社が紹介してA社がC社に売ってしまえば良いだけです。物の流れはB社から直接C社でも良いし、A社を通しても良いですけど。
いかにしろ、A社経由じゃないと問題がありますよね。まあA社の承諾があれば別ですが。

Qリースでも『車を買った』って言う表現は

この度、リースで車の乗り換えします。

ふと思いました。
今まではローンで車に乗っていました。
その時、他人には『車を買った』『車を買い換えた』っていう言い方をしていました。

今回のリースはどうなんでしょうか?
『車を借りたよ』って言うんでしょうか?

リースでも今まで通り、『車を買った』『車を買い換えた』で良いですよね。

Aベストアンサー

「買う」とは、 代金を払って自分の所有とする。となりますので、
ローンでも所有権は別人(ローン会社)ですので、使わせて頂いている。というのが正式では・・・となります。
このことを踏まえて、
現在では車を購入するのに、現金(小切手等含む)・ローン・リース等の方法がいろいろあるので、「買った」「買い換えた」で問題ないと思います。

Q請負契約について。発注元の企業(以下、A社)、請負会社(以下、B社)と

請負契約について。発注元の企業(以下、A社)、請負会社(以下、B社)という2つの会社の関係について、下記のようなことは法的にどうなのかお教え頂ければ幸いです。

(ア).A社からは具体的な仕事がなく、B社に対し「A社の業務に貢献する何かを考えろ」というような要求が出された場合、こういう請負契約は合法ですか?
 請負とは何か特定の業務があったうえで、A社がB社に(=つまり、B社の社員個人ではなくBという会社へ)仕事を出すというものだと思うのですが、この例のように「A社の業務に貢献しろ」という具体性に乏しい曖昧な業務請負というのは法的に妥当な請負契約なのでしょうか?


 例えばA社とB社の社員(管理者、担当者ともに)が参加する会議などの共同作業をするとします。A社の都合で設定された時間が、B社の就業規則では残業時間、休日出勤に相当する時間であるとします。
(イ)この場合、残業代や休日出勤手当はどちらが支払うべきですか?(請負業務開始後に請負金額へ上乗せすることを請求可能ですか?)
(ウ)これはA社が社外の人間であるB社社員に対して残業を指示していることになるのでしょうか?

(エ)上記の(ア)~(ウ)に該当するか否かは別にして、A社社員(管理者以外)からB社社員(管理者以外)に対し業務指示などがあった場合、合法/違法の境界線はどのように判断すればよいのでしょうか?請負である以上、A社の社員がB社の窓口ではなくB社社員個人に直接指示を出す行為は、内容が何であれ全てが違法と言うことですか?

しょっちゅうパソコンを見られるわけではないですので、回答は特に急ぎません。
よろしくお願いいたします。

請負契約について。発注元の企業(以下、A社)、請負会社(以下、B社)という2つの会社の関係について、下記のようなことは法的にどうなのかお教え頂ければ幸いです。

(ア).A社からは具体的な仕事がなく、B社に対し「A社の業務に貢献する何かを考えろ」というような要求が出された場合、こういう請負契約は合法ですか?
 請負とは何か特定の業務があったうえで、A社がB社に(=つまり、B社の社員個人ではなくBという会社へ)仕事を出すというものだと思うのですが、この例のように「A社の業務に貢...続きを読む

Aベストアンサー

ア 合法も何も契約自体が存在しません。


イ 業務命令なならB社が支払うもので、A社は責任を負いません。
 当然、請求もできません。

ウ なりません。

エ 請負ですからB社社員はA社社員指揮命令系統には属しません。
 つまり指示を出すのは勝手だが、聞く聞かないはB社の判断です。

 
つまり、請負業務下での発注元と、下請け側にもそのような
不適切で非合理な従属関係が日常的に発生するというのが
現在の世情です。嫌なら帰れ。。というようなものです。

Qリースの車

今、個人で仕事をしています。
現在所有している車は独立前に購入した車で、古くなったので買い替えようと思っているのですが、経理関係に詳しい方から減価償却して経費で落とすよりも 会社契約のリースにして、リース契約の終わる5年後に数万だして自分の物にすれば良いとの事でした。
私はリースの仕組みがよく理解できません。やはりこれが一番良い方法なのでしょうか?
リースのあいだは自分の車ではないのでしょうか?
また、リース以外に良い購入方法があれば、教えて下さい。

Aベストアンサー

私も以前リースで車を購入しました。
私の頃は3年でしたが、
仕組みは3年後、その車がいくらで売れるか、例えば50万で売れる
として、120万の車なら120-50の70万、分割払いの
形で支払いつつ借ります。
なのでリースの間は自分の車ではありません。
3年後、そのまま返すか、50万払って買うか、
返した時に査定が60万ついたら10万返ってくるし、
査定が40万なら10万払って返します。

私はリース中、当て逃げされ、事故車になってしまったので
3年後残りを支払い購入しました。

求めている回答と違ったらごめんなさい。

QA社B社が対立した場合、両社の取締役を兼ねるものは、どう行動しなくてはいけない?

A社とB社両方の取締役を兼ねるもの(αとします)がいるとします。
A社がB社に不利な行動をとると取締役会で決定し、それをB社に秘密裏に行うとした場合、αはB社に対してその決定を隠していると、A社に対する背任罪等の罪にあたりうるのでしょうか?
αはB社に対してその決定を伝えると、B社に対する背任罪等の罪にあたりうるのでしょうか?
αはA社の任務でA社の業務としてB社に対して不利な行動をすると、A社に対する背任罪等の罪にあたりうるのでしょうか?
αはB社の任務でB社の業務としてA社に対して防衛行動をすると、A社に対する背任罪等の罪にあたりうるのでしょうか?

なんか華麗なる一族を見ていると、なぜ万表頭取が訴えられるのか、よくわからないです。

Aベストアンサー

いずれの行為も背任罪にあたる可能性がありますし、民事的な損害賠償の対象になる可能性はさらにあります。

利害の相対する会社の取締役を兼務するのは、利益相反行為の典型例です。どちらかの取締役を即刻辞任すべきでしょう。

会社法(旧商法も)は、利益相反行為については取締役会の許可を得ることが必要としています。しかし、両者の取締役に就任するという利益相反行為について両社の取締役会の許可があったとしても、利益相反行為によって会社に損害が生じた場合は、会社にその損害を賠償する必要があります。

利益相反行為は、ご質問のような解決困難な問題(A社のために行動すればB社に損害をあたえ、B社のために行動すればA社に損害をあたえる)を引き起こすからこそ、はじめからそういう状況に陥らないよう回避すべき義務があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報