人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

クロスで100km程度のツーリングを楽しんでおります。

で、以前より気になる点がありますので、質問させていただきます。

当方、かなりの汗かきで、長距離走っていると特に夏場なんかは汗が顎の下からポタポタと落ちて、バイクに付着する程です。

当然、走り終わればできるだけ早い時点で全体的な拭き取りをしていますが、
各所にあるネジに付着した汗を拭き取り忘れたりで微妙に錆が浮いてしまったりします。

拭き取りを完璧にするのが最も良いのは当然ですが、それ以外によい方法はないでしょうか?

以前、ネジの頭にチェーンオイルを薄く塗ってみたことがあります。
が、これってネジの頭に結構な埃が溜まってしまうんですよね(涙)

ネジ部の錆防止方法、裏技などあれば御回答お願いします。

A 回答 (7件)

No.5です。


No.6様から私の回答についてご指摘されましたので補足します。
木工用ボンドは樹脂と水から出来ていて、
水があるうちはご存知のとおり白色をしていて、
水が乾燥すると透明になります。
そして残った樹脂によって接着するというわけです。
水が抜けないなどということはありません。
真空パックにでもしない限りご心配ありません。
子供のころから木工用ボンドを使って経験しています。
思い込みによる否定的な方などに惑わされず一度試してみると良いでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

木工用ボンド、一度試してみる価値ありですね。

お礼日時:2012/05/13 23:41

あの・・・


エマルジョンボンドって何でできているかご存じですか?

そう。水。
水が入らない?ではなく
入れているのです。
密着はしません。
水は入れます
しかも抜けません。

いちどやってみたらいいのに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の回答感謝いたします。

お礼日時:2012/05/13 20:18

No.3です。


No.4様から私の回答についてご指摘されましたので補足します。
木工用ボンドは乾くとビニールのようになります。
隙間に密着することから他の裏ワザとして、
健康サンダルのゴミを取る方法や、
錆を取る方法にも使われています。
密着していますので故意に剥がそうとしなければ容易に水分が入り込むことは無いでしょう。
ワックスなどとは違い油分が無く水を弾きますので簡単に落ちることも無く、
耐久性もそれなりにあって完全防水に近いものがあります。
一度試されるといいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の回答、感謝いたします。

お礼日時:2012/05/13 20:17

・・・剥がしやすいってことは


水分も入りやすいってこと。
オイル漬けが一番良いのですが

サラダ油よりももっと良い物があります。
自動車用固形ワックス。
これを塗って、
乾いたところで軽く擦っておいてください。
皮膜が形成され、撥水効果も期待できます。
ボトルケージのボルトや
ディレイラーのプレート外など
そしてもちろん塗装面=フレームと
非常に応用範囲が広いので
「ワックスかけ」がもっとも良い処方です。

油分との回答ですが違います。
蝋分です。
蝋分が多いので、容易に表面にとどまり皮膜を形成するのです。
556は灯油に油を数滴垂らした物。
油ではありません。ハッキリ言えば。

蝋分まさにワックスの事です。

で、汗ですが、
ボトルの水が最後に余るかと思います。
余った水をぶっかけておくと良いですよ?
チェーンや金属部の
ゴミ付着をきれいに落とせます。
初期汚れね。

きちんと注油整備している車体であれば
ワックスかけと清掃と注油。
たまの水洗い。
これくらいで錆や汚れは防げます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

オーソドックスにワックスですね。
細かい部分にワックスが入り込んで白くなるのがイヤで、これまで使用はためらったのですが、ツーリング後の洗車を考えると楽ですしね。

参考にさせていただきます。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2012/05/13 18:54

ねじボルトの頭に木工用ボンドを塗るといいでしょう。


ボンドが乾けば透明になりますし、
外気を遮断する厚い皮膜が形成されるので防錆効果が望めます。
表面は油脂類のようにベタつかずビニールのようにサラサラしているので、
埃を呼び寄せる心配もありません。
もし劣化してきても簡単にパックのように剥がして最施工可能です。
木工用ボンドを使用するのが適していると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

木工用ボンドでコーティングとは目から鱗です!
簡単に剥がすことができるなら、使えそうな方法ですね。

斬新なアイデア、ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/13 15:00

CRC(5-5-6)のような精密オイル系は純度の関係からか確かに埃が溜まり易いですね。



しかし、サラダ油のような純度の低い油をネジに付着してからネジに馴染ませておくと、個人的に使用している分では埃の付着が少ないようには感じますかね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

粘度の低い油を使用するのは手軽で良い方法ですね。

ただ、程度の差はあれ多少の埃は呼びそうな気も…。

一度試して確認してみます!

ありがとうございます。

お礼日時:2012/05/13 14:57

ステムボルトでしょうか。

ボルトはステンレスやチタン等の錆びないボルトが売られています。径と長さを調べまして,それらのボルトに交換なさったらと思います。下記は一つの例です。
http://item.rakuten.co.jp/palmy/8928249/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

サイト見せていただきました。
ステンレス製やチタン製ボルトですか!

ドレスアップにもなりますしステムには持って来いですね。

ちょうど近いうちに、ステムをノーマルから交換しようかと思っていたので、その際にボルト交換も考慮に入れたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/13 14:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q六角レンチ穴のサビ取り・防止

六角レンチ穴のサビ取り・防止

雨の日にロードに乗ったところ,
ヘッドセットの六角レンチ穴の奥に小さいサビができ,
徐々に広がってきています.

サビを取るにも小さい穴の中ですので,
どうしたものかと悩んでおります.

何かいい方法はないものでしょうか?
また,サビを取ったあとの再発防止策はありませんでしょうか?

Aベストアンサー

 ボルトは強度的な問題で、ごく一部の例外を除いては鉄系の素材を使用しているのが普通です。ですから錆はどうしても起きる物ですので、あまり気にしないのが一番です。KURE 5-56などの浸透潤滑油を吹いておけばそうそう広がる物でもありませんし。それでも処理をしたいということなら酸処理などをするしかありません。

 ワイヤーブラシなどでは奥まで届きませんので、サンポールなどの酸性系洗剤を買ってきて、それを錆びたボルトやパーツが浸るまで注ぎます。酸では溶けないプラスチック製の容器(風呂桶)などに入れてやるといいでしょう。しばらくすると鉄と酸が反応して泡が発生してきます。時折かき混ぜてやりながら30分ほどつけておけば簡単な錆は溶けて無くなり、剥き身のボルトになります。あとはKURE 長期防錆スプレーなどを吹いてやり、防錆被膜を作ってやれば完了です。組み付ける際にさらにボルトの頭にグリスなどを塗布しておけば、一年くらいはなにもしなくても錆は出ません。
http://www.kure.com/line_up/bussiness/detail/contents2.html#bousasbi

 こういった酸処理はボルト以外のパーツをリストアする際にも応用できますので、覚えておいて損はないですよ。

 ボルトは強度的な問題で、ごく一部の例外を除いては鉄系の素材を使用しているのが普通です。ですから錆はどうしても起きる物ですので、あまり気にしないのが一番です。KURE 5-56などの浸透潤滑油を吹いておけばそうそう広がる物でもありませんし。それでも処理をしたいということなら酸処理などをするしかありません。

 ワイヤーブラシなどでは奥まで届きませんので、サンポールなどの酸性系洗剤を買ってきて、それを錆びたボルトやパーツが浸るまで注ぎます。酸では溶けないプラスチック製の容器(風呂桶)な...続きを読む

Qネジなどに使うグリスについて

先日、クロスバイクを購入したので
ネットでボトルケージを手に入れ自分で取り付けてみようと
付け方を調べてみると、ネジにグリスをつけるようにとありました。

そこでグリスをネットで見たり近所のお店で見ると
ボトルのような物に入ったシマノのグリスが定番のようで
そう高くはないのですが、定期的にメンテする方でも
年単位で持つ、とレビューがありました。

初心者にはとりあえずはそんなにいらないかなと思うのですが・・・。
ボトルケージのネジだけですし・・・。

自転車用のグリスでミニ四駆のやつくらいで
ネジ取り付け用程度のちっちゃいのはありませんか?
どうせそのうちメンテで要るしでかいの買っとけって感じですかね?

グリスってメンテど素人がいじる程度の場所(パーツ)でも
量はともかく、ちょくちょく使うもんでしょうか?

Aベストアンサー

なぜそう言う箇所でもDURAグリスがいいのかといえば
カルシウム基グリスだからです。

油と水分の基本的関係を考えると、
グリスとはいえ高温・劣化などすると
蝋化が解かれ、ほぼ油と同じ性質になります。
油ですので、「水を弾くのではなく、水の上に乗ってしまう=浮く)ということが
問題になります。
=防水して欲しいのに、逆に金属の潤滑面にいつまでも水分を取り込んだままになる可能性、
潤滑表面から剥がれてしまう可能性があります。
それをしないために、大量に入れたり、蓋をするような入れ方にしたりして、
水の侵入を防いだりするわけですが、

スレッド(ねじ切り部)では、そんな事をするわけにも行きません。
=すこしの量で効果的に水分が防げることが大事。

ですので、思いっきりシール性の高い
「スレッドコンパウンド=歯磨き状の粉を詰めるようなもの」とか、
「水分を元々僅かに持っており、グリス分にはいって撹拌された場合、
グリスが浮かずに混ざってくれる」
カルシウム基のグリースが、自転車には向いているわけです。
=一般品としては、シャシグリスとして売られていますが、
それよりもちょう度や粘度を高めにし、
ベアリングにも対応が出来ている物になっています。

そう言うハッキリと水分に対してオープンな所こそDURAグリスをお使いください。
腐りませんので、数年は黙って保ちますね。

ミニ4駆のグリスは、ほとんどオイルに近いくらいの
ちょう度・粘度ですし、基材も勿論通常のリチウムや使用目的から考えるとシリコン基かな?
全く向いているとは言えません。
何も着けないよりマシ?うーん微妙。
556タフを着けるのと同程度かな?
チェーンオイルでも同じくらいだと想像はします。

使わなくても、買って置いて損はないとは思います。

なぜそう言う箇所でもDURAグリスがいいのかといえば
カルシウム基グリスだからです。

油と水分の基本的関係を考えると、
グリスとはいえ高温・劣化などすると
蝋化が解かれ、ほぼ油と同じ性質になります。
油ですので、「水を弾くのではなく、水の上に乗ってしまう=浮く)ということが
問題になります。
=防水して欲しいのに、逆に金属の潤滑面にいつまでも水分を取り込んだままになる可能性、
潤滑表面から剥がれてしまう可能性があります。
それをしないために、大量に入れたり、蓋をするような入れ方にした...続きを読む

Q自転車用ねじはどこに売っていますか?

マウンテンバイクを購入して半年ほど経過し、そろそろあちこちメンテナンスが必要になってきました。
特にハンドル周りのねじ(鉄鋼+メッキ)に錆が見られるので、ステンレス製の物に交換したいのですが、ホームセンターやネット通販では欲しい品物が見つかりません。

欲しいものは、ステンレス製の小頭キャップボルト(六角穴付きボルト)なんですが、小頭タイプは何処にも売っていません。
一部では法人のみ販売している所はあるのですが・・・。

自転車用に限らず、こういった特殊ねじは皆さん何処で購入されているのでしょうか?

ちなみに希望ボルトは
M5小頭キャップボルト M5×18
M6小頭キャップボルト M6×18
M6小頭キャップボルト M6×30
M5小頭用平ワッシャ
M6小頭用平ワッシャ
です。

Aベストアンサー

ちなみに・・・・・ステンレスボルトは鋼製のものに比べてもろい、という一面があります。

場所によっては現行のボルトのさびを落として使うほうがいいかもしれません。

Q錆防止に有効なケミカル製品は?

バイク買いました。雨の中、納車でした(^^;)
聞くところによると、今回買ったバイク、外装のボルト類、エンジン周りなど錆が出やすいとのことで、あらかじめ防錆対策うっておきたいと思っています。
エンジン周り、ハンドル周り、チェーン、マフラーなどそれぞれで有効なケミカル製品があれば教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

#1さんがおっしゃってることで、補足はないようなものですが。
まさにローリングストーンです。転がっている石はコケがつきません。
今ではほとんどみられませんが、昔線路には蒸気機関車というのが、先頭を切ってはしっていました。あのSLの駆動のためのリンク機構で光っている部分はメッキでもステンレスでもありません。全て鉄の地肌です。鉄というのはあんな色をしています。(ステンレスと一緒じゃないかという方もいるかも)なぜあんな色をしているかというと、毎日磨いていたからです。公園の片隅に置かれたSLは無残にもクリアラッカーの嵐です。それでも、さびだらけになります。バイクもそう。毎日分解して磨かない限り。クリア部分は日ごろのお手入れが全てです。初心を忘れず、かわいがってやってください。油断は禁物ですよ!!!!

Qクレとワコーズなどはそれ程違う?

ロードバイク通勤してます!

自転車のメンテではオイルを使いますが、

ワコーズ ラスペネと
http://www.wako-chemical.co.jp/products/recommendation/008/index.html
クレ 5-56という同様の商品がありますが、
ワコーズはもてはやされクレは否定されることが多いように思います。

私はワコーズは持っていなくて、
フッ素が配合されたクレスーパー5-56を持っていて使っています!
http://www.kure.com/products/index.html(上から4段目)

フッ素が入っているおかげか今まで特に問題なくスムーズに使えているのですが、
実際にそれ程違うものなのでしょうか?

クレとワコーズなどの違いについて教えて下さい^^

Aベストアンサー

スーパー556は 知りません
もう 数十年 556は相手にしていないので

普通の 556は バケツ一杯の石油に 潤滑剤耳かき1杯程度と言われ 拭きつけ直後は良いが
2日も経過すれば 油分を溶かし蒸発し 返って 潤滑成分が失われる代物
錆を拭き取るとかには良いでしょう
錆びたネジの緩ませに使うにしても 超浸透潤滑剤と言われる 他社製品 ワコーズなら ラスペネ
には 全くかないません

スーパー556のフッ素成分も 耳かき一杯程度では?

KUREで フッ素径潤滑剤は ドライファーストルーブルになります。

KUREは、安価に作るのか主の様で 潤滑油やグリスとしての性能は 低いです。
他のメーカーの方が しっかりした 目的別の 潤滑油が 有ります。

556より WD40の方が まだマシ ワコーズなら ラスペネではなく メンテルーブルが
比較対象品だと思います。

自転車には 浸透潤滑剤を使用するところは ほぼ有りません。
基本 グリス チェーンや フリーハブのみ エンジンオイルの様な ドロドロした 高粘度の 飛散し難い固いオイルを使用し ワイヤーアウター内などは テフロンコーティング皮膜を作る様な 高価な潤滑剤をケーブルインジェクターなどで 充填するか
初期組立時に グリスを塗布しておきます。

ベアリングの 入る 回転部に 556を吹きかけると グリスを 見事に溶かし落としてしまい
部品を 金属摩耗させてしまいます。

556は 洗い油(洗浄用程度) 誤って潤滑油として使わない様に 我が家からは 排除
友達関係にも 同様に伝え 家から なくすように 言い聞かせています。

チャリなら フィニッシュラインなども良いのでは?

潤滑剤性能を 試すには 未塗装の 鉄板を用意して 両面に吹きかけ 外に吊るして 錆びのテスト
556とラスペネや 他の潤滑スプレーも 購入し 同時に 試してみて下さい。
目に見て 錆びの進行が 早いのか556と解ると 思いますよ。 潤滑油成分より石油成分がほとんど

スーパー556は 知りません
もう 数十年 556は相手にしていないので

普通の 556は バケツ一杯の石油に 潤滑剤耳かき1杯程度と言われ 拭きつけ直後は良いが
2日も経過すれば 油分を溶かし蒸発し 返って 潤滑成分が失われる代物
錆を拭き取るとかには良いでしょう
錆びたネジの緩ませに使うにしても 超浸透潤滑剤と言われる 他社製品 ワコーズなら ラスペネ
には 全くかないません

スーパー556のフッ素成分も 耳かき一杯程度では?

KUREで フッ素径潤滑剤は ドライファースト...続きを読む

Qボルトをステンレス製にすることによる弊害は?

自宅には10年以上経過するバイクがあります。

これだけ年式が経過すると、ボルト類が傷んできています。

そこで、これらのバルト類を少しずつステンレス製に交換しようかと思うのですが・・・・
純正のボルトとステンレス製のボルトと比較するとどうなのでしょうか?

イメージ的には、錆びにくいというのが頭にあるので、いいことだけのような気がするのですが、実際はどうなのでしょうか?
勿論、値段が高いのは知っています。

例えば、強度の点、脱着時の舐めにくさの点、など、メリット、デメリットを教えてください。

Aベストアンサー

ステンレスと鉄の電位差により、鉄部により錆が発生しやすくなるというデメリットがあります。強度的には鉄より優れていますが、周囲の鉄に錆が発生するとステンレスにももらい錆が発生する場合があります。 とはいってもバイクのお話ですから、鉄部にもある程度の厚みもあると思われるので、それなりに塗装等がしてあれば耐用年数に差が出るほどではないと思いますが、既に10年以上経過するバイクとのこと。これからもかなり長期にわたり大事にされるのであれば、鉄ボルトを使用するのと同様にボルト以外の部分にメンテが必要になると思われ、あまりステンレスボルトに変更するメリットはないかもしれません。

Qチェーンオイルとチェーンルブの違い

ロード初心者です。チェーンの乾拭きは毎日、チェーンオイルはEVERSのを2週に1回程度を目安に注油しています。最近チェーンルブという商品をEVERSとWACOSの2社で見つけ、メンテ用品に加えるべきかどうか悩んでいます。EVERSのオイルは600kmまで効果が続くそうで、このままでもよさそうなのですが、一方でメンテ本などを読むと、メンテ時にはルブをチェーンとスプロケットに差すように書かれています。これらは併用すべきなのでしょうか。それともどちらか一方を使えばよいのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

言い方が違うだけで 同じ意味です
双方チェーン用の潤滑油です。

チェーンのコマ部分(内部)とプレーと重なり分(外側)に1滴づつ塗れば スプロケにもいやでも
塗られます一度軽くクランク回転させ ローからトップへ変則すれば スプロケにオイルが塗られたことになります。
自分の場合 塗ったオイルが内部浸透するる様に馴染ませから回しをしてから 外観の油をふき取り
チェーンのコマごとに すべて ウエスを細く切り取り こよりにしてチェーン7内部の 余分なオイル分をふき取ります。
これをしないと オイルが飛び散りフレームや ホイールが油汚れし チェーンやギア板に砂埃が付着しやすくなります。 チェーンのリンクピンと重なるプレート内部に潤滑油が入っていれば良く 外観表面は、うっすら錆止めに油分が付いていれば良いのです。

2週間に1度 走行距離にもよりますが おおよそ良いサイクルでの注油だと思います。

チェーンオイルもいろいろ試してますが イノテック105が 今のところ扱いやすく長持ちするので
連続使用しています。
フリーとチェーンは、マイクロン処理しています(加熱コーティングを5回繰り返してます)

最近の多段化 10段や11段は、よりチェーンが薄く チェーン切断トラブルの可能性が高いので
確実な注油と 定期的な交換が 必要です。
レース思考の方は 3000km以内 一般ロード乗りでも 3~5000kmの範囲で交換が 安心です。
切れて交換は、遅すぎます
注油を正しくしない人は、早めに切れます。

言い方が違うだけで 同じ意味です
双方チェーン用の潤滑油です。

チェーンのコマ部分(内部)とプレーと重なり分(外側)に1滴づつ塗れば スプロケにもいやでも
塗られます一度軽くクランク回転させ ローからトップへ変則すれば スプロケにオイルが塗られたことになります。
自分の場合 塗ったオイルが内部浸透するる様に馴染ませから回しをしてから 外観の油をふき取り
チェーンのコマごとに すべて ウエスを細く切り取り こよりにしてチェーン7内部の 余分なオイル分をふき取ります。
これをしない...続きを読む

Q錆びたナットとボルトの外し方

マフラー交換をしたいと思い作業を進めています。
別の質問でゴムブッシュという名称・外し方を教えていただき、
そのゴムブッシュという物を外す事に成功しました。

しかし最後にボルトとナットを2ヶ所外して終わりなのですが、
そのボルトとナットが外れませんでした。

見た感じでは他の部分に比べ錆びも進行しているようで、
ドライバーなどで突つくとボロボロと錆びが取れるといった感じです。

潤滑剤と工具(14mm)を使い何度か頑張ってみたのですが
ナットとボルトの頭の部分が少し丸くなってきてしまいました。

結局工具で力いっぱい回してみたのですが
上記の様に状況が悪くなってきたので一時中断しました。

そこで皆さんにお聞きしたいのですが、
錆びて固くなってしまったナットとボルトを上手に取るには
どの様にしたら良いのでしょうか?

Aベストアンサー

このような部分の作業をするときは必ず、ボルトの掛かる部分が6角形のボックスレンチを使用します。メガネレンチやボックスレンチでも内部の形がメガネレンチのような形状の物を使用するのは避けるべきです。もしすでに滑らせてしまったのであれば、下に示すいくつかの方法をとります。また、いずれの場合も浸透潤滑材(CRCなど)をたっぷり吹き付け10分~30分程度放置してから作業にあたります。

ボルト&ナットで締め付けられていて、ボルト&ナットの交換が可能な物の場合は、一番手っ取り早いのがディスクグラインダーやカナ鋸などを使ってボルトの付け根から切ってしまう方法です。ねじの頭を削り取ってしまうということです。

スタッドボルト&ナット(片方の部品から直接ボルトが生えている場合)の場合でボルトの生えている側の部品の再使用が必要な場合はボルトを切ってしまうわけにはいかないので、ナットの表面の1つの面だけをボルトすれすれまで削り、削った面にタガネか貫通型のマイナスドライバーを当てて、ボルトのねじ山を傷つけないように強く叩き、ナットを割ってしまいます。その上でナットの削った面にモンキースパナを掛けるか、バイスグリップ等ではさんでまわします。また、ナットブレーカーと言う工具(大きなホームセンターや工具店に行けばあります)を利用してナットを割ってしまう方法もあります。ボルトの生えた側の部品を再使用しない場合はボルト&ナットの場合と同じ方法でかまいません。

一番厄介なのは部品の片方にねじが切ってあり、そこにボルトがねじ込まれている場合です。この場合はあまり無理をするとボルトが折れて、抜き取りに非常に苦労する場合があります。もっとも折れこんだ相手の部品を使用しないのであればかまいませんので、ボルトの頭を削り飛ばしてしまいましょう。部品の再使用が必要な場合はそうもいきませんので、浸透潤滑材をかけて十分に放置あとボルトの頭をねじの方向につぶしてしまわない程度のハンマーで叩き、ボルトの入っている相手の方もねじの入っているあたりを、部品を壊さない範囲で出来るだけ強く叩きます。こうすることでねじの溝で固着した錆をはがすことが出来ます。ボルトの頭がまだ無事であれば、工具をかけて回しますが、無理に緩めず少し緩めては締めるを繰り返して少しずつ抜きます。無理に回して食いついてしまい、ボルトを捩じ切ってしまうと、抜き取りが難しく(手間とテクニックが必要、初めての人にはまず無理)なります工具がまともに掛からない場合は、ボルトの頭をディスクグラインダーなどで削り工具が掛かる(たとえばボルトの向かい合った2つの面を削り、ワンサイズ小さなスパナが少しきつく入るようにする)ようにし、これで少しずつ緩めます。くれぐれも無理をせず、緩めては締めるを繰り返します。それでもきつくなったら、無理に回さずハンマーで叩いて遊びを作ることを繰り返します。

このような部分の作業をするときは必ず、ボルトの掛かる部分が6角形のボックスレンチを使用します。メガネレンチやボックスレンチでも内部の形がメガネレンチのような形状の物を使用するのは避けるべきです。もしすでに滑らせてしまったのであれば、下に示すいくつかの方法をとります。また、いずれの場合も浸透潤滑材(CRCなど)をたっぷり吹き付け10分~30分程度放置してから作業にあたります。

ボルト&ナットで締め付けられていて、ボルト&ナットの交換が可能な物の場合は、一番手っ取り早いのが...続きを読む

Qワイヤーの錆び止めとディスクブレーキの鳴き止めについて

値段の安い前後ディスクブレーキのクロスバイクを買って3ヶ月ほどたちました。

素人なので全くメンテナンスなど分からないので教えていただきたいのですがブレーキとギアの切り替えのワイヤーのむき出しの部分のさび止めをしたいと思います、出来るだけ触れても手や服が汚れないようにしたいのですがどういったものをつければいいでしょうか?5-56はあります。

 あとリアのディスクブレーキが最近かなり音がなるようになり朝など静かなときかなり回りに迷惑な感じがしてしまいます。どうしたらいいでしょうか?

 回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。
ワイヤー用のオイルというのは特にありませんが、潤滑・防錆用と言うのがあります。たとえば
http://www.cb-asahi.co.jp/image/kokunai/evers/evers1.html

あと、ブレーキクリーナーとして
http://www.cb-asahi.co.jp/image/kokunai/wakos/sj.html
などがあればいいでしょうね。

ケミカル用品は種類がとても多いので、お近くにスポーツバイク専門店があれば(無い場合は、普通の自転車屋さんに相談してもいいかもしれません)、そこへ行きワイヤの錆止めをしたい、ロータの汚れ落しをしたいと伝えれば、商品を出してくれると思います。そして、使用法と使用時の注意点を聞けば教えてくれると思います。
自分である程度のメンテができるようになると、自転車にも愛着がわいてきます。メンテナンス作業もやりだすと楽しいですよ。
チェーンやスプロケットがキレイだと、それだけで見栄えがいいです。

Qクロスバイクで段差を乗る超えられるタイヤ幅はそのくらい?

ママチャリからクロスバイクに乗り換えようとしている初心者です。
タイヤ幅が細いと段差を乗り越えたときにパンクしやすい or リムが曲がると聞きました。どのくらいの太さがあれば車道・歩道の段差乗り越えに耐えるものなのでしょうか?

クロスバイクを買ったら休日に多摩川沿いサイクリングロードをゆっくりと20~30km走るのが主用途になるのですが、たまには最寄りの駅へ買い物にも出かけます。その時は歩道を走ったり、歩道と車道の段差をクリアしなければならない場合がでてきます。

クロスバイク初心者用ですと、タイヤサイズは700×28Cとか32Cのようですが、28Cでも段差乗り越えは問題ないでしょうか?

今のところ購入候補としては、
・Specialized Sirrus 700×28C
・TREX 7.3FX 700x32C  
ですが、28Cと32Cでは段差乗り越え具合はどうなんでしょうか?
一概に何ミリだから大丈夫、ダメということでもないでしょうが・・・
目安でもあれば助かります。
   

Aベストアンサー

言われている通り一概には言えません。

私は長距離向けロード(タイヤ700X23C)を近所の足にも使っていて、たまに歩道を走りますが、段差によるパンクは経験したことがありません。
ちなみに、普通の軽快車(ママチャリ)でも、自転車を趣味にしてから5年間。一度木片が刺さってパンクしてのみで、段差でのパンクはありません。

空気圧の管理をしっかりして、段差の乗り越え方の基本ができていればタイヤの細さは心配ないと思います。

文章だとうまいこと言えないのですが、大げさに言うと
段差が来たら腰を浮かせてハンドルから力を抜く(または軽く引く)、前のタイヤに荷重をかけないようにして、前のタイヤが越えたら、後ろのタイヤに荷重をかけないように、ハンドル側に体重をかけます。

自転車にきちんと乗れていれば、パンクなんてそうそう起こりません。(運もありますが)
たまに街乗りMTBでパンクしている人も見かけますからね・・・

まぁ一言アドバイスするとすれば、クロスバイクなら太さに大差ないから大丈夫。それでもパンクしたら乗り方がうまくない。


人気Q&Aランキング