知り合いの話なんですが、その人はある会社が経営するコンビニの雇われ店長を
しています、最近店のタバコの売上と仕入れに差額がしょうじて約80万円の損害金を会社から請求されています、会社との雇用契約を書面では交わしていないそうです。
 店長と言っても月給取りですからサラリーマンですよね、会社に出た損金を一従業員に払えだなんてこんなこと支払い義務はあるのでしょうか?

・会社は有限会社
・会社との雇用契約は書面では一切交わしていない
・店長と言っても月給として賃金をもらっている
 私の聞いている範囲の関係ありそうな情報は以上です、だれか支払い義務があるかどうか教えてください、本人困っています、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

店に生じた損害がどのような経緯で、現実にいくら発生しているのか詳しいことはわかりませんが、一般論としては知り合いの店長さんに損害の全額を賠償する義務はなく、従って会社からの請求は不当なものと思われます。



ただし、店長さんに、故意または過失があり、損害と因果関係が認められる場合(その場合でも立証責任は会社側にあります)、賠償責任が生じることはありえますが、本件での約80万円もの請求は、雇われ店長の一般的な職責や地位と照らし合わせても過大と思われます。

また、仮に店長さんに賠償責任があるとしても、会社側から損害賠償債権と給料債権を相殺すること(損害分を給料から差し引いて支給すること)は許されませんので、念のため、付け加えておきます。

会社側と再度、話し合ってみる必要がありますし、それでも会社側が一方的に損害賠償請求してくる場合は、弁護士など専門家に相談されると良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます,自分自身も払ういわれが無いんじゃないかと知り合いに言ってはみたもののなにぶん素人考えなもので法律的な裏付け込みで相談にのつてやりたかったので助かりました、早速教えてやる事にします。

お礼日時:2001/05/12 20:43

 店長が不正行為、あるいは過失で損害が発生したという確実な証拠があるのでしたら、責任内容により、全部または一部の損害賠償責任はあります。

挙証責任(証拠を提出する責任)は会社側です。また、責任があっても、給料から、勝手に差っぴくことはできません(労働基準法24条)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 労働基準法、挙証責任、など大変的をえた回答ありがとうございます、教えてもらった事をふまえて会社との交渉にあたるよう伝えますありがとうございました。

お礼日時:2001/05/12 20:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q雇用保険適用事業者の雇用保険加入義務の根拠は?

現在、労働紛争を争っています。現在の状況は、賃金未払いや交通費等の未払い、雇用保険未加入、そして不当解雇の4つで争っている最中です。

労働審判手続きにて裁判所へ申し立てるために書類を作っているのですが、どなたか法律に詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。

現在争っているPW社【雇用保険適用事業者】に正社員で入社したにもかかわらず、私の分の雇用保険が加入されていないことが後に発覚しました。

労働審判申立ての争いにも、当然この件は主張していこうと思っていますが、雇用保険適用事業者が雇用保険に加入させなければならないという根拠となる法律の条文はどこにあるのでしょうか?

雇用保険法は見てみましたが、加入の義務のような条文はなかったように見受けられます。

非常に悪質な会社ですので何とかして勝ちたいです。

※単発の質問になってしまい申し訳ありません。

Aベストアンサー

労働審判を申し立てるについて、労働局などに相談はされてないのでしょうか。聞けば教えてくれると思いますよ。

ご覧になったようですが、見落としがあったようですね。雇用保険法に以下の規定があります。

(適用事業)
第五条  この法律においては、労働者が雇用される事業を適用事業とする。
2  適用事業についての保険関係の成立及び消滅については、労働保険の保険料の徴収等に関する法律 (昭和四十四年法律第八十四号。以下「徴収法」という。)の定めるところによる。

そして、徴収法に以下の規定があります。

第四条  雇用保険法第五条第一項の適用事業の事業主については、その事業が開始された日に、その事業につき雇用保険に係る保険関係が成立する。

Q月給制と日給月給制

給料が月給制であるか、日給月給制であるかは何を調べればわかるのでしょうか?実は退職した会社に未払い分の支払を求める訴訟を準備しているのですが、雇用関係の契約書にはどちらであるかが書いてありません。月給制の場合は欠勤控除がなかったのですが、日給月給制の場合は欠勤控除がありました。

Aベストアンサー

No1です。
就業規則もしくは給与規定に不就労控除の規定があれば日給月給となり、規定がなければ完全月給ということです。
雇用契約書に記載がないとのことですので、就業規則等で確認できますよということです。

Q日給月給?月給?

日給月給についての質問はたくさんあったのですが、
わたしが働いてる会社の就業規則だとどうなると思うか教えてください。

給与規定では
「部長/課長および勤続1年以上の者の基本給は月給制、
 勤続1年未満の者は日給月給制、臨時日雇は日給制を原則とする」
「(基本給の減額支給欄)日給月給者/日給者 欠勤の場合、
 1日につき基本給換算日額の全額、
 遅刻早退、私用外出の場合、
 15分につき基本給換算日額の1/32
 
 月給者 病気で4日以上欠勤した場合は3日目までは支給するが、
 以降は社会保険制度により支給を受ける」

とあります。

わたしは勤続1年未満なのですが、
先日、1年の有給を使い果たしてしまい、欠勤が生じることになります。
1年未満なので当然、休んだ分控除されるのは理解しているんですが、
この規定だと、1年以上になれば、
欠勤が発生してもお給料は月給の満額もらえると思っていいんでしょうか?

こどもがまだ小さく、今後も有給が不足するとなると不安です。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

その通りと解釈できます。念のため会社に確認してください。

Q月給制と日給月給制の違い

給与について教えて下さい。日給月給制と月給制の違いは何処に有るのでしょうか。

Aベストアンサー

月給制・・・月定額(二月も十二月も同額)

日給月給制・・・日給×実働日数分、月単位で集計、支給

Q日給月給(月給日給?)の計算方法で困っています!

現在、私の勤務する会社の一般社員は「日給月給(月給日給?)」です。
基準内賃金(=基本給+一部手当)を年間の月当りの平均勤務日数(=社内規定で言う「所定労働日数」)で割って、日当りの単価を出し、欠勤などの際は、基準内賃金より減額しています。

そこで、今回初めて下記のようなパターンが生じました。

・弊社の所定内労働日数=21.5日
・10/16~11/15間の労働日数=24日
・社員A氏が欠勤で休んだ日数=24日

今まで、こんなに欠勤で休んだ人がいなかったので、問題視してなかったのですが、このA氏の給料を算出してみると、この期間においては2.5日分マイナスになり、給料がマイナスになってしまいます。

仮にA氏の基準内賃金が215,000円とすると、日当りが1万円。
とすると、この期間内はマイナス25,000円になってしまいます。
(ただし、逆に12/16~1/15においては逆に17日となり4.5日少なく、全部休んでも給料はプラスになります。今の病状からすると、2月末くらいまでは休みそうです。)

そこでなのですが、今回のように、給料がマイナスになっても良いものでしょうか?
(ちなみに傷病手当金の申請は行っております。また、有給休暇は本人希望で全部使用済みで「0」の状態です。)

現在、私の勤務する会社の一般社員は「日給月給(月給日給?)」です。
基準内賃金(=基本給+一部手当)を年間の月当りの平均勤務日数(=社内規定で言う「所定労働日数」)で割って、日当りの単価を出し、欠勤などの際は、基準内賃金より減額しています。

そこで、今回初めて下記のようなパターンが生じました。

・弊社の所定内労働日数=21.5日
・10/16~11/15間の労働日数=24日
・社員A氏が欠勤で休んだ日数=24日

今まで、こんなに欠勤で休んだ人がいなかったので、問題視...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは
>給料がマイナスになっても良いものでしょうか?
実際に担当していた訳ではないので、あくまで参考意見として、
賃金だけの取らえ方だと0にすべきとは思いますが。
社会保障費(厚生年金、健康保険等)が発生してる事を勘案するとマイナスもやもうえないと思いますが。

以前、勤務していた会社の嘱託者の給与(日給月給制)でその者が疾患で病欠てた折、
社会保障費(厚生年金、健康保険の負担額は雇用者50:被雇用者50)は給与から天引きされます。
いくら、賃金が0であっても雇用者側は応分の負担額は0にならないと
思います。
そこで被雇用者の分はどうするかと言うと、実費で徴収するしかないと言う事で、職場復帰後、徴収していた経緯があります。
社会保険事務所や労其署からクレームがきた覚えはありません。
ですから、被雇用者の実費負担分のマイナスは仕方がないのではないのでしょうか。
質問の趣旨からは反すると思いますが、実際にマイナスのケースだったので提示します。

最後に
>監督署の方の回答が自信なさげだったので
自分の推察ですが、「その日給月給制の就業規則は労其法に違反していない。
よって、原則的にはマイナスは認められる。(労其法違反であれば介入してくるはず)
しかし、倫理的にはマイナス好ましくない、出来れば0にして欲しい」と解釈しますが。

こんばんは
>給料がマイナスになっても良いものでしょうか?
実際に担当していた訳ではないので、あくまで参考意見として、
賃金だけの取らえ方だと0にすべきとは思いますが。
社会保障費(厚生年金、健康保険等)が発生してる事を勘案するとマイナスもやもうえないと思いますが。

以前、勤務していた会社の嘱託者の給与(日給月給制)でその者が疾患で病欠てた折、
社会保障費(厚生年金、健康保険の負担額は雇用者50:被雇用者50)は給与から天引きされます。
いくら、賃金が0であっても雇用者側は...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報