白鳥は、あの、おおきなクチバシで、どのようにして、ヒナにエサを与えているのですか?

A 回答 (1件)

誰からも回答がないようなので。



鳥は専門に習わなかったので、趣味の範囲の薄い知識のなかから搾り出してみました。

白鳥は親から子へという餌のやりとりはなかったと思います。
肉や魚などを主に食べる鳥は、いったん胃や喉などにある専用の貯蔵器官に餌を溜め、巣まで持ち帰り雛に与えます(くわえて持ち帰る場合もあります)。
が、白鳥のクチバシの中は洗濯板を合わせたような構造になっていて、水草などをすりつぶして食べます。生まれたばかりの雛のクチバシも同じ構造なのですぐに親と同じものを食べられます。ただ、やはり生まれたてなのやわらかい草を主に食べます。
親は雛が食べられそうなやわらかい草や新芽をクチバシでつついたり側まで引き寄せたりして教えることはあるようですが、口移し(クチバシ移し?)というのはなかったと思います。

もっと博識な方からの回答を切望致します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
 既に、白鳥の子たちもはんにん前と成り、新しい住処へと、貰われて往きました。 
 日々、成長を見ていると、合鴨の雛を育てた時の事を思い出し、自分だけで納得してしまい、この質問の事をすっかり忘れておりました。 
 回答いたしていただいた、YUMK様、誠に、ありがとうございます。

お礼日時:2001/09/12 21:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング