マンガでよめる痔のこと・薬のこと

個人事業主が資金が不足している時、一時的に妻から資金を提供してもらうことは、贈与にあたるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

「贈与」となれば、贈与税の対象になります。


個人事業主で、奥さんが共同経営者でなければ、「友人からの融資」と同じように、常識的範囲内での利息・返済期限も明記した借用書を残して、事業決済しましょう。
例え家族とは言え、経営事業体の経理と、家計とは峻別して記録しておくべきです。
此処が曖昧だと、税務署に厳しく追及されます。
政府と東電や日航との関係のような曖昧な関係は、個人事業では許されません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

借り入れる仕訳にしました。

お礼日時:2012/05/22 08:47

No3の者です。


他の方が書いておられる借入金の処理で、帳簿上では借入金にしても事業主借勘定にしても問題ありませんが、配偶者間で貸借は存在しませんので公正証書を作成したとしても、支払利息の計上は税務上認められませんので気を付けてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

何度もありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2012/05/22 08:49

青色申告者です


申告自体は税理士に依頼しています

私の借入金は

・「妻」と「母」から長期借入金が有ります
・年末に残高を繰り越して居ます(毎年いくらかは返済しています)
・税理士から指摘を受けたことは有りません
 借入の事実と返済の事実をきちんと記帳していれば問題ないと言われております

それでも心配なら借りた年度内に全額返済されれば?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

借り入れにしようと思います。

お礼日時:2012/05/22 08:48

法律上、配偶者間は同一とされていますので貸付や贈与は本来存在しません。



ですが贈与についてだけは不動産の名義変更登記など贈与が明らかなものは課税されてしまうので気をつける必要がありますが、金銭的なものについては事業主借勘定で大丈夫です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

借り入れる仕訳にしました。

お礼日時:2012/05/22 08:46

あなたの言う事業資金が何かによります。



明らかに「運転資金」の補填という目的があるなら、贈与などでありません。
家事用財布から事業用財布に回しただけで、もし青色申告なら「事業主借」ということで問題ありません。

一方、運転資金ではなく「設備投資」などに充てられ、その設備を夫名義で登記したりすれば、贈与と解釈されます。

この回答への補足

説明不足でした。
運転資金です。

補足日時:2012/05/15 08:26
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

結局、借り入れの仕訳にしました。

お礼日時:2012/05/22 08:46

出資なのか貸付なのかはわかりませんが、前者なら増資手続き、後者なら貸付として仕分けをきちんとすればいいだけでは?

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました

お礼日時:2012/05/22 08:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人事業 親からの借入金

ここで個人事業者として開業しお店を開きました。
商品を仕入れるに当たり親から借入金をしました。
青色申告をするにあたりその借入金をちゃんとしておかなくてはいけないと思うのです。今は単純に口座に入れてもらっただけですのですがどのように法的に問題なく借りたという証明をすればようのでしょうか?
書面で****円借りました年利**%で**年で何回で返済します、と書いて2名の連盟で記入して収入印紙?でもはればよいのでしょうか?それとも公証役場などで書いてもらうのが良いのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

親からの借金であっても、きちんとした契約書を作成して、毎月の返済額や返済期限、利息等について約束して、契約書には収入印紙も貼ります。
後は、契約通りに返済することが必要で、返済の事実を立証するために、返済は銀行振込で行ないます。
返済の事実が立証できないと、借入金として認定されず、贈与と見なされ、贈与税が課税される場合があります。

利息については、契約書に書かれていて、実際に支払わないと、これも贈与と見られます。
ただし、贈与税には1年間に110万円の基礎控除がありますから、支払わない利息の額が年間110万円以下であれば、贈与税の対象にはなりません。

親に、実際に利息を支払った場合は、事業の経費として処理できます。

なお、公正証書にまでする必要は有りません。

要点は、返済の事実を証明できるかどうかなのです。
返済の事実が確認できないと、借金ではなく、贈与と見なされるということです。

利息を支払うと、親が、雑所得として申告する必要があります。
ただし、親が、給与所得者であれば、年間20万円までの給与以外の所得は申告する必要がありません。
なお、医療費控除などの適用を受けるために確定申告をする場合は、20万円以下の所得も合わせて申告する必要があります。

親からの借金であっても、きちんとした契約書を作成して、毎月の返済額や返済期限、利息等について約束して、契約書には収入印紙も貼ります。
後は、契約通りに返済することが必要で、返済の事実を立証するために、返済は銀行振込で行ないます。
返済の事実が立証できないと、借入金として認定されず、贈与と見なされ、贈与税が課税される場合があります。

利息については、契約書に書かれていて、実際に支払わないと、これも贈与と見られます。
ただし、贈与税には1年間に110万円の基礎控除があります...続きを読む

Q確定申告 親からの借入金勘定

お世話になっております。

昨年度開業し、白色にて申告致します。

開業時、運転資金として親より150万円を借りました。
一応、金銭貸借証書を作成し、金利を付けて月々返済しています。(親の口座へ振り込み)
現在は事業主借勘定として150万円、月の返済分+金利分も事業主貸としています。

この勘定を、「借入金」として計上し、毎月の支払も「借入金」、利子分を「利子割引料」とすることは困難でしょうか?
親族、しかも同居の親ですと、実態不明となり事業主借としておくべきでしょうか。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>親族、しかも同居の親ですと…

「生計を一」にする親族に金品を支払っても、経費にはなりません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm

>金利を付けて月々返済しています…

親が我が子から利息を取るのですか。

>現在は事業主借勘定として150万円、月の返済分+金利分も事業主貸そ…

それで正解。
というよりむしろ、白色申告なら事業主借も事業主借も関係ありませんけど。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q事業主借りは借金ですか

弥生会計をはじめて使って、今年の確定申告用データを入力中です。
借金して銀行口座に預金したり、現金で持つ場合、勘定科目は事業主借になりますが、借金を返済しないで期末を迎えました。
見かけ上、預金残高や現金の資産が多いのですが、実際は負債も結構あります。貸借対応表はどう書いたらいいのでしょう?

こんな質問でわかりますか?

Aベストアンサー

scopexさんと同じように親から借り入れをして、返済しているものです。
借入金は、1年以上かかって返済する長期借入金と1年未満で返済する
短期借入金に分かれます。
借り入れした時の仕分けは、
現金(または○○預金)    長期(または短期)借入金

月々返済時の仕分け
長期(または短期)借入金       ○○預金
支払い利息

青色申告時に、『青色申告決算書』の内側の上段、原価償却費の計算の
下の『利子割引料の内訳(金融機関を除く)』
支払先の住所、氏名    親御さんのご住所、ご氏名
期末現在の借入金の金額  期末の借入金残高
本年中の利子割引料    1年間に支払った支払利息の合計額
左のうち必要経費参入額  借入金が全部事業用なら『本年中の
             利子割引』と同額

参考になればよろしいのですが…

Q事業主貸 事業主借 相殺 その方法とタイミング

新米の個人事業主です。 掲題の件でお教え下さい。
昨年一年間経理した結果、事業主貸と事業主借が自動的に相殺されるものではない事を始めて知りました。  事業主の貸し借りは所詮プラスマイナスの関係にあると思うので、いつかの時点で相殺すべきかと考えました。 今回はそのタイミングと 方法とについてお伺いします。

まずそのタイミングです。
  期初が宜しいのでしょうか? それとも未来永劫相殺すべきではないのでしょうか?

次はその方法です。 
仮に事業主借の方が少額として、その額を事業主貸から引く方法は以下の通りで宜しいですか?

 方法: 借方に 事業主借  貸方に事業主貸 、金額は上記事業主借の金額

以上です。
技術屋にて、経理はど素人。
ちょっと馬鹿げた質問かもしれませんが、お恥ずかしながらお伺いする次第です。
宜しくお願いします。


       

Aベストアンサー

>事業主貸と事業主借が自動的に相殺されるものではない事を始めて知りました…

自動的にというのがどういう意味かよく分かりませんが、事業主貸や事業主借は翌年への繰越処理の際に精算するものですよ。

[当年の元入金] + [青色申告控除前の所得金額] + [事業主借] - [事業主貸] = [新年の元入金]

で、新年は事業主貸、事業主借ともに 0 からのスタートです。

>期初が宜しいのでしょうか? それとも未来永劫相殺すべきでは…

だから、翌年への繰越処理の際。

>方法: 借方に 事業主借  貸方に事業主貸 、金額は上記事業主借の金額…

「元入金」に繰入。

Q個人事業主の、銀行口座。個人的な入出金の区別は?

お世話になります。

概要
個人事業主が、事業用として届け出ている銀行口座における個人的な金の出し入れについて、事業用と個人用とで区別する仕訳記帳の方法を教えて下さい。


詳細
個人事業主が事業用として使っている銀行口座で、個人事業主の個人的な金の出し入れがある場合があります。

たとえば、先日の株の急落の際、証券会社から追証(追加の代金)の入金を求められた。
現在、個人事業主の事業用口座が証券会社に届け出ている入出金用の口座であり、
急なことだったので、まず自分のプライベートな口座から、事業用口座に100万円の入金をした。
次にその100万円を証券口座に振り替えた。

さて、普通なら、個人事業用の口座の入金は、事業としての入金とみなされます。
そして出金は経費か、事業主貸(個人事業主への報酬)とみなされます。
ということはこの100万円の入金と出金は、仕訳として書くならば

普通預金
現金100万円 売上100万円

普通預金
事業主貸100万円 現金100万円

となってしまいます。個人事業主は自分のお金を動かすのにたまたま個人事業主用の口座を経由しただけなのに、(それもやむを得ない理由で)個人所得100万円、とみなされてしまうわけです。

さあ、このような場合、入出金をどのように仕訳記帳したら、
「事業としてのカネの出入りではなく、あくまでも個人事業主のポケットマネーが口座を素通りしただけ。
事業とは全く関係がない」
ということを明白に出来るでしょうか?

詳しい方、お願いします。

お世話になります。

概要
個人事業主が、事業用として届け出ている銀行口座における個人的な金の出し入れについて、事業用と個人用とで区別する仕訳記帳の方法を教えて下さい。


詳細
個人事業主が事業用として使っている銀行口座で、個人事業主の個人的な金の出し入れがある場合があります。

たとえば、先日の株の急落の際、証券会社から追証(追加の代金)の入金を求められた。
現在、個人事業主の事業用口座が証券会社に届け出ている入出金用の口座であり、
急なことだったので、まず自分のプライベートな口...続きを読む

Aベストアンサー

言葉の言い回しなのか、勘違いなのか、おかしい部分がいろいろありますね。

>個人事業主が、事業用として届け出ている銀行口座における
事業用口座の届出義務はありませんし、届出を受理するような制度もないと思います。
あくまでもあなたが確定申告などのために作成する帳簿で事業用として管理しているだけではありませんか?

>事業用と個人用とで区別する仕訳記帳の方法を教えて下さい。
個人用口座を会計処理する必要はありません。
事業用口座において、個人的支出をしたのであれば、
  借方)事業主借 貸方)普通預金など
逆に、個人的な入金や家事用口座から資金の入金をしたのであれば、
  借方)普通預金など 貸方)事業主借
で処理することになるでしょう。

>現在、個人事業主の事業用口座が証券会社に届け出ている入出金用の口座であり、
個人事業の口座もそうでない口座もあなた個人の口座であり、どのような使い方をされてもあなたの自由です。しかし、事業用の口座については、会計帳簿を管理しなくてはならず、事業と関係ないものは家事用口座を利用されるべきです。そうしなければ、そのような取引も税務調査で必要以上にチェックされ、質疑応答などを求められてしまいますからね。

>さて、普通なら、個人事業用の口座の入金は、事業としての入金とみなされます。
あなたにとっての普通が普通でない場合や勘違いもあると思います。
事業用の口座であっても、事業にかかる収入でない入金という場合もありますし、その逆もあり得ます。だって、事業用として開設した口座であっても、その利用方法に制限はなく、あなたの自由なのですからね。
したがって、事業用口座へ入金されても、売上などの収益勘定で処理する必要はありません。第三者からの融資であれば借入金という負債勘定で処理することでしょう。それと同様に会計処理上事業と家事を分けて処理するということで、事業主借や事業主貸の勘定科目を使うのが個人事業の会計処理です。これは法人の会計処理であれば、役員からの借入金として処理するものなのですからね。
事業主借や事業主貸などの勘定科目で処理すれば、損益計算書上の動きになりません。あくyまでも貸借対照表上の話となります。したがって、所得になるようなことはありません。

>事業とは全く関係がない」
>ということを明白に出来るでしょうか?
すでに説明した通り、そのような場合のための勘定科目も会計ルールもあります。また説明が必要であれば、証券会社の契約書類等で事業用口座が届け出ていること、家事用口座と事業用口座の通帳と証券会社の取引履歴をみれば、その動きは明白であり、損取引が金融機関や証券会社との取引であることで第三者が証明するのと変わらないことでしょう。
事業用口座でそのようなことをしなければ、説明責任はなかったかもしれません。しかし臨時でもそのような使い方をすれば、説明責任が出てくることでしょうね。コピーでも領収証や伝票などと一緒に保管すればよいでしょう。

質問を読む限り、複式簿記や個人事業の会計処理方法の基礎もままならない状態のようです。そのような会計処理の知識のままでは、不必要な税金を納めているようなこともあることでしょうね。
私が以前知人の相談を受けた際には、知人の友人に頼んで何年も会計処理と申告をしている。その知人の友人は知識が高いということでした。しかし、私がぱっと見ただけでも、年間数十万円余計に税金を払っている様にも思いましたね。会計処理も申告の考え方も、答えは一つではありません。そのために税理士という難しい国家試験などで認められた税理士が専門家として活動され、認知されているのです。簡単にそれに代わる処理が素人に出来るのであれば、税理士が先生などと呼ばれないのです。
頑張って勉強するか、税理士に依頼されたほうが良いと思いますね。

言葉の言い回しなのか、勘違いなのか、おかしい部分がいろいろありますね。

>個人事業主が、事業用として届け出ている銀行口座における
事業用口座の届出義務はありませんし、届出を受理するような制度もないと思います。
あくまでもあなたが確定申告などのために作成する帳簿で事業用として管理しているだけではありませんか?

>事業用と個人用とで区別する仕訳記帳の方法を教えて下さい。
個人用口座を会計処理する必要はありません。
事業用口座において、個人的支出をしたのであれば、
  借方)事業主借...続きを読む

Q赤字の個人事業主ですが、日々の生活費はどうしたら・・・

こんばんは。どなたか教えて下さい。
赤字の個人事業主です。青色申告をしていますが、赤字なので給料をもらったことがありません。妻を専従者として申告していますが、給料をはらったこともありません。日々の生活は、今までの預金を崩して何とか生活しています。
以下について教えて下さい。
1〉生活費は事業主借り?貸し?で経費に組み込んではいけないのでしょうか?
2)事業主借と事業主貸の違いが分からないので教えて下さい。
3)預金から出している生活費を事業主借?貸?で帳簿につけても良いのでしょうか?
初歩的なことで申し訳ありませんがもうすぐ確定申告の時期が来ますのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

再びお答えします。

 少し誤解があるようですが、事業主貸・借 勘定は、費用勘定ではありません(負債項目です)。ですから、損益計算書には記載できませんし、儲けの増減(所得の増減)には関係しません。

 つまり、どれほどの大金を事業主借の中から生活費として出していても
(=自分の預金を崩して生活しても)所得は「売上-仕入-費用 =所得」
という計算で算出しますので、事業主借・貸は全く関係しないのです。

ちなみに、事業主貸・借勘定は、貸借対照表に記入します。

それから、繰返しになりますが、「生活費」は、費用にすることは出来ません(当然、損益計算書には記入することは出来ません)。よく誤解される点なので注意が
必要です。

Q短期借入金と長期借入金の違いについて

経理初心者です。短期借入金と長期借入金の違いについて質問したい
のですが、社長が自らの給与を毎月『短期借入金』として一部会社に
貸し付けています。おそらく運転資金の目的だとは思いますが
(理由については詳しく聞いてないので、聞いてみます。)
今のところ返済している様子がありません。
私は今月から経理を任されているのですが社長からこれはおかしいですか?と質問されました。
あまり長く貸し付けていると『長期借入金』になってしまうと思うのですが
どうなのでしょうか?このまま期をまたがってしまうと問題でしょうか?
『短期借入金』が膨らんでしまうので心配です。
『短期借入金』と『長期借入金』の性質なども教えて頂けると
ありがたいのですが...。このような質問で恐縮ですが、よろしく
お願い致します。

Aベストアンサー

社長が自らの給与を毎月『短期借入金』として一部会社に
貸し付けています。おそらく運転資金の目的だとは思いますが

短期と長期の違いは1年を超えるかどうか(ワンイヤールール)ですが
借入には返済が伴うし、利息も伴います。返済どころか利息も取っていない
と粉飾決算になってしまうし、返済計画のない借入はありえないことです。
現象についての質問に対する答えを出すことはできますが、はっきりいって
自分の経験とか、ネットで検索して探すような無責任なやり方でしか出せません。というのも、これによってお金を貰っているわけではありませんから。
あなたの質問は、簿記検定の問題を質問するようなものでなく、現在の実務
上の問題を聞いています。税理士を頼んでいないようですが、こういう傾向のものついては、ぜひとも専門家に金銭を支払って聞くべき問題だと思われますので税理士、会計士を頼むことを検討するほうが先決ではないでしょうか。

Q個人事業主の仕訳

友人が美容院をやっています。父親からお金を借りたのでその仕訳をどうすればいいか?相談を受けました。
お金を150万借りた当初の仕訳は普通預金/事業主借で処理だと思いますがその後、月々2万円ずつ普通預金から引き落として返す場合どういう仕訳になりますか?
私は逆仕訳で事業主借を2万円ずつへらしていけばいいと思ったのですが 事業主貸/普通預金なのでしょうか?事業主貸の科目を使うと
その後の振替仕訳はどうなりますか?
事業主貸、事業主借の科目の使い方を教えてください。

Aベストアンサー

>父親からお金を借りたのでその…

いろいろなご意見が出ていますが、「父親」と「借りた」がキーワードになるでしょう。
友人さんとお父様とは、一緒に暮らしているのですか。税法でいう「同一生計の親族」なのですか。
それとも、すでに結婚して所帯が完全に別になっているのですか。

所帯が別で、借用証を取り交わし、いくらかの金利を払っているなら、事業主借ではなく「借入金」です。利息は経費に落とせます。
・借りたとき → 現金 1,500,000/借入金 1,500,000
・元本を返したとき → 借入金 20,000/普通預金 20,000
・利息を払ったとき → 利子割引料 1,000/普通預金 1,000

同一生計なら、やはり事業主借でしょう。この場合はたぶん利息も払わないのではないかと想像します。
・借りたとき → 現金 1,500,000/事業主借 1,500,000
・返したとき → 事業主貸 20,000/普通預金 20,000

なお、通常は、事業主借が左側に来ることはありません。事業主借のマイナスは事業主貸です。
事業主借と事業主貸はともに反対側に来ることがないので、#1さんが言われるとおり、どんどんふくらむ一方です。
しかし、これらは年末の決算において相殺され、差額は元入金に組み入れられます。

>父親からお金を借りたのでその…

いろいろなご意見が出ていますが、「父親」と「借りた」がキーワードになるでしょう。
友人さんとお父様とは、一緒に暮らしているのですか。税法でいう「同一生計の親族」なのですか。
それとも、すでに結婚して所帯が完全に別になっているのですか。

所帯が別で、借用証を取り交わし、いくらかの金利を払っているなら、事業主借ではなく「借入金」です。利息は経費に落とせます。
・借りたとき → 現金 1,500,000/借入金 1,500,000
・元本を返したとき → 借入金...続きを読む

Q親族を、専従者給与と一般従業員給与どちらにするか

自営業を営んでおり、今まで1人で業務を行ってきました。
数年たち、少し忙しくなってきたのと売上もあがってきたので、

母親(別居で一人暮らし・遺族年金受給者)に少し手伝ってもらおうと思います。

その場合は、
「専従者給与」として給与を支払えばよいのでしょうか?
別居の場合は、専従者給与ではなく
「一般の従業員」として給与を支払うことになるのでしょうか?

どちらもできる場合は、
どちらの方が、税金面でのメリットがあるのでしょうか?
またデメリットは何かありますか?

ちなみに、母親に一定額の仕送りをした場合は、
所得税申告の際に、扶養家族とすることは問題ないでしょうか?

その他、注意点などありましたら教えて頂けるとありがたいです。

素人なので、制度がよく理解できておらずに基本的な質問ですみません。
節税はしたいのですが、脱税はしたくありませんので・・

何とぞ、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1 生計を一つにしてる親族に給与を払っても、経費にはできません。

生計を一つにしてない親族ならば、一般の従業員として雇うことは可能です。
無論、支払った給与は経費計上できます。
受け取った給与が103万円を越えると、他者の控除対象扶養親族になれないとか、130万円を越えるとサラリーマンの第3号被加入者になれないということになります。
一人暮らしをされてる方でしたら、103万円や130万円という金額にこだわる必要はないでしょう。

2 控除対象扶養親族にできるのは「生計を一つにしてる者で年間所得が38万円以下の者」です。
 ここで生計を一つにしてるとは、同じ屋根の下で暮らしてる必要がなく、生活費を送金してるなどで同じ財布から出てるお金で暮らしてるという状態をいいます。
 あなたが親族に103万円以内の給与を支払ったとします。この方の給与所得額は38万円ですので、控除対象扶養親族になれます。

ここで、その親族にあなたが仕送りをしてるとなると「生計を一つにしてる」ことになります。
生計を一つにしてる親族への給与は事業所得の計算では経費にできません。
冒頭の「1」に戻るわけです。

仕送りをしてるというなら「生計を一つにしてる」ので、給与を払っても経費にできない。
仕送りなどしていなくて、生計を一つにしてない親族なら給与支払いをしても経費にできます。

給与を払っておいて、それを経費にする。
さらに仕送りをしてるので生計を一つにしてるので控除対象扶養親族にするという「両方とも」は駄目です。

参考条文は所得税法第56条(事業から対価を受ける親族がある場合の必要経費の特例)です。

1 生計を一つにしてる親族に給与を払っても、経費にはできません。

生計を一つにしてない親族ならば、一般の従業員として雇うことは可能です。
無論、支払った給与は経費計上できます。
受け取った給与が103万円を越えると、他者の控除対象扶養親族になれないとか、130万円を越えるとサラリーマンの第3号被加入者になれないということになります。
一人暮らしをされてる方でしたら、103万円や130万円という金額にこだわる必要はないでしょう。

2 控除対象扶養親族にできるのは「生計を一つにし...続きを読む

Q確定申告 家族からの借入金の返済の利息分の申告について

こんにちは。昨年、居を別にしている親から低金利で一部借入をしまして中古のワンルームマンションを収益物件として購入いたしまして今年初めて確定申告(白色)を行う者です。借用書もつくりまして毎月定額を返済をしております。私本人は、不動産収入の収支内訳書の借入金利子というところに年間の利子の分を経費として申告し、借入金利子の内訳というところに親の住所と名前を記入し、いくら借入金があるのか(利息分も含めた合計)を申告すればよいのですよね。

親のほうはその分を収入として毎年数千円を収入として申告する必要があるのでしょうか。ちなみに借入額の返済額は毎年50万円程度で、年間の利子の合計は数千円程度にすぎません。下記のリンクを参考にさせていただく限りでは、親の受け取る利子が年間20万円には満たないので、親は申告などしなくてもよいのでしょうか。それとも雑所得とかでどこの誰から受け取ったかも含めて申告するべきなのでしょうか。親にあまり余計な作業をさせたくないと思っておりますので、こういったケースをご存知の方、どうかご享受いただけますでしょうか。どうぞよろしくお願いいたします。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1457646329

こんにちは。昨年、居を別にしている親から低金利で一部借入をしまして中古のワンルームマンションを収益物件として購入いたしまして今年初めて確定申告(白色)を行う者です。借用書もつくりまして毎月定額を返済をしております。私本人は、不動産収入の収支内訳書の借入金利子というところに年間の利子の分を経費として申告し、借入金利子の内訳というところに親の住所と名前を記入し、いくら借入金があるのか(利息分も含めた合計)を申告すればよいのですよね。

親のほうはその分を収入として毎年数千円を...続きを読む

Aベストアンサー

あなたと親御さんとが別生計ならば、親御さんには、あなたから受け取る利子を雑所得として申告する義務が生じます。

申告する方法は簡単です。
親御さんは毎年、確定申告しているのですから、「確定申告書B」の
◆第二表の「所得の内訳」の欄に、
「所得の種類」⇒雑
「種目………名称」⇒あなたの氏名
「収入金額」⇒1年間に支払った利子の額
「源泉徴収税額」⇒ゼロ
◆第一表の「収入金額等」の「雑・その他」⇒1年間に支払った利子の額
◆第一表の「所得金額」の「雑」⇒1年間に支払った利子の額

と記入するだけでOKです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

また、あなたと親御さんとが別生計ならば、あなたが不動産所得を申告するときには、親御さんに支払う利子を必要経費に算入できます。

ご存じのように、不動産所得の収支内訳書の借入金利子のところに親御さんに支払った利子を記入し、借入金利子の内訳という欄には、
・親御さんの住所・氏名、
・年末現在、いくら借入金が残っていたのか(利息を含めない金額)
・本年中に親御さんに払った利子の総額
・そのうち、収支内訳書の借入金利子のところに記載した利子の金額
を記入して申告して下さい。

あなたと親御さんとが別生計ならば、親御さんには、あなたから受け取る利子を雑所得として申告する義務が生じます。

申告する方法は簡単です。
親御さんは毎年、確定申告しているのですから、「確定申告書B」の
◆第二表の「所得の内訳」の欄に、
「所得の種類」⇒雑
「種目………名称」⇒あなたの氏名
「収入金額」⇒1年間に支払った利子の額
「源泉徴収税額」⇒ゼロ
◆第一表の「収入金額等」の「雑・その他」⇒1年間に支払った利子の額
◆第一表の「所得金額」の「雑」⇒1年間に支払った利子の額

と記入...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング