【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

大筋はわかったつもりなのですが、最後のどんでん返しの部分が短くて、誰が麻薬を扱っていた悪役なのか、よくわかりませんでした。

自分の記憶では
ケンドール
ダンバー
パイク
ミュラー
ニュニングル?
女性
の6名の隊員がいたと思うのですが、
ケンドール、ミュラーと司令官、医者の4人が麻薬に関わっていたのでしょうか?
普通は最後に再現シーンがあると思うのですが、それがなかったので、今も思案中です。

A 回答 (1件)

miyakeokさんの仰るとおり、麻薬に関していた黒幕は「スタイルズ大佐」と「ヴィルマー医師」。

そして、麻薬の売人は「ケンドル」と「ミュラー」です。

最後にオズボーン大尉がハーディを追って行くと第8特殊班のメンバーが揃っていて、「え?知らなかったのはオズボーン大尉と私たちだけだったの?」と思ってしまいました。いや~見事にだまされてしまいましたよ~。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。私も全く予想外でした。予想外過ぎて、正直なにがなんだか、いまだにはっきりとしていませんが。実際に森の中でなにが起こったのかわからず、大佐はなぜ当事者のハーディーに依頼したのか、ケガをして生きて帰ってきたケンドルの証言はいったいどれだけ正しかったのだろうなど、いろいろな疑問はありますが、そのつじつまがあっているのかを確かめる時間もありませんでした。
最後にメンバーやウエストが出てきたときには、ギョッとしましたね。

お礼日時:2004/01/12 12:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング