【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

今度の17日(土)に富山で外国人を相手に豚汁を振る舞い豚汁の歴史について語る機会があるのですが、どこを調べても豚汁についての歴史(どこでだれがどのように食べ始めたのか)を記しているものが見当たりません。どなたかお教えねがえないでしょうか。

A 回答 (1件)

 私も豚汁については何も知りませんが...。



 現在のような食用の豚は明治以降輸入されて普及したようですが、弥生時代には野生のイノシシを飼育して食べることはしていたといわれています。その後仏教の影響で基本的には肉食の習慣は絶たれますが、薬喰いとか山鯨などという言葉で誤魔化しながら食べていました。「猪食った報い」などということわざがあるくらいですから、よろしくない行為との共通認識はあったのでしょう。

 現在でも猪鍋は味噌仕立てで作るようですし、現代人以上に昔の人は獣臭さに敏感だったでしょうから、葱・芹などの香りの強い野菜とともに矯臭効果のある味噌という調味料は肉食に不可欠だったと想像されます。となれば豚汁というメニューは歴史的な流れの中で自然に成立したのではないでしょうか。

 以上、根拠となる文献などはありません。私の想像です。週末のお話のネタにでもなればと思って書き込みました。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q豚汁の発祥地は?

豚汁の発祥地はどこなのでしょうか。

知っている方おられればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

豚汁の発祥ははっきりしません、
一説によると鹿児島県の郷土料理、薩摩汁が原型だそうです。
薩摩汁は骨付き鶏肉のぶつ切り、ダイコン、ニンジン、サツマイモなどをみそ仕立てにした汁物。
豚肉が食べられるようになったのが明治以降なので、
明治以降に豚肉も使われはじめたと思われます。
牛肉文化の関西よりも関東で早く広まったらしいです。
が、いのししの存在を考えると、元は猪汁ではなかったのかなとも思います。

もう一つ、行きつけのとんかつ屋で聞いたのですが、肉を丸ごと買って形を整えたときに出る余り肉を使ったのが最初で、中身は長ネギと豚肉だけだったそうです。(何処ではじめたのかは知らないが先代から聞いたそうです、現在55才くらいのかたです)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング