【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

「「困った人たち」とのつきあい方」などの本がありますが、そうした系統の本で人生、仕事の困難さから逃げまくる人間の精神状態を分析した本を教えてください。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

maruhaseさんこんばんは。


こんな本いかがでしょうか。

「グズの人にはわけがある」(リンダ・サパディン/ジャック・マガイヤー
文春文庫PLUS)

何でもかんでも先延ばしにして自分にも周囲にもストレスフルな
生活をしていて、困ってるはずなのになぜかそれを改善出来ない
「グズ人間=PCN症候群」(なんと病気らしいです)のタイプ別分類と克服法の本です。
「完璧主義者」「夢想家」「心配性」「反抗者」「危機好き」「抱え込み」
と6つのタイプに分かれています。
しかも大体の患者さんはこの6つの「複合タイプ」なんだそうです。

まだ読んでる途中なので「自信なし」とさせていただきますが、
ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

 A.J.ツワルスキー『まにあうよ、いまからでも』はいかがでしょうか。

スヌーピーやチャーリー・ブラウンでお馴染みの『ピーナッツ』をもとに、精神科医である著者が分析して「いつまでも行動できない人」の状態を明かしています。こういった心理を分析するにあたって『ピーナッツ』は有効なようで、著者は授業にも取り入れているそうです。
 スヌーピーの漫画付きで、楽しく読めます。『「困った人たち」とのつきあい方』とは少し趣が違いますが、どうぞご参考までに。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062563 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング