ハノンで、ひたすらオクターブで弾く「24の調によるオクターブの進行」というのがありますが、最初から最後まで、続けて弾いていると手首が痛くなってしまったり、何故か、左手の小指の第一間接が痛くなってきます。(多分弾くときに指が変に曲がっているのでしょう・・・)
指は届くのですが、脱力の問題なのでしょうか?
こうすると良いなどのアドバイスをお願いします。(このまま弾き続けるのは、指に良くないと思うので。)

それと、オクターブとは関係ありませんが、私はピアノの演奏の方は、結構長く続けてきているのですが、先生があまり触れてくれなかったせいもあり、楽典に乏しいのです。基礎は分かっているつもりですが、和声とか対位法などと聞くと、頭が痛くなります・・・。
独学でも頑張ってみようかと思っていますが、続きそうにないので、他に何か良い方法はありませんでしょうか?今習っている所でも、教えて欲しいと言えば、教えてもらえるのですが、レッスンの時間が短いので、演奏だけで精一杯です。(演奏さえも時間が足りないくらいなので。)

よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

ぼくはほぼまったくピアノは弾けないのですが、ちょっとは弾ける家内に聞いてみましたところ・・



オクターブを弾く手のかたちにして(オクターブ分開いて)、親指だけ、小指だけというふうに別々に練習するのもいいらしいです。

同時にやっているよりも2音のバランス、音色などのコントロールをトレーニングする事ができるかもしれません。それによって無理な力などもぬくことができるようになる?かも。。

家内がやっているわけではありませんが、二声のインベンションをオクターブで練習するというのをどっかで聞いたことがありました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざ奥さんにまで聞いていただき、ありがとうございました!!

早速やってみましたが、オクターブ分開いたままやるというのは、今までやったことがないので結構難しいですね・・・。

色々自分なりに工夫してみようと思います。

また、機会がありましたらよろしくお願いします。

お礼日時:2001/05/13 14:05

 ご質問を拝見させていただき,とてもまじめな方なのだな・・と感じました。

一昔前の私のようです^^;。それゆえにご質問の前半部分に関しては技術習得のための修行のように。後半部分に関しましては学問の勉強をしているようにも感じました。音楽は音・楽なのであって音・学なのではないはず。義務感のようなものに捕われ過ぎてはいませんか?。もしそうではなく,音楽を演奏するのがとても楽しい!^0^・・と言う上でのご質問であったなら全く私の見当違いであったことをお詫びいたします。
 さて技術的な難関に取り組むべき時のポイントですが,まずはいろいろな方法を試してみる事。座る位置を変えてみる,腰を斜めに回転してみる,肩を左右方向に移動させてみる,指を立て気味にする寝かせ気味にする・・などやってみる組み合わせは無限にありえます。
 その中で克服できる事もあれば出来ない事もあるでしょう。わたくし的にはオクターブの練習そのものには意味のない事,やれなくてもよい事だと個人的には思います。あくまでそれが表現上どうしても必要である・・と作曲者や演奏者が思った場合にのみ必要であると考えるからです。痛みを伴うならやらない方が良いに決まっていますから。身体を壊す事はプロであっても避けなければならない重要なポイントです。
 次に音楽理論的な勉強ですが,これは人から教わるか独学で会得するか,どちらかではあると思います。音楽大学というような大げさな選択でなくとも,小さなスクールのようなところで理論に関する授業だけ聴講するような事も可能です。
 今現在習っていらっしゃるピアノ教室のようなところは,おそらく週一回30分程度の時間なのでしょ?。それでは月謝がもったいないですよね?。
 もしこの2つ以外の方法となると「自分で理論体系を構築する」という第三の選択肢があります。
 これは科学者で言えばノーベル賞クラスの頭がないと出来ない事ではあります。
 JAZZでは逆にこれが出来ないとミュージシャンとしては認められません。
 でも楽しいですよ。習うのではなく自分で考える事。それを忘れてはいけないと思います。受身の姿勢でいるといつかは物足りなくなってしまうものです。
 以上,自分自身の過去の体験も踏まえて,もっと開放的に自由にやって欲しいと言う願いもこめて回答いたしました。
 お気に障る点も多々あったかと思いますが,他の回答者の方も含め,言わんとするところをご理解していただけましたら幸いです。
 GOOD LUCK^-^.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御返事ありがとうございました。

何だか、誤解されてしまったようですね。私は、音楽が好きで、楽しくてやっているつもりなのですが。(そうでなければ、自分から苦しむために好んでやる人は、あまりいないのではないかと思います。)

練習方法を質問してしまった私も馬鹿でした。色々工夫して自分で考えてみないと意味がありませんね。

これは、私の考え方なのですが、オクターブも含め、基本的にひとつずつ出来ないことをマスターした上で、音楽の本当の楽しさが分かるのだと思うのですが・・・。もし、ここで練習を諦めて、弾きたい曲にオクターブがあったら、その曲を諦めなければなりませんよね?

私自身、苦しんでやっているつもりはありませんし、何と言っても、弾けるようになったときの達成感が大好きなんです。

私は音楽はジャンルを問わずに好きで、クラシックも大好きなのですが、そればかりやっていると頭が堅くなってしまうので、JAZZやポピュラーミュージックなど色々楽しんでいます。それぞれの良さ、難しさを楽しんでいます。

それぞれの楽しみ方があると思うのですが、どうでしょうか?
怠け者の私だと、オクターブが練習の必要がないかな?と思った時点で、これからも、他に出来ないことが出てきたときに逃避ばかりしてしまうと思います。

長い御回答ありがとうございました。また、機会がありましたらよろしくお願いします。

お礼日時:2001/05/13 14:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベース、指弾き四弦演奏時のミュート

四弦を指弾きしているとき、123弦のミュートは左手の演奏している指をかすかに当てるだけでもいいのでしょうか?これでもミュートになりますか?

人差し指で四弦をひいていて、その人差し指で123弦も軽く触れていたり、
中指で四弦演奏時に、人差し指で123を軽く触れてます。
このやり方でもいいでしょうか?

Aベストアンサー

これは 何が正解はないんじゃあないですか? 自分なりにさまざまな方法を試し 耳と感覚で一番良いやり方を探すしかないでしょう。やっているうちにこれが一番というのも変わって来ると思うし・・・そう考えると今はそれが正解なのかもね

Qギターを弾きすぎで指が痛い時の対処。

 ギターを弾きすぎで、指が痛いです。
 効果的なクリームなどはありませんでしょうか?。
 この痛い時期を乗り越えるとギターに適した指が出来るとは思うのですが、この時期を乗り越える方法はありませんか?。

Aベストアンサー

痛いですよね。

指先の皮(角質)が厚くなれば、痛くなくなるのですが
痛みの為に練習に集中できないのも嫌なものです。

私の場合はボンドを塗っていました。
布や紙を張り合わせる、ボンドです。

パリパリに乾いてからギターを弾くのですが
多少痛みが気にならなくなりました。

・・・ただ、ボンド本来の使用法ではないので
人体への影響は保証しかねます。
(私は大丈夫でしたが)

Qベースの押さえる左指と弾く右指の場所を教えてください。

ベースの押さえる左指と弾く右指の場所を教えてください。
左手はギターのように指先で押さえますか?指の腹ですか?
右手は指弾きのとき指先ですか?指の腹ですか?指の腹の場合、絵のようないちでしょうか?
また、右手は力を入れてまっすぐの状態で弾くのか、自然にリラックスして弾くのかも教えてください。
あと、右手の手首が曲げているのですごく痛いのですが異常でしょうか?
右肩も痛いです。特に肩甲骨あたりが非常に。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

違う表現の意見も出るかもしれませんが、私の場合は
「押さえる左指は指先…だけど、ギター弾く時よりは少し指腹寄り」
って感じですね。

質問文の絵より、もうちょっとだけ指先気味です。
なんというか、
「極力指先のつもりだけど、間違っても弦がツメに食い込む事は無い位置」
とでも言いますか…

ただ、運指や奏法、ミュートの都合によって、もっと指の腹側を使う事も多いです。そこんとこは、個人的には「臨機応変」としか言いようがないので、あんまり参考になりませんが…

>右手は力を入れてまっすぐの状態で弾くのか、自然にリラックスして弾くのか

基本はリラックスですね。
もちろん、「ワザと力を込めて弾く」というシーンも有ったりはしますが、まずは「自分にとってのリラックス状態」が「自分の奏法の基本」になります。これは細かい所が人によって少し違う(体型が違うと変わってくる)ので、自分のベスト状態を見つけ出す事は必要ですが。

>右手の手首が曲げているのですごく痛いのですが異常でしょうか?

この文章だけで解釈していますので、私の認識が正しいかどうかは自信がありませんが、一般論的には「手首が痛くなるような曲げ方がおかしい」とは言えます。

短い文章を読む限りでは、ベースの構え方(ストラップの高さ。持つ角度等)に無理がある場合に多い症例だと思います。
絶対に、無理なく弾ける姿勢はあると思うので、そういう「右手が変に曲げなくても楽に弾ける持ち方(フォーム)」を、まず工夫されてはどうかと思います。

質問者の方がそうかどうかはわかんないですが、自分のあこがれのベーシスト(当然、元々の体型が違う)と同じベースの構え方をしようとして、無理して身体を痛める初心者も結構多いですから…
「自分的にはビジュアル的にイマイチでも、自分が楽に弾ける持ち方」
は、模索しておいた方が良いですね。

右手首の無理の問題が解消すれば、右肩の問題も解消すると思います。

なんとなくですが、そういう力の入り方だと、ボディの大きいベースを座って弾いているので、右肩を思いっきり吊り上げないと右掌が弦の位置に来ない…という練習体制じゃないかな…と思いますが、どうでしょうね。
もし、私の予想が若干でも当たってるなら、ストラップ使って立って練習するのも手ですよ。

違う表現の意見も出るかもしれませんが、私の場合は
「押さえる左指は指先…だけど、ギター弾く時よりは少し指腹寄り」
って感じですね。

質問文の絵より、もうちょっとだけ指先気味です。
なんというか、
「極力指先のつもりだけど、間違っても弦がツメに食い込む事は無い位置」
とでも言いますか…

ただ、運指や奏法、ミュートの都合によって、もっと指の腹側を使う事も多いです。そこんとこは、個人的には「臨機応変」としか言いようがないので、あんまり参考になりませんが…

>右手は力を入れてま...続きを読む

Q1オクターブ離れたニ音(例えばドと上のド)を弾くのが苦手です。 過去にも、トルコ行進曲やアルプスの夕

1オクターブ離れたニ音(例えばドと上のド)を弾くのが苦手です。
過去にも、トルコ行進曲やアルプスの夕映えでつまずいたことがあります。

指は十分に届く大きさです。
ド♯から上のミ♭まで届きます。

ゆっくりやると大丈夫なのですが、インテンポだとどうしても他の指が鍵盤に触れてしまいます。
そのためミスがポロポロと出てしまうのです。

どうしたらうまくいきますか?
いい練習法はありますか?

Aベストアンサー

指の柔軟をやって弾きやすい手の形をつくります。
手を広げるだけでなく、指があがるように。

Qギターにはコード演奏とそれ以外の演奏法がありますがコード演奏以外の演奏

ギターにはコード演奏とそれ以外の演奏法がありますがコード演奏以外の演奏法にはどういう決まりがあって弾いてるのでしょうか?
例えばビードルズやオアシスの場合片方がコードを弾いてもう片方がアクセント?(どう言えばいいかわかりません)的なことを弾いてます。このアクセントの人はなにか決まりがあって音選びをしていうのでしょうか?

Aベストアンサー

質問者さんの言う「コード演奏」とは、コードを押さえてストロークやアルペジオで弾くことでしょうか。
なのに、コードに関係無いようなメロディなども弾いているのは何なのか?ということでしょうか?

歌のメロディに対してコードが付いています。
全く同じコード進行でも違うメロディも付くことは理解できますか?
つまり、その歌のメロディはこれだ、というだけで、同じコード進行の中には無限のメロディが考えられます、なので、歌(メロディ)コード演奏、コードから出来る別のメロディ、というものが同時に存在可能になります。
そのへんが感覚的にわかれば、歌にコーラスも付けられますし、どういう音で弾いていいのかもわかります。
ギターリストのアドリブ演奏などはまさにこれです、そのコードの中で即興で作曲し演奏するわけです。

コードが鳴っていると、出していい音が決まります、出していけない音を出すとオンチに聞こえます。
ためしにC-F-G7-C を1小説づつくらいジャランジャランを弾いて、声で「あ~う~」とでたらめにメロディをつけてみてください。
コードに合う音、合わない音がわかってきます。
いろんなメロディがあることもわかります。
また、それが、簡単な作曲方法にもなります。

もっともっと、たくさんの音楽を聴き、ギターをイヤになるほど弾いてみてください、感覚的にわかってきます。
もし、キマリ(理論)を勉強したい、と言うなら、そういう解説の本もたくさんありますし、ネットにも情報が多くあります。

質問者さんの言う「コード演奏」とは、コードを押さえてストロークやアルペジオで弾くことでしょうか。
なのに、コードに関係無いようなメロディなども弾いているのは何なのか?ということでしょうか?

歌のメロディに対してコードが付いています。
全く同じコード進行でも違うメロディも付くことは理解できますか?
つまり、その歌のメロディはこれだ、というだけで、同じコード進行の中には無限のメロディが考えられます、なので、歌(メロディ)コード演奏、コードから出来る別のメロディ、というものが...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報