光を波として考えた時に、波長、振動数は求めることができると思いますが、振幅は定義できるのでしょうか。

A 回答 (2件)

光=電磁波の振幅を測定を含めてどう考えるかという質問なのでしょうか?



静電場(静磁場)であれば強度と言う形で電荷や磁荷(?)を置いたときの力の強さで求まると思います(というかある意味定義ですよね。)。
光の場合どうかというと、量(どう目盛をきざむか)としては静電場などの延長で表現するとして、実際問題としては、光の強度(エネルギー)で測る場合が多いと思います。振幅の2乗に強度が比例することから、それから振幅をきめるのだと思います。
電磁場の振幅はもちろん空間的な大きさではなく、空間にへばりついた量で本当にあのか?とおもわれるかもしれませんが、もちろん確認できます。干渉は波の振幅と位相情報がないと成り立たないので、干渉をみれば良いわけで、干渉した波の強度分布を見て、(この空間の中に広がっているわけではないけれども)振幅は確かに在ると考えればいいのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

 「波のエネルギーは、振幅の2乗に比例することから、振幅を求める」ということは納得しました。
 しかし、干渉を見ることによって実際の空間に振幅が存在しているとするところは、ちょっと分かりにくかったので、良く考えてみます。
 光の振幅は、普通の波の振幅とはどうも違うようだ、ということは分かりました。

お礼日時:2001/05/12 12:04

> 光の振幅は、普通の波の振幅とはどうも違うようだ



そうですね,例えば弦の波だったら弦そのものが目に見える.
音波では,空気は直接目には見えませんが,まあ空気の存在は誰も知っている.
ところが,電磁波は何が振動しているのか,よくわからない.
昔は空間を満たしているエーテルなんてものを考えて,
それが電磁場の媒質としていましたが,
それではどうも具合の悪いことがいろいろある.
現在では,空間の歪みが伝わってゆくのが電磁波という解釈になっています.
motsuan さんの「空間にへばりついた量」はそういう意味です.
電磁波に限らず,静的な電場や磁場も空間の歪みと解釈されています.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

私の頭の中では、振幅とは波の山と谷の間の長さの1/2でした。しかし、そのような、古典的な波の考えが通用しない光に対しても、振幅という言葉を使うのですね。イメージできず混乱していました。

お礼日時:2001/05/13 23:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q波の合成について 同振幅、同振動数の2つの波がある点のみで交わり、強め合う(または弱め合う)とき

波の合成について


同振幅、同振動数の2つの波がある点のみで交わり、強め合う(または弱め合う)とき波のエネルギーが保存されていない気がしてならないのですがどうなんですか。例えば、強め合う点では振幅は2倍、振動数は変わりませんがこれだとエネルギー4倍となり、また一点で交わる波を出すときその他の点で干渉しないため強め合う点以外の波はそのままのエネルギーを持つと思うのですがこれだとエネルギー保存に反していませんか?

Aベストアンサー

ANO3です。これひょっとして、糸のように波長より細い光ビームが一点で
交わることを想定した質問なのでしょうか?

波がまっすぐ進むには、波長に対して十分「太く」なければ
なりません。そうでないと「回折」して広がってしまいます。

だから、波長に比べて十分小さい「一点」で光ビームが交わるなんて
不可能なんです。光のビームはどうやっても波長程度にしか細くできません。

波長より細い光が前提の質問なら、前提が最初から崩れてます。

似た質問で、

紙の上に、位相が半分ずれたレーザ光を2本当てると
紙は光らないからエネルギー保存則は破れている

という質問がよくありますが、これも紙の上に干渉縞ができるだけで
エネルギー保存則は破れません。

2個の光源を十分近づければ干渉縞が消えるだろうと主張する人もいますが、
そうすると光源も重なって、光源の光出力が0になってしまいます。

結局エネルギー保存則を破る方法はありません。

Q入力の振動数と、固有振動数と、出力の振動数の関係

入力の振動数をf1
振動体の固有振動数をf0
出力の振動数をf2とすると

振動体が自由振動をするときの
この3つの振動数の関係を教えてもらえないでしょうか?お願いします

Aベストアンサー

自由振動する場合振動体は固有振動数で振動するので出力振動数は一定だと思います。すなわち常にf0=f2

先の回答者も述べていますが、問題が間違っているような気がします。それとも自由振動の意味を問う引っかけ問題なのかな?

入力振動数が関係するなら自由振動ではなく強制振動ということになりますので問題としておかしいです。

自由振動の問題ではなく強制振動の問題なら入力振動と固有振動の関係によって、振幅がどうなるかを問う問題になるのが普通ではないでしょうか?

例えば入力振動数をf1、振動体の固有振動数をf0、入力に対する出力の振幅比をf2とした場合の関係などと

参考までにこの場合、減衰がないとすると、関係がわかるのは(共振曲線などで検索すると出てきます)
f1=f0のとき出力振幅=∞
f1<<f0(f1が極めてf0に比べて小さいとき) f2=1
f1/f0=√2のときf2=1
f1/f0>√2のときf2<1

こんなことを共振曲線を説明させたかったのに、出題ミスをしてしまったような気がします。

Q振幅の異なる2つの波では、定常波はできない??

直線上を伝わる、2つの逆向きの波(波長は同じ)が重なる場合、その2つの波の振幅が同じであれば、定常波が生じます。ではその2つの波の振幅が異なる場合は、どうなるのでしょうか。例えば、右向きに進む波Aは振幅10cm、左向きに進む波Bは振幅5cmの場合、です。私はこの波AとBとの重なりの結果として定常波はできないように思うのですが、どうでしょうか。

Aベストアンサー

MATLABによるシミュレーション。
http://www.youtube.com/watch?v=9UM707UUGRQ

赤と青の波が反対方向に進む波で、紫の波が合成波です。

#2の回答に貼られたWikiの「導入」の章にある最初の式を使えばわかりやすいかと(タイプするのが面倒なので位相は無視します)。
y1(x, t) = A1*sin(ωt-kx)
y2(x, t) = A2*sin(ωt+kx)
振幅A1とA2は異なるものとします。
合成波は、
y1 + y2
= A1*sin(ωt-kx) + A2*sin(ωt+kx)
= A1*sin(ωt-kx) + A1*sin(ωt+kx) - A1*sin(ωt+kx) + A2*sin(ωt+kx)
= 2*A1*sin(ωt)cos(kx) + (A2 - A1)sin〈ωt+kx)

第一項は、WikiにあるようにX方向に進まない定常波、それにX方向に進む(A2 - A1)sin(ωt+kx)が重なることになります。つまり、合成波は移動します(上のMATLABの波形のとおり、ぎこちない動きにはなりますが)

注)便宜的に移動と呼んでいますが、実際には波は「移動」しません。各点の振動により移動しているように見えるだけなんで、そこつっこまないでね。

MATLABによるシミュレーション。
http://www.youtube.com/watch?v=9UM707UUGRQ

赤と青の波が反対方向に進む波で、紫の波が合成波です。

#2の回答に貼られたWikiの「導入」の章にある最初の式を使えばわかりやすいかと(タイプするのが面倒なので位相は無視します)。
y1(x, t) = A1*sin(ωt-kx)
y2(x, t) = A2*sin(ωt+kx)
振幅A1とA2は異なるものとします。
合成波は、
y1 + y2
= A1*sin(ωt-kx) + A2*sin(ωt+kx)
= A1*sin(ωt-kx) + A1*sin(ωt+kx) - A1*sin(ωt+kx) + A2*sin(ωt+kx)
= 2*A1*sin(ωt)cos(kx) + (A...続きを読む

Q直接波がない多重波伝搬環境における受信信号の振幅分布の名称を答えよ。

直接波がない多重波伝搬環境における受信信号の振幅分布の名称を答えよ。
さらに、位相分布の名称も答えよ。
という問題があったのですが、振幅分布に関してはレイリー分布だと思うのですが位相分布は何という名称があるのでしょう?

また上記とは逆に直接波がある場合の振幅分布の名称は何というのでしょうか?

Aベストアンサー

レイリー分布の計算をしてみると,
振幅と位相で分離が出来て
振幅がレイリー分布で位相が一様分布になったかと思います.

直接波もある場合は,日本では仲上-ライス分布と言います.

Q固有振動数と振幅の関係

素人ですみません。
固有振動数と振幅の関係を教えて欲しいのですが、
例えば、固有振動数が小さい振幅が小さく
固有振動数が大きいと振幅も大きくなる
といったものがあるのかどうなのか?
また、無関係なのか
分かりやすく教えて下さい。

Aベストアンサー

#2の方のおっしゃるように,問題設定によるところがあります.
例えば,1つの物体を鳴らしたときは,基本振動に比べてその整数倍の高調波は振動数が高いものほど通常小さくなっていき,それらの混ざり具合が音色になります.

質問者さんの問題は多分固有振動数の異なる物体を鳴らしたときにどうかという趣旨と解釈したのですが,地震の例でも分かるように,柔らかい地盤(固有振動数は小さい)と硬い地盤(固有振動数は大きい)があったとき,震源からの距離が同じでも,地震波の周期(つまりは振動数)と近い値の方が揺れが大きくなって被害が大きくなりやすい傾向があります.
もし質問の意図を取り違っているようなら補足下さい.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報