【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

お寿司の種類について教えてください。

箱に入った大阪寿司は、押し寿司カテゴリーに入るのでしょうか?

また、巻き寿司は、押し寿司のカテゴリーに入るのでしょうか? 

しょうもない質問ですが、よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

大阪人です。



質問者の方は、いわゆる「江戸前寿司」に関しては何も訊かれてはいませんよ。

さて、おおざっぱに言えば、大阪寿司は、その作り方においては確かに押し寿司の系統でしょう。
バッテラの他に、穴子寿司、エビ寿司等ありますが、いずれも木型にすし飯を入れて具を敷き詰め、蓋をしてぎゅっと押しています。

あと、岡山に「祭り寿司」という物がありますが、これは正方形の深い木型に、何層も寿司飯と具を重ねて押した、とても豪華な押し寿司だそうです。
(そこが祭り寿司と言われるゆえんかな)

それと、雀寿司、松前寿司と言われる物は、巻き寿司と押し寿司の間と言ってもいいかもしれません。
松前寿司は、巻き寿司ぐらいのサイズの寿司飯の上に酢で締めた鯖の身を置き、布巾で巻いて手でぎゅっと押さえて作ります。
形状は巻き寿司、製法は押し寿司に近いかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう、ございます。

色々な寿司の種類も同時に教えていただき感謝、感謝です!

お礼日時:2004/01/12 12:48

全然、勘違いされてますね。



江戸前寿司ですが、元は屋台で出していたものです。ネタの日持ちをよくするために、お酢を使ったり、煮たりして工夫をしたものが江戸前になります。ですから今の刺身にわさびと酢飯の組み合わせは江戸前というより、大阪のつかみ寿司が原型でしょう。

大阪でも日持ちさせるためにお酢を使った寿司が発展しました。でも日持ちより大阪の場合、美味しく食べる為に使ったというところが微妙に違うと思います。

押し寿司でも、お店によって酢飯の塩梅が違うので分かる方にはお店が分かるそうです。

巻き寿司は、巻き寿司でしょう。押し寿司ではないです。

この回答への補足

勉強不足で、ちょっとわからないです。
(申し訳ないです)

江戸前寿司は一般によく目にする握り寿司のことですよね。

江戸前寿司のことではなく、鯖寿司や柿の葉寿司などの押し寿司と大阪にある箱に入った大阪寿司は、カテゴリーとして一緒なのかどうか、とちょっと疑問に思ったのです。

どちらも作るときに押すという作業があるので。。。


巻き寿司の件はありがとうございます。参考になりました。

補足日時:2004/01/12 00:32
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q押し寿司の「笹の葉」を保存する方法を教えてください

 みなさん、こんばんは。いつもご丁寧に回答してもらい、ありがとうございます。

 さて、昨日押し寿司の駅弁(富山駅のますのすし)を食べたとき、とてもよい香りのするクマザサ(笹の葉)がついていました。

 それを利用して、自宅でも押し寿司をつくろうと思い持ち帰りました。そして、水洗いして水分をふき取って乾かすと、今朝にはもう、水分が全部とんでしまってしわくちゃになっていました。

 笹の葉を保存する方法があれば教えてください。しその葉のように、葉の元を水につけているのが良いのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

笹の葉は、冷凍保存です。
私は笹寿司圏の当地生産者ですが、6月~7月くらいの当年の新葉で、やわらかく香りのよい季節に沢山収穫して10枚~20枚まとめてぎっちりラップをし、新聞紙などでくるんで冷凍するのが一般的です。
勿論すぐ使えるようによく洗って、ふいてからです。(これがたいへん)

解凍は、常温でもいいですが、熱いお湯にさっとくぐらせると香りが戻り色も鮮やかになります。

ちなみに私は真空パックを使い、冷凍します。
ついでですが、笹団子、チマキも作りたてを冷凍し、凍ったままふかし直してやると、笹の香りも素晴らしく再現できますよ。

常温保存の業務用の笹は使いやすいですがコストもかかり香り色ともそれほどではありまん。自分で収穫できるなら冷凍が一番です。


人気Q&Aランキング