出産前後の痔にはご注意!

個人で小切手を使用するのはどんな時でしょうか、またどのようにすれば使えるのでしょうか?アメリカではパーソナルチェックが一般的によく使用されているようですが、ほぼ仕組みは同じでしょうか?もし、そうだとすればアメリカではよく使用され、日本ではあまり使われないのはどうしてでしょうか?

A 回答 (3件)

日本の場合小切手を使えるようにするには。


1)銀行で当座預金口座が必要です。
2)当座には利子が付きません。
その口座に一定の金額が毎月無いといけません。
3)架空小切手連発されると困るので、銀行との取引実績を積み、業務内容を有る程度銀行が把握していないと口座を開設させてくれません。

つまり個人では使えないのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。3)の内容から、日本では個人で使うことはないことがわかりました。でも当座預金は納税でも使われますよね?あれも個人の税金を納める時には使われないのですか?

お礼日時:2004/01/12 20:29

治安の問題だと思います。



今でこそ日本も、強盗などの凶悪事件が毎日のように新聞に載っていますが、銀行自体が個人の当座取引を普及させようと思っていないので、個人で利用する事は無いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。個人の当座取引は銀行にメリットがないし、国民も特に望んでいないのですね?

お礼日時:2004/01/12 20:33

銀行の窓口に行って、「当座を開きたい」と言えば、


全て理解できると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2004/01/12 02:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q預金小切手について(三菱東京UFJの場合)

当日に発行してもらえるものですか?
ちなみに預金小切手とは関係ありませんが、一日におろせる限度額は決まっているのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

●「銀行振出小切手(預金小切手)」は、即日窓口で、発行してもらえます。

手数料は、1枚840円です。

一日あたりの、金額制限は、ありませんが、「200万円(または、相当額)以上の場合」は、法規の定めるところにより、「本人確認書類」が、必要です。

http://www.bk.mufg.jp/tesuuryou/toritate.html

また、くわしくは、こちらを。(関連質問です。)

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2122658

Q「普通預金」と「当座預金」個人でも当座預金できますか?その使い方は?

こんにちは。
最近ネットバンキングをはじめました。
気になったのが、「普通預金」と「当座預金」という
預金の種類が選択できるということです。当座預金は以前、
簿記の基礎を勉強して少し学んだだけです。
質問は、個人で当座預金をすることができるか。また、
そのメリットは?というものです。
アメリカなどでは、当座預金から小切手の使用分が引かれる
という話しを聞きます。日本も同じようになっていくのでしょうか?

Aベストアンサー

もと銀行員です。

当座(「当座預金」は通称です)の口座開設については、私の

http://odn.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=886772

の過去回答をご参照ください。一般に当座は、商用目的のものです。しかし、個人でも可能は可能です。審査というか条件がかなり厳しいのは、ほかの方のご回答どおりです。

一時(数十年前。私の在職当時)、各銀行が競って「個人当座」と通称する口座開設を顧客に勧めて、これの普及を図ったことがありました。最近のように「振り込み」という制度が手軽にできない時代だったので、個人が細かな支払い(例えばアパートの家賃、新聞代)に小切手を使いました。現金で支払って領収証を受け取っても、それをなくすと支払った証拠がなくなりますが、小切手だと記録が残るので、トラブルが生じない、といったメリットがありました。

このメリットは、現在でも同じですが、実際には、振り込み、(普通預金などの口座からの)自動引き落としなどの制度が普及していて、小切手にこだわる必要も無いでしょう。

上記の個人当座は、結局、細かい金額で手数がかかると言った、銀行側のデメリットが大きく、自然消滅しました。もっとも、当時これを開設して、解約してなければ、それはこんにちまで継承されていることになりますが・・・。

個人で小切手を振り出したい(その必要がある)というのでしたら、郵便局の「郵便振替口座」の開設をお勧めします。開設に当たっての書類はいくつか必要かと記憶していますが、簡単に開設できます。開設に当たって、手数料50円(私が開設した30年ぐらい前の金額ですが)が必要です。

これを開設できたら、こんどは郵便振替口座の「小切手口座」を開くことができます。保証人などを必要としますが、銀行のように厳しい審査はありません。

郵便局の郵便振替の小切手口座のメリット。それは、小切手帳(小切手用紙をつづって冊子にしたもの)が無料で受け取れます。

小切手帳が有料(日本の銀行の場合)か無料かはともかく、小切手を使ったから費用がかかるということは、外国でも無いと思います。ただ、一定金額の残高がないと、手数料が差し引かれることは(国によっては)あります。「常にxxドル(あるいはユーロなど)以上の残高」をおかないと手数料を徴収される場合、「月間の平均残高がxxドル以上」を必要とする、などいろいろあります。日本の銀行でも、このようなことが検討されている、といった情報に接したことがあります。もちろん当座の場合です。普通預金にはこのような制約が課せられることはないでしょう。

参考URL:http://odn.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=886772

もと銀行員です。

当座(「当座預金」は通称です)の口座開設については、私の

http://odn.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=886772

の過去回答をご参照ください。一般に当座は、商用目的のものです。しかし、個人でも可能は可能です。審査というか条件がかなり厳しいのは、ほかの方のご回答どおりです。

一時(数十年前。私の在職当時)、各銀行が競って「個人当座」と通称する口座開設を顧客に勧めて、これの普及を図ったことがありました。最近のように「振り込み」という制度が手軽にできない時代だったの...続きを読む

Q小切手の現金化に関する初歩的質問

会社もしくは個人で受け取った小切手を現金化した経験がありません。
ネットで少し調べましたが不明な点がありましたので以下の質問をします。

(1)銀行で現金化する時に手数料はかかりますか?(海外の小切手は対象外とします)
(2)現金として銀行窓口で受け取る事はできず、会社の場合は当座預金口座、個人の場合は普通預金口座に入金されるのですか?
また、入金されるまでのおよその時間を教えて下さい。
(約30位の待ち時間とか当日中とかでOKです)
(3)小切手を紛失した場合、第三者に現金化されないように、よく手書きで横線を引いてるのを見かけますが、何故最初から小切手に横線が印刷されてないのでしょうか?
(4)小切手は譲渡できるようですが、裏書きのような手続きが必要ですか?
(5)振出日の翌日から起算して、10日目までに現金化しなければならないそうですが、それ以降振出人が銀行に対して支払委託の取消しをしなかったら、小切手は無効となるのでしょうか?

実際に経験すればわかる事でしょうが、細かい質問ですみません。

Aベストアンサー

(1)銀行で現金化する時に手数料は全くかかりません。
(2)小切手は当座でも普通預金でもその口座に入金すると考えます
指定の口座に小切手を持参して入金依頼すると預金したように
金額が打ち込まれ残高が増えます、今日の3時までに入金すると
相手に明日取立てが発生しその口座に相手が入金すれば、
明後日の朝入金口座から引き出せます。
残高があっても明日は引き出せません。
(3)横線を引く(=銀行渡りにする)と言いますが、銀行に
入金しないと現金化出来ません、例外として、小切手に
表と同じ印鑑を裏にも押すと横線無効となり小切手発行
銀行に持ち込めばすぐ現金化してくれます、もちろん
振出人了解のもとに現金化する訳ですので、口座に入金
しなくても良いのです。
後で横線を引くあるいわ(銀行・BANK)等と書かれたスタンプを押すのは
振り出しを再確認する意味があると思います。
(4)譲渡は勿論可能です、持ち込んだ(入金した人)に請求権があります。
手形のように裏書という制度は無いのですが、銀行では持ち込み人に
名前を書かせる場合があります、後で持ち込んだ人を振出人が
確認する場合に使われます。
(5)小切手には日付をいれますが、原則なくても有効です、入金
する時には日付をいれさせます、日付は振出人が取立て日を
確認するために最初から入れるのが普通です、その日の1日か
2日前に入金するのが一般的ですが、振出人から指定される場合が
あります、期日後でも原則有効ですがトラブルを避けるため
銀行は期日後の入金を断ります、期日後は日付の訂正印が必要ですが
基本的に相手さえ了解すればいつでも現金化出来ます。
一度振り出した小切手はよほどの理由が無ければ無効化出来ません、
信用にかかわりますので、取立てが相当遅れた場合相手に
詫びと了解を求めるのは、礼儀です。

(1)銀行で現金化する時に手数料は全くかかりません。
(2)小切手は当座でも普通預金でもその口座に入金すると考えます
指定の口座に小切手を持参して入金依頼すると預金したように
金額が打ち込まれ残高が増えます、今日の3時までに入金すると
相手に明日取立てが発生しその口座に相手が入金すれば、
明後日の朝入金口座から引き出せます。
残高があっても明日は引き出せません。
(3)横線を引く(=銀行渡りにする)と言いますが、銀行に
入金しないと現金化出来ません、例外として、小切手に
表と同じ印鑑...続きを読む

Q不動産の現金決済を小切手で

売りにだしていた中古住宅に買い手が付きました。購入者は現金で決済するとのことで、仲介を頼んでいる不動産屋で会い、小切手と引き換えに権利証など書類を渡すことになるそうです。司法書士も同席し、決済するそうです。

実は我が家も一年前に不動産を現金で買いましたが、その時はうちのメインバンクで売り手と会い、司法書士が同席して、うちの通帳から相手の通帳へ預金が移ったのを確認して書類を受け渡しました。(売り手は不動産業者でした)今回の買い手は個人です。

今回は相手の方が小切手で決済というのですが、小切手が偽とか何かそんなリスクは心配しないでいいのでしょうか?手付金とかは無しで、2週間後に全額一括決済ということです。

小切手決済は100万位なら経験あるのですが、それ以上の大きなお金は経験がなく少し不安です。

大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

不動産で言う小切手というのは、自己宛小切手というもので、預金口座から現金を引き出し、それを小切手に代えて銀行の支店長名で発行される小切手なので、残高が不足して割れないということはありません。
売主に担保権の設定など無い場合は、用いられる事も珍しくありません。
利点としては、金融機関以外の場所でも安全に取引出来る事と現金の数量確認の必要が無いことです。
欠点としては、発行した支店に持ち込まなければ、即日現金化が出来ないこと。別の支店や銀行へ小切手入金すると交換、現金化まで2日要します。
詐偽に関しては、不動産売買の場合は売主に成りすますパターンがほとんどです。法務局に申請して登記完了まで時間を要しますので、偽物の小切手だと銀行にバレる方が早く、物件を搾取することが、実務上むずかしいからです。

しかしあくまで一方的ではなく協議して決める事ですから、嫌ならば金融機関で現金による受け渡しで、最低限銀行窓口で質問者さんの口座への振り込み手続きで処理する事も可能です。同一銀行へ両者が口座を持たない限り、通帳入金は出来ません。
仲介人へご相談下さい。

不動産で言う小切手というのは、自己宛小切手というもので、預金口座から現金を引き出し、それを小切手に代えて銀行の支店長名で発行される小切手なので、残高が不足して割れないということはありません。
売主に担保権の設定など無い場合は、用いられる事も珍しくありません。
利点としては、金融機関以外の場所でも安全に取引出来る事と現金の数量確認の必要が無いことです。
欠点としては、発行した支店に持ち込まなければ、即日現金化が出来ないこと。別の支店や銀行へ小切手入金すると交換、現金化まで2日...続きを読む

Q会社名の後につくInc.とは?

こんにちは。
会社名の後につく、Inc.とは、どういう意味でしょう?会社の法的な位置付けをあらわしていると思うのですが、実際の所どうなんでしょう?1.日本語でどういう意味か、2.英語の原型はどういうかたちか。教えて下さい。


ちなみに、co.,ltd.はcompany limited か、または、cooperation limitedで、株式会社(有限責任)の意味ですよね??


回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

inc.は
incorporated の略で
「一体化した,法人組織の」の意味だそうです。
「有限責任の」の意味もあります。

映画「モンスターズ・インク」のインクもこれですね。

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む


人気Q&Aランキング