11月2日に2人目を出産しました。子供は無事に生まれましたが、今回はガン検診で1期、卵巣脳腫とその卵巣に腫瘍、子宮頚部にポリープと言われました。ガンの結果は、特に今は問題ないということでした。卵巣の腫れの方も前回の妊娠もなりましたが2回とも小さくなったので切除はしませんでした。子宮頚部のポリープは妊婦検診の時に「破裂しそうだったから結んでおいたから」と緊急に治療されました。そしてその後、出産までむくみ以外は順調だったので、すっかり忘れていました。しかし産後の悪露が終わったと思ったら、頻繁に不正出血をするようになったので、(ちなみに色はピンクっぽく、量はかなり少量です)心配になって「家庭の医学」で見てみました。すると、状態としては「子宮頚部のがん」に一番当てはまっていたのでビックリしました。
今アレルギーの治療で漢方を飲んでいます。そこの先生に相談したら、「とりあえず1ヶ月位基礎体温をしっかりつけて、それからガン検診を受けても遅くはないし、それより今は貧血とむくみも治さないと」と言われました。今日から出来ることは、まず基礎体温をつけることと、体をとにかく温めること・・と思って初めていますが、ちょっと心配なのはそのガン検診から半年以上たっていることです。半年で進行はしますか?もし進行して、2期目に入っていればどんな症状がでますか?また、前回の妊娠の時にはただ「卵巣が腫れている」。でも今回の妊娠では「卵巣脳腫」と。この2つの違いは何ですか?あと、甲状腺の検査でも「産後に異常がでるかもしれません」と言われました。婦人科と甲状腺はどう関係があるのかもよく分かりません。(おととい不正出血の後から、なんか喉も腫れています。関係あるの?)とにかく自分もあまり知識がないのでよく分からなく不安です。ここまでの症状で、どなたか分かることがあれば何でも教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

むくみ とは」に関するQ&A: 全身むくみとこむらがえりについて。 私は、検査員の仕事をしていて、休憩以外は、朝8時から夜7時まで、

A 回答 (2件)

こんにちは。



子宮頚ガン細胞診の結果ですが、私も#1さんが書かれているように1期、2期ではなくて「クラス1、クラス2」の勘違いではないかと思いますよ。クラス1とクラス2は正常です。クラス3からは3aと3b があって軽度の異常を指します。なので「ごく普通の健康診断として定期検診をこれからもしましょうね」と言うだけです。安心して下さい。
出産から2ヶ月過ぎたばかりでは、ホルモンバランスももどらなくて普通ですよね。そのための不正出血なのか、ポリープが影響しているのか、次に診察を受ける時に相談してみられたらいいと思いますよ。

あと卵巣嚢腫に関してですが、卵巣にできる腫瘍のうち癌を除く良性の腫瘍ぜんぶを「卵巣嚢腫」と言います。その種類はとても多くて、子宮内膜症のチョコレート嚢腫もその一つだし、水が溜まっているだけのもの、嚢腫の中に髪の毛や歯が入っているようなものもあります。「いずれもエコーで見れば卵巣が腫れている」と説明されると思いますよ。
inaki-teiさんの場合は、前回も今回も妊娠時に腫れて、特に処置しなくてもその後自然に小さくなっているので、妊娠時のホルモン刺激で卵巣が腫れてしまう「ルテイン嚢胞」と呼ばれるものかも知れませんね。これだって、あまりに大きく腫れた時などは卵巣の茎捻転の恐れがありますから、妊娠中であっても卵巣に針をさして嚢腫の中の液体を吸い出す処置をすることもあります。
いずれにしても良性なのでご心配はないと思いますよ。

ルテイン嚢胞
http://www.ladys-home.ne.jp/faqsite/ans-files/FA …

参考URL:http://www.shufutomo.com/clinic/backnumber/20030 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく説明していただき、ホントにありがとうございました。ちょっとホッとしてます・・

お礼日時:2004/01/12 10:56

#1子宮頚癌の細胞診はクラス1から5まであって1と2は正常ですから、子宮頚癌は1年毎の検査となるでしょう。


#2頚管ポリープは良く妊娠中に充血して飛び出してくるのですが、お産でとれることが多いので、出血は卵巣機能がまだ十分でない無排卵性出血か胎盤の残りでしょうか?
#3甲状腺は産後の6ヶ月に機能亢進あるいは機能低下を妊婦では起こしやすいので血液で経過を追う必要があります。一過性が多いはずですが。

この回答への補足

なるほど。すばやい回答ありがとうございます。ちなみに
子宮ガンや他の婦人科系ガンの場合の1期だと、どうなりますか?後、生理がすでに再開したのですが、それでも無排卵性出血って起こるものですか?是非参考にしたいので教えてください。お願いします!

補足日時:2004/01/12 10:20
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前立腺癌の転移

前立腺癌は骨に転移すると聞きました。
骨に転移した癌細胞は内臓にも転移するのでしょうか?

Aベストアンサー

>もし骨に転移後→臓器転移という進行も考えられるということでしょうか?
あり得ます。
前立腺癌の手術後、骨転移で再発し、その後に肺転移が出現した場合。
骨転移から肺に転移した可能性が考えられますし、検査で検出できない微小な転移が以前からあったという可能性も考えられます。
これらはどちらとも言えないので、両方ありうると考えるのが妥当だと思います。

>骨転移とリンパ転移は違うというのも聞いたことがあります。リンパ転移→臓器転移と考えるべきでしょうか?
最初にがんができた部位から他部位へ転移する場合、血管を経由して転移する血行性転移とリンパ管を経由して転移するリンパ行性転移があります。骨転移は血行性転移と言われており、リンパ節への転移はリンパ行性転移と言われています。しかしながら、リンパ管は最終的に血管と合流するために、リンパ行性転移がリンパ節以外に転移しないかと言われれれば、Noとなりますが、臓器転移の主たるものではないと思います。やはり臓器転移は血行性転移が主だと言えます。
それゆえに、厳密に言えば間違いかもしれませんが、「リンパ転移→臓器転移と考えるべきでしょうか?」の問いにはNoとなるでしょう。リンパ(行性)転移はリンパ節転移で、臓器転移は血行性転移と考えるのが主だと思います。
分かりにくい文章ですみません。

>もし骨に転移後→臓器転移という進行も考えられるということでしょうか?
あり得ます。
前立腺癌の手術後、骨転移で再発し、その後に肺転移が出現した場合。
骨転移から肺に転移した可能性が考えられますし、検査で検出できない微小な転移が以前からあったという可能性も考えられます。
これらはどちらとも言えないので、両方ありうると考えるのが妥当だと思います。

>骨転移とリンパ転移は違うというのも聞いたことがあります。リンパ転移→臓器転移と考えるべきでしょうか?
最初にがんができた部位から...続きを読む

Q私の場合、子宮ガン検診は必要?気になります

33歳の独身OLです。仲の良い友達(同級生/独身)が、以前から生理痛がひどいということで婦人科で検診したところ、子宮筋腫が見つかったようで大変ショックを受けていました。彼女の事を実家の母に話したところ、「あなたもすぐに検診に行きなさい。年齢が年齢だから子宮ガン検診をしなきゃだめ!!お母さんは心配だわ」と強く言われました。実はお恥ずかしい話ですが、私はこの年まで性交経験がないので、ほぼ100%子宮ガンの可能性はないので、検診しても無駄?又はしてもらえないかも?と思うのです。ただ子宮筋腫については性交経験は関係ないという事なので、検診をしなければと思うのですが・・・。子宮ガン検診の際に筋腫が見つかることが多いらしいので、がん検診を受けてみるべきか?とも思うのですが、私のような場合はどうすれば良いのでしょうか?お詳しい方、是非教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

子宮ガン検診はどこのクリニックでも病院でもやってくれますよ。(お金が欲しいから)
子宮ガンには子宮頚癌と子宮体癌があり、通常子宮ガン検診といえば子宮頚癌の検診です。そこで何か問題があれば、子宮体癌の検診もすすめられます。

言われるとおり子宮頚癌は性交によるウィルス、HPV(ヒトパピローマウイルス/人の身体に乳頭腫というイボをつくるウイルス)の感染が原因と考えらていて、妊娠出産回数の多い人に多く発症します。アメリカでは17歳から自主的に婦人科検診を毎年実施するよう教育しています。

逆に子宮体癌は女性ホルモンのなかの卵胞ホルモン(エストロゲン)に関係し、閉経前後~以降、あるいは妊娠経験のない人に多いと言われています。

子宮筋腫は誰でもありますので、(それが大きいか、小さいか、多いか、少ないかの違いです)特に不正出血などがなければ、すぐに手術をしなくても大丈夫です。

性交がない場合は子宮体癌になる可能性もあるので、受診されたほうがいいです。(恋愛をしていないということはエストロゲンが少ないということですから)

検診の場合は健康保険が効かないので全て自己負担になりますが、自治体で実施している場合は無料です。よく市報や区報に掲載されています。初めてであれば、女医さんのクリニックがいいと思います。

子宮ガン検診はどこのクリニックでも病院でもやってくれますよ。(お金が欲しいから)
子宮ガンには子宮頚癌と子宮体癌があり、通常子宮ガン検診といえば子宮頚癌の検診です。そこで何か問題があれば、子宮体癌の検診もすすめられます。

言われるとおり子宮頚癌は性交によるウィルス、HPV(ヒトパピローマウイルス/人の身体に乳頭腫というイボをつくるウイルス)の感染が原因と考えらていて、妊娠出産回数の多い人に多く発症します。アメリカでは17歳から自主的に婦人科検診を毎年実施するよう教育して...続きを読む

Q癌の転移・再発について

よく癌の転移と言いますが、一般的にどのような状態になったことを転移と言うのでしょうか?
例えば大腸癌の場合術後の再発とは一般的ににどのような状態なのでしょうか?

Aベストアンサー

癌の転移とは一般的に、原発腫瘍の位置から離れた体の部位に腫瘍が新生することを言います。
リンパ行性転移と血行性転移があります。リンパ節転移では、大腸癌であれば、まず癌の近くの大腸周囲のリンパ節に転移して、次第にリンパ管を通って大動脈周囲のリンパ節へ転移していきます。
血行性転移では血液の流れにのって、がん細胞が全身に運ばれますが、大腸の血流は大部分がまず肝臓へ運ばれるので、がん細胞は肝臓に引っかかり肝臓にしこりを作ります(肝転移)。大腸癌でも直腸癌では、肝臓を経由せずに肺へ直接流れる静脈があるので肺転移が比較的多くなります。それ以降の転移はがん細胞が動脈によって運ばれて全身どこにでも転移することが考えられますが、肝臓、肺以外では脳、骨などに多くみられます。
術後再発という場合、転移再発と局所再発に分けて考えます。
転移はこれまで述べたことですが、手術時点ですでに目では見えないがん細胞が遠隔転移(大腸およびその周囲の所属リンパ節以外の臓器への転移)していたが、CTなど画像で分かる大きさになっていなかった、ということが大部分と考えられます。その他の可能性としては、手術操作の影響でがん細胞が押し出されて血流で他臓器へ飛んでいった、ということが想像されます。
大腸癌の最も多い局所再発は大腸を切って縫い合わせた部分(吻合部再発)、大腸癌のあった周囲の再発です。
そのほか進行大腸癌では癌性腹膜炎という、お腹の中(腹腔)全体にがん細胞が再発する状態が多く見られます。
どのような形の再発であれ、抗癌剤、手術、放射線療法あるいはそれらを組み合わせた治療が行われます。

癌の転移とは一般的に、原発腫瘍の位置から離れた体の部位に腫瘍が新生することを言います。
リンパ行性転移と血行性転移があります。リンパ節転移では、大腸癌であれば、まず癌の近くの大腸周囲のリンパ節に転移して、次第にリンパ管を通って大動脈周囲のリンパ節へ転移していきます。
血行性転移では血液の流れにのって、がん細胞が全身に運ばれますが、大腸の血流は大部分がまず肝臓へ運ばれるので、がん細胞は肝臓に引っかかり肝臓にしこりを作ります(肝転移)。大腸癌でも直腸癌では、肝臓を経由せずに肺...続きを読む

Q子宮内膜ポリープの手術費用について

子宮内膜ポリープの手術を受けた方に質問です!

旗の台にある大学病院で子宮内膜ポリープの手術を受けることになったのですが、入院は2泊3日で、費用は20万かかると言われました…。

全身麻酔の為、2泊3日の入院が必要だということです。
掲示板を見ると、日帰りの方もいて、驚いてます ><;

また、費用も4万前後とか…。
ポリープの個数によって、費用が異なるのでしょうか?…私は、12個とる予定です。

子宮内膜ポリープの手術を受けた方、実際、何日かかって、費用がいくらだった教えて下さい m(_ _)m

Aベストアンサー

私は日帰りで1万4千円ほどでした。子宮内にできたポリープは1つでしたが、
3cmの大きなものでした。比較的取りやすい位置にあり、開腹せずに済んだみたいです。

hoyohoyo15さんの場合12個もあるということで、おそらく開腹するのでは無いかなと思います。(不安にさせてしまったら申し訳ないです)

どうしても納得いかない場合は、他の婦人科の診察も受けて意見を聞くというのもアリだと思います。

私の友人も、違う婦人科で診察をうけ、自分にあった対応をして頂けたそうなので。

もし、どうしても手術が必要なら、手術費はかなりの出費ですが、
保険などには入っていないのでしょうか?

入ってらっしゃる保険に婦人病等の項目があれば、対応して貰えると思います。
セットで入ってる場合、気づかない事もありますのでチェックしてみて下さい。

お役に立てたかわかりませんが、早く症状が回復されることを望んでおります。

Q胸腺癌の肺転移

 胸腺癌(扁平上皮癌)の外科切除後、化学療法は行わず、2年経過しました。その2年後の定期監視のCT検査で、肺の中に5ミリ程度の肺転移が確認され、それ以外にも複数ありそうです。

 肺転移ということは血行型と考えられ、全身に転移する可能性が高いことから、外科手術は見送り、腫瘍の増大を見ながら、抗癌剤を投与することになりました。

 肺に転移すると今後どのような症状がどれぐらいの期間で発生しますか。
 がん細胞の増殖速度は、原発部分で局所再発した後と別の部位に転移した後ではその速度は違うのでしょうか。肺転移すると、肺癌と同じような増殖速度になるのでしょうか。

 胸腺癌に確立された標準治療はありませんが、肺転移となると肺癌の治療法や薬の選択肢も増えるのでしょうか。(誤解かも?)

 このような状況でも、今から検討に値する治療法は何かあるのでしょうか。
 どうぞ、ご教授ください。

 
  

Aベストアンサー

#1です
>乳がんから肺・肝臓に転移されたようですが

ごめんなさい 言い回しが変で通じませんでしたね
(私のように「肺・肝臓あたりに転移してから」が普通らしいですが の部分)

乳がんからは『肝臓や肺に転移してから骨転移』が普通だと主治医が言っていました

が 私は肝臓や肺に転移がなくて 骨転移のみです
(腫瘍マーカーが怪しくなってきたので 検査中ですが)


ですので 
『肺に転移すると今後どのような症状がどれぐらいの期間で発生しますか。』には回答するのは無理 神様くらいしか判る人は居ないだろう_ と 書いたつもりでした。

私が今後骨以外に転移しても 「末期だから」ということになって
緩和ケアに入ると思います…
ただ現在は不便なことが多いだけで 痛くないので…
経口抗がん剤でしのいでいますけども。

Q子宮ガンの手術について

母の子宮にガンが見つかりました。
早期発見で助かりましたが、先日病院に行ったところ。
「難しい手術」
「助かる人もいる」

といわれたそうです。
それほどまでに難しい手術なのでしょうか?
不安で夜も眠れません。

Aベストアンサー

「助かる人もいる」を信用するならば、かなりの進行がんであることか、特殊ながんであることが想定されます。
「難しい手術」を信用するならば、特殊ながんよりも進行がんであることのほうが考えやすいです。

これ以外の要因を考えるとしたら、心臓が悪いなどの基礎疾患をいくつか持っているのではないかということも考慮されます。質問分に記載がないので判断できませんが。

やはり本当に早期発見なのか疑問です。

Q大腸癌から肺に癌が転移し医者から多発性転移癌の事 2回 手術しましたが両肺に転移し、しかも肺の中心部

大腸癌から肺に癌が転移し医者から多発性転移癌の事
2回 手術しましたが両肺に転移し、しかも肺の中心部
に癌が多数あるとの事 手術不可能と医者から宣告があり、今の所 抗ガン剤 放射線の治療は受けていません。副作用が怖くて 一歩踏み出せません。
今の所、日常的に痛みも無く 生活をしています。
発症して 2年 経ちます。

Aベストアンサー

私も何時もメキシコの爺ちゃんのご意見を参考にさせて頂いて居ます。
今回メキシコの爺ちゃんの奥様の闘病生活が詳しく分かり、とても参考になりました。抗がん剤は拒否されたのですね。そうして最初45mmの癌が11mmに!
この3年間に何が奥様に起こったのでしょう?

ご質問者の欄に変な質問をして、とても申し訳ありません。しかしそれを聞くことがご質問に取っても良いことだと思います。

私は基本的に副作用や苦痛の生じる癌治療はしない方が良いとの考えです。その副作用や苦痛で寿命がちじまったり癌が大きくなる事があるからです。手術や抗がん剤は避けるべきです。

副作用のないサプリメントや遠赤外線等が良いと思っています。

Q子宮筋腫って健康診断の婦人科検診でわかるものですか?

先日友人が「子宮筋腫が出来てた」と言ってきました。鍼灸に行ったら「お腹に塊がある、子宮筋腫かもしれないから病院で診てもらった方がいい」と言われ、病院に行ってみたら、案の定筋腫があり、それが15センチX10センチ位で「赤ちゃんの頭くらいある」と言われたそうです。本人は「こんな事なら会社の婦人科検診を受けておけばよかった」と悔やんでいましたが、婦人科検診で子宮筋腫までわかるもの?? うちの会社の婦人科検診は子宮がんと乳がんの検査(どこもそうなのかな?)になります。友人は内診するんだからわかるはず、と言いますが・・・。友人の話しを聞いて私も不安になり、子宮筋腫を一度きちんと調べたいのですが、もし会社の検診でわかるなら病院にいかなくてもいいし、でもやっぱり検診ではわからない気もするし・・・・。誰か教えて下さい。

Aベストアンサー

私も大きい子宮筋腫の持ち主でした。osakana kiraiさんのお友達と同じくらいです。どうやら10数年育てていたらしいです。今4人に1人は「子宮筋腫」ってあるらしいですよ。
30歳超えないと婦人科検診ってないじゃないですか?生理痛も最初からひどかったし、わかりませんでした。
しかし、風邪をひいて普通の開業医(内科)でおなかを触っただけで「もしかして子宮筋腫かおめでたかも?」と言われました。
会社の検診だったらわかりますよ。
「30歳過ぎたら婦人科検診」と言いますが、それよりも前に定期的に検診には行っていた方がいいかもしれないですね。
今私が行っている定期検診は「内診」「組織検査(悪性か良性かの区別)」「血液検査」しています。

Q癌の転移について

胆管癌の場合、転移するとしたら場所などはある程度決まっているのでしょうか?
食道や胃に転移する可能性はありますか?

Aベストアンサー

可能性としては浸潤として転移する場合と、リンパ節転移があります。
浸潤は文字通り胆管癌の周辺臓器に浸み込むような転移です。
肝臓、膵臓、十二指腸、胃などが隣接しています。
リンパ節は体中にリンパが張り巡らされていてリンパを介して転移します。
好発部位は肝メタ、肺メタ、脳メタなどが代表的です。

Q足のむくみ

施設にしばらく入所させている祖父のことなんですが。

家にいた時や、デイサービスやショートステイに出していた時はそんなことなかったんですが、
最近急にすごく足がむくんでしまっているんです。
「足がむくんで靴がはけなくなってしまったので、少し大きめのサイズを持って来て下さい」
と施設の人から電話があり、28cmの靴を持っていったんですがそれでも入らないほどバンバンです。
車椅子をよく使うからだと説明を受けましたが、
他の入所者でそんなすごい足の人は見掛けません。
むくみのひどいのは足だけで、上半身は何ともなっていないのでそうなのかなあとも思うのですが、
ちょっと気になりまして...。

実際そういう状態のことはよくあるのでしょうか?
どこか別に悪いところがあるということは考えられないでしょうか?
本人には、痴呆の為に自分の体調を説明するだけの能力がもうありませんので...。

普段からそういう方と接している施設の職員の方々にひろく意見をお聞きして、
よくあることだという意見がお寄せいただければ安心できるかな、
と思いましたので質問させていただきました。
お時間のある時で結構ですのでよろしくお願い致します。

施設にしばらく入所させている祖父のことなんですが。

家にいた時や、デイサービスやショートステイに出していた時はそんなことなかったんですが、
最近急にすごく足がむくんでしまっているんです。
「足がむくんで靴がはけなくなってしまったので、少し大きめのサイズを持って来て下さい」
と施設の人から電話があり、28cmの靴を持っていったんですがそれでも入らないほどバンバンです。
車椅子をよく使うからだと説明を受けましたが、
他の入所者でそんなすごい足の人は見掛けません。
むくみのひどい...続きを読む

Aベストアンサー

onemoretimeさんのご説明の内容や文章の書き方から想像しますと、おじい様は80歳を過ぎていらっしゃる年齢でしょうか?(想像しすぎ?)ともかく一般的な高齢者ということで書きます。

年齢的に、全身的に身体機能が低下します。特定の臓器(おじい様の場合、心臓や腎臓)の機能低下が目立ってくると、むくみは生じやすくなります。その部分に既往歴があれば、当然出てくる症状だと思えます。
むくみは血液循環が悪い場合、心臓に遠いところから症状が出やすいです。また、体の中の栄養分のアンバランスでも(栄養分の吸収能力が落ちますし、貧血によっても)むくみは生じます。ですが、高齢ですので「ここが悪いからここを治療しよう」という感じではなく、どちらかというと「年齢的に仕方ない」という感じは否めません。

ただですね、おしっこの量が少なくてそういったむくみが出る場合は、腎臓の機能が低下していると考えられます。医師が診察する機会があれば、利尿剤などでたまった水分を排泄させたり、点滴などで栄養状態の改善を検討します。ですがそれによって、点滴を自分で抜いてしまうおそれとか、ベッドから離れる機会が減る可能性がある(点滴による束縛感、扱いにくさ)などもあり、必ずしも適切な解決方法と言えるかどうか微妙です。痴呆があるのならば余計、点滴を自分で抜いてしまって出血・刺した部分からの感染なども危惧されます。さらに、点滴を安全にするために、自分で抜かないように紐で手足を縛られてしまうことも往々にしてあります(説明が飛躍してますが)。

個人的な見解ですが(短い文面から察するだけなので確実ではありません)、無理に靴をはかせるのは良くないし、その必要もないかと思います。車椅子に乗せてベッドから離れる必要性はありますが、ご自身で歩けないのであれば、ゆるめまたはくるぶし丈ソックスやルームシューズ、それより裸足でもいいし、掛け物を掛けて保温すればいい。
車椅子に乗せることにはそれなりの意味はありますが、むくんだ足を一番下の位置に長時間置くことがデメリットになることもあり、足を下げずに(車椅子によっては膝を伸ばした状態で載せられるタイプ)ベッド以外の景色を見せるという方法もあります。これは施設によって設備の問題ですので、施設に相談するか個人用としてレンタルまたは購入して使うなど(話が広がりますが)。

現状で考えられることとしては、むくんだ部分のマッサージと言うよりは、
*膝や股関節を動かして血液循環を促すこと、
*定期的にむくんだ足を枕などで高く置くこと、
*むくんだ部分は傷や床ずれになりやすいので清潔にしたり、ぶつけて傷を作らないように注意すること、
でしょうか。ご自分やご家族が通って出来る方法ではありますが、おそらくそれでむくみが解消とはならないでしょう。少しでもおじい様がラクになったり、むくみがひどくならないような対応方法です。

最後になりましたが、足の部分だけ異様にむくむケースは少なくありません。今後、ふくらはぎまで及ぶ可能性もあると感じます。むしろ、むくみより床ずれが心配です。特にむくんだ部分のカカト、他にもお尻の下や背中(背骨がベッドとあたりやすい位置)も。痴呆があっても、床ずれの痛みは感じるようなので、長時間同じ姿勢を避けて、床ずれが出来なければ良いなぁと思います。

onemoretimeさんのご説明の内容や文章の書き方から想像しますと、おじい様は80歳を過ぎていらっしゃる年齢でしょうか?(想像しすぎ?)ともかく一般的な高齢者ということで書きます。

年齢的に、全身的に身体機能が低下します。特定の臓器(おじい様の場合、心臓や腎臓)の機能低下が目立ってくると、むくみは生じやすくなります。その部分に既往歴があれば、当然出てくる症状だと思えます。
むくみは血液循環が悪い場合、心臓に遠いところから症状が出やすいです。また、体の中の栄養分のアンバランスでも...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報