ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

個人が保有していた金(Gold)を
貴金属商などで買取ってもらった場合の税の関係で、
参考の意味で具体的に知っておきたい点がありまして、
よろしくお願いいたします。

そもそもは物品の商いでしょうから、
売却する個人の側に消費税納入義務が生じるのかと思ったんですが、
そうでもないようですね。

別の質問で、
「売却金額が1000万円超の時は申告が必要で」
というようなお話もお聞きしたんですが、
この申告というのは、たとえば
 ・以前に取得した時の金額がいくらで、
 ・売却額がいくらで、
 ・それによる売却益(損)がいくらで、
というようなことで、後で所得税の総合課税とかに
関係してくるんでしょうか?

----
この種のことについて、
一般向けに説明・紹介されているサイトなどご存知でしたら、
併せてよろしくお願いいたします。

--

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

金を購入する時には、消費税が課税され、売却した場合には、売却価格に対する消費税が上乗せされて戻ってきます。



また、事業として売買している場合は「事業所得」となり、事業としてではなく、継続して売買をしている場合は「雑所得」となり、いずれも課税対象となります。

ただし、給与所得者であれば給与以外の所得が「雑所得」を含めて年間20万円以下であれば、申告の必要が有りません。
なお、医療費控除などのために確定申告をする場合は、20万円以下の所得も申告に含める必要が有ります。

http://www.mmc.co.jp/gold/marketfiles/before_tax …

継続的ではなく、たまたま売買をした場合は「譲渡所得」となり50万円を超えると、譲渡所得として確定申告の必要がありますが、所有期間によって計算方法が違います。
http://www.mmc.co.jp/gold/marketfiles/index_befo …

参考urlもご覧ください。

参考URL:http://www.mmc.co.jp/gold/marketfiles/before_tax …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

大筋はつかめましたので、
後は、自分にそういう関係が実際に生じた時に(あるかな?)、
より詳しく当たることにしようと思います。

--

お礼日時:2004/01/12 17:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング