言葉としてどのように違うのでしょうか。
ご存知の方がいらっしゃいましたらご投稿お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

人を評価する場合personalityの方が正統派で格調が高いと思います。


個性 性格 人格 人間的魅力

character
になると元々は個性や性格の意味であったのが、アニメや漫画の登場人物のことであったり、
略式キャラは個性の強いひと、ちょと変わった興味を引く人のことなどにつかわれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2012/05/22 15:58

パーソナリティーはその本人の、個人としての心理的特性においての統一性の方向を捉えた「個性/人格」であるのに対し、


キャラクターの方はその当人の、他人との心理的特性や行動様式の違いや対比、ひいてはその所属する集団や組織の様式や構造との相関の方向を強調した「性格/役割行動仕方」。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2012/05/24 13:09

知らなかったので辞書を引いてみたのですが。


国語辞典(広辞苑)ではどちらも人格、性格、個性で同じような意味のようです。
ただしパーソナリティは「ディスクジョッキーなどの司会者」、キャラクターは「小説・映画・演劇・漫画などの登場人物」という項があります。
英和中辞典では
2
a 人格,品性 《★【類語】 character は特に道徳的·倫理的な面における個人の性質; personality は対人関係において行動·思考·感情の基礎となる身体的·精神的·感情的特徴; individuality は他の人との区別がはっきりしていて際立った個人特有の性質; temperament は性格の基礎をなす主として感情的な性質》
という記述がありました。

原語は
character〖ギリシャ語「印刻の道具」→「印刻」→「表徴」の意; characteristic, characterize〗
person〖ラテン語「役者のかぶる仮面」→「役者の演じる人物」の意; personal〗
とあって、ここからはcharacterが変更のできない深い所に埋め込まれている物・資質、personが社会的な役割というようなニュアンスがうかがえます。

ただし日本語のキャラクター、パーソナリティにはそんな意味はなくてほぼ同じような意味で使われているんではないかと私は思いますが。
しかし「漫画のパーソナリティ」「ラジオのキャラクター」などという表現は通じないと思います。だからパーソナリティ=役、役割として演じられている、演じている人という意味はあるんでは。
しかし手塚治虫の「ランプ」のように違う話でいろいろな役を演じる「キャラクター」も居ますよね。でもパーソナリティーとしての「ランプ」は存在しないと思います。実在の人間ではないから。役者ではない。
でも「キャラクターを演じる」という言葉もあるのですよね。まるで本当にそういう人であると思わせるように演じるということでしょうか。それに対してパーソナリティの方は「○○や××を演じている」パーソナリティ、本体、ていうことなんでしょうか本来は。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2012/05/24 13:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q素人です。性格と人格はどう違うのですか。また、気質は性格の一部ですか?

素人です。性格と人格はどう違うのですか。また、気質は性格の一部ですか?

自分を考えても、人を見ても性格と人格が入り混じった状態で生活していると思うのですが、それが個性と呼ばれるものなのですか?さらには自我も加わると、さっぱり捉えられません。

日常生活の具体的な行動をあげて、どんな場面で、どれが主導権をとるか、教えてください!

Aベストアンサー

性格は、
1) 行動のしかたに現れる、その人に固有の感情・意志の傾向。例として「ほがらかな性格」「夫婦の性格が合わない」
2) 特定の事物にきわだってみられる傾向。例として「二つの問題は性格が異なる」「趣味的性格の濃い団体」

人格は、独立した個人としてのその人の人間性。その人固有の、人間としてのありかたを言います。

これらは個別で行動する事はありません。微妙に入り混じってその人特有の性質が出来上がります。コレを個性と言います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報