ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

Win7 システムで予約済み領域が100MB作られますが
これを消したい時はどうしたらいいのでしょうか?


またメリットやデメリットを教えてください
ただ単にローカルディスクD
と表示されるだけがメリット?
それか100MBを取り除くことが出来れば
SSDの機能を生かすことが出来るからでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちわ



このシステムで予約済みの領域は
Vista移行で採用された領域です

Windowsを起動するときに読みに行く
BitLockerという、ドライブ暗号化機能のために用意されている
ブートパーティション(Microsoft用語ではシステムパーティション)なのです

これを取り除くことは可能です

1.システム修復ディスク(約160MiB)を作成しておく

2.Windows上からこれを取り除くことは出来ないので
リナックスなどのCDやDVDから起動するOSで
起動します
3.そしてシステムで予約済みの中のファイルをWindowsの入っている
Cにコピーします
4.EASEUS Partition Masterなどのパーティション操作ソフトで、
システムで予約済みとなっているパーティションを削除して
Windows7がインストールされているパーティションサイズを
拡張しアクティブにする。

5.起動させると
  このままではwindowsが起動できませんと返してきますので
(ブートローダーが消えているのですから当たり前ですが)
1で作っておいた システム修復ディスク(約160MiB)を使い
 修復する
またはインストールディスクを使い修復する
 これを行えば システムで予約済み領域が消えます
  (でも領域が無くなっただけで全体の使用している部分については
    同じ量は使用されますので面倒な方はこのままでもいいかと思います)

新規インストール時はパーテンションをあらかじめ作って
インストールをすればシステムで予約済みの領域は作成されません
これの方が簡単ですけれど

起動時のSSDやHDDのどこを読みに行きWindowsが起動するかの
違いです

SSDでもHDDでも同じなのであってもなくてもいいかと

でも決して無駄な領域ではないのを理解していただけたら
ありがたいですが
    • good
    • 0

すでに存在している場合は何もしなくてもいいでしょう。


新規インストールする際には作成しない方法もあります。
下記サイト参照。
---system-reserved (システムで予約済み領域)
http://ftlabo.sakura.ne.jp/win/system-reserved/s …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWindows7 システムで予約済みとは?

Windows7をインストールしました。コンピューターを開くと、ハードディスクドライブ(2)に、"ローカルディスク(C:) 空き領域 42.5GB/74.4GB" と、"システムで予約済み(E:) 空き領域37.1MB/99.9MB"と書かれた二つのHDDが、あるように見えるのですが、この"システムで予約済み(E:) 空き領域37.1MB/99.9MB"のディスクは、一体何の為に存在し、必要不可欠なモノなのでしょうか?削除出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

<一体何の為に存在し>
Windows 7 で新しく作成されるようになった、この小さなパーティションには、2 つの機能があります。
1 つは、ブート マネージャー コードとブート構成データベースを格納することです。
もう 1 つは、BitLocker ドライブ暗号化の機能で必要なスタートアップ ファイル用の領域を予約することです。
詳細は下記参照してください。
http://technet.microsoft.com/ja-jp/windows/win7_tips65.aspx
出来ればこちらも
http://hrn25.sakura.ne.jp/win/system-reserved/system-reserved.html

<必要不可欠なモノなのか>
人それぞれ

<削除出来るのでしょうか>
削除は可能。 
私的な注文ですが、たいした容量ではないので、出来たら弄らないほうが・・・。

Q断片化が解消できません。

2つの質問があります。ググっても探し切れませんでした。

HPのp6320jpというディスクトップPCを使用しています。OSは7のHOME PREMIUMです。
付属のデフラグツールのディスク欄にHP(C:)、FACTORY_IMAGE(D:)、SYSTEMと3つのディスクが現れるのですが、「SYSTEM」だけが最適化を実行しても7%断片化したままで終わってしまいます。
使用に際しての支障は今のところ無いのですが、とても気になります。保証期間が過ぎてから発覚しましたので、原因と解決法をご存じの方がいらっしゃいましたらご教授をお願いします。

同PCにHP SUPPORT ASSISTANTというツールがあるのですが、そのツールにコンピュータの調整という項目があり、その項目の中に「最適化」があります。Cドライブをデフラグをするようなのですが、何時間たっても終わりません。(WINDOWSのデフラグツールを使用するとすぐに終了します。)
こちらも原因と解決法を存じ上げている方がいらっしゃいましたらご教授下さい。

Aベストアンサー

断片化されたデータを結合して再保存ができない場合は多々あります。
また、その程度によるスペック不安定はほぼありません。むしろデフラグによるHDDへの負荷のほうが大きく、寿命を縮めているだけです。

起動しているAppでファイルアクセスを行っている場合、そのファイルは書き換えができません。
そういったファイルは断片化解消の対象外になります。
システムファイルは基本的に別枠になっていますが、アプリ管理は一般ファイルとして保存されますから、確実に断片化をなくすことはApp起動している限り不可能でしょう。
こういったものを解消したい場合、そもそもWindowsをブートしてしまっては無意味ですから、リムーバブルブートができるディスクユーティリティを使うことになります。

パフォーマンスを出すのであれば、断片化をなくすだけでは意味がなく、セクタ配置を最適化することのほうが重要。
Win7あたりのユーティリティはそういったロジックも含んでますから、断片化を積極的に解除しない場合もあります。
そもそも、自前で自動デフラグ書けますから、原則手動で行う必要はなく、上記のとおりHDDの寿命を縮める結果になることが多いです。

>HPのツール
個人的にはこいつあまり信用してません。
利用したことがある限りでは、かなり時間が(320GBで8時間くらいだったかな)かかった癖にあまり変わらないっていう・・・。

断片化されたデータを結合して再保存ができない場合は多々あります。
また、その程度によるスペック不安定はほぼありません。むしろデフラグによるHDDへの負荷のほうが大きく、寿命を縮めているだけです。

起動しているAppでファイルアクセスを行っている場合、そのファイルは書き換えができません。
そういったファイルは断片化解消の対象外になります。
システムファイルは基本的に別枠になっていますが、アプリ管理は一般ファイルとして保存されますから、確実に断片化をなくすことはApp起動している限り不可...続きを読む

Q【システムで予約済み】領域を削除したい

個人使用のWin7 Ultimate PCです。
Win7インストール時に自動的にシステムで予約済み領域が作成されてしまいました。
システムで予約済み領域をまったく使用しませんので削除したいのです。
削除方法をおしえてください。

Aベストアンサー

下記サイトの
「方法4 インストール後に「システムで予約済み」を取り除く(removeする)」
という部分を参照して試してみてください。
領域を詰める方法も書いてあります。
---system-reserved (システムで予約済み領域)
http://ftlabo.sakura.ne.jp/win/system-reserved/system-reserved.html

余談ですが・・・
無理に削除することもないと思いますが、どうしてもプライマリ領域をBitLocker partition として使いたくない場合には削除してみてはどうでしょうか。

Q予約済みシステム領域(?)・・デフラグについて

デフラグがうまく行きません。
「予約済みシステム領域」をなくすことはできないでしょうか?

(1)以前、100GBのハードディスクを使っていました。
(2)使用領域が95GBくらいになり、ファイルの断片化がひどくなってきました。空き領域が少ないためか、デフラグもいまいち効きにくくなりました。
(3)そこで、150GBのハードディスクに換装しました(システムもデータもすべて移行)。空き領域は55GBになりました。
(4)その後、Diskeeperでデフラグしたのですが、断片化したファイルがやはり結構残ってしまいます。困った!
(5)なんでだろうと思って、ドライブマップを見ると、「予約済みシステム領域」というのが30GBくらい出来て、これが空き領域を圧迫しています。
(6)ヘルプを見ると予約済みシステム領域=「Master File Table の拡張時に使用される領域」と書いてあります。

「予約済みシステム領域」をなくすことはできないでしょうか?

Aベストアンサー

できません。というか消しちゃダメです。

そもそも、予約済みシステム領域はMFTのフラグメンテーション(断片化)
を避けるためにある程度の連続部分が予約されているのです。

無くしてしまったら、ファイルやフォルダ情報が収められているMFTが断片化し、
パフォーマンスが落ちてしまいます。
これではデフラグの意味がありません。

また、この情報はDiskeeperだから見れるものであり、
windowsではわざわざ隠しているものです。
(神経質になる必要はないということです。)



また、なぜ55GB程度の容量のためにハードディスクを”交換”したのか理解に苦しみます。
・PCケースの大きさが小さい(増設できない)、
・もしくはノートPCである、(そもそもノートPCに大量のデータを貯めるのは「誤り」です。)
・電源容量が足りないとか・・
というならば分かりますが

通常ならばシステム100GB(大きいか・・)、データ150GBのハードディスク2台構成で問題ないと思うのです。
(外付けでも十分事足ります。)

何のための増設なのか、デフラグなのか、よくお考えください。

できません。というか消しちゃダメです。

そもそも、予約済みシステム領域はMFTのフラグメンテーション(断片化)
を避けるためにある程度の連続部分が予約されているのです。

無くしてしまったら、ファイルやフォルダ情報が収められているMFTが断片化し、
パフォーマンスが落ちてしまいます。
これではデフラグの意味がありません。

また、この情報はDiskeeperだから見れるものであり、
windowsではわざわざ隠しているものです。
(神経質になる必要はないということです。)



また、...続きを読む


人気Q&Aランキング