ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

私は33歳女性会社員です。18歳の時に膠原病(全身性エリテマトーデス)を発症し、1ヶ月ほど入院しました。退院後も半年ほどはステロイド剤を飲んでいましたが、その後は現在まで入院したことありませんし、ステロイド剤も飲んでいません。20歳の時から健康な人と同じ様に就業もしています。
このような感じでずっと病気が落ち着いた状態にあったのですが、昨年秋に状態が少し悪くなり、やはり自分は膠原病であるということを強く認識せざるをえない思いになりました。
そこで、生命保険などもっとちゃんと見直さなければならないと思い調べているのですが、保険の規約など見ると、特定疾患などがある人は加入できないとされていますが、私のような場合も加入できないのでしょうか?
膠原病ではありますが、15年間入院もなく、薬も飲んでいません。就業もしていますし、健康な人とほぼ変わらない生活をしています。
質問内容が長くなってしまいましたが、生命保険に詳しい方、どうか教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

まず、告知に関していえば、通販と損保系生保(ひらがな生保)は審査が厳しいと思います。



外資系生保も審査が厳しいという人もいますが、国内生保(漢字生保)で断られた人が外資系生保で加入できた人もいます。

審査基準自体、保険会社としては企業秘密的なところがあり、オープンにしているところはありませんが、申し込む前の段階で、事前審査は可能だと思います。
保険会社によって若干、要領の違いはありますが、実際に告知書を使用したものや、担当者とのヒヤリングを行い、その結果、医務部などを通じて審査を行います。

告知内容は言い訳がましくなってしまっても構いませんので、出来るだけ詳細に告知して下さい。

信頼できる会社のことですが、保険会社を格付けで選ぶのであれば格付け会社(スタンダード&プアーズ社、ムーディズ社など)が代表的です。Aが多いほど格付けが優れています。

信頼できる人(担当者)を探すというのは一番難しい質問かもしれませんね。
経験豊富で、告知について親身になって相談に乗ってくれる担当者が現われますことを心より祈ってます。

参考URL:http://www.standardandpoors..com/japan/
    • good
    • 4

またもや、URLがおかしいようです。

申し訳ありませんが、
スタンダード&プアーズ、または、ムーディズで検索して下さい。
    • good
    • 2

すみません。

URL間違っていました。

参考URL:http://www.standardandpoors..com/japan/ratingsac …
    • good
    • 1

ある程度の貯蓄があれば、生命保険は必ずしも加入しないといけないというものではなく、イザという時は貯蓄を崩し、万一に備えることも方法論のひとつです。


逆に言えば、ある程度の貯蓄が無いから、万一の時に生命保険で備える。ということになります。

今回のpojikoさんの保険の見直しについてですが、先走りして現在加入している保険を解約してしまった場合に万一、引き受け保険会社が現れなかったとしたら、元も子もなくなりますので現段階での見直しは、あまりおすすめできません。

既婚者or独身者によって保険の内容は変わりますが、女性の場合、基本的には死亡保障はそれほど必要なく、医療保障を中心とした形がベストだと思います。

しかし、今のpojikoさんに関していえば現在、加入している保険を減額することは簡単でも、新たに加入することは難しいと思いますので今の保険を大切にするほうがいいと思います。

この回答への補足

何度もアドバイスありがとうございます。私の場合は後者の、「ある程度の貯蓄が無いから、万一の時に生命保険で備える。」という方になります。
自分が考えていたのは、私は独身者ですし、現在加入している保険だけでは、入院時など保障額が低いので、もう一つくらい加入しておきたいと考えていました。
でも、tirorinmuraさんのおっしゃる通り、現在通院している状態ですし、新たに加入するのは難しいかもしれませんね?それに、これからは定期的(半年に1回位)に検査しに通院しようと思っているんです。やはり、検査での通院であってもカルテに残ってしまうんですよね?そうすると5年間症状が変わらなかったとしても、新たに加入するというのは難しいですよね?
一度保険会社に相談してみようとは思っているのですが、信頼できる人(会社)かどうかの判断て、素人ではとても難しい気がします。何か分かり易い判断の基準がありましたら教えていただきたいのですが・・

補足日時:2004/01/13 21:19
    • good
    • 4

すでに膠原病で加入できるかどうかについては多くの方が


回答されているので、納得されたかと思うのですが、質問のご主旨は生命保険の見なおしなのではないですか。

すでに加入されている保険を転換、または新規加入するなどの検討をされているのでしょうか。もしそうであれば、現保険のままでよいか、どうかは、ご結婚なさっていてお子さんがおられるなどのライフステージによって保償額等の妥当額が異なってきますので、補足質問されてはいかがですか。
    • good
    • 4

そうですね。

膠原病に関していえば、今から5年間、病院に行かなければ告知をする必要はありません。

その間は、新たに保険に加入したつもりで、貯蓄をガッチリ貯めましょう。
    • good
    • 2

追伸…#2の方が仰るように、部位不担保の条件付になるか、または、給付金・保険金の減額、保険料が少し上って引き受けの可能性があるかもしれませんので、小まめに保険会社をあたってみて下さい。

保険会社によって引き受け基準が若干違います。
    • good
    • 0

特定疾患として、膠原病のある場合は非常に残念ですが、引き受け保険会社は現れないと思います。



ただ、告知書は過去5年以内の病気・ケガについて告知を行いますので、pojikoさんが仰るように、15年間入院もなく、薬も飲んでいない状態なら告知をする必要はありません。

但し、
<昨年秋に状態が少し悪くなり、やはり自分は膠原病であるということを強く認識せざるをえない思いになりました。

昨年の秋に病院に通院したのでしょうか?
通院した場合はカルテに通院歴が残りますので加入は難しいと思います。

その場合は現在、加入中の保険を大切にして下さい。
また、見直しの際は死亡保障を減額されるか、そのままの状態で継続されることをお勧めします。

この回答への補足

回答ありがとうございました。
昨年秋から何回か通院しているので、加入は無理そうですね?
ただ、もしこれから5年間病気・ケガがなければ、告知しないで加入できるということでしょうか?
それは膠原病のことも告知しなくてもよいということなのでしょうか?

補足日時:2004/01/12 17:48
    • good
    • 1

過去に生命保険の仕事をした事があります。


私のお客様の奥様が膠原病でした。
ご主人が保障を大きくする時に家族契約(奥様)付加の特約付きの保険で、保険の加入の申込をしました。

審査の結果、膠原病で入院した場合は、保険金が出ないですが、その他の病気や怪我の場合は入院保険が出ると言う事なら、保険会社としては、契約を受付けると言う事になりました。

その旨契約者も了解して契約成立になりました。
もう10年以上前の話です。

保険は保険会社と契約者の間で取り交わす契約です。
一概に駄目とか、良いとかなんとも言えませんが、保険会社の信頼できる担当者(知識豊富な人)に確認してみたらどうでしょう。

私が居た会社は契約を申し込む前に、受理可否申請と言う申請書を営業員が本社審査部に提出して、このような状態の人は保険に入れるか、確認する方法がありました。

それによって、全く加入できないか、加入できる可能性はかなり有るか、少しわかるので、お客様に対して、申し込んだは、良いが「はい。貴方とは保険に入れません」なんて、申し訳ない事を告げるのを極力避ける事が出来ました。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2004/01/12 18:00

36歳女性です。

特定疾患(ベーチェット病)を患っていました。私も病気の症状はなくなっていますが、保険加入時は特定疾患指定を受けていました。

万が一保険が下りないと困るので、保険会社に勤めていた友人に相談しました。私の場合は死亡保障より女性特有の疾患による入院費などの方が心配でしたので、年金型の養老生命に加入し、女性疾患特約をつけました。

pojikoさんの場合も、何に重点をおいて保険に加入するか考えて相談されてはいかがでしょうか。

参考になるとよいのですが…
    • good
    • 3
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2004/01/12 17:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q膠原病です。入れる保険はないのでしょうか?

いつもお世話になっています。

私はこれまで二つ保険に入っていました。
一つは簡保です。掛け金は安くていいのですが、
入院保証は10日以上じゃないと出ないし、
おまけに掛け捨て・・・
もう一つは、1日からの入院でも
保証はつくのですが、掛け金は高額でした。
後者の保険が満金になったので、一度解約し、
もう少し低額でサービスの良い、新しい保険を
探していた矢先のことです。
「膠原病」と診断されてしまいました。

過去の質問に膠原病の疑いのあった方が、
検査で膠原病ではないと診断されたにもかかわらず
保険に加入できなかったというものがありました。
やはり、膠原病だと保険に加入はできないのでしょうか?
多少掛け金は高くても、入れる保険を探しているのですが・・

現在の簡保だけでは不安を感じています。
急いでいませんので、回答いただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

ここの書き込みで何個か前のやりとりを参考にご覧くださいませ。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1328412

通常の保険は、まず加入できませんが、

>多少掛け金は高くても、入れる保険を探しているのですが・・

でしたら、無選択型と言って、健康状態が悪くても加入できる保険はあります。

しかし、保険料がかなり割高であったり、一定期間は、既往症が原因の疾病(膠原病起因の疾病は、非常に多岐に渡ります。)は保障されなかったり、条件がかなり悪いので、そのことを十分把握なさってご加入ください。

http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/9568.htm

http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/9037.htm

Q抗核抗体に異常値が出て心配です

夫が先日、手足のむくみ、食欲不振、倦怠感で総合病院を受診しました。
何の病気か分からなかったので総合内科で血液と尿の検査をすると、異常はなく、ひと安心したのですが、膠原病の可能性もあるとのことで膠原病内科にまわりました。
さらに詳しい血液検査を受けると、抗核抗体が80と言われました。
更に調べるために再血液/尿検査をし、結果が出るまであと半月以上あります。
何しろ初めて聞く言葉で、調べてはみるものの難しく、それだけに心配もつのります。
更に何を調べていくのでしょうか?
更に調べるとどんな病気がわかるのでしょうか?
わかったら、何か治療法はあるのでしょうか?
かかったときの症状については、初めに異常無しの検査結果を聞いた段階で安心したせいか?薬も飲まずたちまち改善し、今は何の自覚症状もなく普段どおりです。

Aベストアンサー

こんばんは。
膠原病に限らず、検査の結果待ちの期間は不安が募りますよね。まわりのご家族の方がある意味不安倍増かと思います。
「膠原病の疑い」との事なので、
検尿では主に腎臓の具合を調べていると思います。
血液検査では、抗DNA抗体はじめさらに詳しい抗体検査をするのだと思います。←膠原病にも様々な病名があり、病名によって異常値になる抗体が違ったりしますので。

抗核抗体が「40で陽性なのに80なんてっ、高値だ」と驚かなくてもいいと思います。抗核抗体は、20倍→40倍→80倍→160倍と検査結果の数字が増えていきますから…ご主人の体調も悪かったようですしたまたま異常値が出ただけかもしれません。
抗核抗体の異常値というのは、体調不良の方や年配の方でも出るそうですよ。抗核抗体が異常値だったからといって膠原病というわけでもないようです(専門医談)。

ご主人の体調も戻られたようですが、お体お大事になさって下さい。

Q医療保険

3ヶ月間微熱が続き、病院で血液検査を致しましたところ抗核抗体が正常値を大きく上回り、膠原病などの疑いがある為大きな病院での検査を勧められました。

そこで気になりましたのが、私は何も医療保険に加入していないので、もしも病気で入院や長期治療をした時に高額な費用が掛かるであろう事です。 病気と診断後に保険に入っても、入れる保険は少なく更に保障内容が限られると聞いたことがあります。

まだ膠原病と診断されたわけでは無いので、先に医療保険に入り、3ヶ月後病院に行こうかと考えました。

当方22歳の女です。この歳で恥ずかしいですが保険関連は全くの無知です…。
血液検査に引っかかった時点で持病なしという形で医療保険に入れるのか教えてください。
また、私にオススメの医療保険を教えてください。
相談できる身内がおりませんので、どうか皆さんよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>血液検査に引っかかった時点で持病なしという形で医療保険に入れるのか教えてください。
普通の保険は入れません。
日本生命とか、明治安田生命とかがやってる保険で通常のものはまず無理です。

ごく普通の保険は、保険の上の平等のもとにあります。
病気の人が病気を隠して入れば平等性はないです。
なのでこういうのを隠して入ると、【告知義務違反】というケースになると思いますね。やめたほうがいいです。
で、かくして上手に入ったとしてもその後が問題ですよ。
例えばその後すぐ病気でお金がかかった場合、保険金請求をしますよね。
でも、加入後すぐの保険金請求は、かなり厳しく身辺調査をされます。
過去の病歴、最初の初診、すべて見られます。
その上で、血液検査に引っかかったという事実を隠して保険に加入したなら告知義務違反になりますよ。

今は電子カルテの時代ですから、隠しておけると思わないほうがいい。
それよりも…

>まだ膠原病と診断されたわけでは無いので、先に医療保険に入り、3ヶ月後病院に行こうかと考えました。

これ、やめたほうがいい。

もし膠原病などで数ヶ月待って重症化してからだと、大きな後遺症を残す場合がある。
早期発見、早期治療ですよ、膠原病は。
場合によっては深刻な後遺症を残す人もいます。

いちばん良いのは、取り合えず、持病があっても入りやすい保険(アフラックとかメットライフとかオリックスなどの提供する)引受基準緩和型保険と呼ばれるものに入ったほうがいい。

こういう保険はチェック3つが問題なければ誰でも入れますよ、でも入ってから1年は保険金が出ませんよとか保険金が半額ですよなどの条件がある。

でも、嘘をついて入るリスクはなくなる。
告知義務違反をしたら払った金額を没収され、強制解約なんていったら最悪ですよ。

あと、膠原病の多くは、国の出す特定疾患医療券がつかえる場合が大きい。(対象じゃない病気もありますが)
特に来年初めから対応の病気の数が増えてカバーされる病気も増える。

医療費は低額でかつ定額でおさえることができる。

この金額は病名や貴女の年収+家族の年収できまるんですが・・・。
とにもかくにも告知義務違反のリスクや貴女の健康のリスクを重ねるほうが問題です。

引受基準緩和型保険をお勧めするのは、膠原病は特定疾患医療券がカバーしたとしても他の病気をカバーしないのです。
だから、膠原病以外の病気だと普通にガンガン医療費がかかるのです。
それともし膠原病で今後悪くなることを考え(加入1年後以降)そのために入っておきましょうとお勧めするわけです。

お大事になさってください。

>血液検査に引っかかった時点で持病なしという形で医療保険に入れるのか教えてください。
普通の保険は入れません。
日本生命とか、明治安田生命とかがやってる保険で通常のものはまず無理です。

ごく普通の保険は、保険の上の平等のもとにあります。
病気の人が病気を隠して入れば平等性はないです。
なのでこういうのを隠して入ると、【告知義務違反】というケースになると思いますね。やめたほうがいいです。
で、かくして上手に入ったとしてもその後が問題ですよ。
例えばその後すぐ病気でお金がかかった場合...続きを読む

Q膠原病のSLEになった方で、仕事及び就職活動されてる方は、どのぐらい、

膠原病のSLEになった方で、仕事及び就職活動されてる方は、どのぐらい、いますか?
転職したこともありますか?

Aベストアンサー

こんにちは。
3年前にSLEを発症しました。
出ていた症状は皮膚だけでしたが、血液の状態が悪く
入院、プレドニン50mgから開始しました。

退院後、2~3ケ月安静にしたら休職扱いにしてもらっていた会社に
復帰しようと準備していましたが、その前にプレドニンの副作用による鬱になり、
その回復に半年ほどかかりました。

回復後、週に1日1時間から身体を慣れさせてもらい、
10ヶ月後には週3日1日3時間まで働けるようになりましたが、
会社の経営不振により雇用調整の対象となり、退職。

ちょうど子供の夏休み期間でしたので2カ月ほど仕事はお休みし、
8月の終わりに新聞折り込みで見つけた求人に応募したところ
50倍の倍率の中採用していただけました。

週2日、1日4時間の仕事です。
面接時には病気の事は触れず、「あまりたくさんは働けない状態」とだけ言っておきました。

そこで働き始めて4~5ヶ月後、子供の保育園つながりで税理士事務所のお手伝いを依頼され、
週1日5時間追加。

現在体調も悪くないので、週2日の仕事+週3日にしようと、
求人に応募&税理士事務所に勤務日数増を相談しています。

SLEといっても症状、状態は十人十色。
くれぐれも無理はなされませんように。

こんにちは。
3年前にSLEを発症しました。
出ていた症状は皮膚だけでしたが、血液の状態が悪く
入院、プレドニン50mgから開始しました。

退院後、2~3ケ月安静にしたら休職扱いにしてもらっていた会社に
復帰しようと準備していましたが、その前にプレドニンの副作用による鬱になり、
その回復に半年ほどかかりました。

回復後、週に1日1時間から身体を慣れさせてもらい、
10ヶ月後には週3日1日3時間まで働けるようになりましたが、
会社の経営不振により雇用調整の対象となり、退職。

ちょうど子供の夏休み期...続きを読む

Qシェーグレン症候群で医療保険に加入できますか?

ドライマウスの症状があり血液検査でシェーグレン症候群と言われました。更年期の症状もあります。本人的にはたいした症状はないのですが月1回通院し、乾きを押さえるという漢方薬を飲んでいます。このところ医療保険を検討しています。新しい保険に加入はできるのでしょうか?

Aベストアンサー

医療特約が夫婦型なのでしょうか?
医療特約は継続するべきです。現在の保険を継続してください。

すべての特約を現在のまま更新すれば、更新後の保険料はかなり高くなるかもしれませんが、不要な特約を解約または減額して、継続可能な保険料に抑えることができます。

更新および、減額更新の際には新たな告知は必要なく、シェーグレン症候群の事を伝える必要はありません。

医療特約を維持したい場合、最低死亡保障について何かしらの制限があるかもしれませんが、担当の方によく確認してみてください。

> ご回答によれば、私がシェーグレンの名前を言えば勧誘がなくなりますね。

良識のある担当者なら、保障がなくなってしまう転換を勧めることはないはずです。どうすれば、一番良い形で、保障を継続することができるか相談にのってくれるはずです。
万一、「2年間、請求しなければ大丈夫だから...」などの勧誘が続くことがあれば、お客さまの事を全く考えていない事の裏づけになりますから、付き合うのをやめてください。減額更新などの際も、このような担当者を通すより、支社で直接手続きをする方がスムースにいくと思います。

ご主人の保険については、健康上、心配なことがなければ、新しい保険への加入は可能です。保険王に限らず、他社の保険もよく調べた上で、必要な保障を確保しましょう。

医療特約が夫婦型なのでしょうか?
医療特約は継続するべきです。現在の保険を継続してください。

すべての特約を現在のまま更新すれば、更新後の保険料はかなり高くなるかもしれませんが、不要な特約を解約または減額して、継続可能な保険料に抑えることができます。

更新および、減額更新の際には新たな告知は必要なく、シェーグレン症候群の事を伝える必要はありません。

医療特約を維持したい場合、最低死亡保障について何かしらの制限があるかもしれませんが、担当の方によく確認してみてください...続きを読む

Qとても困っています。

はじめまして、20代の女性です。
私は現在、関節リウマチの治療中で最近はシェーグレン症候群だということがわかりました。
特定疾患の手続き、身体障害手帳の申請などを考えているところです。
そこで最近とても不安になったのが保険のことです。
死亡保険と医療保険、同じ保険会社のものに加入していまして加入して6年ほど経っています。
死亡保険は問題ないのですが医療保険はあと4年ほどで契約が終わるようです。
私は一見元気には見えるようですが書類上では大変な悪条件ですので新たに医療保険に加入することは無理だと思います。
(こんな私でも何か医療保険のようなものに加入できる商品はあるのでしょうか。)
関節リウマチは保険加入から3年後に発症したのですが、特定疾患が発症した時期は保険に加入する前のことです。
(気が付いていませんでした。医師はあまり重要ではないので発症の時期は最近にできるということでが・・)
請求しても保険金がおりないことはあるのでしょうか?
一番の希望は現在加入している保険を同じ保険会社の終身保険にかえることですが・・無理でしょうか?
またそれが無理なら保険を更新できるのでしょうか?
それから特定疾患や障害手帳の手続きをする前と後では保険会社の条件は変化するのでしょうか?
私の知人も特定疾患にかかったのですが保険に加入してから病気の治療をすると言っているのですが、加入できても調べられて結局保険金がおりないのでは悲しいですよね。なるべく正直にしていきたいです。
どうぞ宜しくお願い致します。

はじめまして、20代の女性です。
私は現在、関節リウマチの治療中で最近はシェーグレン症候群だということがわかりました。
特定疾患の手続き、身体障害手帳の申請などを考えているところです。
そこで最近とても不安になったのが保険のことです。
死亡保険と医療保険、同じ保険会社のものに加入していまして加入して6年ほど経っています。
死亡保険は問題ないのですが医療保険はあと4年ほどで契約が終わるようです。
私は一見元気には見えるようですが書類上では大変な悪条件ですので新たに医療保険に...続きを読む

Aベストアンサー

お礼のほう有難うございます。

ご質問にお答えする前に少し・・・。
 私たちの業界がこういう特殊な業界であるため、一般人の方に色眼鏡で見る方がおられても仕方の無いことです。しかし、法律論を言えば殆どのFPの意見は一致するでしょう。保険会社がグレーな部分を持っているので経験論では経験の大小で意見が異なることが多々あります。意見が異なっても独立系と呼ばれる方々は考え方が異なるのではないことを申し上げておきます。全ては『お客様のために』がモットーのはずです。

 次に裏技ですが、お客様がどうしても裏技で加入すると申し出れば その方法をお教えすることは吝かでは有りません。しかし、引き受けは自分ではしないでしょう。

 正攻法のお話をしましょうね。
>難病という診断がついても何年か健康な状態(時々そういう方がいらっしゃいますが)が続けば通常のように保険に加入できる可能性はあるのでしょうか・・
 はい、可能性は十分有ります。難病が何なのかにもよりますが、数年間治療をし、改善された為年に1回検査のみ病院へ行っている(当然、投薬等は無し)が 異常は無い。この状態が数年間(告知必要期間以上)続けば正直に告知をして引き受け可となる可能性はあります。審査・調査をされることにはなりますが、結果、無条件・割増条件・部位負担保等に分かれることにはなります。病名によっては1発引き受け不可もあります。通販加入より対面販売のほうが絶対的に良いでしょう。

 がん告知からの生還された方、側湾症の方、等私が扱わせていただいた方が引き受け可となられた事例も沢山あります。

 長文になって申し訳ないのですが、もう一度じっくりご質問を読ませて頂いて、
>気が付いていませんでした。医師はあまり重要ではないので・・
 初診年月日はいつなのでしょうか?勿論、前医も含めて加入後なら無傷で継続の可能性もあります。

 前回等でも述べましたが、今は健康を取り戻すことに全力を挙げられ、保険が解除にならなければその保険を更新し、加入できる状況になった時点で新たな保険を検討するようにしてください。
 

お礼のほう有難うございます。

ご質問にお答えする前に少し・・・。
 私たちの業界がこういう特殊な業界であるため、一般人の方に色眼鏡で見る方がおられても仕方の無いことです。しかし、法律論を言えば殆どのFPの意見は一致するでしょう。保険会社がグレーな部分を持っているので経験論では経験の大小で意見が異なることが多々あります。意見が異なっても独立系と呼ばれる方々は考え方が異なるのではないことを申し上げておきます。全ては『お客様のために』がモットーのはずです。

 次に裏技ですが...続きを読む

Q抗核抗体(ANA)が異常値でかなり心配しています。

29歳男性です。昨年の健康診断にて肝臓の数値のみが異常値となりGPTが60(GOTは35,γGTPは18)のため、再検査を受けることになりましたが、2ヶ月後の検査ではGPTが52(GOTは37、γGTPは17)と若干減少したものの、依然として高い数値を示しておりました。

元々、下戸のため酒は飲めず、またコレステロールや中性脂肪なども正常値だったため脂肪肝は考えにくく、体調の不良などの異常は殆どありませんでしたので、かなり不安になり、さらにその数ヶ月後、肝臓専門の病院へ再検査に向かいました。事前に肝臓には亜鉛が良いと聞いていましたので、サプリメントを服用して血液検査を受け、肝臓の数値はGPT40(GOTは26、γGTPは17)とかなり改善いたしました。

ここまでであれば良いのですが、ANA定量判定が(+)、ANA定量希釈率が320とかなりの高い値を出しておりましたため、半年後に再検査をするように勧められました。

そこで本日、検査を受けたのですがGPTは31(GOTは21、γGTPは17)とさらに改善しお医者様より「肝臓は心配ない」と伝えられたのですが、ANA定量希釈率が320と変わらず、再び半年後の再検査を勧められました。

お医者様より、この数値は高い方で「臓器を攻撃する可能性があるから、半年というスパンで検査をすることには意味がある」と仰っていただきました。ちなみにその間通常の疲労による体調の不良以外は殆どありません。

私自身がかなりの不安症のため、この数値を見て大げさに言えば「人生に関わるかなり深刻な事態」と捉えています。そこで質問させていただきます。このANA定量希釈率が320という値は、将来の生存率を押し下げる病気になりうる可能性が高いと言えるものでしょうか。さらにこの数値は下げることができるものでしょうか。

お暇なときで結構です。お詳しい方がいらっしゃいましたら、お答えいただけましたら幸いに存じます。宜しくお願い致します。

29歳男性です。昨年の健康診断にて肝臓の数値のみが異常値となりGPTが60(GOTは35,γGTPは18)のため、再検査を受けることになりましたが、2ヶ月後の検査ではGPTが52(GOTは37、γGTPは17)と若干減少したものの、依然として高い数値を示しておりました。

元々、下戸のため酒は飲めず、またコレステロールや中性脂肪なども正常値だったため脂肪肝は考えにくく、体調の不良などの異常は殆どありませんでしたので、かなり不安になり、さらにその数ヶ月後、肝臓専門の病院へ再検査に向か...続きを読む

Aベストアンサー

抗核抗体は一般的に膠原病の初期診断に使用されます.
抗核抗体が陽性になる病気としては,全身性エリテマトーデス,
強皮症,多発性筋炎/皮膚筋炎,混合性結合組織病,シェーグレン
症候群,自己免疫性肝炎などがあります.
これらの病気にかかると,必ず抗核抗体が陽性になりますが,
反対に抗核抗体が陽性であるからといってこれらの病気にかかっている
ということではありません.
抗核抗体の正常値は一般的に40未満ですが,特に膠原病でなくても
80~160倍くらいの人は結構たくさんいます.
ただ320倍は確かに高めの数値ですね.
抗核抗体が高い集団を追跡していくと,そのうちある一定の割合で
いずれかの膠原病を発症するという事実はありますので,半年~1年に
1回程度の頻度で定期採血することをお勧めします.
ただ発症の確立は決して高い訳ではありませんので(ほとんどの人は
膠原病にならずに一生を終えます.)過度の心配は不要です.

Q膠原病で死亡は??

先日私の友達が一ヶ月程熱が続き、無理して学校に通っていたところ、突然倒れ、意識不明になってしまいました。
病名は膠原病で未だに意識不明のままです。今日で2日めです。詳しい容態を家族の方に聞くことも出来ず、とてもとても心配です。 今までも血液中の血小板がなくて入院など繰り返していましたが、原因はわかりませんでした。

膠原病で死ぬ事はあるのでしょうか?いくつかHPを見たんですが,そう言う事はのっていなくて…本当の事をしりたいです!!どうかどうかお願いします!!

Aベストアンサー

どの膠原病であるかによって経過は相当違います。

血小板減少を来たす膠原病ですと出血の危険があり、それが脳出血になりますと場合によって致命的な事が有ります。その他には血管炎、腎障害を起こしやすい疾患の場合には重症の経過を引き起こす可能性があります。

逆に、単一の臓器障害のみで、全身的にあまり影響を及ぼさずコントロールが可能で予後の良い疾患も有ります。

又、例えば膠原病の一種の慢性関節リウマチの場合、進行が早く、コントロールが困難な悪性関節リウマチが数%有りますが、半数くらいの患者さんは進行がゆっくりとしており、同じ疾患でもかなり違う場合もあります。

お友達の方が回復に向き、面会が可能になったら、病気と戦う勇気を与えてあげてください。患者さんは、治ろうとする気持ちが強いほど予後が良いものです。

Q関節リウマチの方で住宅ローン(団体信用生命保険)を申し込まれた方

現在住宅ローンの本申し込み段階ですが、当方関節リウマチを持っております。
住宅ローン(団体信用生命保険)を申し込まれた経験のある方で、関節リウマチをお持ちの方がいらっしゃいましたら、
・どの程度の症状で
・告知書にどのようなことを書かれ
・保険会社からどのような調査があったか(電話でのヒアリングや病院へのコンタクト等)
などについておうかがいできればと願っております。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

質問者さんは男性ですが女性ですか?
私(男性)ですが、約5年程前に住宅ローンを組んで新築しました。私は30代後半の時に間接リウマチを患い、7年目の時にローンを組んだと思います。当時、質問者様と同様に団信に加入できるかどうか大分悩みましたが、告知書には現況を申告し、医者の現在の症状の診断書を添付(仕事上問題が無い状態を書いてもらう)しと思います。
ただし、症状としては軽度で、仕事上差支えがない程度であれば当時は加入できたようです。質問者様がどの程度の症状か判りませんが・・・?
現在もちゃんと仕事していますし返済しております。・・・・ただし、間接リウマチも完治する疾病ではないので、それなりにリスクは有ると思いますが・・確か団信に入れても持病に起因するものでは、保険はおりなかったと思いますが・・・(はっきりとは確定できませんのでご自分で保険規約を見て下さい。)
保険会社からのと調査等は判りませんが、事前審査はかけたと思いますが・・・
以上 あくまでも参考として下さい。

Q特定疾患に入らないのでしょうか?膠原病

母が膠原病の中?の結節性多発動脈炎と診断されました。先生からはこの病気は特定疾患にはいるが母の場合まだ軽いから医療費免除のはならないと言いました。病名はこの病名なのにだめなのでしょうか?やはりいくつかの条件があって?進行度によって同じ病名でも特定疾患として認められないのでしょうか?
調べてはみたのですが・・いまいち?よくわかりません^^;
難病支援センターや県の相談室にもかける予定ですのでそういうご返答は大丈夫です^^もし、お詳しい方やお分かりになる方いましたら参考にさせていただきたいので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。
特定疾患の認定申請しようか悩んだ経験者です。
結局、私は基準を満たしていましたが、申請せずにいます。
ですから薬も飲んでいますが、今までどうり3割負担で窓口会計して帰っています。
NO1~3の回答のとうり認定基準を満たしていれば
認定されます。
○項目中△項目満たしていれば認定するという基準があります。
つまり、同じ病名でも進行度や発症の度合いで認定されない場合があります。

この申請書は医師(主治医)に書いてもらうものなので
主治医に「今は軽いということですが、今後の生活面や医療費の事が心配です」と、もう一度相談なさって診察室に申請書をお持ちになってみたらどうでしょうか?
その後の判断は、ご本人とご家族と主治医でなさるといいと思います。
医師の申請記入書なしでは、県庁は受け付けてくれません。
申請にあたり、様々な書類提出を求められるので、市役所・病院・などに何度も行かなくてはならず、当時の私は体調も優れずそれを調べるだけで1ヶ月以上かかり、それら書類や証明書を集めるのがシンドクて申請を止めました。
それとは別に、受給者証のメリットもそれほど感じなかったのも理由の1つです。
認定されて受給者証が発行するのは、お住いの都道府県の担当部署なので手元に届くのには3ヶ月くらいかかります。(つまりすぐに行動しだしても4ヶ月後位に発給される)

先生が「軽いので」と言った真意は文中のみでは不明です、
申請が受理されるかされないかの判定は、別の県庁の人が行うからです。

収入(どのくらい税金を払っている家庭なのか)で自己負担額が決まるのでそれは、お調べください。

病院で支払っている額が毎月一万円未満の場合は、特定疾患受給者証があっても、自己負担額が減るかどうかは、その家庭の収入(税金支払額)次第で、大して金額が変らない場合もあって申請しない人が、多数いらっしゃいます。
あくまで私の感じたことですが、主治医との話の中で分かったのは、この特定疾患の申請を行うと、その後のデメリットも「多少はある」という事でした。
いわゆる生命保険会社で取り扱っている「生命保険」や「医療保険」に加入したくとも審査の際に制限があったり、保険料が高く設定されたり、保険加入を断られる場合が生じることでした。
これは「寛解」するまで続きます。

まずは、最寄の市役所の健康相談のような所で申請書類をもらってきて内容をよく読んでみたらどうでしょうか。
それで分からないところは各相談窓口で説明してもらいましょう、
特定疾患の申請をするか、しないかはご本人次第です。
ご心配でしょうが
お母様、どうぞお大事になさってください。

まずは、最寄の市役所の健康相談所で申請書類をもらってきて内容をよく読んでみたらどうでしょうか。

何かご質問がありましたら、分かる範囲で、再度お答えいたします。
私は病院勤務の管理栄養士でもあります。
私も当時は大変悩み・アチコチ相談に行きましたから。
今は安定し、仕事も日常生活できております。

はじめまして。
特定疾患の認定申請しようか悩んだ経験者です。
結局、私は基準を満たしていましたが、申請せずにいます。
ですから薬も飲んでいますが、今までどうり3割負担で窓口会計して帰っています。
NO1~3の回答のとうり認定基準を満たしていれば
認定されます。
○項目中△項目満たしていれば認定するという基準があります。
つまり、同じ病名でも進行度や発症の度合いで認定されない場合があります。

この申請書は医師(主治医)に書いてもらうものなので
主治医に「今は軽いということですが、...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング